☆エクボの笑顔☆ 小6で亡くなった息子と共に…。

☆エクボの笑顔☆ 小6で亡くなった息子と共に…。

子供を亡くした親ブログ。

両エクボがかわいかった次男のこと、
片方にエクボがある長男のこと、
エクボのない主人のことも。
たわいもない日常・・・・
私自身もエクボの笑顔に毎日なれるような気まぐれ日記


☆エクボの笑顔☆-2013-01-03_01.12.04.jpg ☆エクボの笑顔☆-20130103010747733.png


       

               えくぼの笑顔が可愛かった次男・そうま

               素直で優しく、楽しい頑張り屋さん


               そんなそうまの生き様を

               私が引き継いで生きていこう

               笑顔で穏やかに生きていこう


               毎日可愛かったね

               毎日楽しかったね

               毎日幸せだったね

          

               毎日大好きだったよ


            これからもずっとずっとだ~~~いすきだよ







$☆エクボの笑顔☆





あの日の記録 1 運び込まれた日はこちら



あの日の記録 2 希望の光を見た時 はこちら

あの日の記録 3 脳死 はこちら

あの日の記録 4 わからないまま12歳 はこちら

あの日の記録 5  9月17日最期の日

今回の8から9日にかけての台風、
ちょうど神奈川の三浦半島と千葉の房総半島の合間、東京湾を目として北上し、
夜中は物凄い暴風雨でした。
こちらではベイエリアや、横須賀や三浦の被害も酷かったようですが、
千葉では今朝の時点で房総半島を中心にまだ45万戸近くが停電中と聞きました。
そうまの幼稚園時代の先生も、
まだ高速が使えないらしいので下道使って、
ご両親が心配で南房総のご実家まで行っており、
とても暑い中大変そうです。
伊豆半島なども酷かったのではないでしょうか。

早い復旧を祈ります。



その8日、翌朝のフライトに備えて急遽成田のホテルに前泊しようと、
まだ雨が降る前に出かけた主人。
これで9日は欠航にさえならなければ、
マレーシア出張へと行けると安心していましたが、
翌朝、
成田ひと駅手前の泊まったホテルにシャトルバスがなく、
タクシーが物凄い行列。
で、結局フライトチェックインに間にあいそうもなく、
出張なので、
担当に便の変更依頼をして、とにかくタクシー乗り場に3時間並んで成田空港へ。
結局変更されたフライトが10日の朝となり、
電車も止まっていて動けないし、
シャトルバス運行がある空港間近のホテルを予約。
チェックイン時間までの辛抱だと
どんどんあちこちの国から到着便があるも、
電車ストップ、高速閉鎖で、
人がただただ溢れる中で、
それなりに不自由さを楽しんでいましたが、
ホテルも結局停電閉鎖とのこと。
電車が動けばどこかのホテルにいけばと思うも、
結局全日運休。

で、結局、
陸の孤島になってしまった成田空港で一晩明かしました🤣











寝袋配布行列。





東京ディズニーランドへ行く予定というインドからのカップルと話したり、
中国人に充電場所を譲ってもらったり、
なんでもこの飴をお礼にしながら、
コミュニケーションをとって、



中国人さんにお菓子もたくさんいただき、なんか楽しそうでした😅
夜中に配られた寝袋と枕をゲットして、
機嫌よく長い長い一日を過ごしており、
少し寝たんだろう朝方まで、
ラインやりとりにつきあってあげた妻。
送られてくる動画やらなんやら、私もおもしろかった。

亡くなった方や自宅が大変な方、
停電で暑さもしのげない方々も多い中で、
エアコンも効いた自然災害による仕方ないことに、
ぶつぶつぐちぐち、ビービー言う夫じゃなくて、
よかったです😅
というか自分の詰めが甘かったわけだしー。
そんな状況でも、明るくたくましく笑いも提供してくれる姿に惚れ直しました🤣🤣


マレーシアは中華系、インド系、マレー系などの多民族国家。
それなりにコミュニケーションも大丈夫そうだなと、確信できました😅
大切なのは、語学力より人間力なんだな😆



朝になり、無事出国手続きもでき、
JALさくらラウンジで食べたカレーがいつにもまして、とても美味しかったようです。
地べたで食べたり寝たりではない、
当たり前のことへの感謝 😆

10日の現地時間20時過ぎに無事ペナン島へ到着した主人、
ホテル直行で倒れこむんだろうなと思いきや、
お迎えにもきてくれた、
あちらの方々と晩御飯を食べておりました。
今回の乗り換え地クアラルンプールまで爆睡したんでしょう。
おもしろ成田ネタができてよかったやんと。

以上、
前泊するも、飛行機は飛ぶも、
乗れず、
成田空港で一日をなんか楽しそうに過ごし、
家を出て55時間後に無事ペナンに到着🤣
それでも今日も朝からあちらで元気にやっています という話でした。
今回は出張と住まい決めなので、週末には戻ります。


そんなこんな夫のドタバタお笑い劇場のようなものを見させられた10日の午前中、
そうまの同級生ちゃん2人が来てくれました。
そうまに会ってくれて、
1人は洋菓子を、
1人は数日前まで行っていたというトルコ土産を。



その後、去年は我が家でお茶タイムしながら、
ゆっくり語りあいましたが、
今我が家も段ボールがあったりですし、
お礼を兼ねて、予約していたランチへ。

ドライブがてらみなとみらいへ行き、
横浜ベイホテル東急で、ランチビュッフェ。







時間制限なしプランにしていたので、
ラストの15時すぎまでゆっくりおしゃべりしながら、
たくさーん食べました。

そして、ちょっとぶらぶらして、
地元のモールスーパーで私が買い物する間、
大学も違うし久しぶりの2人でおしゃべりして待ってくれて、
それぞれの自宅前まで送って、
1人は就職先も決まり卒論を、
1人は国家試験を、それぞれにがんばってねとお別れ。


可愛いランドセルちゃんも、
今では大学4年生の立派で素敵なレディーです。



女の子がいないから、
恋バナや、旅行話も、インスタ話も、
小学校時の思い出話も、とても楽しかったです(╹◡╹)



夜は、やはりタイガース。
ツーアウト満塁、どーせまた0点なんだろ〜と思いながら見てて、
先制、追加点、ダメ押し。
勝ちました!
何より、鳥谷がぁーーーー
鳥ちゃんがぁーーーー
今シーズン初タイムリーーーー

ひとりリビングのテレビ前でポロポロ涙。



早稲田の同級生、青木選手の目にも、
なんか想うこともありそうな。





その後、近本選手のヒットで、激走し、ホームイン!

主人に送ってあげるための動画をスクショ。








打撃フォーム変えて研究したんだなと、矢野監督が言ってた。

モチベーション上がらないといってもおかしくないのは
嵐のように現れて♫疾風のように去っていく♩
な      逆? 
   (月光仮面😅より) 


ソラーテじゃなく、むしろ鳥谷選手。
それでも、
こんなそんな時でも結果を出すために、
研究して一生懸命チームやファンのために頑張れる鳥谷選手を、
なんで?
どして?
なぜ?
そんな雑な扱いに、、、

球団フロントにはやはり失望しかない。

早稲田同級生の青木選手とのこんな映像だけで泣けてきます。

音無しです。





あれこれまた悲しくなるので、
自分のこの姿にまた笑っておきます。

最後はまた虎情報みたいになってしまいましたが、
命日月、台風前後のあんなこんなでした。








 10年前の9月2日、
高熱と嘔吐、
かかりつけ病院がお休みの日で、
初めての近くの内科で点滴中に呼吸困難を起こし、
大学病院へと。
夜遅くにもう大丈夫と言われて大学病院から家に戻ってすぐの異変。
お母さん目が閉じない
眠るまでそばにいてやろうと添い寝してた私の横で、
目を見開いたままの最後の言葉とその姿は消えることがない。
救急車で運ばれた2日から17日までは、
頑張り屋さんだったそうまが、
人生で一番頑張った時。
生きようと頑張っていた時。
家族一丸でそれぞれ想いはひとつ、必死で祈って必死で闘った時。
きっと自分に何が起きたかわからないまま
そうまは永遠の眠りについた。
悔しい。
本人が一番無念だろうけど、私も悔しい。
だから、
そうまが生きるはずだった今日を、
生きたかった今日を、
大切に生きる。
目に見えるもの、耳に聞こえるもの、肌で感じるもの、口にするもの、出会う人、、、
全てに感謝して愛おしく生きる。

この15、6日間は特にそう思います。

そうは言っても、ぼんやりただ涙が流れる時もある。
気力がない時はひたすらぼーっと過ごす。
お仏壇周りやそうまの机前に座って片付けてみたり、布団にもぐりこんだり。
10年が来るとはいえ、
そんな想いに向き合う時間も大切で必要だと思っています。
今日も夕方まで気力が出ず、買い物もあるし、
仕方なく出かけて、
スタバで1時間座ってた。



グリーンアップルジェリーフラペチーノ、
あっさりと後味もスッキリしててとても美味しかったです。



どっぷり感情を感じて、向き合って、
そして自分自身を俯瞰してみる。
そんな時間がまた自分に優しく、人にも思いやりを持つゆとりをたくさんくれる。



4日、ハマスタへ行ってきました。
主人は、会社から紹介された病院で、海外赴任前のプチ人間ドック。

少し早めに出かけて、
ハマスタ近くのベイスターズモードなカフェで主人を待つ。




隣りは60代後半くらいと40代くらいの母と娘の親子さん。

私が外を眺めていたら、
降り始めましたかね〜
と、お母さんが。


それをきっかけに野球話してて、

私が
頑張って巨人を抜いてくださいね と言ったものの、
いやいや、うちもまだ3位諦めてないんで負けられないんでした(^^;
なんていろいろと。

主人がやってきて、いざスタジアムへ。
友達とこれが最後だなと思っていた神宮で負けて、
残念がっていたら、
主人が4日なら行けるからいこうと、ビジター訳あり席ならチケットがまだ数枚残っていたので、
ゲット!

ビジター訳あり席とは、
こんな感じで、ホームランポールが少し視界の邪魔になる席のこと。




打席の選手を撮影したらこんな感じになるけれとど、
観戦に全く問題なし。




途中まではけっこう雨が降ってました。



私も雨が酷くなってもいいように、
早々と虎カッパ姿で。


(≧∀≦)

そう言えば前回のハマスタも友達とカッパ応援、
延長でその日は勝った。


この日は、鳥谷グッズ多めで来てました。




雨の降る平日ながら、立ち見もたくさんの満員御礼とか。








雨の中、右隣りは主人、左隣は小学生兄弟を連れたお母さん。
その方がトラッキー、ラッキーのパペットで応援していたので、
私のキー太と記念撮影したり、



このアフロな小学生君も可愛くて、



ハマスタ崎陽軒のシュウマイカレーを食べたり、






タイムリーが続いて4得点して、大盛りあがりしたり、楽しかった。途中までは。


主人は、バリウム検査の後に飲む薬が効いてきたとかで、
ちょこちょこトイレに消えていたけれど。
白いのが、、、
なんて言ってくるから、
もう??!!
なんて会話をしながら。
(^^;)










代打鳥谷!出てくれました。




夢乗せてはばたけよ
鋭いスイングみせてくれ
さあ君がヒーローだ
鳥谷敬

何百回歌っただろう。


そうまが歌って応援してたヒッティングマーチ、残るはもうこれだけ。





主人が動画を撮影する横で、鳥谷タオル掲げて、
歌いながら、
涙がぽろぽろ。



なんかロペス選手とシンクロしてる😆









タイガース以外のユニホームを着ている鳥谷選手を見たくないし、
相手チームとしてタイガース戦で出てくることなんて想像できないし、
鳥谷選手が移籍したチームとの試合観戦なんて
行けないやーなんて思っちゃうし、
でも選手としてまだまだできるだろうから、
現役で頑張ってほしい 葛藤。
別の球団ファンにもきっと愛されるだろうし。

主人いっちゃうし、
野球終わるし、
ストーブリーグもあれこれだろうし、
鳥谷いなくなっちゃうし、
わたしゃ秋から何をどーすればーみたいな。

またそれなりになんらかで笑ってると思いますが。


この日、延長10回裏、筒香選手のすんごい当たりと共に
さっさと身支度。
今シーズン最後の観戦?は、
まさかのサヨナラホームラン負け(TT)


その翌日は大勝しました。
リビングで観てましたが。


今シーズンは17試合も観戦できて楽しかったものの、
観戦成績は、3勝14敗  ( ̄∀ ̄) 
不運すぎる。。。
甲子園 1勝5敗
横浜スタジアム 2勝1敗
神宮 3敗
東京ドーム 5敗 
ぎゃあーーー😭ドームはトラウマだ。

主人と12試合
友達と3試合
ひとり甲子園で2試合

今日は、6点とられてリビングでいらいらしてたので、
ラグビーを見たり、
最終的には、
甲子園球児達や惜しくも出場できなかった高校生君達のU18ワールドカップの韓国戦を応援してましたが、
これまた延長タイブレークでのサヨナラ負け。。。


いっそのことスポーツには興味なしなんてほうが、
穏やかな時が流れそうだけど、
たぶんこんなあれこれな熱い感情も、
元気の源なんだと思う😆
タイガースでいらいら感情を使い果たすおかげか、
日常生活ではなぜか、
いらいらかりかりすることも皆無なのかもしれないし😌


夜は、この時期ますます眠れないです。

来週、主人が見に行く16物件の情報が会社から届きました。
早速私もチェック。

グーグルマップで外観や内観、周りもわかるし、
検索したら住んでる人のブログや口コミも見れるし、
自宅のソファに座りながらそんな遠いあれこれのことが、
簡単に調べられるし
昭和41年生まれとしては、
本当便利すぎる世の中になったなと今更ながら感心するのみ。


主人のマレーシア赴任は、首都クアラルンプールではなく、
ペナンです。

会社はマレー半島側の欧米や日系企業が並ぶ地区ですが、
住まいはその欧米や日系企業駐在員家族なども多く住む治安も良い、
橋を渡ったペナン島のほうに。

紹介物件に印つけて、夜な夜な住んだり行ったりしたつもりで楽しんでいます。


リゾート地区です。
街全体が世界遺産になっているジョージタウン近くのベイエリア。
どこも素敵だし、
どこを選んでも横浜の自宅よりひろーいです。。。

私も住みたいものです。

今加入してる日本のプロ野球パックみたいなのはさすがにないのかと調べたら、
月数千円で、関東のキー局も、関西の関テレや読売も全てが見れるみたいで。
何よりあのタイガースファンには嬉しいサンテレビも見れる!
お笑いと虎好きにはよかったやんと。







大阪、名古屋、東京と転勤しながら、
仕事も頑張ってくれて、
平日疲れているのに週末は息子達ともいつも全力で遊んでくれて、
こんな妻でも大事にしてくれて、
私の親にも優しくて、
京都の親のこともちゃんとしながら。

そんな主人にご褒美がきたんだと思っています。
外国でまたまた大変だろうけど、
本社では53歳ただの管理職も、
あちらではえせセレブ生活^^;
頑張っていたので、認められたことは嬉しいです。
なので私は、横浜の片隅で、
かぼちゃや里芋を煮っころがしながらの母との変わらない日々で、
明るく強く応援したいと思っています。


だいたいネットで見た感じで夫婦同じ希望でしぼりこんではいますが、
主人が実際に見て気に入ったところでお任せです。

ただ、アイランドキッチンが憧れであることは伝えています😆

たまには行きたいから〜

主人にも

夢乗せて〜はばたけよ〜♪ です。



またまた眠れぬ夜中にうだうだ長々と書いてしまいました。
寝てみよう。




見方によれば近いな😅





10年前の9月1日はそうま最後の登校日となった日。
防災の日ということで、災害引き取り訓練。
登校班の電話連絡網が回り、お迎えに行き、
親子一緒に下校した。
そうまが明日からもう登校しなくなるなんて、
もちろん考えることもなく。



今日は午前中からまた赴任に向けての整理の続き。

長男やそうまの作品やテストなどがどっさり入った段ボールあけると、
記憶にないものが。
いや、15年前に書いてたものだから記憶から飛んじゃってたな。


小1の時の

先生、あのね

今までなら閉じたままそっとまた置いておくところだったけど、
10年の月日がそれを開かせた。

ちょっと苦笑したものもあったけど、
突然ううってこみあげてきて声をあげて泣いた。

主人は段ボールを運びながら、そんな私の頭をぽんぽんとたたいて、
それを覗き込んだあと作業してたけど、
主人も突然泣いた。

二人でちょっと泣いてまたちょっと笑いながら、
作業を続けた。



さっき1人またゆっくりそれを読んでみました。
そんなそうまの
先生、あのね  を、ちょこっと。



せんせい、あのね。
ぼくは、なごやでうまれたんだよ。
おかあさんは、まつやまで、おとうさんは、きょうとだよ。
おにいちゃんは、たからづかだよ。





先生、あのね。
きょう、よこはまスタジアムでやきゅうをみたよ。
はんしんがかったよ。
うれしかったよ。




せんせい、あのね。
きょうクリスマスツリーをかざりました。
かざりがいっぱいでした。
ぼくもいっぱいかざりました
これでサンタさんがきてくれます。




先生、あのね。
土よう日、おとうさんのかいしゃをみたよ。
大きくてきれいなビルだったよ。
そのあと、ぎんざえきで、テレビに出ている林やぺーにあったのであくしゅをしてもらったよ。
ピンクのふくだったよ。





そうちゃん、あのね。
そうちゃんが生まれた名古屋にはまたお兄ちゃんが住んでいるよ。
お母さんも時々名古屋に行っているよ。


そうちゃん、あのね。
今週お父さんとまた横浜スタジアムへ行ってくるよ。
阪神が勝つといいなあ。
今日は巨人に勝ったよ。お母さんもお父さんもうれしかったよ。


そうちゃん、あのね。
そうちゃんがいなくなってからクリスマスツリーは出せなくなっちゃったよ。
ごめんね。
いつか出すからまた飾りに来てね。


そうちゃん、あのね。
去年お父さんの会社が新しく建て直されて、
もっときれいになったんだよ。
でももうすぐマレーシアに行っちゃうんだ。
寂しいけど、お母さんもがんばるよ。
林家ペーさんに、会った時はびっくりしたね。
そう言えば去年東京ドームで林家ペーさんにまた会ったよ。
タイガースの応援をしてたよ。
球場でもピンクの服だったよ。





泣くときはたくさん泣いたら、笑顔の日常にまた戻れます。
ここんとこ、朝はいつも目が腫れていて困りますが。

命日月突入前から、
夫婦共々、鳥谷選手のことで衝撃を受けています。
球団フロント、背広組への腹ただしさはもちろんですが、
憤りの気力も失せてもう悲しすぎて。
タイガースを選んできてくれて、
連続試合出場記録、名球会入り。
そんな虎一筋の功労者への背広組の言葉、タイミング、扱い、
情けなさすぎて。


そうまのファンクラブキッズ会員用の会報誌も出てきて、
見るとちょうど2004年。
鳥谷選手がルーキーの年でした。





作品とかこんなものもまたきちんと整理して、
置いておくので、
物は特に減らないのに、ゴミはなぜか増える。



主人が2000本安打記念グッズでこんな感じにして、
なんか笑えていた部屋もとても虚しいです。




日常の気力すら消滅しそうな夫婦ですが、
午後からは、気分転換でぶらりカフェに。







広々心地よい空間でのんびりしてきました。


主人のマレーシア赴任に、鳥谷選手のこと、
そして、そうまの誕生日、命日へと向けて、
なんかもう、
動揺しまくり、ため息つきまくり、やたら涙でまくりですが、
心のゆとりと笑いだけは忘れずにしっかりと過ごしています。


そんなこんな時に、巨人に勝ち越してくれた、
タイガース選手に感謝。
野球は会議室で起きてるんじゃない!
現場で闘っているんだ!!
一生懸命やっている現場の選手達を応援するのみです!

あー、でもやはりもやもやして辛すぎる。



7月初め、
仕事から帰宅した主人が即座に、
「それが・・・えらいこっちゃやねん・・・」
普段何かにつけて一言二言や、あれ、これ、
あっしまったー(ある意味主人の口ぐせ)で、
何がどうなったか、したいのかわかるツーカーコンビ。
表情と話し方ですぐわかりました。

「え、決まったん?」
「うん」
「海外?」
「うん」
「そっかぁ、どっち?」と聞いたと同時に涙がツツツーと。
私の涙に驚きながら、

  「マレーシア」


ということで、10月から主人はマレーシアでお仕事です。




若い頃から欧米など海外赴任している同期さんもいましたが、
主人の所属部署は、流れにのれば50代で東南アジア諸国とか東アジア。
それは若い頃からわかっていたし、
頑張って認められて将来行くことになればいいねー
なんて、
むかーしは言っていたけど、
その年齢になってくると、本当にいつか行くことになるのかなと、
そして、そうまのことがあってからは、
その いつか が常に不安でしたが。

1年ほど前にそろそろたぶんインドネシアかマレーシアかもと聞いていたので、
とうとうその日が来たなと。
で、どこ?ではなくどっち?に。

ツツツーとつたう涙と共に
私も瞬時に覚悟した。


一度しかない人生、サラリーマンとしての集大成やし、
異国で頑張ってきて!

とぽろぽろ泣きながら(^^;


主人も男として、サラリーマンとして、
大変ながらもやってみたいはず、行きたいはず。
そんな妻の泣きながらもたくましい言葉に安心もしたように、

「そやな頑張るわ」
と。


決まればもうあれこれ気ぜわしい。
早々と段ボール類が送られてきて、
9月後半には業者さんが梱包などにやってきて、
荷出しとか。
そんなこんなついでの家の大整理中です。
だいたいの家具や電化製品は揃ってるところに住むと思いますが。

決してそうまが亡くなって10年を前に断捨離しているとかではないです。
そうまのものも長男のものも、がらくた以外は整理して保管してます。
そうまの机は、
場所はお仏壇前に移動したものの、そのまんま。


元々、どなたかが作ったという断捨離という言葉やニュアンスも好きではないのですが。
来週までにはある程度綺麗にして命日月を迎えたいなと大掃除。


そんな片付けをしている中で、
兜や私の小学校時代の作品集なども入れられている年に一二度しか開かれないクローゼットの中から、
大切にビニールにくるまれたスポーツ誌の束が。

バースの胴上げ(´∀`*)


大学時代からずーっと私が持ってたやつ!

1985年10月17日のスポーツ誌から、2003年の星野監督の胴上げまで。


この誌面に、鳥谷入団決定記事を見つけて、




見てみると、9月13日の記事でした。



そうまの誕生日!
2003年といえば6歳の時。

なんだか嬉しくて、主人にすぐさま写メと、
こんな束がでてきたので見ていたら、
鳥谷入団決定記事が9月13日だった
とラインしたら、
主人も泣いてしまったようで。

まだ大学生や社会人はくじ引きではない時代。
数多くの球団からタイガースを選んでくれたわけだし、
ますます思い入れ深まり応援したくなりました。
タイガースファンの間では去就問題が心配なところですが、
この記事にも、
ライバル8球団の中からタイガースに決めたのは、
ショート確約と書いてあり、同時にニュースなどでもそう伝えられてて、
早稲田の鳥谷選手入団決定を私も喜んだことを思い出しました。
ショートを守る姿!もっと見れたら良いなとますます思いました。

もちろんこのスポーツ誌の束も我が家のお宝なので、また大事にとっておきます。

そうまのものはもちろんまだ置いておくし、
結局いるものばかりで物は減らないのかいっ!
と自らつっこみながらも、
いらないと瞬発力で捨てられるようなむかーしの夫婦のスキー服やら破れた座布団やら。。。
バンバン捨てまくる日々でこんなにいらないものだらけだったのかと、
毎日すんごいゴミ袋の数となりゴミ屋敷状態。




神戸から名古屋に転勤する30歳の頃は、
まだ携帯もPCも使ってなかったので、
雑誌買って名古屋のあれこれ見てみたり。

名古屋から東京転勤が決まったときは、
横浜に住もうと主人と決めてから、横浜の雑誌見たり、
携帯であれこれ情報得てみたり、
実際に車で4人横浜へ行ってみたり。

それぞれに、聞いたその時はショックが大きかったけれど、
あれこれしながら、楽しい未来を想像して、
気持ちを切り替えたように、
今は毎晩、スマホやパッド片手に、マレーシア旅行や近隣諸国へも旅してる気分で、
いろいろ見まくって
ここのカフェ行きたいとか、これ見たいなとか、
現地駐在員さんのブログを読んでみたり、
ネットサーフィンしています。
たぶんたまに出張で行ってる主人より、
今のところマレーシアは未踏の地ながら私の方が詳しい。
で、この辺りのコンドミニアムが素敵じゃない?と提案した場所が、
まさに今駐在していて主人と入れ替わる人が住んでいる地区。
私のリサーチ力は素晴らしい。



そんなことしていたら、ちょこちょこ行けたらいいなあと、
私も楽しみにもなってきました。

転勤族の妻は27年の時を過ごし、
たくましくなっていました。

この10年、主人と支えあって自分を取り戻していったし、
何より最大の気楽で楽しい遊び相手でもあるので、
とても寂しくつまらくなりそうですが、
どうにかなるだろうし、どうにかするし。

早速、
野球もなくなり、帰る人もいなくなる秋の夜長からは、
またヨガやジムに行こうかなと見ています。
土日は仕事もいれながら、
友達との予定もいれながら、
京都にも手伝いに行こうかとか、
引っ越し準備にあわせて、自分の秋以降の予定も考えつつ
大きく変わる生活への準備を。


母が元気なら、あっちとこっち、
半々の生活とかしたいところですが、

親3人の事も長男のことも、そうまのことも、
留守宅はお任せください!
と、
三つ指まではつかないものの、
慎ましやかながらも強い戦国時代の妻のような気持ちで^_^
何より一番大変な主人を安心という笑顔で見送りたいと思いつつ、
今はでまくるゴミとの戦い中です。


本人はこちらの仕事の引き継ぎ、部下のあれこれで、
ますます東奔西走中。
そうまの命日前にはあちらでの仕事引き継ぎや家探し。
運転手さんがつくらしいけれど、土日は運転したいからと国際免許をもらいにいったり、
いろんな手続きもしながら、
しばらく行けないからとハマスタにも1日行くし、
先日は東南アジア駐在員として会社から指示があった
破傷風、狂犬病、日本脳炎、A型肝炎に、なんやらにと、
いっぺんに5本予防注射を打ってきていました。
まだ2回目接種とか腸チフスなども打つとか。

そんな慌ただしい時も彼は機嫌よく明るく頑張っているので
私も機嫌よくわずかながら尽力しています。



主人の赴任に関してはつっこみどころも、
大丈夫かいなーと、
心配もあれこれあるのですが。
それもおもしろく、またそれもおいおいと 。
(╹◡╹)

秋からのブログネタも増えるっちゅうもんだ。



そんなこんなで、7月終わりに大学時代からの親友と、

53歳泣きました!
イェーイ!
銀婚式も終わってる妻、寂しくて泣きました!
イェーイ!
その涙でまた大切にされるやん!
イェーイ!
な笑えるハイタッチだらけ飲み会だったわけでした。



人生、気合いだ!
しゃあーーーーーーーーっ!




10年前の8月26日、
1週間後に訪れる出来事などもちろん想像もしないまま、
箱根小涌園ユネッサンで主人とそうまと3人で、
一日水着で楽しんでいたなぁと
またあれこれ思う10回目の時期も過ごしながらも、
秋から我が家にもまた変化があり、
ばたばたしてるような、
いつもと変わらないような、
でも気持ちはあれこれ落ちつかないような日常です。

私が落ち着いて冷静に、
しっかりやることはやって、
機嫌よく楽しみながら強くたくましくいようと、
ますますそんなことを思いながらの日々です。
まあこの日常ブログで触れずにはいられないので、
またおいおいと。

そんなこんなで大整理や片付けをしなきゃならないことと、
命日月が重なり、大変と言えば大変なんですが、
今の時期だからこそそんなどたばたも良いのかなあと。

昨日、あまり開かないクローゼットや納戸の中でのものをいったん全てごっそりと出して、
ゴミもたくさんできながら片付けていたら、
家族4人で観戦してた頃のみんなのリストバンドが、
布袋からたくさん出てきました!
今のリストバンドと比べるとなんかとてもシンプル
(^ ^)



このそうまの赤星リストバンドは今もずっと一緒に観戦したり、
旅行などにも持って行ってますが、


とここからは日付け変わり書いてますが、


今日もまた新たに出てきました。


赤星リストバンド、4枚もあったんだ(^^)
53番シール貼ったメガホン!
あれこれたくさーんありすぎて、
いつもあれこれいろいろ持って行ってたし、
そうまのことでさらに脳からあれこれとんじゃってたし、
これがまさにそうまが最後の観戦で持ってたやつ。
私が1番や39番つけて、主人が31や24で、長男が6
タイガースファンじゃない人は、
誰だ?かと思いますが^_^;

そして何より主人と、どこにいったんかなー
なんて言ってたこれ。


主人とそうまとで、厚紙買って、星型に切って、
丁寧に綺麗に楽しそうに作っていたレッドスター53
赤星応援に持って行ってたボード!
そうまが亡くなった年に赤星選手も引退したんですが。

10年という日が近づいた今出てきてくれて、
とても嬉しかったです。
大切にとっておいて、またいろいろ観戦時にも使おうと。
赤星ボードは使えないけど。

そんなまる10年になる命日月前、
東京ドームからの帰りの電車で親友からお誘いラインがきた
神宮へ行ってきました。


25日(日)
15時頃に外苑前銀杏並木のお店で友達と待ち合わせ。
道端にはランボルギーニが展示されており、







こちらのお洒落なセルフのハンバーガーなどのお店で、


ストロベリーチーズケーキシェイクなどを飲みながら、
おしゃべり。




巨人に3タテされてからのまさかの5連勝。
嬉しい反面、そろそろ負けるよなぁーと嫌な予感で外苑前に出てきてたのは、
私だけではなかった。
親友の第一声もそうだったし。
そんな声、あちこちから(^^;
いかーん、ポジティブなのかネガティブなのかよくわからないタイガースファン。
言霊ってあるし、6連勝するぞ!と乗り込まねば!

この日は、親友の招待で5月と同じバックネット裏最前列シート。


練習見たり、パイン氷食べたり、しゃべったり、写真撮ったりして、






そのうち、目の前で、女優羽田美智子さんや、トラッキー、つば九郎やつばみちゃん、
東京音頭の作曲者の出身地信州中野から来てたえのき茸のゆるキャラ達が、
わしゃわしゃわちゃわちゃわちゃしてて
( ◠‿◠ )



















試合はガルシアが、ヒットを打って遅いながらも激走し、
先制点を取るも、
大事なところでタイムリーを打たれて、









ドリスも不安定で落ち着いて見れず、
打線も前日までの5試合とは違って、
また繋がらず負けた〜。
甲子園にようやく戻れるので、勝って帰りたかったところだけど。









9回に代打で出てきた鳥谷選手。












目の前通り過ぎたけど、速かった!
望遠カメラで見てた私も油断してたけど、盗塁もうまかった!

まさか 神宮での最後のヒット&盗塁を見た 
とならないことを祈ってます。
そうまも応援してた虎選手は、もう投手では能見と藤川、岩田、打者では鳥谷くらいですから。
福留選手の入団はその後だし。


負けたけど友達とあれこれ爆笑しながらで楽しかった。


この観戦が今季本当に最後!と思ってましたが、
昨日主人が残りわずかな席をゲットしたようで、
ハマスタへも行くことになりました(≧∀≦)


命日月も我が家と阪神タイガースは続きます。

5回終えての300発の花火も綺麗でした。







写真貼りまくりの一気に二日分記録ですm(._.)m


16日

主人の実家ある京都では五山の送り火。
子供の頃は家のベランダからも見えたのだとか。
我が家にも大文字、左大文字、舟形、妙法、鳥居のお菓子。
亀屋良長の京半月。



そーんな16日


物心ついた頃から阪神ファンで、
それは巨人戦しか映らない松山にいながらも、
小さい頃から広島球場や甲子園に両親と観に行ってて、
大阪の仕事から帰る度に父がタイガースグッズを買ってきてくれて、
やがて、祖父、父そしてそうまと、大切で大好きなトラキチメンバーが、
お空へいってしまう度に、
どんどんと阪神タイガースは私の人生そのものとなり。
そんな野球観戦も思い出が辛すぎて一生行くことはないだろうなんて、
当初数年は真剣に思っていたけれど。。。
今やこの時期もこんな姿で元気に水道橋へ!





東京ドームシティで、ワンピースイベントをしてることがわかり、
主人と早めに来たのでした。





マリオンクレープで、綿菓子もついたチョッパーのクレープを。
息子達とも観戦によく来た東京ドーム。
あの年の夏休みなら絶対そうまも食べてたな。





そうま20歳になる一昨年の9月、
名古屋からの長男も合流し、みんなでサニー号に乗ってお祝いしたほど、
そうまはワンピース好きだったので、
イベントに出会えるのは嬉しいです。



そういえば、8月初めに浦賀方面へ行った時、
久しぶりに乗った京急もワンピース電車で嬉しかった。


動画の一部スクショ。



夏休みのドームシティは子供達もたくさん。



その後、53歳夫婦で、可愛いムーミンカフェに。






カレーをいただきました(╹◡╹)




17時前になったので、18時からの試合に向けてドーム内へ。
抽選もれも多いビジター応援席。


以下ダイジェストで。
というか写真を並べて。











タイガース側のほうが盛り上がりたくさんあったのになぜか
結果は…


ちーーーーん  。
高橋投手…今回も援護なく可哀想で。


このホームまではキラキラ夏イルミが綺麗だったので、
ぶらぶらしてから帰りました。


一昨年の秋、女3人爆笑の夜を過ごした東京ドームホテル。













そして、1日おいて、
18日(日)

またまた同じマッカーズノースのタイガーストートで。



この日は13時からのデーゲーム。
着くなり暑くて、ローソンフローズン。


練習から。


鳥谷選手、この日も良い笑顔。






ガルシア投手は、沖縄キャンプでもファンににこやかだったけど、
レフトスタンドファンに手を振ってくれる。




点取られたら終わりなピッチャー陣には申し訳ないけど、
がんばって抑えてくれっ!


この人達はとにかく打ってくれっ!
















引退なんていうガセネタで一時ツィッターが騒いだという話ですが、
代打鳥谷!ヒットを打ち、
その後の木浪選手の2ベースで、
物凄い速さでホームまで!




応援団もファンも、盛り上がりはたくさんあったし、
相手より押せ押せでチャンスマーチ歌いまくってたし、
必死で応援しましたが、







ヒット数は変わらないものの、
大事なところでのあと一本が出ないいつもの調子で、


イライラもやもや、
もう来るもんか!
もう観に行くもんか!
53年、タイガースファンやめんけど、やめれんけど、
私の人生、タイガースがある限り応援するのみですが、
とにかくなんだかなーー。
空の上から祖父や父のぼやきも聞こえる(^^;
そうまもご機嫌斜めだろーし。



次のドームは命日前。
そんな時期なのもあるけれど、
9月の我が家はかなりのドタバタになりそうで。
これが今シーズンの観戦終わりかなー
なんて思っていたらラインが。

今回観戦してるのを知ってる親友Yから、



もう観るもんか!とさっきまで思ったりしてたけど、すぐに撤回!

へい、喜んで!(=´∀`)人(´∀`=)

ということで、今週末は神宮へσ(^_^;)
神宮観戦も今年は勝ててないけど(-_-)
わたしの生観戦はまだ続きそうです。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ


ながーーくなりましたm(_ _)m



11日(日)


2014年から始まった みなとみらい地区でのイベント 
『ピカチュウ大量発生チュウ』へ行って来ました。
2016年から4年連続の参加(^^)
そうまがいたら喜んでいただろうな~と気になりながらも、
5年経っていたとはいえ、まだまだ足が向かなかった最初の2年間。
2016年に、
ふと行ってみようと向かった時には、
直美ピカチュウにも出会えたのでした。
その時の写真(*^^*)




暑いなかご苦労様です(^^;

今年は ピカチュウ達が出てくるのは全て夜イベントとなりました。

そうまの夏休み! 
と言うのはもはや大義名分(^^;
夫婦が単純に行きたくて、毎年楽しんでいます。

うちは東急利用なので桜木町ではなく、みなとみらい駅から参加。





秋から主人の生活も大きく変わるため、
とてもあわただしく忙しくしている主人が、
仕事整理して到着するのをぶらぶらと待つ。

すでに日中もかなりの人が。



主人到着で、遅めのお昼&早めの晩御飯。
お疲れ主人も肉を食いたい!と言っていたので、
私もパワーづけ&貧血対策で、
ステーキのお店に。

ランドマークプラザにある『ドウラクコリーダ』



私はフィレ200g、主人は厚切りのリブロース400g!




イベントまでまだまだ時間あるし(^^;ぶらぶらと洋服などみて、お茶して、






イーブィの大行進とか、


ピカチュウ夜の大行進とか。




横浜美術館でのプロジェクションマッピングとピカチュウコラボイベントは、 
もう近づくこともできない人!
凄すぎる…(*_*;


当初は横浜市民も知らない人々が多く、
年々周知され、
全国各地、
はたまたなんと言っても多いのが、中国や欧米の人々。
もはや世界的なイベントでポケモン人気は凄いなぁと。



臨港パークや赤レンガ倉庫などでも、
同時刻にピカチュウ達が出てくるイベントが、
1日2、3回行われているのですが、
とにかくみなとみらい地区はすんごい人々の数。

夜になってもものすごい蒸し暑さと、人々の熱気の中で、
53歳、汗だくで楽しんできました。
私は埋もれてしまうので、身長ある主人のおかげで一部の動画もなんとか。
53歳夫婦、何をそんな必死に見てるんだ、
撮ってるだと、
ふと冷静になると、自らが笑えるものの、
あの頃のそうまとか、もっと前の長男とか、
息子達がいれば、
もっともっと二人で必死だったと思うんです。
子育て中は、息子達が喜ぶためなら常にどこでも、
遊ぶときは全力でしたから(^^)




一週間のイベント期間は観覧車イルミネーションもピカチュウ(*^^*)











家族でよくいったコスモワールドの横を通り、





暑さと熱気で若干くらくらもしてきたものの、
お肉!のおかげかたまに困る貧血症状も出ず、
椿屋珈琲で帰る前にひと息。



そして家路へと。

帰りの電車で一球速報アプリをチェックすると、
この日もまさかの大逆転!\(^^)/

前夜はテレビで、
うちの外国人達はフライもとれないとか、
ピッチャーが牽制投げたらそこにいないとか(^^;
下手なことばかりやってる試合をやさぐれて見ていたら、
初めて4番からはずれた大山選手のまさかのサヨナラスリーランの瞬間また興奮しすぎて、
隣にいた主人の首根っこに腕を回して、
コブラツイストもどきをかけていましたが、



2夜連続の大逆転勝利を見届けた電車でも嬉しくて!

ピカチュウとタイガースのおかげで、
最後の最後まで暑く熱い良い1日でした。

持っていってたそうまの赤星リストバンドを
いつものそうまの所に戻して、



この時期から9月にかけては、ますます眠れなくて、
寝ても1時間起きに目覚めたりの日々も多いし、
安定剤頓服のソラ○ックス飲むことも増えますが、
日差しをたっぷり受けたり、
外でたくさん汗をかいた日などはけっこうよく眠れます(^^)




そうまが亡くなり10回目の夏。夏休み期間。
当初からは考えられない穏やかな気持ちで、
というか、
ごく自然体で過ごせています。
夏休み明けすぐに予期せぬことが起こり、
最後の夏休みのことは、今でも鮮明に浮かび、
会話も、表情も、匂いも、
いつもそばにいた時のように、
膝に乗っかったりべたべたといつも私にくっついていたそうまが、
今でもいるような。
最後となった夏休みから10年も経つとは思えないほど、
そうまの存在や姿は私の心や脳の中では、リアルにあります。
自分の感情には素直に過ごしながらも、
穏やかに泣いて穏やかに悲しんで穏やかに苦しめるようになったのは、
10年という月日、
もがきながらも自分なりに地に足をしっかりつけて
どんな感情も受け入れながら、
自分に愛情持って正直に歩んだ時間があったからだと思っています。
もちろん周りのたくさんの力もあります。

しばらくは、悲しむ苦しむ感情は、発狂や叫びに近く、
人として壊れてしまいそうでおかしくなりそうで、
そんな感情に向き合うことも怖く。
向き合ってしまうと、
実際に主人や母には凄まじい姿をさらけ出し、
許してもらい、時に衝突し、相手も泣き、
お互いにも泣きながら理解し、支えあい…


蝉の声に耳をふさぎ、子供達の姿に目を背け、
楽しむ家族の姿にチャンネルを変え、
そんな夏も一年ごとに変わっていきました。


今、私はそうまがいた頃の自分に戻っていることを感じます。
そうまも長男も大好きだと言ってくれていた時のお母さんです。
私の人生、
そうまがいない!いなくなった!
違うのは、変わったのは、それだけ。
それだけが、とってもとてつもなく大きいことだけれど。
それに伴う感情は、うまく言えないけれど、
特別なものではなくなってきました。
美味しいものを食べて美味しい、
美しいものを見て美しい、
楽しい時間がただただ嬉しい、
そんな感情が戻り、
それが以前のごとく当たり前になったとき、
そうまがいなくて悲しい、辛い、
そんな感情も私の人生の一部であり、
常に共にある当たり前の感情として、特別なものではなくなったというか。


生き方として、これが正しいのかそうでないのか、
子供を亡くした親としての最終的な正解などわかりませんし、
考えたこともないです。
全ての人の人生に正解などないように、
みんなの最終目標がひとつではないように、
はたまた明確でもないように、
それぞれの生き方、それぞれの人生があり。
自分自身が、これでよいのだと自信もって歩み、
振り返ったときにこれでよかったのだと少しでも悔いなく、
私は私の人生を、自分の気持ち正直に納得しながら、
大切な家族が笑顔で楽しくいられるように、
今共に過ごしている人との時を大切にしながら過ごすのみ。

強いて言えば、
主人も長男も仕事頑張りながら、
笑顔で人生を充実させられているし、
母もまたよく笑うようになり、
義両親も明るく優しいままで、
みんなが昔と変わらぬみんなになってきたので、
妻として、母として、娘として、嫁として、
私の中ではこれでよいのだ!
それで充分です。



10年でこんなにいろんな時間を楽しめているから私は正解なのだ
とも思わないし、
10年経ってもこんなに悲しくてよく泣くから、
私はまだまだだめなのだとも全く思わないし。

簡単に言えば、
頭のなかで理屈や理想など面倒なことを考えず、
これからも心で生きる
それだけです。
そんな生き方に、一緒に笑ってくれて、
楽しんでくれる人がいるなら、
もうそれはそれで願ったり叶ったりで幸せ。

なんとなく思うことあり、
ここ最近のブログコンセプト?から離れてしまいました(^^;
戻しますm(__)m


今も過去の自分と変わってないんだ…
これでいいんだ、よかったんだ。
先週はそんな時間を過ごしてきました。


31日(水)

大学の寮でも1年、女子学生マンションでも3年、隣の部屋で、
学科は違ったので日中は別行動が多かったけれど、
帰ったらいて、夜もよくベランダ越しに話していたり、
お互いの部屋にいたりという姉妹のように過ごしていた親友Mちゃんと、
二子玉川で会ってきました。
50歳記念に神戸の思い出地巡りの旅行をした友達です。

Mちゃんが仕事終えての19時から
『アジアンダイニング Dai 』

隣のテーブルには⚽元日本代表さんがいらっしゃったお洒落で開放的な空間で、
やたら二人でイェーイなハイタッチ(^^;する、
気分は女子大生な時間を。

私も虎の勝利祈願で、鯉ファン友達の前でタイガービールを(^^)
負けたけど。


調子よくて小瓶でしたが、飲みほせました(^^)/

Mちゃんは大学時代から酒豪なので(^^;
あれこれちゃんぽんで8杯も(≧▽≦)












その2日後の2日(金)

またまたMちゃん、
そして、寮で一年あれこればかなことして遊んでいた友達もいれての3人で、
みなとみらい『MANGIA MANGIA』で、
観覧車夜景を眺めながらディナー。
兵庫からパシフィコ横浜に用があり、
出てきていた友達Aちゃんとは、Mちゃん結婚式以来の27年ぶり。
それでも違和感なし。









兵庫からのおもろいおばちゃんに爆笑。
飛び交う関西弁。
みんなで終始大笑いなあの頃と変わらぬ時間。


この日は小学校での地域夏祭り風景を見ながら出てきました。
以前は事前にスケジュール調べて逃げていた日も、
あー、今日だったのか…に変わり。

アルコールなしにするつもりで車で出掛ける予定が、
地元の友達が みなとみらいで花火があがるらしいし、駐車場混んでるかもと情報くれて、
電車に変えたと同時に、
みなとみらいの花火!
 最後の夏休みにそうまと見た花火大会ではないものの、
ちょっとドキドキしながら向かったのでした。

テーブル担当の方が、テーブルに名前を書いていき、
それが、

そう 君



そうちゃん!お母さん、ちょっとびっくりしたけど、
楽しんで来たよー\(^^)/
という時間でした。

それぞれの人生を過ごし、
そしてまた自由な時が増えたおばちゃん達の、
青春が再来しました(^^)


週末は、夫婦でのんびりとみなとみらいぶらぶら&ランチ。




MMテラスの『MMタイ』





そして、昨日から長男が帰省中。
平均年齢62歳(^^;の普段にはなかなか買うこともないクリスピークリームドーナツを。





我が家もまた形が変わりそうです。
秋からは、1人の時間、友達との時間がますます増えそうです。


しゃあーーっ!!気合いだ。



長くなりましたm(__)m


関西5日目
28日(日)

二人で7時頃まで寝て、義母と朝御飯を食べて、
ゆっくりした朝を終えて京都駅へと。
疲れたーとそのまま帰る私でもなく、
ロッカーに荷物を預けてから花園駅へGO!


昨年、ぶらり1人で行ってみたお寺へ再度、
京都の家で見た花お守りを買いに行きました。

関西花の寺25ヵ所の花お守りをのんびりと集めていって、
いつか私もこんな風に25枚を額にいれて飾りたいなと思ったのでした。




向かったのは花園駅からすぐの
関西花の寺 第十三番 五位山 法金剛院。



観蓮会期間。

立派な蓮が咲いていました。

















こちらの庭は極楽浄土の世界を表しているとのこと。






何人かいらっしゃいましたが、
とても静かで落ち着いた空間でした。

そして、こちらで、関西花の寺専用 心華帖と花お守りを購入。







25ヵ所のお寺案内がそれぞれ右に、左にご朱印を貼り付けるようになっています。

花お守り、残りあと24枚(*^^*)

お寺巡りは1人心のままにぶらぶらするのがけっこう好き。
そうまともゆっくり会話できるから。
素直な感情のまま気ままにいられるから。






そして、花園駅から2駅の嵯峨嵐山駅へ。


嵐山へJRで来るのは初めてです。
いつも阪急か、車だったので。

法金剛院を巡っただけで、この日もものすごく暑くて。
駅近くの 『リキシャカフェ』に。




涼をとりながら、紫蘇ソーダーで、しばし休憩。





そして、ぶらぶらと、いつものメイン?通りに。
外国観光客だらけ。



栗好き主人に焼き栗のお土産を買って、
私お気に入りの『 嵯峨とうふ 稲』で、ランチ。





行き交ういろいろな国の方々や風景を眺めながら


手桶くみ上げ湯葉御膳を美味しくいただきました。




そして、京都駅へと戻り、
買い物をして、14時半頃ののぞみで、家路に。




梅雨明けたばかりの暑すぎた関西での5日間。
あちこちあれこれ精力的に動いた5日間。
友達や1人での炎天下散策もさることながら、
やはり二日間の甲子園ナイターは暑かったし、
体力も消耗した(^^;
でも全て楽しかったし、良い時間でした。
義両親とも穏やかに過ごせて、お見舞いというより、
私が力や優しさをもらいました。

充実の時を過ごしてやはり疲れきっていたようで、
名古屋に着くまでにはすでに寝てました(*^^*)
長男は元気かなぁと、行きと同じように名古屋駅で目覚めるも、
またうとうと。
隣の若い女の子も気持ち良さそうにずっと寝ていたし(≧▽≦)
寝たりちょっとスマホをいじくったりしていたら、
すぐに新横浜に到着。

近くの駅で美容室にいる主人をお茶しながら待って、
一緒に車で帰宅。
いろいろあって慌ただしくて、
甲子園で一晩一緒だったような気もする主人から、
「お疲れさん、ありがとう!」

(いやいや、遊ばせてもらって、実母のこともみてくれて)

「こちらこそありがとう!」


26日



ナイター観戦をした翌日、主人は仕事のため6時前にホテルを出発。
ご苦労様です(^^;
私はゆっくりと朝食ビュッフェ。






そして、阪神、阪急と乗り継ぎ京都へと。

京都の家に行き、午後から義母を乗せて病院へ。
義父は6月末に無事同じ系列のリハビリ病院へと変わることができて、
毎日脳梗塞後のリハビリをしています。





景色の良い解放感ある広々としたリハビリ室で、
素直に前向きに頑張っていました。



運動機能のリハビリや、
小部屋での言語や頭を働かせるリハビリを見学。
後は夕方まで部屋でおしゃべり。
随分普通に会話ができるようになり、
今回も、遠くから申し訳ないと、
私の顔を見ると泣きそうな顔で喜んでくれて、長男が名古屋から来たことも、
嬉しそうに報告してくれました。


夕方、買い物に寄ったイオンモールの
にぎりの徳兵衛で晩御飯。






いつも実母としているようなことを(*^^*)

お義母さんが、
「またサーティワン食べへん?」って誘ってくれたので、
ここではデザートはやめて、

6月に続き、モール内のサーティワンへと。

二人でどどーんと、



今だけダブルがトリプルに!キャーぺーン期間中で、
スモールのトリプルにしたものの、
けっこうなボリューム。
それを美味しそうにペロリとたいらげた84歳に安堵(^^)

私が来たら、いろいろ食べに行くのを楽しみにしてくれているようで。

夜は、いつものおうすタイム。
ピオーネ大福、美味しかったです。



夜は二人でのんびり過ごしました。


27日

朝食後、義母を乗せて、車で20分ほどの、
大覚寺 (旧嵯峨御所門跡)へ。
嵯峨天皇の離宮を寺院に改めた場所。









お目当ては大沢池の蓮。
庭園内の池としては日本最古らしいです。













睡蓮も咲いていました。



義母とのちょっとしたドライブと散策後、
病院へ。

この日は昼食風景も見てから、午後のリハビリ見学をしました。

15時頃、病院近くのお店で二人、遅めのお昼ご飯。





揚げたて天ぷらと、博多明太子が食べ放題のお店。
美味しかったです。

暑い中も、雨の中も、5月末から毎日病院へ行ってる義母。
お母さんが倒れてもいけないし、
8月はせめて週に1日くらいは休んだら?と心配して勧めてみましたが、
やはり父のことが気になるようで。
私も実母入院時には結局毎日顔を見に行っていたし、
その気になるとか行かないと落ち着かないという気持ちもとてもわかるので、
致し方なく。
とにかく家ではゆっくり休んで、涼しくして、
水分もたくさん摂ってくださいねと。


買い出しのお手伝いをして、
家で晩御飯を食べて、
夜はまた母のおうすタイム。



らくらくスマホから普通のスマホとなり、
ラインもできる義母からの、あれこれ質問に答えながら、
スマホ講座。

この夜も仲良くのんびりと過ごしました。


そして、この日長い箱を出してきたかと思えば、
中から掛け軸を見せてくれました。

義父が倒れる前に大阪の掛け軸屋さんで注文していたものが届いたとか。
二人で広げて床の間に。

いつもは、曹洞宗のお経
南無釈迦牟尼仏 の掛け軸がかけられています。


そうまのことがあってから、何年もかけてゆっくりと二人で、
西国三十三ヶ所巡りをしていたようで。
本当は四国でお遍路さんをしたかったんやけどねーなかなかこの年だと難しいわと。
巡礼していたことも知らなかったので、
二人の気持ちの暖かさにとても感動してしまいました。


関西花の寺25ケ所 巡りもしていました。



そして、この25枚の花お守りを眺めていて、
私の気持ちも動かされたのでした。
そして翌日、即行動に。


前向きに頑張っている、来月で87歳の義父と、
それを支えている明るい義母、
どんな時も優しい二人に、逆に力と癒しをもらった二日間でした。