「何歳でも好きな技術で生きるワンランク上のエンジニア」養成

エンジニア専門プラチナトーク マスタートレーナー 亀山雅司(Mark.jp)です。

 

 

過去にも税は社会の姿を変えてきました。

 

例えば、長屋。

 

これは間口の大きさで課税したために「間口は狭く、奥行きは長く」で税を少なくしようとした結果と言われています。

 

「行動をすると結果に痛みを伴う」をセットにすると痛みを避ける方向に動く、というのが心理の原則です。

 

その視点から見れば、「走った距離で車に課税」をする仕組み入れたらどうなるか。

 

簡単です。

 

車に乗るのを少なくしようとします。

 

ガソリンの消費が減るという意味では、環境にいいし、国富が海外に流れなくて済む。

 

一方、車産業は衰退していく可能性があります。

 

というのは、現状ですでに若者に車離れの傾向があるところへ、心理負担が最後のトリガーになるかも知れないからです。

 

そういうのを考えて課税するのなら、それはそれで政策としてあり。

 

でも、単に税収だけを考えているのなら、取り返しのつかない流れを生むことになります。

 

消費税の改正は「買わない」後押しをしているし、この件もミスであることを少し心配しています。

 

官製構造不況の加速かも知れません。

 

 

 

エンジニア専門プラチナトークの実践情報が飛び交う非公開Grを覗いてみたい方はここからどうぞ!

無料です!

 

「何歳でも好きな技術で生きるワンランク上のエンジニア」養成

エンジニア専門プラチナトーク マスタートレーナー 亀山 雅司(Mark.jp)でした。