「人をこんなに元気に、やる気にする人って、他にいる?」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

「人をこんなに元気に、やる気にする人って、他にいる?」

   壁が見えたら、
   その先にある
   ものをみる
   福島正伸


撮影・収録が終わって、4Fのエレベーターから1Fまで降りている時、
福島さんとスタッフ全員の割れんばかりの拍手が鳴り止まなかった。
昨日、アントレプレナーセンターで福島正伸さんとのコラボトークを
収録した後の光景だ。「えっ、マジ!?」って、感動!

撮影班全員が感動してた。
このサプライズこそが福島正伸さんの真骨頂!


カッコいい大人って、こういうことだ。
こんな60代に、俺はなる!
彼のオフィスを訪れるのは10年ぶり3回目だった・・・。

「隊長、コンテンツありすぎて、プロデュースするの難しい」って、
ずっと言われてきた。
昨日も、隊長を方程式で掛け算で表現すると、
旅x人生x起業x倒産x破産xシニアx再生x再婚x子育て・・・
って、「シニア層に刺さるコンテンツ満載ですよね。」
と、まっつんに言われた。

今の俺をプロデュースしてくれたのは14、5年の付き合いになる友人、つよぽん。
12年前、本のオビに推薦文を書いてくれた、
「ガイアシンフォニー地球交響曲」龍村仁監督とのコラボトークをした2冊目の出版の時と、
去年、小説家の森ちゃん(森沢明夫さん)との3冊目の出版パーティーを主催してくれた人。


俺がどんな状況にあっても、ずっと応援してくれた大切な友人だ。
12年前は、俺の本、「感動が共感に変わる!」が売れて
mixiだけで人を集めて出版パーティーは大成功、
去年の「引っぱらないリーダーが強いチームをつくる」出版パーティーは、
思ったより人が集まらなかった。
俺の本の売れ行き、集客力が確実に落ちているのを実感した。


「今回、大赤字じゃないの?つよぽん持ち出ししてるよね?」
「隊長、大丈夫!気にしないでください。
ここ何年も隊長には試練しかなかった・・・。
でも、いつも勇気と元気もらってますから。


神か!?嬉しくて泣きそうになった。この1年は良いことばかりだけど
スタッフが全員辞めてからの5年「死」がよぎるくらい辛い日々が続いた。
結果、2018年10月、会社倒産、自己破産。
それでも、58歳となった今、活き活きと幸せに生きている。

「『生きる上で大切なチカラ』をテーマに未来へ伝える
トークセッション動画を録って、Youtube配信、ファン倶楽部みたいな
コミュニティを作って、旅やイベントに繋げていきましょう!
まだまだ隊長を心から応援してくれる人はいっぱいいますから」

と、つよぽん。


去年、10月1日、つよぽんと一緒に新規事業を立ち上げた。
旅行会社ではなく、企画会社、「未来を創る旅社(ミラタビ)」。
「地球探検隊」のコンセプトを引き継ぎ、「生きる力」を育む、
旅やイベントの企画、俺の講演・コンサル受付、
動画撮影・配信などの事業を行っていく。ホームページはまだない。


去年の10月、年間契約して年俸を振り込まれたのに、育児と家事、
4冊目の執筆に時間を取られ、実質、何もできていなかった。
つよぽんがいなければ、出産費用も支払えなかったのに。
それが俺たち夫婦のリアル。今、心に余裕を持って、いろんなことが
出来ているのは、彼のおかげなのだ。
一日も早く恩返しがしたいと思っていた、今月、ようやく動画撮影が始まった。

そんな中、夢が一つ実現した。
「ドリプラ」審査員を11年務めて、ようやく福島正伸さんとの
コラボトークが実現した。まさに「夢しか実現しない」だ。
ラジオトークVoicyでオープニングを動画撮影と同時に収録。
話に夢中になってVoicy10分間の収録は途中で途切れてしまったが、
本編の収録は1時間撮影。これから編集してYoutube配信する予定だ。

頂いた小冊子のタイトルが「病気は人を幸せにする」
今日のvoicyは2回配信。
「諦めたほうが楽、楽を選択しない!?
~余命半年と宣告されて・・・福島正伸~
~「病気は人を幸せにする」福島正伸~」


ずっと「地球が教室、体験が教師」の理念のもと、
「学校では教えない教育」をするのが夢だったが、
学校という箱を創らなくても、こういうカタチで実現できたのだ。

波乱万丈な人生を歩み続ける俺が
少しでも勇気と元気を与えられればと思って、
Voicyラジオトーク(毎日10分)始め、Youtube動画配信も始める。
まずはVoicyをフォロー(無料チャンネル登録)してもらえると嬉しい。

フォローは、ココをクリック!

「非常識な教育」、ミラタビでのYoutube配信の情報は、
編集後、告知予定!
お楽しみに!

そして、すべての動きが集結される5月出版予定の俺の4冊目になる新刊、
「人生が変わるドラマチックジャーニー」に、今、魂を込めて執筆中。

   いつも二つの道がある
   できると思って始めるか
   できないと思ってやらないか
       福島正伸


去年もっとも「いいね」のあったブログは下記をクリック!
波乱万丈、中村隊長ロングヒストリー「誰と何をやってきたか?」