英国・コッツウォルズの小さな街 | 英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:

ケータイ 携帯向により見やすいモバイル版はコチラです。 ケータイ


バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ



今日はコッツウォルズにある可愛らしい街をご紹介いたしましょう。


実は今日ご覧いただく写真は2月に私がそこを訪れたときのものです。

皆さまにお話したいことがたくさんありすぎて、写真がたまりにたまっているのですが、

ブログの記事が追いついていませんあせる 季節がずれてしまっていることをお許しくださいませ。


英国のカントリーサイドの景色を待ってくださっている読者さまがいらっしゃっていることを

承知しておりますので、これからも少しずつお伝えしてまいりますのでご期待くださいね。


まずは、以前の復習になりますが(エヘン)、皆さま「コッツウォルズ」って

英国のどのあたりにあるかおわかりになりますでしょうか?


よく、コッツウォルズという街があると勘違いされがちなのですが、

コッツウォルズはあくまでも英国の地方の名前になります。


そのことを以前記事にいたしましたので


こちらからコッツウォルズはどこにあるのかをご確認いただいてから ココ

今日の記事に戻ってきてくださいね。


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



今日、ご紹介いたしますコッツウォルズの街は「ウィンチクーム(Winchcomb)」というところになります。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



ウィンチクームはヘンリー8世の6人目の妻、キャサリン・パーの住まいであった

シュードリー城(Sudeley Castle)で有名ですが、毎年3月29日から11月1日の

午前10:30から7:00の間しか公開されていないため、この日は入ることができませんでした。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



街は羊毛で栄えた古きよき時代をほうふつとさせる、昔ながら街並みが残っています。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



家や柱、床も傾いていたりするのですが、古き良きものを大切にする国英国ですから、

皆好き好んでこんな家に住みますし、事実不動産の価格も古いからといって安くありません。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



こちらは街の教会です。コッツウォルズの石でつくられた教会ですが、やはり微妙に傾いています。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb


こちらのB&Bも可愛らしくていい味がありますね。そろそろ屋根の補修が必要かも?


美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



こんな古い街にはアンティークがよく似合います。こちらはアンティーク・ドールのお店です。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



中をのぞいてみるとこんな感じのお人形がたくさん。



美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ-Winchcomb



今回、私がこの街を訪れたのは、このカフェで この方 とお茶をするために訪れました。


こちらのカフェ 「Juri's」 は日本人ファミリーが経営されていることで有名ですよね。

こちらのマダムもアンティークアイテムをコレクションされており、アンティーク談義に花が咲き、

楽しい時間を過ごすことができました。


さて、昨日の 半年も早いクリスマスの記事 をご覧になった、パパラッチ日記さん から「夏至の一句」と題しまして、

今日もこんな素敵な歌を頂戴いたしました。パパラッチ日記さん いつもありがとうございます!



バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

夏至の頃

早や

サンタの

橇を

待つ

バラ*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ゚・*:....:*・゚バラ

ありがとうございます、また徐々にランキング復帰してまいりました。

よろしければ今日も下記のバナークリックで3秒でできる人助け(笑)にご協力をよろしくお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ


オールドノリタケのカップ&ソーサー
日本から海外に向けて約100年前に輸出されたノリタケのカップ&ソーサーです。この子が次日本にお里帰りできるのはいつになるのでしょうね。

英国アンティークス・Miaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス