2016年11月11日(金)

11/27(日)富士山を語る日 「富士山チャレンジャーの集い!!!」

テーマ:歩く旅シリーズ(国内)

   パウロさんのお墨付きをもらった二人の顔には、
   一段高いバーをクリアした喜びが溢れていた。
   山には一般社会のような差別も偏見もない。
   努力は必ず報われる。パウロさんが教えたかったのは、
   なによりもそのことのはずだった。

   「未踏峰」笹本稜平(著)


来年もやります!!!
東京から富士山頂を目指す旅!<富士講>
2017年は8/11(金・山の日)~15(火)5日間予定。

2年前 俺は東京・明大前から3日間で100km歩いて
富士山登頂した6泊7日の旅をしたが、
今年の隊員たちは、2泊3日で海抜0mから富士山頂を目指した。

それぞれの旅に思い入れがあるはず。
共通しているのは、「人に話したくなる旅」ってこと。


そこでガイドうめちゃん 梅井 雅行 (Masayuki Umei)
過去の参加者と未来の参加者をつなげる交流会を企画した。

 

今まで<富士講の旅>を応援してくれた人も、この機会に参加してほしい。
新潟からガイド梅ちゃんもやってくる。
もちろん俺も参加する。
興味のある人は是非!

地球探検隊主催、スペシャル「旅パ!」
富士山を語る日 「富士山チャレンジャーの集い!!!」
11/27(日)18:00~20:00

【対象】
東京から富士山頂を目指した<富士講>過去の参加者
今まで<富士講>チャレンジャーを応援してくれた方
いつかはチャレンジしたいと思っている方
<歩く旅>が好きな方
<歩く旅シリーズ>blog

【開催場所】
新宿御苑:「らくだば」

【料金】フード、飲み放題 2時間 3,500円
※会場は毎月開催している「ROSSO」ではないため、
会員組織「みんなの旅」会員割引はありません。
申込はコチラ

【ガイド:梅ちゃんこと梅井雅行から一言】

地球探検隊富士山チャレンジャー、同窓会します!
ちょっと変わった「富士山」に登った我々と一緒に「富士山」を語りませんか!

ここ3年、形を変えて実施してきた富士山チャレンジ。

世田谷・明大前から5日かけて富士山頂を目指した1年目。
それは隊長含め、男4人、おっさん達による男くさい旅路だった。
全くもって初めてのチャレンジで、隊長ですら行く末が本当にわからない旅だった。

スタートを高尾山薬王院に変えて、瀧行で身を清めてチャレンジした2年目。
山の経験はほとんどないという20代女性をはじめとする

比較的若いチャレンジャーが集まった。


そして3年目は、還暦を迎えた女性を筆頭に、30代から60代の大人なチャレンジャー。
スタートを海抜0mとし、富士山の標高差3776mをまるまる体感することとなった。


3年間、それぞれに異なる富士山へのチャレンジだったが、
3年を通して思ったことは、やっぱり富士山は「象徴的な山」であるということ。
その象徴的な山に「人とは違う登り方で登る」ということは、
つまりは「人に話せる象徴的な旅」になるということだった。

で、そんな「人に話せる旅」をしてきた人が集まったら面白いだろうなと。

と、言う訳で、そんな3年間にわたる富士山チャレンジャーが一同に会す機会を

作ることにしました。

基本的には同窓会的な内輪な集まりにはなりますが、
そんな「人に話せる旅」をしてきた人の話を聞きたいという方、
facebookで中継された富士山チャレンジをひそかに楽しんでくれていた方、
東京から富士山頂まで、海抜0mから富士山頂まで歩いちゃった人って

どんな人なのか、見てみたいという方、
富士山に向かう道中、実際、どんなこと考えていたの?と気になっていた方、
そして何より、富士山に登ってみたいけど、ただ五合目から登るんじゃ

つまらないよな、と思っている方、
そんなみんなで富士山を語る日にしたいと思います。

第一回目の富士山チャレンジに同行した隊長も参加してくれます。
少しでも気になっている方、ぜひぜひご参加ください!
梅井


うめちゃんプロフィール

 

「みんなの旅」会員となった、うめちゃんと共同企画した新潟・魚沼の旅参加者募集中!


   山に登ることを苦行にしてはいけない。
   人生はたった一度きり。その一刻一刻に生きる喜びを
   感じる場所として山はあるのだと-------。
   
「未踏峰」笹本稜平(著)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

中村隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります