京都で鰻。

テーマ:

あえてブログで、言うようなコトではありませんが

うちの母は鰻が好きです。大好きです。

 

日頃、何かとお世話になっているので

(母曰く、私に「酷使(!)されている」と 顔に縦線2 )

ここは鰻でも、ご馳走させていただこうと…。

 

 

 

 

行ってきました、松乃さん。

 

ハッキリ言って、私にとっては高級品。

が、鰻ちゃん1匹のいのちと思えば

申し訳ないほどの安価です。

 

ゴメンね、鰻ちゃん… 悲しみうさたん

 

 

 

 

そして、その鰻ちゃんの美味しいことよ…。

 

ほんのり甘めのたまごも、なつかしい。

びっくりしたのは、お漬物!

 

観光客の方たちに合うように、との配慮か

最近は京都の味付けも変わってきて

悲しい&がっかりすることが多いけど

ここのお漬物は、正真正銘、京都の味。

どんぶりで食べたかったよ ぶ~

 

京都で鰻?

と、思われるかも、ですが

実は京都には、鰻の名店が多くあります。

 

 

 

 

竹茂楼さんとかね ぺこ

 

 

 

 

さて!こちらは鰻で有名な

九州は柳川でいただいた、鰻のせいろ蒸し。

 

さすが、九州。鰻も九州男児か?

と思うほど、たくましく、滋味あふれる味。

 

 

 

 

こちらは、三重県は津でいただいた鰻。

 

実は津市、鰻の消費量、店舗数、共に

日本一だったこともあったとか。

 

さてさて!日本各地それぞれで

いただくことができる鰻ですが

京都に来たら、京都の鰻を是非!です ウィンク

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜

おみがき。

テーマ:

先日のブログで紹介した、大行寺の報恩講。

(参考: 12月4日のブログ →

「大行寺の報恩講。」

 

「法」(おしえ)の「要」(かなめ)の「法要」 キラキラ

その大事な、報恩講法要をお勤めする前に

ご門徒の皆さんと、準備をしました ニコ

 

 

 

 

コレが…。

 

 

 

 

こうなる お~

 

結果が目に見えるって、ヤル気が出る~。

法要前の恒例、仏具の「おみがき」を

ご門徒さんたちとしたんだけど、楽しいねぇ。

 

 

 

 

「ビフォー」(左) → 「アフター」(右)

 

はい。

完全に自己満足の世界です あせる

 

キレイに磨けると嬉しいし、もっと磨こうと思う

と同時に、口には出さないけど

「上手いでしょ!」という気持ちも、出てくる。

 

その気持ちが、もっと強くなれば

「みんなも、ちゃんと磨いてよ~」となってしまう。

 

その中で、私よりもキレイに磨く人がいれば

「嗚呼、私もマダマダ。ダメやなぁ…」と思う。

 

他人を見下したり、自分を卑下したり

せわしのないこと、この上ない。

 

おまけに、仏さまの仏具を磨きながら

こんな気持ちがわき出すって、ほんと滑稽 ううっ...

 

 

 

 

さて!「おみがき」で

体力を消耗した後は、糖分補給 にへ

 

お手伝いくださった皆さん

ありがとうございました shokopon

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜

昨日のブログ( → コレね )では

『毎日新聞』さんでの映画コラムを紹介

したけれど、こちらの連載も続いています!

 

アメリカは、サンフランシスコ・ベイエリアの

情報紙『週刊 ベイスポ』さんです キラキラ

 

 

 

 

コレね ウィンク

 

「読んだよ~」と、感想と共に写真を撮って、

友達がメールで送ってくれた。ありがと ラブラブ

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜

10月から、第4月曜日に掲載日が変わった

『毎日新聞』(大阪版)さんで連載中の

映画コラム「英月の極楽シネマ」 キラキラ

 

先月、紹介したのは…。

 

 

 

 

「アース:アメイジング・デイ」

(注意!音がでます)

始まって5秒で、ハートを鷲掴み お~

 

正直、特に動物好きでもないし、自然系の

ドキュメンタリーが好きなわけでも、ない。

嫌いじゃナイけどね。

 

まぁ、それがビックリ。

前のめりの姿勢で、観てしまったよ。

 

予定に追われて、過ぎていく日々。

朝、目が覚めても

「あぁ、起きてしまった…。1日が始まる…」と

起きたことにより、1日が始まってしまうことが

ガッカリな気持ちになる時も、ある。

 

「おはよう世界!素晴らしい1日が始まるわ!」

なんて、思って目覚めたことは、ない。

 

それは、昨日と同じ1日が

今日もまた、始まると思っているから。

今日も1日、生きられると思い込んでいるから。

 

1日の有難さを知らず、知ろうともせず。

そんな1日が重なり、そして、いつか終わる。

 

この映画を観終わった時

今、いのちをいただき、生かされている1日の

その1日の重さを、どぉ~~んと、感じたよ。

 

1日は、重い。

私のいのちも、重い。

その、アタリマエの事実が、有難い キラキラ

 

この映画は、是非とも!

映画館の大きなスクリーンで観て欲しいです ウィンク

 

上映劇場情報 → コチラ

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜

大行寺の報恩講。

テーマ:

 

一昨日は大行寺の報恩講 キラキラ

 

見える?写真の左端に見える

「報恩講勤修」の文字 ニコ

 

 

 

 

今度は右から ウィンク

 

報恩講は浄土真宗を開いたとされる

鎌倉時代の僧侶、親鸞聖人のご法事です。

 

 

 

 

茶色の小さな袋は

新しくなった大行寺煎餅 ラブラブ

 

知る人ぞ知る(で、知らない人は知らない)

ファンも多い、京都の手焼きのお煎餅。

長年、皆さんに愛されてきましたが

お煎餅屋さんが店じまいをされたので

お店を新たに探して、作っていただきました。

 

ワガママをいっぱい言ったので

かなりこだわりのお煎餅になっています。

 

もちろん、大行寺オリジナル キャッ☆

「写経の会」「法話会」の後の茶話会でも

お出ししますので、お楽しみに!

 

 

 

 

さて、その大行寺煎餅の隣は

坊守(母です)の手作り(つきたて)お餅!

 

ちなみに、お餅に貼られたメッセージの

イラストも坊守です。1枚1枚、違います。

ちなみに、私に絵心はありません ううっ...

 

 

 

 

お斎と一緒に、お膳の上に ウィンク

 

で、私。おなかが減っていたのでしょうか?

せっかくのお斎の写真を撮るのを

すっかり忘れて、食べてしまいました あせる

 

まぁ、いいじゃないですか。

大行寺の報恩講の雰囲気が伝われば!

 

雰囲気といっても、半ば食レポ状態ですが

が、しかし、食べるのがメインではありません!

説得力、ないけど。

 

ご門徒の皆さんと勤行

(お経さんをお勤めします)

ご法話をいただきます

お斎

今年下半期の大行寺の行事を

パワーポイントで振り返ります

毎月発行している大行寺の新聞『大行』で

連載中のクイズの答え合わせ

(全問正解者には豪華!商品が)

お片付け

お茶とお菓子で、おしゃべり

 

こんな1日でした にへ

 

今年のご法話は

大谷大学名誉教授 沙加戸弘先生

 

ちなみに昨年の報恩講は

九州大谷短期大学名誉学長 古田和弘先生

 

我ながら贅沢だなぁと思うよ 

報恩講法要をご縁として、自分がお聞かせ

いただきたい先生のお話を、ご門徒の

皆さんと一緒に、お聞かせいただけるって。

 

幸せだなぁ 好

 

 

 

Have a nice day!!
素敵な一日を! 音譜