「もうすぐ公開!?地球探検隊コミュニティ・サイト」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
新型コロナウイルスに関する情報について

「もうすぐ公開!?地球探検隊コミュニティ・サイト」

ハブとなる「地球探検隊」コミュニティ・サイトが、
家族のような隊員の手によって、もうすぐリニューアルされる。


そこから俺のオフィシャルページ、美香  Mika Takeda 多国籍ツアー紹介ページ
友人、つよぽん 石原剛 と立ち上げた新規事業「未来を創る旅社(ミラタビ)」にリンクされる予定だ。

ナオキ 松下 尚樹 (Matsushita Naoki) が作ったミラタビ・オリジナルロゴ。商標登録中!


新たに「地球探検隊」サイトを作成している隊員シンゴ 江藤 慎悟 (Shingo Eto) 
打ち合わせを兼ねて自宅に再訪。
珍しくパートが休みの美香が豚汁、
俺は特製レバニラ炒め(鳥のレバーとハツ)を作って、おもてなし。

3年前、19歳のシンゴと電話で1時間、新宿オフィスに来社して4時間、
計5時間、徹底的に話して多国籍ツアー・トレックアメリカに参加した。
それが、彼の人生を変えた・・・。
今、無料で「地球探検隊」サイトを作ることで
俺と美香に恩返ししたいと言う。ありがたい話だ。
しかも、未完のサイトを見たら、シンプルでカッコいい。

今、4冊目の執筆をしていて思うのは、書く作業というのは
自問自答の連続だ。最も意識している自分への問は、
「そこに愛はあるのか?その言葉の裏に愛はあるのか?」

シンゴの作っているサイトを見ると
シンプルに美しくしていく作業というのは、省いて、削って、
カルピスの原液のごとく、愛情の詰まったアート作品に
仕上げつつある。
トレックアメリカに参加した自分への愛、背中を押した美香と俺への愛、
そしてトレックアメリカというツアー商品への愛情が詰まっているのだ。

本でも、ホームページでも、
クリエイティブなモノづくりには、何が一番重要なのか、
シンゴに教えられた。
テクニックなんてもんは、後からついてくる。
シンゴ、期待以上のアート作品を、ありがとう!

そんなVoicyリスナーのシンゴとVoicy収録。2日間に渡って放送した。
聴いてほしいな。
「もう少しで公開!?地球探検隊HPリニューアル」
~勝手にHP作り始めて・・・江藤慎悟~

「19歳で隊長と会って・・・江藤慎悟」
~トレックアメリカに行って大泣きした!?~

コレはシンゴが、
「ふうま、隊長にそっくり!」って、撮ったモノクロ写真。



20歳のおふくろが綴った育児日記の俺の写真と比べると、
「息子、颯馬(ふうま)と俺、似すぎ~」
てか、「俺が親父にそっくりとも言う 笑・・・」
なんとも変な感じだ。


もう俺は死んじまって、自分を見ているような感覚なのだ。
おふくろが俺にしてくれたように、
俺の人生第二章を、愛情たっぷりに、
毎日丁寧に生きていきたい。

俺の新たなチャレンジ!
波乱万丈な人生を歩み続ける俺が、
今、4冊目の「旅本」執筆と同時に、元気の出る
Voicyラジオトーク(毎日10分)を始めた。
Voicyアプリをダウンロードして、
下記をフォロー(無料チャンネル登録)、
Voicyにコメントもらえると嬉しいです

 

去年もっとも「いいね」のあったブログは下記をクリック!
波乱万丈、中村隊長ロングヒストリー「誰と何をやってきたか?」