ちょっとクセになりそうな

テーマ:

さて、12月4日を過ぎ今年も知らない間にエナが17年目に突入していた事に12月5日に気がついた幻の院長です。

 

今年は断トツの降格候補と言われながらも、多分16年ぶり位にJ1残留を決めたコンサドーレですが、

 

ホームの試合でも仕事と重なるとなかなか応援に行けないのですが、ましてアウェーの試合となるとたまたま学会や仕事で東京とかに行っている時に偶然行けるみたいなかんじですから3.4年に1回ぐらいしか行った事がありません。

 

ただ今年はたまたま7月8日 所用で東京へ行きましたので、4年ぶりくらいにアウェー大宮アルディージャ戦を観るために初めて大宮NACK5スタジアムへ行ってきました。

 

実はこの時は大宮アルディージャとは降格ラインぎりぎりでコンサと争っており、ホーム大宮が勝てば大宮が降格圏脱出、コンサが降格圏へ、コンサが勝つか引き分けならコンサが残留圏、大宮が降格圏のままと、J1残留をかけたとっても大事な試合でした。

 

ですから久々アウェー大宮にいけるとわかった時にはコンサのアウェー席は満席で、大宮ホーム席しか空いていませんでした。

 

実はサッカーは血を流さない戦争といわれていて、どのスタジアムもサポーターどうしのもめ事がおきないように、ホーム席とアウェー席は完全に分かれています。

 

ホーム大宮席でもちろんコンサのユニホームやグッズを身に着ける事は禁止ですし、禁止事項には書いていませんが、おおっぴらに応援することは何が起きるかわかりませんので御法度です。

 

ですからできればコンサアウェー席に行きたかったのですが、満席でしたので、しょうがなくホーム大宮席でコンササポーターとばれないように友人とこっそり応援する事にしました。

 

もちろんコンサグッズは禁止ですので、なんとなく赤い服と黒のズボンでこっそり応援していたのですが、試合内容は圧倒的に大宮ペースで、

 

幻の院長がトイレに行っている間に2点とられて試合残り10分までコンサが0-2で負けていたので、

 

NACK5スタジアム全体が大宮楽勝ムードで、周りの大宮サポーターの方々もこれで降格圏から脱出できると御機嫌な雰囲気でしたし

 

幻の院長もまあ大宮のホームだからしかたないかな、やっぱり院長が観るとアウェーでも勝てないのかな、と友人とビールでも飲みながらまったりとしていたところ、

 

残り10分に福森選手の年に1回あるかないかの芸術的なフリーキックが決まり1-2へ

 

ちょっとガッツポーズをとりかけましたが、

 

ここは大宮のサポーター席でコンササポーターが混じっていることがばれると大変な事になりますから、小さく乾杯しました。

 

それでも終始大宮ペースでコンサが全く点がとれる気配すらありませんでしたので、

もちろん周りの大宮サポーターさん達はこれで降格圏脱出できるわけですから、必死で応援している中で、

 

1点返したからまあいいか、このあと大宮駅近辺の居酒屋で飲みますかみたいなゆるいかんじでビールを飲んでいたら、

 

残り1秒でこれまた福森選手の10年に1回あるかないかの芸術的なフリーキックが決まり2-2の引き分けへ。

 

90分大宮サポーターにまぎれてコンササポーターとばれないように息をひそめていましたが最後のフリーキックが決まった瞬間、大宮サポーターが凍りついている中で条件反射的に二人でガッツポーズで立ちあがってしまいました。

 

その瞬間、周りの雰囲気がとんでもない事になってしまいました。

 

周りには号泣する大宮の女性サポーターもいるわけですから、今まで人生で味わった事のないくらいとんでもない雰囲気でした。

 

あっやってしまったと思い、一秒でも早くその場を立ち去ろうと思ったのですが、

 

ちょっと血の気の荒そうな大宮サポーターの若者にどつかれたりしましたが、

 

明らかにこちらが悪いので、とにかくその場を離れないととんでもないことになりますので、

 

大宮サポーターの怒号が響き渡る中、ひたすら振りかえる事もせずに、とにかく人のいない方へいない方へ歩いてスタジアムを脱出しました。

 

このまま大宮駅の居酒屋で乾杯できる雰囲気ではとてもありませんでしたので、

 

とにかく人のいない方へいない方へ歩いていたら、人通りが全くない町のはずれにインド人しかいないカレー屋さんを発見しましたので、

 

そこにインド人しかいないことを確認して初めて友人と乾杯しました。

 

4年ぶりくらいのアウェー戦ですが、血の気の荒い若者にどつかれたりしてちょっと大変でしたが、それだけ相手も必死ということですし、

 

この試合以降大宮は一度も残留圏に上がる事なくJ2降格しましたし、コンサは一度も降格圏にはいる事なく残留したわけですから、

 

とても重要な一戦であったわけで、たまにはアウェーのあのヒリヒリとした雰囲気もちょっとクセになりそうな幻の院長でした。

 

 

寒いからという理由で

テーマ:

前回、前フリがとっても長くなってしまい、ちょっと反省している幻の院長です。

 

それで、とっても小さくなってもコンサを応援している幻の院長ですが、実はコンサが出来た20年位前から応援していたりします。

 

いつもはかみさんや家族、千田先生ファミリーや昔からの大学の仲間達と応援していますが、

 

20年も経つと仲間うちでいろいろなあるあるがあったりします。

 

「院長が来ると負ける」

 

「大学の教授が来ると負ける」

 

「院長と教授が揃うともっと負ける」

 

これはまことしやかにいわれていて、

 

確かに、テレビなんかの日ハムの試合とかでも、テレビを付けた瞬間逆転ホームラン打たれたり、ワンアウト満塁の大チャンスにテレビを付けた瞬間ゲッツーになったり、まあいろいろ思い当たるふしがあり、

 

いつもかみさんから、「だから父ちゃんは観るなといったでしょ」いつも怒られている幻の院長ですが、

 

今から数年前の札幌ドームでの大宮アルディージャ戦で、前半2-0で勝っていて、

 

仲間うちでも札幌ドーム全体でも楽勝ムードが漂っているなか、

 

まず幻の院長がエナの外来終わりで遅れて登場し、

 

「あれ、今日はお祭りかい」

                                   

と、陽気にお酒を飲んでいたら、

 

いつもは学会で忙しく中々来れない教授が後半からいらっしゃって、

 

「あれ、二人揃っちゃって大丈夫かな」

                                   

と、仲間うちにちょっと不穏な空気が漂った瞬間、

 

直後に3点取られて逆転負けした時は、

 

周りの雰囲気が「だから普段忙しいくせに無理して院長と教授が揃うから」

 

と二人は完全にいらない感じになった時はちょっと反省したりしました。

 

その後、患者さんのことで教授にメールで御連絡した時も、

 

「やはり、私がドームに行ったから負けたのかい」

 

と、教授も本気で落ち込んでいましたが、自分もおもいっきり当事者ですので、かける言葉もありませんでした。

 

「あ、やはり教授も気にされていたんだ」

 

そんな、ちょっと心に傷を持ちながら、こっそり応援しつづけて数年、

 

やっと本題に入れるのですが、その残留争いから抜け出すきっかけとなった10月14日のホーム厚別競技場の柏レイソル戦です。

 

コンサドーレはもちろんJ1で降格圏争い、一方柏レイソルは当時優勝争いをしている全くの格上のチームですので、

 

まあ、相手は優勝争いをしていますからもちろん勝つ気まんまんですので、格下のコンサは引き分けに持ち込むことすら難しい試合でしたが、

 

千田先生ファミリーはお子さんの行事で欠席、かみさんや家族は寒いからという理由で欠席、

 

久々一人で観戦していたら、なんと強豪柏レイソルから1点を先制して、引き分けでも御の字の試合が、

 

院長一人の観戦なのにもしかしたら勝てるかもとワクワクになったところへ、

 

これもお久ぶりの厚別競技場に教授が登場されて、

 

お互い心に傷がある者どうし。

 

「来ちゃって大丈夫ですか」

 

「これでまた逆転されたらどうします」

 

と、とっても不安いっぱいでしたが、

 

なんと、そこからコンサが2点とって3-0での完全勝利。

 

多分、コンサがJ1で3点とったのは10年位みてないかもしれません。

 

これをきっかけに現在13位と降格圏争いから一歩抜け出す貴重な試合となりました。

 

教授も口にはしませんでしたが、たぶんお互いなんとなくほっとしたと思います。

 

「院長と教授だけでもたまには勝てるんだ」

 

ということをみせつけた試合だったのですが、そんな時にかぎって、厚別競技場が寒過ぎて周りにはかみさんを含め仲間は誰もいなくてちょっと寂しかったので、前に座っていた全く知らないおじさんたちとハイタッチをして喜びを分かち合った幻の院長でした。

 

 

 

先週末、所用で大阪へ行っていましたが、台風21号が直撃しとってもひどい目にあって、命からがら帰ってきて、

 

無事エナでいつも通りに診療ができる事に幸せを感じていましたが、

 

実はまた今週末、所用で東京へ行かなければならないのですが、また知らない間に台風22号が発生し、しかも週末に東京へ来そうとの予報にショックを受けている幻の院長です。

 

そう今年は約5年ぶりくらいにJ1に昇格したコンサドーレ札幌ですが、実はJ1の壁はとても厚く、J1昇格しても次の年は断トツの最下位でJ2に降格していたりします。

 

でもこれはいたしかたない事で、コンサはどうしても名古屋グランパスのトヨタ自動車とか、横浜Fマリノスの日産自動車とかそんな大きなスポンサーは北海道にはありませんので、

 

石屋製菓さんを中心に、あとはエナのように目に見えないくらい小さな小さなスポンサーがちょっとづつ応援している状態ですから、予算もそれはJ1では最低レベルとなってしまいます。

 

当然、選手の人件費も最低レベルですので、いい選手がいても、すぐにお金持ちチームに引き抜かれたりします。

 

それでも、コンサはユースの選手を上手に育てて、決して給料は高くないのに頑張ってくれている選手を上手に集めて、元コンサの選手だった野々村社長(野々さん)を中心になんとか少ない人件費で頑張っていたりします。

 

ちなみに野々さんは北海道になんのゆかりもない方で当時J1ジェフ市原の中心選手でしたが、

17年位前に元日本代表監督の岡田さん(岡ちゃん)がコンサの監督時代に、電話一本でコンサへ連れてきてくれて、

 

札幌が好きになったのかよくわかりませんが、なぜか今、コンサの社長をやっているというとてもありがたい方です。

 

ちなみにまあどうでもいい話ですが、かみさんは昔そのジェフ市原時代の野々さんのファンだったりします。

 

実はこの野々さんがとても優秀で、このとても少ない予算の中で最大限の結果をだしていてくれて、

 

昨年もJ2では8番目位の人件費で、サッカー解説の方も誰もJ1昇格なんて予想もしておりませんでしたし、院長仲間うちでもまあ、せめて6位くらいに入っていれば御の字と思っていたら、

 

前回も書きましたが、コンサの3倍以上の人件費の清水エスパルスやセレッソ大阪を抑えてJ2優勝したりしました。

 

今年の人件費もJ1 18チーム中17位でコンサよりも下がいたことのちょっとびっくりしましたが、

 

それでもJ1は下から3チームが降格ですので、

 

今年もサッカー解説者の順位予想がJリーグ開幕前にあるのですが、

 

まあ当然ですが、断トツの降格候補で、ほとんどの解説者が最下位と予想していて、コンサがJ1残留できると予想している方は日本中誰もいませんでした。

 

院長自身もどう冷静に判断してもコンサが互角に戦えそうなのはその人件費18位のヴァンフォーレ甲府くらいで、あとは全て格上ですから、

 

しかも5年前J1昇格した時も、Jリーグ史上最速記録でJ2降格したコンサですから、今年は残留とはいいません、せめて残留争いに参加させてくれれば嬉しいなと思っていました。

 

それで今年はどうかというと、5年前はJリーグは12月位まであるのにもう9月の時点で降格が決まり10月以降は完全に思い出作りの消化試合でしたが、

 

実は予想通り降格争いはしているのですが、16位以降が降格なのですが、現在13位とちょっと降格争いから一歩抜けだしている状態です。

 

まだ、残留決定ではありませんが、現時点でコンサが13位にいるとはJリーグ開幕前には院長も含めて誰も予想していなかったと思います。

 

その降格争いから一歩抜けだすきっかけになったのは、10月14日ホーム厚別競技場での柏レイソル戦です。

 

実はこれからがやっと本題にはいるのですが、その前ふりだけでこんなに長くなってしまい、何ひとつおもしろい事を書いていなかった幻の院長でした。

 

やはりどうしてもコンサの事になると真面目で長くなります。