アンティークの似合う暮らしーDrawer

コッツウォルズのはずれの小さな村にあるアンティーク店より、英国の歴史あるアンティークと、小さな村の生活のおはなしをお届けします。

コッツウォルズの小さな村から、厳選されたアンティークを

日本のみなさまに直輸入していただいております。

ウェブショップの中から、みなさまのお気に入りが見つかると

うれしいです。 どうぞよろしくお願いいたします。


    コッツウォルズのアンティーク屋さん





テーマ:
英国・コッツウォルズより、こんにちは~🎵


なんだか、ここのところ、寒い。。。


ホリデーコテージ6月開始のため、庭を改造中なのですが、芝生の種から芽が出てきません。。。


毎日、気温は15度以下なので、発芽しないのかしら。


それでも、太陽が出ると、一斉に咲いた花々は美しく輝いています。





5月のはじめの写真です。


コッツウォルズツアーの途中で立ち寄った、有名なキフツゲートガーデンのブルーベルの森です。


ブルーや紫色のお花、英国にはたくさんあります。


これから、どんどんブルー系のお花が咲き始めますね。





黄色い菜の花の景色も、もうすぐ終わりを告げます。


菜の花畑は、4月、5月の間、長く咲いているので、春の景色の代名詞みたいな感じ。


黄色の風景とむらさき色の風景・・・・大きく広がる色を見ていると面白いです。


色は気分を表したり、気分を変えてくれたりしてくれるもの、と思いますが、本当に、それを感じることができます。


黄色は歌を歌いたくなるくらい、気分が明るくなる感じ。


ブルーの色は、すーーっと、気分が落ち着いて、冷静になれる感じ。



色のこと、あまりわかっていませんが、私の色の感覚。  


いろいろな色で感覚を試してみたら楽しそうですね🎵










メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  


いいね!(35)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英国・コッツウォルズより、こんにちは~🎵


もう2ヶ月の前のことになってしまいましたが、日本でのアフタヌーンティーパーティーをした時のこと。






英国の田舎に住んでいる私にとっては、東京の、キラキラしたホテルの眺めのよいラウンジでのアフタヌーンティーはぜひぜひ行ってみたい場所でした。


合計10名での小さなグループでのアフタヌーンティーパーティー。楽しかったなあ。


イベント、いろいろな形でやらせていただいておりますが、小さいグループですと、みなさんの顔が見えて、個人的なお話などもできたりして、好きです。







今回参加してくださった Iさんは、他のイベントでもいろいろお世話になっている方で、イベントごとに、素敵な写真アルバムカードを作ってくださいます。







いつも、ありがとうございます~💕💕💕




英国では、めったにアフタヌーンティーに行くことはなく、その代わりに、ティールームへはよく足を運びます。










ティールームでもアフタヌーンティーを出してくれます。









私の勝手なイメージですが、ティールームのアフタヌーンティーは、手作り感いっぱいな感じといったところでしょうか。


どどーーーんと出てきます!



どちらが好き? と聞かれると、困ってしまう。



東京のアフタヌーンティーは、また絶対に行きたい~!・・・けれども、



ぜひぜひ、コッツウォルズの素朴なティールームのアフタヌーンティーにも、遊びにきてほしいです~!!









メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  


いいね!(44)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英国・コッツウォルズより、こんにちは~🎵


ここ数日のコッツウォルズは、初夏のようなお天気でとても気持ちがよいです。


ホリデーコテージも着々と出来上がりつつありますので、またブログでアップいたしますね~。





今、目の前で、こちらのカップ&ソーサーを眺めながらブログを書いております。


こちらは、普通のティーカップよりもひと回り小さめの、カップ&ソーサー。


タイトルには、『ロイヤルウースター』と書きましたが、まだ、ロイヤルウースターになるもっとずっと以前の、


ウースターが創立した当初のとても古いお品です。






1755年 から、 1775年の間につけられたマークが付いております。


この時期のお品を、ウースターを創設した当時の出資者の人物の名前から、『ドクターウォール期』と呼ばれています。


”ドクター”とつくのは、ジョン・ウォールさんという方が、お医者さま、そして、科学者だったからです。





よくブログの記事や、メールマガジンでも書いているのですが、


私の住んでいる家から、ロイヤルウースターのあった、”ウースター”という町は、車で30分ほどの場所にあります。


すでに、ロイヤルウースターは、2009年に買収されており、現在は、ロイヤルウースターの美術館が当時の工場跡にあります。


その美術館に、こちらと同じパターンのものがございます。





ウースター美術館に展示されていたチェスナッツボールです。


美術館で見つけてから、ずっと気になっていたお品を目の前にして、なんとも幸せ気分🎵


こちらのカップ&ソーサーは、数時間後にウェブサイトに掲載予定のお品です。


ぜひ、お店にも遊びに来てくださいね~🎵   『アンティークショップ・ドロワー』


ウースターの歴史のお話や、アンティークの扱い方などを書いているメールマガジン『楽しくアンティークを学ぼう!』を発行しております。


簡単に登録できますので、ぜひどうぞ!!

『メールマガジン登録ページ』







メールマガジン・”楽しくアンティークを学ぼう!”も、毎週1回配信しております。

アンティークのことを分かりやすくお話しています。



ぜひ、登録してみてくださいね☆☆☆





それでは、また明日~~パンダ

バナーをクリックしますと、ページへ飛んでいきます。ぜひ、遊びに来てね!!
  



いいね!(50)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)