群馬県|さゆり行政書士事務所の内容証明・離婚協議書・公正証書・示談書などの各種書面作成

群馬県|さゆり行政書士事務所の内容証明・離婚協議書・公正証書・示談書などの各種書面作成

各種カウンセラーの資格をもつ女性行政書士が、男女問題専門ならではのノウハウで、心理的なアプローチを駆使し、希望の形にさせるべく全力を尽くします。
書面作成のご依頼後は、3アフターフォローとしてか月間相談無料です。

はじめまして。

 

特定行政書士の仲道さゆりと申します。

 

 

私は、平成19年から相談支援に携わり、平成20年3月にさゆり行政書士事務所(円満離婚相談センター)を開業しました。

 


これまで様々な経験をさせていただき、法律相談と心理相談を一体化させた形のリーガルカウンセリングという手法で、相談者の抱えている問題を法的側面とメンタル面の両面からアプローチして、解決のお手伝いをしています。

リーガルカウンセリングというのは、聞きなれない言葉かもしれませんが、一言で伝えるならば、共感型の法律相談です。

なぜ、リーガルカウンセリングなのかというと、私が以前受けた(私自身が体験したDV離婚による弁護士相談において)二次被害を受けたからです。
その時受けたショックは計り知れず、次に向かう気持ちをそがれてしまったというつらい経験をしました。

だからこそ、共感型の法律相談が必要だと痛感し、当事務所はリーガルカウンセリングにこだわってご相談を受けています。

リーガルカウンセリングの重要は役割は、紛争の渦中において混乱したり、気持ちが落ちていたり、怒りを持っていたりという相談者のさまざまな感情と複雑な要因の中で、的確に法的問題を抽出、解析し、問題解決に向かうための情報を提供し、法的な解決を見出すという事だと思います。

ご相談の中で、相談者と受け手の間に、信頼関係が構築できなければ、相談者の具体的要求、主張がなかなか導きだせず、そのため、受け手のアドバイスが一方通行的なものになってしまえば、何のための相談かという事になりかねません。

相談者と受け手とは、対等な関係性の中で、気兼ねなく思ったことを伝える事が出来、そして、法的手段を提示するという、そのやり取りの過程が、安全の場(何者にも傷つけられる心配がない)でなければならないと思っています。

当事務所では、“本当はこうしたい!”とか“ようし、やってみる!”という前向きな気持ちになれるよう、お手伝いしています。

家族にかかわる問題、家族が抱えている問題をトータルサポート。


DV、モラハラ、浮気、性格の不一致、嫁姑問題など、夫婦の問題

 


子の認知、婚約破棄、慰謝料請求、内縁解消、ストーカーなど、男女トラブル

 


育児、虐待、親子問題、子供からの暴力、ご近所トラブル、介護、高齢者問題、成年後見、遺言、遺産分割など、家族の問題

 

LGBT,セクシャルマイノリティの方のご相談支援もスタートしました。

 

そして、離婚相談に10年以上携わってきた経験から、結婚・再婚・修復などの結婚に関する相談窓口、群馬マリッジカウンセリングを開設しました。

離婚の現場にいるからこそ分かる「幸せの法則」についてアシストします。

 

 明るい面談室 

 

 

  キッズルーム完備(お子様の様子を見ながら面談出来ます)

 

表紙 

この度「CLASSY.」様からおすすめカウンセラーとして紹介いただきました。

 

平成30年度からの新体制として、離婚問題にはらむ、DV、うつ病、ギャンブルなどの依存症、借金問題について、専門的なかかわりが持てるようカウンセリング体制を整えました。これらの問題は、一つひとつが非常に根深い問題でありながら、すべてが繋がっている一連の問題です。

そこで、うつ病(うつ症状)の方には、NPO法人メンタルレスキュー協会認定のクライシスピアサポーター(CPS)として、

ギャンブル依存、アルコール依存、ネット依存、買い物依存等の依存症の問題に対しては、依存症回復のエキスパートとして世界的に信頼性の高い国際認定資格であるNADAI(全米薬物・アルコールインタベンショニスト協会)のアディクションカウンセラーとして、
 (アディクションカウンセラー認定証)

それぞれ専門的なカウンセリングと支援体制を整えました。

離婚原因となりえる「借金問題」については、住宅ローンや所有権移転も含めて、司法書士と連携して法的な解決までサポートしています。

 

どのようなご相談でもお気軽にお問合せ下さい。全国からご相談を受けています。

そのお問い合わせのお電話が、問題解決の第一歩となるよう最善を尽くします。

初回30分相談無料、以後30ごとに4,000円ずつ頂戴している形でお願いしています。(予約制)

 

【連絡先】

 

群馬県前橋市大渡町1-6-9 津田ビル302

027-252-5624

090-9332-2873

特定行政書士・カウンセラー 仲道さゆり

 

 

直接お電話が、あるいはメールフォームからも賜っております。

 

お気軽にどうぞ。

メールフォームはこちら ご予約フォーム

 

 

~当事務所のサービス~

《※ここに記載されていないものは、お問合せ下さい。》

[相談サービス] 各種さまざまな相談・カウンセリング・立会いを承っています。
 ~初回の方、30分無料、以後30分ごとに4,000円でお願いしています~

★ご家族が困っているご相談
 離婚や内縁、恋人間に起きているさまざまな問題、家庭の中で起こっている困った問題、ご近所トラブル、高齢者認知、介護、遺産相続、などなどご家庭が抱えているあらゆる問題について、ご相談を受けています。

★ご家族の方(ご本人以外)からのご相談
 ご本人のことで、お父さん、お母さん、ご兄弟の方が困っていて相談したいということでもOkです。

★マリッジブルーの方の相談
 これから結婚をしようという方のご相談です。本当にこの人でいいのかな、と思ったらご相談下さい。どんなことが不安にさせているのでしょう。。結婚コンサルをしています。

★男性からのご相談
 男性の方は、一人で抱えがちな印象があります。どんなことでもいいので、どうぞお気軽に相談して下さい。

[ペアカウンセリングサービス]
 ~30分ごとに5,000円ずつお願いしています~

☆夫婦カウンセリング
 結婚生活をより一層幸せなものにしていくためにはどうしたらいいかを話し合いましょう。

☆カップルカウンセリング
 お悩みは千差万別です。これからお二人が幸せになっていくためにはどうしたらいいかを一緒に考えましょう

[話し合いの立会いサービス] 
~30分ごとに5,000円ずつお願いしています~

◎話し合いの立会い
 ご夫婦、内縁、恋人間のお二人の間の話し合いの立会いをします。どうしても喧嘩になってしまって、話合いにならないなどの場合、第三者として立会います。

 


[お子さまとの面会交流]

 

~30分ごとに5,000円ずつお願いしています~

◎当事務所のキッズルームで、別居中あるいは離婚後のお子さまとの面会の立ち合いサポートをしています。ケースに合わせて安全に実施できるよう十分配慮しています。

 


[各種書面作成]   主なものをピックアップします。

◇オリジナルの離婚協議書の作成 38,000円~
 離婚をする際には、決まったことは書面に残しましょう。当センターは、離婚後にトラブルがないようにという視点で作成しています。公正証書にしておけば、約束された支払いが滞ったときには、相手方の給料等を差し押さえることが可能です。公正証書作成までワンストップで承ります。

◇遺産分割協議書 38,000円~

◇遺言書作成 50,000円~

◇内容証明の作成 20,000円~です
 浮気相手に慰謝料請求、協議離婚の申入れなどなど、相談者のお気持ちに沿って、お手紙風、事務的など、書き方を工夫して書きます。

◇示談書(誓約書等)の作成 30,000円~です
 争いのある懸案の問題をどのような形で終結させたいか、相談者のお気持ちに沿った形を残します。

◇婚前契約書の作成 38,000円~です 結婚前に取り決める合意文書です。結婚後の安心安全のために。自分を守るのは自分です。

[各種サポート]
 支援の形はさまざまです。相談カルテ、相談メイトは当センターのオリジナルです。

◎調停支援(アドボケート) ~30分ごとに2,000円です~
 調停は一人では不安という方。調停に同行します。一人より二人です。

◎相談カルテ   8,000円です
 相談者の置かれている状況や、問題点を行政書士の視点でまとめます。弁護士、市町村役場、福祉事務所、警察などなどに相談に行くときに持って行って下さい。何度も同じことを話す必要がありません。問題点が明確になっているので、対応がスムーズです。

◎相談メイト  一ヶ月間で28,000円です
 一ヶ月間何度相談をしていただいてもOK!です。ちょっと聞きたい時、不安になった時など相談して下さい。追加料金は発生しません。

 

[連携先]

住宅ローン、不動産名義変更、オーバーローン、借金、調停申立書作成等が必要な場合には、簡裁訴訟代理認定司法書士 仲道宗弘と連携しておりますので、ワンストップで問題解決までサポートします。

 

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

代表司法書士 仲道宗弘

TEL 0270-61-7211

 

 

 

群馬県前橋市生まれ。
地元の高校卒業後、地元の地方銀行に入行して3年で円満退職。
22歳で結婚して2児をもうけ、専業主婦の傍ら平成6年度の行政書士試験に合格。
平成12年に離婚。アルバイトや事務の仕事を約7年間続け、平成19年7月から5年間に渡り、某公的機関(DV専門)において、DV相談員として従事。
DV相談やDV被害者支援、自立支援、家庭裁判所同行支援、保護命令作成支援に携わる。 同公的機関において、離婚、男女問題、こころの問題、精神的な問題など、相談全般の相談を経験。

 

平行して、平成20年3月、さゆり行政書士事務所(円満離婚相談センター)を開業。

 

 

以下主な活動として

平成20年より、アウェア(デートDV被害者支援団体)認定デートDVファシリテーターとして、短大、高等学校など、デートDV防止教育の出前講座を開始。

平成21年より、児童虐待・DV被害者支援団体NPO法人「ひこばえ」副理事長として、DV講座の講師、DV被害者の支援やDV被害者支援活動を開始。

平成22年より、治験薬外部委員就任。

平成23年度から平成27年度 ぐんま成年後見サポートセンター入会。 家庭裁判所の後見人候補者名簿に登載。

平成22年度~平成26年度 群馬県行政書士会理事に就任。群馬県行政書士会の運営に携わる。

平成24年度より、反貧困ネットワークぐんまの運営(生活困窮者、自死対策などの支援活動)に携わる。

平成25年度より、前橋市男女共同参画審議会委員に就任、前橋市の男女共同参画基本計画に携わる。

平成27年度より、群馬県行政書士会綱紀委員就任。

同年、厚生労働省管轄の相談機関の嘱託相談員として従事。

同年、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会の実施県として、その運営に携わる。

同年、 特定行政書士合格(特定行政書士は、平成27年に新設された新たな資格で、行政書士が作成申請に係る不許可処分等に対する不服申し立て手続きの代理業務が行えることになりました)

平成29年度より、群馬県行政書士会理事に就任。

同年、LGBT(セクシャルマイノリティ)の方の相談支援を開始。

同じく、妊活、不妊、セックスレスなどの夫婦の性生活の問題に対し、専門的知識をもって、その問題に取り組むべく、特定非営利法人日本不妊カウンセリング学会に入会し研鑽活動に励む。

 

 

<資格> 
・行政書士試験合格(平成6年度)
・特定行政書士試験合格(平成27年度第1期生)
・メンタル心理カウンセラー資格取得
・メンタルヘルスマネジメントⅡ種検定合格
・アウェア認定デートVD防止プログラムファシリテーター
・産業カウンセラー資格取得


<これまでの主な研鑽活動>
・児童虐待・DV被害者支援 NPO「ひこばえ」の種々の活動
・ゲートキーパー養成講座
・群馬県司法書士会ADR(裁判外紛争調停)初級講座
・群馬県行政書士会成年後見講座
・反貧困ネットワークの種々の活動
・アサーショントレーニングベーシックコース
・ギャンブル依存症の方のための支援講座
・依存症問題対策講座
・フェミニストカウンセリング(基礎・応用)

・日本非営利活動法人 日本不妊カウンセリング学会入会
その他多数




DV離婚のこと
 

元夫からのDVは、私が高校生のときからなので、デートDVから始まりました。

最初に暴力を受けたのは平手打ちでした。車の中で聞いていた音楽のボリュームを私が少し落としたことに腹をたて、何も言わずに、急にパチンと頬を叩かれました。

さっきまで、他愛もない会話をしていたのに、急に怒り出して、叩かれたので、その時は、一体何が起こったのか、訳がわからない状態で、呆然となり、頭の中が真っ白になってしまいました。
元夫は、勝手にボリュームを落としたことに対して“普通の人はしない”“私の性格が悪い”と延々と怒っていました

 

元夫は私の言うことの揚げ足を取り、さらに怒り出し、泣いて謝っている私に対し、何時間も「お前は性格が悪い」と延々と言っていました。元夫のことが怖かったし、夜遅くになっていたので、、両親がさぞかし心配しているだろうと思い、帰りたいと言ったのですが、それも「勝手だ」とさらにお説教をされました。とにかくどうしたらいいか分からず、悲しくて、辛くて、涙がどんどんあふれました。そしたら、今度は「泣くな」と言い、車のドアをいきなり力任せにドンと叩きました。

 

16歳の私には、夫のそういった言動がとにかく怖くて、何が起きているのだろう、一体私はどうしたらいいのだろうと、途方にくれるしかありませんでした。元夫は次第に、優しくなり、私の事が大切だから、怒ったんだと諭すように言ってきました。元夫の怒りが解け、優しさに転じたとき、私の中で、元夫が怒っていたのは、私が人よりも劣っている人間だから怒らせてしまったんだと思いました。

 

この出来事がDVの入り口だったのだと思います。

 

平手から始まった暴力はどんどんエスカレートしていき、グーで殴るようになっていきました。元夫を怒らせないように、一つひとつの言動に注意を払ってはいましたが、元夫はいきなり殴るということが日常的になっていきました。例えば、私が車の運転をしているときに、間違った道にはいってしまっただけで、いきなり運転席いる元夫からグーで殴られたり、頭から水をかけられたり、「イライラするから殴らせろ」と言って本当に殴られたり・・ここでは書ききれないほどいろいろなことをされました。

 

元夫は怒り出して収まるまでが非常に長い時間かかり、なおかつ、元夫は、私が悪かったと反省したことを自ら納得しないと家に帰してくれません。そして、元夫は、暴力があった分必ず優しくなり、「お前のために言っているんだ」と諭します。今思えば、暴力と優しさと家に帰さないという拘束によって元夫に洗脳されていたのではないかと思います。

 

私は、自分の意見や、考えを言えば、必ず否定されるし、そのことでまた怒らせてしまうので、次第にいろいろなことをあきらめるようになりました。

 

最終的には、なんて私は馬鹿で性格が悪いんだろう、私のことを思ってくれているから怒られたんだ、私は元夫に愛されているんだ、そして、私のような人間を愛してくれるのは元夫だけだ、私と元夫は切っても切れない特別な縁で繋がっているんだと思うに至りました。

 

そういった関係がズルズルと続いていき、私は元夫の価値観の中で物事を考えるのが普通になっていました。もちろん、元夫も悪いところばかりではありません。良い所もあり、楽しかった事もあったので、結婚して子供が出来れば変わってくれるだろうと期待をして結婚しました。

 

結婚しても、暴力的な人に変わりがありませんでしたが、子供が生まれてからは、子供の目を気にするようになったのか、暴力の回数は減っていきました。元夫は仕事は真面目に働き、給料の全額を渡してくれてくれたので、端からみたらいい夫だったのかもしれません。また、子供達は元夫が大好きなので、離婚したいと言う気持ちはいつもありましたが、子供のために私さえ我慢すれば。。と思って離婚は踏みとどまっていました。

 

離婚への気持ちが固まったのは、元夫が連帯保証をした借金のことが引き金になりました。

元夫はサラ金から借りられるだけのお金をかりて、すぐに借金まみれになりました。私も自分で借金をして出来るだけのことはしました。それでも足りるわけがありません。元夫は他の金融機関に借り入れが決まっているから、借り入れが実行されるまでの間という約束で、私の実家から高額なお金を借りました。その後私には内緒で私の母からも高額なお金を借りていました。

 

しかし、金融機関の借り入れが実行されても、元夫は嘘をついて私の両親にお金を返してくれませんでした。

 

もう、これ以上、元夫と夫婦をやっていくのは、無理だと決意しました。でも元夫は離婚は子供のために離婚したくないと言って話し合いには応じてくれませんでした。首を絞められるようになってきたのはこの頃です。心身が疲弊していて、このままだったら、自分がどうにかなってしまうと思い、どうやったら離婚できるかと弁護士に相談したところ、そこで、二次被害を受けました。

 

辛かったのは、「何でもっと早く離婚しなかったの?」と言われたことです。そのように言われて本当にショックでした。やっぱり私が悪かったのだと思いました。さらに、お金が無いことを卑下する言動をされたので、お金がないというのは、こんな惨めな気持ちになるのかと思い知らされました。

 

その時受けたショックはとても大きく、何かをする気力がなくなってしまいました。
しかし、その経験は決して無駄なものでは無かったのだと今は思います。
なぜなら、私が相談を受ける側になった今、私のスタンスとして、相談をしてくださる方には絶対にそのような二次被害がないようにと考えるからです。

 

私がリーガルカウンセリングにこだわるのはこう言った理由です。

 

当時は、DVの言葉も聞いた事がなかったので、今まで自分に何が起きているのか全くわかりませんでした。私がこういう仕事を始めてから、ようやく今までされていた事がDVだと分かりました。

 

結局、私の場合、家族、身内に助けてもらって現在があります。本当に感謝しきりです。

 

離婚の問題は夫婦の問題ではありますが 1人で判断したり、解決しようとするのは大変です。私は支援者が必要だと思っています。

 

一人より二人。私も一緒に考えます。

 

当事務所は、離婚が目的ではありません。

離婚問題を円満に解決できるように応援します。

 

【連絡先】

群馬県前橋市大渡町1-6-9 津田ビル202

027-252-5624

090-9332-2873

特定行政書士・カウンセラー 仲道さゆり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャンブル依存でお困りの方、ご家族、親しい方へ

 

【ギャンブル依存症はどのくらい人数?】

 

ギャンブル依存症は、日本で約20人に一人という統計があります。20人に一人なので、学校で言うと40人クラスの中では2人、ちょっとした20人くらいは入れるお店ならその中で一人、会社の中で20人を数える中で一人、そう考えると、とても身近にギャンブル依存で困っているご本人、あるいはご家族、親しく大切な人がいるかもしれません。

 

【ギャンブル依存は病気なの?】

 

ギャンブル依存って病気なの?と思われる方もいるかもしれませんが、世界保健機関(WHO)の国際疾患分類ICD-10では「病的賭博」、アメリカ精神医学会(DSM-5)でも「ギャンブル障害」として明記されています。
 

ギャンブル依存症の診断基準(チェックシート)は次のとおりです。

  1. 興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をする欲求がある
  2. 賭博をするのを中断したり、または中止したりすると落ち着かなくなる、またはいらだつ
  3. 賭博をするのを制限する、減らす、または中止するなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある
  4. しばしば賭博に心を奪われている(例:次の賭けの計画を立てること、賭博をするための金銭を得る方法を考えること、を絶えず考えている)
  5. 苦痛の気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ)のときに、賭博をすることが多い
  6. 賭博で金をすった後、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い(失った金を“深追いする”)
  7. 賭博へののめり込みを隠すために、嘘をつく
  8. 賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育、または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある
  9. 賭博によって引き起こされた絶望的な経済状況を免れるために、他人に金を出してくれるよう頼む
これら9項目のうち、4~5項目が当てはまると「軽度」、6~7項目で「中程度」、8~9項目で「重度」のギャンブル依存症と考えられています。
 
【どうしてギャンブルがやめられないの?】
 
ギャンブル依存は、慢性的で再発性の高い脳の疾患で、ギャンブルをやればやるほど、脳の快楽中枢が強固に太くなっていきます。なので、ギャンブル以外には興味や関心が持てなくなり、頭の中には常にギャンブルが潜み、ひどくなっていくと寝食を忘れて、ギャンブルに明け暮れる、お金が無くなると借金をする、借金が膨れ上がってもギャンブルで返せると考えさらにギャンブルに投じる、家族や大切な人をだまして借金をしてギャンブルに行く、という、どうしてもギャンブルがやめられない状態に脳が作り変えられてしまうのです。この脳の状態がギャンブル依存症です。
 
ギャンブル依存症になると、いくら家族がギャンブルをさせないようにしても、借金を肩代わりしたりしりぬぐいをして再起に期待をしても、裏切られるのがギャンブル依存症です。本人の意思では、どうにも止められない脳の疾患です。
 
【ギャンブルは止める方法はあるの?】
 
ギャンブル依存症を克服する方法はあります。
GA(自助グループ)が最も一般的です。県や市、NPO,民間等でGAは開催しています。定期的に決まった日時に無料で参加が可能です。
GAは仲間に語る場で自己開示をしながら気付きをもたらし、回復をしていく方法です。
 
【GA以外の別の選択肢はあるの?】
 
当事務所では、個別のカウンセリングを新たな選択肢としてご提案しています。
なぜなら、回復するために、「心の支援」「法的支援」の両輪が必要だと考ているからです。
 
「心の支援」は、個別のカウンセリングです。ギャンブル依存に陥るには、その人その人に背景があり、成育歴や環境、認知、性格等が多いに影響しています。ですので、ギャンブル依存症はとても根深い問題がはらんでいますので、カウンセリングアプローチが必要な方もいます。
 
一般的に、回復までには、無関心期、関心期、準備期、行動期、維持期という道のりをたどっていくと考えられます。
カウンセリング的には、ご本人がどの段階にいるかでアプローチの方法が違います。
 
そういったカウンセリングアプローチが必要な方のために、当職は、ギャンブル等依存症回復のエキスパートとして世界的に信頼性の高い国際認定資格であるNADAI(全米薬物・アルコールインタベンショニスト協会)のワンネスグループ・アディクションカウンセラーとして、個別カウンセリングを行っています。
 
個別カウンセリングなので、日程はご自身の都合で決められます。カウンセリングは面談が基本となり、費用については、30分4000円ずつ頂戴する形でお願いしています。
あるいは、面談は難しいという場合には、ご要望に応じて、電話でのカウンセリングも行っています。

また、ギャンブル依存症の方は、うつ的症状が発症しやすいため、うつ状態の方の支援として専門的にアドバイス出来るよう、うつ状態の方のカウンセリングとして定評のある、NPO法人メンタルレスキュー協会認定のクライシスピアサポーター(CPS)として、カウンセリングをしています。

そして「法的支援」としては、借金問題の整理や解決は欠かせません。その場合、ギャンブル依存症の方の借金整理について経験豊かな司法書士と連携します。

また、当職は行政書士として、ギャンブル依存をやめるためのご要望に応じた書類作成をしています。
 
例えば、お金の管理の方法、お金の使い方、お小遣いの金額、休日の過ごし方、ギャンブルをしないための方法、などなど、ケースの応じて法的な書類を作っています。こういったことで、離婚を回避したり、家族が安全に暮らしていける約束が作れます。
 
 
もしかしたらギャンブル依存症?、どこに相談したら良いか分からない、と思ったら、お問合せ下さい。
 
回復までには経過があり、回復の経路はひとそれぞれで、「これが正解!」ということはありません。
 
その方の背景や抱えている問題は、人それぞれです。
一番良い方法を一緒に考えましょう。
 
 
 
 
 
 

離婚をしたいけど、住宅(不動産)ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

離婚をしたいけど、住宅(不動産)ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

離婚をしたいけど、住宅ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

 

離婚をしたいけど、住宅ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

 

離婚をしたいけど、住宅ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

 

離婚をしたいけど、住宅ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211

 

 

離婚をしたいけど、住宅ローンが残っている! 持家はどうなるの?

このままでは離婚が出来ない!とお悩みの方へ。

 

離婚の際には、お金や車、家具などの動産は分けられますが、家と住宅ローンは物的に分割出来ませんので、どうするかという問題になりますよね。

 

家をどうしたらいい?

どちらかが引き継ぐ? 

引き継ぐには住宅ローンはどうなるの?

売却出来る?

売却した場合に、売却価格よりも住宅ローンの残債額が上回る場合のオーバーローンはどうしたらいい?

 

これらが決まらないと離婚が出来ない、進まない、とお悩みの方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

 

不動産や住宅ローンの取り扱いは、離婚の財産分与という形になりますが、その決め方はケースバイケースです。

 

不動産を購入した時の頭金、ご両親からの援助、結婚年数、お子さんの年齢、職業や勤続年数、年収、その他の周辺事情をすべて考慮して可能性を模索していきます。

 

私は、これまで約10年以上に渡って、住宅ローンのある不動産や、持家がある場合の離婚についてご相談を賜ってきました。

 

決め方はさまざまでケースバイケースですが、よほど特別な事情が限り、不動産や住宅ローンは何等かの方法があると思っています。

実際にご相談された多くの方が、納得した形で収まっています。

 

私自身も元夫との離婚の際には、持家があり、たっぷりと住宅ローンがありました。

さらに元夫は莫大な借金もありましたので、不動産がどうなるのか、それはそれはとても困っていましたが、専門家に相談することで解決が出来ました。

 

お一人よりも、二人で。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、当事務所は、司法書士事務所と連携しています。ご要望があれば、不動産や住宅ローンの専門家でもある司法書士からの視点でアドバイスさせていただきます。

不動産各種登記、オーバーローンが返済できない場合の取り扱い、借金、破産、個人再生、などの借金問題など、不動産や離婚問題から派生する問題を、ワンストップでトータルして支援します。

 

 

(連携先)

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所

代表司法書士 仲道宗弘

群馬県伊勢崎市連取町3083-2

TEL 0270-61-7211