こんにちは。

快眠プロデューサーの長谷川恵美です音譜

 

「睡眠の質を高めたい」と考えている方、多いと思います。

忙しい現代人、睡眠時間を確保したくてもなかなかそうはいきませんよね。

であれば、その「質」を上げることで、少しでも効率のいい睡眠にしたいビックリマーク

その気持ち、と~ってもよく分かります!!

 

そんなときに注目してほしいポイントが、“黄金の90分”キラキラ

これ、何かというと、「入眠して最初の90分」のことです。

この90分は、一晩の中で最も深い眠りになります。

下の睡眠サイクルをご覧ください。

 

 

ここはいわゆるノンレム睡眠といって、脳や身体をしっかり休める深い睡眠です。

ここでしっかり深い眠りが得られると、そのあとの睡眠サイクルも整いやすくなり、自律神経や様々なホルモンの働きもよくなります。

また、成長ホルモンが最も多く分泌されるのもこのときです。

最初の90分で深いノンレム睡眠がしっかりとれなかったり、この時に眠りを阻害されたりすると、成長ホルモンの正常な分泌に影響を及ぼす原因に。

入眠直後の90分の深い眠りが、睡眠の質に大きく関わっているのです。

「眠る時間がしっかりとれない」のであれば特に、この90分の質はしっかり高めておくことが重要です。

 

では、そのためにどうすればいいのか!?

これにはたくさんのポイントがあります。

今回は、“体温”に注目した方法をご紹介します目

 

赤眠る1時間半くらい前までに、38度から40度のお風呂に入る

 

入浴すると体温が上がり、抹消皮膚血管が拡張して血液循環がよくなり、汗もかきやすくなります。入浴で一旦皮膚温度を上げ、手足の毛細血管から熱放散することで、身体の内部の深部体温を効率的に下げることが出来ます。スムーズに入眠しているときは、深部体温が下がり、逆に皮膚温度は上がっています。この状態を作り出しやすいのが、入浴で上がった(深部)体温が下がり始めるタイミング。これは、入浴後90分ほどと言われています。逆に、忙しくて入浴と就寝までに90分も空けられないというときは、深部体温が上がり過ぎないシャワーなどで済ませる方がよいでしょう。体温の変化と入眠には、深い関係があるのです付けまつげ

 

この他にも、光、温度、寝具などたくさんの快眠ポイントがあります。

それらも今後、ご紹介していきますねキラキラ

参考にしていただけると嬉しいですアップ

ラブレター長谷川恵美のセミナーお問い合わせはこちらにどうぞラブレター

https://www.kamimage.com/v16PZjSf

 

ベルこちらも更新中ベル

https://www.facebook.com/emihasegawasleep/