6/17に開催した院内勉強会
「新型コロナウイルス感染症の影響下における妊娠不安の実態と緊急避妊薬の課題」
のレポートを命育さんが記事にしてくださいました!

命育「コロナ禍の子ども・若者の妊娠相談の実態 緊急避妊薬(アフターピル)処方までのハードル」

当日は議員・メディアの方は現地参加可、一般の方はオンライン参加でしたが、相変わらず直前の告知にも関わらず多くの方にご参加いただきました。
本当にありがとうございます。

緊急避妊薬へのアクセスを確実にすることと、性教育の充実など安全な環境づくりは、両輪で同時に行っていく必要があると思います。
性教育が先、とか順番を待っていいものではないはず。

昨年オンライン診療が解禁された緊急避妊薬、
コロナ禍のいま、なぜアクセス改善の声をあげるのか?

とてもわかりやすくまとめてくださっているので、ぜひごらんください!

緊急避妊薬を薬局でプロジェクト
https://kinkyuhinin.jp/


本日7月9日 23:00頃〜23:50頃、TBSラジオ「荻上チキ Session-22」に生出演します。#ss954

新型コロナ禍の妊娠相談増加、緊急避妊薬へのアクセスの課題などお話する予定です。

生放送ってほんっっとに緊張するのですが、
(台本ほぼないし、、笑)
貴重な機会をいただけたことに感謝し、頑張ります!

ちなみに、前回は2019年3月に人工妊娠中絶をテーマにNPOピルコン 染矢さんと出演させていただき、今回も染矢さんと一緒に出ます。(写真は前回のもの)

お時間あれば、ぜひお聴きになってください。

前回の放送分はこちらから聴けます↓
日本は妊娠中絶後進国!?産婦人科医と当事者が語る、その知られざる実態とは▼遠見才希子×染矢明日香×荻上チキ▼2019年3月25日(月)放送(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

反響大きく記事になっています↓
Session-22✖️現代ビジネス
体も心も痛い…「時代遅れの中絶手術」で傷つく日本の女性たちの叫び
毎月毎月、なかなか進まず、危機が迫ってから突如スイッチが入り、夜な夜な苦しみ、超絶ギリギリで乗り切る、、それが、連載、、( ;∀;)


へるす出版「小児看護」編集部の方々、今月も迅速な対応、本当にありがとうございました!

早いもので1年連載の折り返し地点の第6回です。

来月こそは余裕を持って入稿したい。。
と、毎月思っている。。

えんみちゃんと考えよう!大人が学び直す性教育
〜子どもの性の健康を守るために〜

第1 回 「寂しい」からセックスする若者たち
第2回 "避妊"を教われない中学生
第3回 正しい知識を生かすためには
第4回 「セックスって何?」に答えられますか
第5回 新型コロナウイルスの影響で増加するSNSによる性被害
第6回 意図しない妊娠を防ぐ最後の手段"緊急避妊薬"(前編) ←イマココ

ご購入、定期購読はこちらから!
https://www.herusu-shuppan.co.jp/category/magazine/shoni/
2歳の娘に「おしりもおまたもおっぱいも全部大事大事よー○○ちゃんの体は○○ちゃんのものよー」と歌いながらいつも体を洗っていたら
ある日娘が風呂場でギャン泣き!

その理由が『自分で洗う!大事大事は自分で洗うの!ママ触っちゃダメ!』

性教育かあちゃん、娘の成長に感動した😂

以後「洗い残しママが洗っていい?」と聞いてから体を触るようにしています。

「ママのおっぱいも大事大事?」と聞いてくるので
「大事大事だよーだから自分以外の人の大事大事は何も言わずに触っちゃダメだよー誰かに触られたらダメって言うんだよ」とか2歳からできる性教育をリアルに体験中です。

上の子は2歳を過ぎて急成長中、大絶賛イヤイヤ期!!!

保育園行かなーい
ごはん食べなーい
はーみー(歯磨き)しなーい
お風呂はいんなーい
しーし(おしっこ)しなーい
オムツかえなーい
ねんねしなーい

最近は特に寝かしつけに苦慮しており、絵本10冊くらい読まされた挙句、
やっと寝るというところで、、

なんか飲みたーい
なんか食べたーい
タッチして抱っこしてー
お背中トントンしてー

育児って、、辛抱だなって、、
イライラして声をあげたら負けだと強く心に念じています

日々寝落ちしてしまい、やることやれずあっという間に一日が過ぎ去っていきます笑

写真は、家中の踏み台?を集めて冷蔵庫を開けることに成功した2歳児!
金曜日のニュースを機に、私のところには「性暴力被害の妊娠中絶で加害者の同意(同意書へのサイン)を求められたことがある」という連絡が複数入り、本当にこれは現実に起きているということを痛感させられています。

Twitterでもさまざまな意見が飛び交っていて、多くの人が中絶について考えるきっかけになったのはとてもいいことだと思います。

しかしなかには医療者が中絶をする人をジャッジするような意見や、いろいろ事情があるから難しいという意見があり、すごく苦しいなと思うのです、、
(もちろん母体保護法など法律の問題が多々あることや中絶に携わる医療者の葛藤があることは、承知しています)

同意書の「配偶者」欄に、性暴力加害者のサインをもらってくるように、そうしないと中絶できないと言われる被害者の気持ちを想像することは難しいことなのでしょうか、、
(加害者が配偶者のケースもしかり)

「加害者の同意は不要だよ」「加害者の同意を被害者に求めることはセカンドレイプだよ」
というシンプルなことを伝えるだけでも相当な困難を感じてしまうけれど、、
できることを一歩ずつ、前向きに続けていくしかないと思っています。