「俺の人生、最大の断捨離、自宅マンション!」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

「俺の人生、最大の断捨離、自宅マンション!」

    大変とは大きく変わること
        福島正伸

 

俺の人生、最大の断捨離、自宅マンション!
こんなに晴れやかな気分になるとは思いもしなかった。

売買契約が、もうすぐ成立するが
自己破産した身、俺の手元には一銭も残らない。
今まで「やらずに後悔するくらいなら、やる!
それでも、やって後悔したことが一つだけある。
持家マンションを買ったこと」そう言ってきた。
資産価値がどんどん下がるものに、ローンの返済に追われ
おまけに固定資産税や大規模修繕積立費まである。


でも、今は違う。
 

手放した途端、後悔は微塵も感じていない。
むしろ、バカだった自分を受入れ、肯定している。
30代前半、35年もローンを支払うチャレンジしたのってスゴイよ、俺!笑
それも、亡くなった妻に「持家がほしい」と一言、言われただけが理由。
「よっしゃー買ったる」って二つ返事でOKした。
バカだけど、俺らしいじゃん。笑


さらに、「会社が嫌なら辞めろ。俺一人で稼いで返済するから」って、
すでに拒食症で体力のなかった妻に言い放ったのだ。
だから、人の何倍も働けた。天職と思えるくらい仕事を好きになれたのは
病弱だった妻のおかげだ。中途半端だと不平・不満が出る。
ずっと限界を突破して半端ない働き方をしてきた。
ローンがあったから、あそこまで頑張れたともいえる。
 

人生最大の買い物、4,000万円で購入した自宅マンション。
消費税は3%だったけど、住宅金融公庫の金利は、3.65。
今じゃ考えられない高金利だが、
25年前当時は史上最低金利と騒がれたのだ。
借金して繰り上げ返済しても
25年で6,000万円くらい支払ったことになるのか・・・。
良くやったよ、俺。笑
このマンションを舞台に、家族や仲間と楽しい思い出もたくさんある。
 

前回、全長250kmの娘と俺の引っ越し同様、またしても珍道中。
今度は、俺の引っ越しと美香の引っ越し200km。
 

また、越谷・ニコニコレンタカーで軽トラ24時間借りて、
「経験値が上がってきたね」とか言って、
身重な美香と2人、引っ越しにも慣れたもんだ。
ところが、荷台にカバーしたブルーシートが高速乗ったら、
ガムテープが外れて、思いっきり空気吸ってバタバタと膨張。
バックミラーがほとんど見えなーい。
これは幌馬車か(笑)車線変更できないじゃん。
「命のほうが大事だよ。高速下りて積み荷直そう!」と、美香。
「もう、『いつも何とかなる』って、思ってるでしょ。危ないから。」
と笑われた。
 

横浜・山手に着くと、
もうすぐ60歳になる、ご近所の隊員にわっち 丹羽 信司 (Shinji Niwa) 
チャリで駆けつけてくれた。
エレベーターのない3Fまで一緒に荷物を運んでくれ、大助かり!
高速を下りたから、予定が大幅に遅れて、
にわっちが手伝える時間がなくなってしまった。
あとは、美香宅の冷蔵庫と洗濯機。俺一人じゃ運べない。
コイツらを残して、ひとまず終了。
 

自宅マンションがスッキリした。
妻が亡くなって3年半。ずっとモノを捨て続け、
ようやく全ての部屋の片づけが終了した。
 

これで、いよいよ新たな生活が始められる・・・