That's where we are

the Church of Broken Pieces
(アメリカ救急医の独り言と二人言)


テーマ:

私は自他とも認める「ホワイト・クラウド」で

ややこしい患者を引きにくい

運命と言うか体質と言うか

私がONの際、ERは割と静かになる

 

が、この日は全く違っていた

 

電子カルテを開けるため

コンピューターにログインした途端

 

救急隊から

『7歳児、けいれん発作持続中

到着時間、5分です』

 

同時に呼吸不全の患者、到着

 

同僚「私はこっちの患者を診るから

あなたは子供の方をお願い」

 

救急の研修プログラムに移る前

2年間小児科の研修医をやったせいか

(専門医になるには3年の研修が必要)

子供の患者を振られることが多い

 

ま、いいんだけどさ

 

子供の状態が落ち着いた、と思ったら

 

『蘇生後の患者、急性心筋梗塞の可能性

到着時間、10分です』

 

救急隊から心電図がFAXされてきた

研修医「これ、ST上昇型心筋梗塞ですよね?」

私「う~ん、微妙だなあ、違うと思うけど」

(ST上昇型なら心臓カテーテルが緊急に必要)

 

救急隊は大急ぎで

家族らしき人たちもパニックになっていて

名前もなにも分からない「名無しの権兵衛」

到着後取り直した心電図ではST上昇型ではなく

心臓カテーテルのチームを呼ばなくても良かったが

ナース「血圧測れません!」

 

研修医にコレとコレやって、オーダーしてと指示出し

さっきオーダーした検査の結果は...と

コンピューターのある机へ戻ろうとしたら

 

「ストレッチャー持って来て!」

受付にいた同僚が駆け込んできた

 

「トリアージにいる患者がけいれん発作起こして

ひっくり返ったんだ」

 

なんか、もう、次から次へと

 

「何なの、これ?あなたが連れてきたの?」

ナース陣に皮肉られた

「え~、そんなことないよ~

私がホワイト・クラウドだって、皆知ってるでしょ」

「そうよね、普通は静かよね」

「もしかして、J君、ERのどっかに潜んでない?」

 

J君は私の後輩+同僚

やたらよややこしい患者を引くし

J君が通りかかっただけで

患者が心肺停止になったという曰くつき

(←これは私の患者でも経験済みの事実)

 

今日、J君はオフィスで仕事をしているはず

でも、彼は時々ひょこっとERを覗きに来る

来るな、患者の容体が急変するから

さっさとどっかへ行ってくれと

半分冗談、半分本気で追っ払うのだが

 

こんなくだらない冗談にも

ナースが真剣な面持ちで頷くほど

患者の重症度が異常に高い日だった

 

トイレに行くと言いながら

何時間も行けないままの同僚

「今日は何なのかしら?あなた、大丈夫?」

 

大丈夫も何も

「こんなに楽しいの久しぶりハート

 

研修医も必死で仕事をしている

「ね、楽しいと思わない、これって?」

一瞬、「え?」という顔をした3年目研修医

「はいっ、楽しいです!」

 

ああ、幸せだな

こういう日のために4年間の研修をし

(ほぼ)毎日勉強し続けるのだ

そして、この状態がER医としての醍醐味だという事に

共感してくれる研修医がいる

 

"Dr. O, we need you here!

We got a hypotensive girl!"

 

診察室のカーテンを開けたナースが叫ぶ

目の前にいるインターンと目が合った

 

"You come with me."

 

 

 

読者登録してね

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

emdocr8さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。