息子の不登校に教えてもらったこと | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


テーマ:

東園恭子
1964年 生まれ  
広島県出身/広島県在住活動地域:広島県

ブログ:http://ameblo.jp/haru-ha-akebono/


こんにちは

全肯定!心理カウンセラー
ひがしぞのきょうこです。

 

今日もよろしくお願いします(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

私が全肯定のカウンセリングを

受けるきっかけになったのは

息子の不登校だったんですね。

 

一日でも早く

登校できるようにしなくては

どんどん学校へ行きにくくなると

考えて焦ってました。

 

 

考えるのは

どうやったら息子は

学校へ行く気になるのか?

 

なんとかして

学校へ戻さないと

彼の将来は真っ暗だ!

 

そんなふうに

思っていました。

 

 

色んな方法を試しても

どれも上手くいかなくて

焦ってキレて

息子の前で

泣きわめいたことも

ありました。

 

いや、お恥ずかしい(^_^;)

 

 

今日もダメだった。

今日も何も変わらなかった。

 

学校へ行くように

なるには

どうしたらいいんだろう?

 

 

 

当時の私は

息子が学校へ

行きさえすれば

問題は解決すると

考えていました。

 

学校へ戻りさえすれば

とりあえず

彼の将来は安心だ。

 

そう考えていました。

 

 

 

私は息子の心に

全く寄り添って

いませんでした。

 

そして

学校へは行くべきだ

という自分の価値観を

押し付けようと

していました。

 

そしてそれが

息子が私に

心を開いてくれない

理由の一つに

なっていたことには

気づいていませんでした。

 

 

それに気づいたのは

私が自分の心に

意識を向けるように

なってからでした。

 

息子の方ばかり

向いていた意識を

自分の方に向けたとき

いろんなことに

気づきました。

 

 

テレビの画面が

よく見えないからと

一生懸命画面を拭いて

きれいにしても

全然良く見えない。

 

本当に磨かないと

いけなかったのは

自分の掛けている

メガネの方だった。

 

って感覚でした。

 

 

自分の心を

ちゃんとメンテナンスして

暖かくしてやると

相手のことが

見えてくるし

相手の心に

寄り添うことができる。

 

そして

息子と私は

違う人間なんだと

感覚で理解できるようになる。

 

 

 

逆かな?

 

相手と自分は

違う心を持つ別の人間だと

感覚で分かったから

その心に

寄り添うことが

できるようになったんですね。

 

親子関係でも

夫婦関係でも

これはとっても

大切なことだと

思うんですよ。

 

 

自分の心を

感じられるようになったから

相手の心も

感じられるようになる。

 

そして相手の心に

寄り添えるようになる。

 

 

やっぱり

まずは自分なんだなあと。

 

今だから

思えることですが

息子の不登校がなかったら

一生気づかなかったかも

しれません。

 

いろんなことを

教えてもらった気がします。

 

 

 

 

 

いきなり

カウンセリングは

敷居が高い~

 

そんな方は

全肯定◯✕ラボか

オープンカウンセリング

 

気軽に全肯定を

体験できます(^O^)

 

東京、大阪、名古屋、札幌

では定期的に開催

 

そして広島では

2ヶ月に一回の

開催が始まりました。

 

 

全肯定◯✕ラボ

お申込みは やじるしこちら

 

全肯定オープンカウンセリング

お申込みは やじるしこちら

 

 

 

 

 

こちらにも
生きづらさを抜け出して
幸せになるためのいろんなこと
書いてます。

はるのブログ~まるっと全肯定~

 

 

 


 

 

明日は

名古屋の

全肯定認定プロカウンセラーの菜っぱさんです
お楽しみに(^^)

 

 

フォローしてね

 

 

全肯定!心理カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります