アンティークの似合う暮らしーDrawer

コッツウォルズのはずれの小さな村にあるアンティーク店より、英国の歴史あるアンティークと、小さな村の生活のおはなしをお届けします。

コッツウォルズの小さな村から、厳選されたアンティークを

日本のみなさまに直輸入していただいております。

ウェブショップの中から、みなさまのお気に入りが見つかると

うれしいです。 どうぞよろしくお願いいたします。


    コッツウォルズのアンティーク屋さん





テーマ:
英国コッツウォルズより、こんにちは~🎵


久しぶりのセールのお知らせです。





あまりよいニュースではないのですが、EU離脱に伴い、円高が進んでおります。


この機会に、Drawer初めての、『円高還元』セールを行います。


期間はとても短く、6月27日から、7月3日まで!!


新着アンティークと、お買い得アンティークを除く、すべての商品が、20%オフとなります。


とてもお買い得なセールになります!!


ぜひ、この機会に、素敵なアンティークを見つけてみてくださいね🎵


英国コッツウォルズのアンティーク・Drawer








メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
英国・コッツウォルズより、こんにちは~🎵


5月に訪問したお庭の写真が、たくさんたまっています。。。


『キフツゲートガーデン』は、きっとコッツウォルズに来られてお庭好きの方でしたら、きっと行かれている方が多いのではと思います。





北コッツウォルズにある、有名なヒドコートマナーガーデンのすぐお向かいにあります。


写真は、キフツゲートのお庭からの景色。


オーナーのアン・チェンバーさんと旦那さま家族が住んでいるお家です。


大きな豪邸に住んでいる貴族のような方たちなのに、とても気さくに、いつも、入場のチケット販売のところで、チケットを売っています。





黄色いバラは、バラの中で一番はじめに咲き始めますね。


この写真をとったのは、5月23日。まだ、他のバラはつぼみの状態でした。





珍しいピオネー。


キフツゲートの庭には、普通では見ないような珍しいお花がたくさんです。







お隣のヒドコートガーデンとの違いは、このフラワーベットの芝生。


わかりますでしょうか。・・・くねくねしているの。


ヒドコートガーデンのフォーマルなフラワーベットは、芝生がまっすぐな線です。


小さな違いに見えるけれど、随分と雰囲気が違って見えます。






広いような、広くないような。高低差があるお庭もあり、さまざまな顔があるお庭で、楽しいです。


写真は、今のオーナーさん、アンさんのデザインのものです。


女3代で作り上げたお庭ということで有名ですが、お庭は長い時間をかけて作られるものなのね~~ということを実感しますね。


もともとは、テニスコートだったところを、このようにモダンな池の庭に!


池の色が黒く見えますが、これは、わざと中を黒く塗って、空や木が鏡のように水に映るようにしています。







木々の合間から、遠くが見える。。。


これから、ずんずんと下ります~~~





半月型の池が見えてきました。


あとで筋肉痛になりそうな坂道です。。。






下から上を見上げると、こんな感じです。





眺めのよい場所で休憩してから、また坂を登っていきましょう。



ぼーーーっと、ただ座っている時間って、本当に贅沢な時間。



また来たいな、と思うお庭です。








メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英国・コッツウォルズより、こんにちは~🎵


H&Rダニエル、あまり知られていない窯でしょうか。


知る人ぞ知るメーカーと言えるかもしれません。


とても古くから陶磁器を作り始めた窯なのですが、1822年から1846年のとても短い間に創業していた窯です。





とても短い期間の間に、たくさんのパターンが作られました。





H&Rダニエルの品物は、金彩をふんだんに使っており、豪華絢爛で、私から見るとあまりにもまぶしすぎます。


今まで扱うことが少なかったのですが、今回、蝶々がカップとソーサーに描かれ、まるで羽ばたくような雰囲気のお品に魅せられました。






ダニエル窯は、当時、裕福な貴族の顧客をたくさん持ち、王室までもが顧客だったと言われています。


絵付けの質にもこだわり、当時、あらゆるメーカーから、絵付け師をヘッドハンティング!していたようです。





こちらのカップの果物と蝶々を描いた絵付け師は、”トーマス・スティール”という人物です。


もともとは、リッジウェイから絵付けを学び、その後、ダービーで絵付け師として活躍していたのですが、


1824年頃にダニエルに職を移します。


実際に絵付け師がわかっているカップはなかなか手にすることはありません。


美術館に並んでいてもおかしくないティーカップ&ソーサーです。


『H&Rダニエル・蝶々と果物のカップ&ソーサー』(プレゼント付き)








メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)