預金が引き出せない! | 株式会社エイトクリエイションのブログ

株式会社エイトクリエイションのブログ

福岡の不動産会社で、
売買・仲介・賃貸・賃貸管理と
不動産全般を取り扱っております。
よろしくお願いします!(^^)!

もし、死んだら自分の銀行口座はどうなるのでしょうはてなマーク

 

 

答えは、

口座の名義人が死亡したことを

銀行が知った時点

凍結されて自由にお金を引き出すことが

出来なくなります!!

 

口座が凍結されると、どんな困ったことが起こるでしょうか?

 

例えば、亡くなったのが親(被相続人)とします。

親の葬儀費用などで、まとまった支払いが必要な時でも、

銀行としては、

遺産分割協議書がないと払戻しに応じることができない為、

相続人全員の合意がないと、故人の預金は一切下ろせません

(遺産分割協議書を作成するには、相続人全員の合意が必要)

これでは、葬儀費用の支払いもできないことになります。

 
これは、現行の相続法(民法)の問題点の1つでした。
 

そこで、これをを解消する為に、

2019年7月1日からの一連の相続法改正の中の1つとして、

預金の仮払い制度が創設されることになりましたビックリマーク

 

同制度により、遺産分割協議が終わらなくても、

下記のいずれか少ない金額まで引き出すことが可能になりました。

 

◯各口座ごとに、預金額×1/3×払戻しを行う相続人の

 法定相続分
◯同一の金融機関( 複数の支店に口座があっても全支店 )

 からの払い戻し上限150万円

 

また、家庭裁判所に申し立てることによって、

生活費などの必要性がある場合には、

単独で払い戻しが可能になる手続きも用意されています。

 

とはいえ、必要最低限のお金は下ろせるようになっても、

( 遺産分割ができなければ )大部分は下ろせないことには

変わりありません。

 
そこで、万が一の場合でも、残された人が困らない様に、
遺言書を作り備えておくことが、大事な相続対策の1つですねニコニコ