こんにちは!奈々です。

 

 

 

今日は過去ペンネームでブログが

 

書いていた頃の記事を紹介します。

 

 

 

私の本質的な性格、内に眠る闘志というか、男性性の強い表れ…

 

過去世で男性として生きていた頃、

 

優秀な戦士だったと言われた所以を匂わす

 

内容となっています。( *´艸`)ムフフッ

 

 

 

それではどうぞ!

 

(以下貼付記事)

______________________

 

私は学生時代、理数系が苦手でした。

中学生までの数学はそれなりについていけましたが、高校1年生あたりから全くわからなくなり、授業中も居眠りをして、テストでは赤点を取ることもあったくらいひどいありさまでした。
「これはいよいよ本気で勉強しないとやばいかも・・・」と思い、高校2年生になったのを機に心を入れ替えて、真面目に数学を勉強するようになりました。
少しずつ成績も上がってきて、やがて能力別クラスでトップクラスに入れるまでに這い上がることができました。

そんなある日、数学の授業で私を含む数名が先生に指名され、宿題で出された問題の答えを黒板に書くことになりました。
そして、それを先生が順番にみんなの前で答え合わせしていったのですが、私の書いた解答の計算式が最初の方からすでに間違っていて、ほとんどすべて書き直されてしまいました。
またその時、私以外の生徒の答えはどれも正解だったので、私一人だけが間違っているという事が露骨に目立つような感じにもなってしまいました。

私は内心すごい恥ずかしい思いで前を向いて聞いていたら、少し離れた席にいた二人の男子が、「あんな問題ふつう間違うかよ。あいつ馬鹿じゃねえ。」と笑いながら話している姿が目に飛び込んできました。

その時、私の心の中で何かカッチンとくるものがありました。
 
その言葉を聞いた瞬間、自分でもわからないけれど、ひどく侮辱されたように感じられました。そして、自分だけが馬鹿にされるのならまだしも、なぜかその言葉は私の父にまで及んでいるように感じられました。
実は私の父は非常に理数系が得意な人で、私は自分も父に似てきっとその理数系に関する高い能力を遺伝的に受け継いでいるはずだと勝手に思い込んでいました。
だから、私がその男子たちに嘲笑された時、父親の数学の能力を受け継いでいる私が馬鹿にされたということは、つまり父の能力が馬鹿にされたいう風に受け取ってしまったようでした。

そして、私は心の中で、「俺のオヤジを馬鹿にしたな!俺を女だと思ってみくびりやがって。絶対許さねぇ。次のテストでお前らなんか簡単に抜いて見返してやるからな!」と思ってしまいました。

その思いがある意味で自分を駆り立てるモチベーションとなり、一時的に自分を鼓舞してくれました。その結果、その後で行われた定期テストでは、数学の成績順位が学年で一桁に入るまでになり、総合順位も二十位以内に入ることができました。

それは、それまで数学で赤点を取っていた自分にしてはすごい成長でした。
あの授業で私を嘲笑した男子たちの名前は知らなかったけれど、おそらくその人たちは優に抜いていると感じたので、その順位の書かれた貼り紙を眺めている時、私は勝手に父の汚名を晴らせたような清々しい気持ちで自己満足に浸っていました。
その出来事をきっかけに自分は本気を出せば、苦手な数学や勉強もできるようになれるんだという自信を持ちました。

けれど、同時に思ったことは、他者に負けないようにとか、見返してやるという動機から勉学に勤しむのは、どこか目的意識が浅はかで動機が不純だなということでした。
 
そんな動機で勉強していても本当に数学のセンスのある人や、数学を面白いと思って好きでやっている人たちには到底敵わないこともわかっていました。
私は「やればできる」という自信を得るのに、この出来事は少しは意味がありましたが、見返してやるといった競争のために自分自身の能力を使おうとすることがいかに不毛なことなのかを学びました。

当然そんな動機で勉強していても長続きするはずもなく、悲しいことにその時が私の人生において最も成績の良かったピークとなりました。これからが大学受験本番だというのに、その後は転がるように成績が落ちていきましたとさ。(ノД`)トホホ・・

あたり前のことかもしれないですけど、勉強は純粋に自分の中にある好奇心や楽しみのため、夢の実現など何か目的意識を自分自身で創り出して、そのための一つの手段としてやるのがいいんだなと思いました。
 

____________________________

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
愛を込めて
 
いつもありがとう
今日もあなたに沢山の愛と幸せが
降り注ぎますように

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

いつでもお気軽に
フォロー大歓迎です✨(*´▽`*)

フォローしてね!

 

◎オリジナル作品(額装絵画)を販売中!

新作の嵐ストア

 

※売上の一部は恵まれない方々に寄付されます。


◎絵本作品やイラストも公開中!

Instagram「nana_museum」

note

You Tube「7’s BOOKSHELF」
WEBサイト「絵本・童話の創作Online 新作の嵐」

 

こんにちは!奈々です。

 

 

 

昨日、京都文化博物館で開催されている

 

『小早川秋聲 ~旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)~』展

 

を見に行きました。
 

 

 

 

 

 



会期最終日だったけれど、小雨の降る天気だったせいか、

 

人はそれほど多くなく、じっくりと見て回ることができました。

 



小早川秋聲(こばやかわしゅうせい)は、

 

大正から昭和にかけて京都を中心に活躍した日本画家です。



若くして中国に水墨画を学びに行き、

その後、当時としては珍しく、

 

中国からアジア、インド、エジプト、欧州など巡って絵を描き、

 

"旅する画家"とも呼ばれました。

 

 

 

さらに、戦時中は従軍画家として戦時記録画も描きました。



秋聲は、9歳で東本願寺の衆徒として僧籍に入っていたため、

 

戦地で亡くなった兵士を埋葬する際、

 

お経もあげていたそうです。僧侶であり画家でもあったんですね。




数年前、母の薦めで「NHK日曜美術館」で特集されていたのを見て以来

 

作品は知っていましたが、直接で見たのは今回が初めて。



特に代表作として有名な「國之楯」という作品は

 

荘厳な雰囲気が漂う異色の作風でとても印象に残りました。



作品が気になった方はこちらからご覧になれます。↓

 

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム) | 京都文化博物館 | 美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ (artagenda.jp)

 

 

 

当時この作品は陸軍からの依頼で描いたものの、


厭戦感を引き起こす可能性があるという理由から、
 

完成後に受取拒否されてしまったという逸話の残る作品です。

 

 


初め横たわる日本兵の遺体の頭部には金色の円光が描かれ、
 

背後には桜の花びらも描かれていたそうですが、

 

後に秋聲本人が黒く塗りつぶして消したと言われています。

 

 


また、スタジオジブリで有名な故・高畑勲監督も

 

この「國之楯」という作品の下絵を京都の料亭で目にし影響を受けたのだとか。



緻密で繊細、美意識の高さをうかがわせる作品の数々に触れて、

 

心が満たされました。

 

 

 

改めて日本画の素晴らしさを感じ、

 

戦争について考えさせられる素晴らしい機会でした。

 

 

 

やっぱり絵を見に行くのって勉強になって楽しいです!\(^o^)/

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
愛を込めて
 
いつもありがとう
今日もあなたに沢山の愛と幸せが
降り注ぎますように

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

いつでもお気軽に
フォロー大歓迎です✨(*´▽`*)

フォローしてね!

 

◎オリジナル作品(額装絵画)を販売中!

新作の嵐ストア

 

※売上の一部は恵まれない方々に寄付されます。


◎絵本作品やイラストも公開中!

Instagram「nana_museum」

note

You Tube「7’s BOOKSHELF」
WEBサイト「絵本・童話の創作Online 新作の嵐」

 

こんにちは!奈々です。

 

 

 

ツインレイと出会って、

私は自分自身が様々な面でよりよく変化・成長してきました。



その中でも一番大きいのは

 

「自分をより愛せるようになれたこと」



私は10代後半から精神が病んでしまった時、

自殺を考えたことがありました。




(今、思うと自分で自分を殺そうとするなんて


恐ろしいことですが…。)



当時、私はそれくらい自分のことが嫌いで、

この世に存在する価値がないとすら思っていました。



自殺というのは、

実は自己愛が一番最低ラインまで下がった時に

起こる行為であると言われていて、

自分を愛せていない人の極限でもあるんです。



当時、私は自殺を通して自分を苦しみから解放することが、

自分への愛である、

そうすることが周りも

 

自分も救うことに繋がると考えていました。



でも、それは後に偽物の愛だと気づきました。



「本当に自分を愛するなら、

生き抜いて自分を幸せにしてみせろ!」と

思いました。



それこそ本物の愛だと気づいたんです。



その時、内なる自分と和解し、もう一度手を取り合って

人生を立て直そうと決め、今の私があります。



そして、人生で初めてツインレイと出会った時、

今まで感じたことのないような深い愛を感じました。



その瞬間、まず「彼のために何かしたい!!」と思い、

彼にばかり意識が向いてしまいました。



それが私の彼への純粋な愛情表現だと思いました。



でも、その時、同じツインレイの先輩にあたる女性から、

「彼を本当に愛するのなら

自分の幸せのために何ができるのかを考えて」

と諭されました。



最初それを聞いた時は

「ただ彼を愛したい、だから彼のために尽くしたい!

なんでそう思うことがいけないの?

それよりも自分の幸せを考えることが

彼の幸せに繋がるなんてよくわからない。」

といった心境になりました。



でも、後にその言葉が真実であったことに

気づけるようになりました。



例えば、私が男性だったとして、

自分を愛してくれる女性が自分に尽くしてくれる時、

どんな気持ちになるかを想像してみました。



彼女は自分の夢も捨てて、僕のことばかりを考える日々。

そして僕に尽くしてばかりでそれが人生のすべてになっている。

時に僕の言動によって一喜一憂し、感情的にもなる。

生活はボロボロ、身だしなみもきちんとしていない。

僕がいないと生きていけないと執着してしまっている。



自分の愛する女性がそんな風になって

男性として本当に喜べるでしょうか?



その時、すぐに浮かんだ答えはNOでした。



僕は愛している女性には自分自身のことに一番に大切にして欲しい。

自分の夢を叶えて欲しい。

僕のことを考えるよりも、

自分の人生がもっと楽しくより輝くものになるように

日々前向きに過ごして欲しい。

身だしなみもきちんとして自分という存在の美しさを大切にして欲しい。

僕はずっと君を愛しているから、

僕の言動に一喜一憂しないでいつも信頼していて欲しい。



そして、一番は「いつも幸せで笑顔でいて欲しい」

そんな君を僕がずっとそばで支えてあげたい


君に僕が尽くさせて欲しい

私が男性だったらそう願うと思いました。



その視点に立てるようになってから、

彼のために尽くすことよりも、



私が私のために生きること、

私が自分を愛すること、

私が自分の才能や美しさを輝かせること、



が実は彼の喜び、幸せに直結していることに

気づけるようになりました。



その時、彼を本当に愛するなら彼に尽くすよりも、

私が私に尽くしてあげることが

本当の意味で彼への愛になるということがわかったんです。



そして、私がそうやって生きるようになっていくと、

不思議と私の周りにも幸せが伝播していくことに気づき始めました。



私が幸せであると彼も周りも幸せになっていく。



そのことを初めて実体験を通して知ることができました。



それから、私は自分の本来の魂の輝きを取り戻し、

魂の輝きを放って生きることこそが

人生において一番大切であるということに気づきました。



ツインレイと出会って、

私が変化・成長してこれたのは、

彼を愛するために、

自分を愛してきたからでした。



真実の愛とは、

「心から自分自身を愛すること」

そのことによってもたらされるものだと気づいたのでした。



今日は私のツインレイとの出会いにおける


気づきをシェアしてみました。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
愛を込めて
 
いつもありがとう
今日もあなたに沢山の愛と幸せが
降り注ぎますように

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

いつでもお気軽に
フォロー大歓迎です✨(*´▽`*)

フォローしてね!

 

◎オリジナル作品(額装絵画)を販売中!

新作の嵐ストア

 

※売上の一部は恵まれない方々に寄付されます。


◎絵本作品やイラストも公開中!

Instagram「nana_museum」

note

You Tube「7’s BOOKSHELF」
WEBサイト「絵本・童話の創作Online 新作の嵐」

 

こんにちは!奈々です。

 

 

 

今日は先日、ブルーベリー狩りに行ったきた時のことを紹介しますね!

 

 

実は私は京都に引っ越してくる前から

 

2、3年に1度はブルーベリー狩りをしに行くくらい大好き♡

 

行きたいと思い立ったら一人で行っちゃう時もあるくらい♪

 

 

 

実家に住んでいた当時は千葉県にある『花囲夢』農園さん

 

(無農薬のブルーベリー栽培をされています。)

 

にお世話になっていました。

 

 

 

そして、今年は、

 

京都・南山城村にある「うえだブルーベリー畑」へ、

 

妹と一緒に初めて行ってきました。



最寄りの「大河原駅」から

 

事前に予約していた町の乗り合いタクシーで向かいました。

 

片道300円とリーズナブル!

 

(乗り合いタクシーは平日のみ予約が可能です。)

 

 

 

途中、山を登っていくのですが、

 

その山間から見える眺望がとてもきれい場所がありました。



そして、約30分程かかって「うえだブルーベリー畑」に到着!

 

 

 

 

こちらの農園のブルーベリーはすべて無農薬で育てられたもの。



今年はお盆の時期に続いた雨の影響で色づかず赤いままで

 

終わってしまう実も多いのだと言っていました。

 

 

 

この日、予約者は私と妹1組だけだったので、

 

広い農園を二人占めしちゃいました。(笑)

 

 

なんと言っても山間の見晴らしの良い高台にあって

 

眺めが素晴らしかったです。
 

 

 
 
 


時々味見しながら摘み取りをしていると甘酸っぱい味が

 

口いっぱいに広がってついつい食べ過ぎちゃう。(笑)

 

 

 

 

木のよって微妙に味も異なり、

 

完熟したブルーベリーはとても美味しかったです。

 

 

 
 

妹とおしゃべりしながら摘んでいたら

 

そっちに夢中になってあんまり摘めていないことに気づき…

 

 

 

最後は「無言で摘むのに集中ね!!」とお互いに言い合って、

 

ラストスパートをかけました。(`・ω・´)ゞ



そして、約1時間程経って量ってみたら900g摘めました。
 

 

 


量り売りの際、サービスで100gプラスしたいただいたので、

 

全部で1kgを購入して帰りました。(*^^*)

 

 


実は植田さんはブルーベリー以外にもお米を育てられていて、

 

令和元年には「第二十一回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会、

 

都道府県代表お米選手権」で特別優秀賞に選ばれるほどの一級品。



今年5月には元サッカー選手中田英寿さんも自宅に来られて、

 

田んぼの見学や田植え機で田植えをされ、

 

ごはんも召し上がって帰られたそうです。

 

(サインも飾られてありました。左側↓)

 

 

 

 

※中田英寿さんは「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」の

 

審査委員をされていて、

 

その繋がりでこちらの農家に見学に来られたみたいです。



帰りがけ、思いもかけず

 

そのお米の新米もお土産にプレゼントしていただけて

 

すごく嬉しい気持ちになりました。\(^o^)/わーい!

 

 

最後に植田さんとツーショット写真も!パシャ!

 

 

 

 

とても親切丁寧な方で心尽くしに感謝でした。

 

 

ブルーベリー狩りは9月末頃までやっているそうなので、

 

気になったからはぜひ出掛けてみてくださいね!

 

 

うえだブルーベリー畑- 京都・南山城村にあるブルーベリー畑 (uedablueberry.com)

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
愛を込めて
 
いつもありがとう
今日もあなたに沢山の愛と幸せが
降り注ぎますように

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

いつでもお気軽に
フォロー大歓迎です✨(*´▽`*)

フォローしてね!

 

◎オリジナル作品(額装絵画)を販売中!

新作の嵐ストア

 

※売上の一部は恵まれない方々に寄付されます。


◎絵本作品やイラストも公開中!

Instagram「nana_museum」

note

You Tube「7’s BOOKSHELF」
WEBサイト「絵本・童話の創作Online 新作の嵐」

 

こんにちは!奈々です。

 

 


「自分を愛すること」

それはつまり「自分を大切にする」

ことでもあります。



あなたはどれくらい自分自身を大切にしていますか?



そう聞かれても、

そもそも自分を大切にするってよくわからない。

どうすることが自分を大切にしていることに繋がるの?

と思われている方もいるかもしれません。



実は私も正直それがよくわかっていませんでした。(^_^;)



でも、最近自分の中で

「これは自分が大切されていると感じられる!」と

思って実践していることがあるので、

今日はそれを紹介したいと思います。



まず自分を大切にする前段階、前提条件として

「自分をよく知る」ということはとても重要です。



例えば、何が好きで何が嫌いか?

何をしている時が楽しくて、どんなことに幸せを感じるのか?

どんな時が辛くて、悲しいのか?

今一番どこへ出かけたいのか?やってみたいことは何なのか?

将来はどんな夢を抱いているのか?…etc



そうやって、自分自身のことをよく知る、

深堀りしていくことで、

自分が一番の理解者になること、

そうすることで自分を大切にするための準備が整います。



「自分をよく知ること」

それができたら次の段階「自分を大切にする」に進みます。



(ただし、「自分をよく知ること」は


人生を通じてずっと行っていくことであり終わりはありません。
 

常に変化、更新されていくので、
 

いつもそこに意識は向けておく必要はあったりします。)



そして、自分を大切にするとは、

自分が自分の母親になって愛おしい我が子と接するかのように、

自分が理想のパートナーになって、愛する人と接するかのように

自分が自分の一番の応援団長になって、応援したい人と接するかのように

自分が神様になって、神様(自分自身)と接するかのように

・・・

そうやって自分を扱っているかな?

という視点で少しずつ日々のあり方を変えていく、

整えていくということです。



例えば、あなたのやりたい夢を否定してくる人や

あなたのことを悪く言う人がいたとします。



そんな時はあなたは我慢してその人と付き合ってはいませんか?



その時はきちんとその人と距離を置く。



自分のことをわかってくれる人たちがいる

環境に身を置くということが

 

自分を大切にしてあげていることに繋がります。



他にも、何か二つのものを選択する場面にあった時、

周りの人を優先して、

本当に欲しいものをあえて譲ったりしていませんか?



その時は一番良い方を自分が受け取る。



自分には一番良いものを受け取るだけの価値がある、

それだけ大切な存在なんだと

自分自身に行動で示すことに繋がります。



どこかへ出かけたいと思った時、

あなたはどんな風に自分とのデートプランを考えますか?

どこで何をするか、出かけ先で何を食べるか、

どんなものを買ってあげるか?



それらすべてを、あなたが自分の理想のパートナーに

なったように自分自身に接して与えてみて下さい。



あなたが愛するパートナーにしてもらいたいことを

まず自分が自分にしてあげるのです。



他にも、あなたの目に入れる景色・情報、耳に入れる音・声、

食べるもの、身体や手に触れるもの、身を置く環境・・・など

五感を刺激するものにも注意を払う必要があります。



自分にとって本当に必要なものを身の回りに置き、

身体によいものを食べて、

洗練された美しいものを見て

心地よい音を聞き、安心できる環境に身を置く。



自分が日常的に選び取って与えているものを

 

きちんと精査する必要があります。



そして、もっと重要なのは

自分の「心」を大切にすること。



これが意外とできていなかったりするんですね。



つまり、自分の妄想、思い込み(思い癖)、考え方によって

実は自分が自分を一番傷つけている、

大切にしてあげていないことがあるんです。



私もそのことに最近まで気づきませんでした。



例えば、自分責め、自己否定、ネガティブ思考などがその例です。



誰かに褒められた時、心からそれを受け取れていないのは、

自分で自分のことをジャッジしているからですね。




これ以上は受け取らないと決めていると、

本当は届くはずのあなたへの賛辞が届きません。



自分を大切にするということは、

誉め言葉は100%受け取ることだったりします。



ついでに、

 

おまけで自分に対してプラスαで言ってあげてもいいくらいです。



もし「可愛いですね!」と言われたら、

きちんと相手に「ありがとう」と伝えてその言葉を受け入れます。



そして、その心の中で

「可愛いって言われて嬉しいね。私ってほんと可愛いね。」

と言ってあげます。

 

 


ここでよくあるのは、

「可愛いねと言われた。嬉しいけど、

 

本当は自分には可愛くない部分もあるんだよね…。」という感じで、

褒められたことにケチをつける自分が出てくる時は要注意!




何か感謝された時も同様です。



あなたのしたことが誰かに感謝されたらそれを100%受け取る!



「ありがとうって言われたけど、

 

もっとすごいことをしている人はいっぱいいるし…。」

と思ってしまうと、それも自己否定になります。



今の自分がたとえ理想の姿ではなくても、

今が最高最善だと思って今の自分を100%認めること。



自分を否定したり、自分を責めたり、

ネガティブに物事を捉えたりしているということは、

心の中で自分自身を傷つけていることになります。



つまり、それは自分を大切にしていないということです。



自分を大切にするとは

心の中でも自分を大切にするということ。



外側から取り込むものはもちろん良いものを選んであげる、
 

 

そして内側で思うことでも自分を大切にしてあげる。

 

 

 

この二つが両方できて本当に自分を大切にすることになるのかなと思いました。

 



今日は自分を大切にする方法について、

意外と盲点になってしまっている心の中、

 

(考え方の部分)でも自分を大切しているかを見直す

 

きっかけになれば幸いです。(^_-)-☆

 


 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
愛を込めて
 
いつもありがとう
今日もあなたに沢山の愛と幸せが
降り注ぎますように

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 

いつでもお気軽に
フォロー大歓迎です✨(*´▽`*)

フォローしてね!

 

◎オリジナル作品(額装絵画)を販売中!

新作の嵐ストア

 

※売上の一部は恵まれない方々に寄付されます。


◎絵本作品やイラストも公開中!

Instagram「nana_museum」

note

You Tube「7’s BOOKSHELF」
WEBサイト「絵本・童話の創作Online 新作の嵐」