今日は、ちょっと前にやった実験。ただ、かなり危ない実験なので、絶対に

マネはしないでね。

 

「火」は熱いか!これは熱いに決まっている。下手をすると火傷する。

 

けど、熱くない「火」はないのだろうか?いや、熱くてもいいから、手で触れる

 

ことなどできないのだろうか?いわゆる「炎を御する」ということですな。

 

ドラえもんの便利グッズみたいな、「精霊呼び出し腕輪」で火の精霊と

 

友達になるのは最高なんだけどね。

 

で、いろいろな方法を調べたけど、

 

その①

液体のアルコールを用いた方法。

まず、指先に水をたっぷりつけて「水バリアー」を作る。

そして水に濡れた指をそのままアルコールに浸して

水の層の上にアルコールの層を作るんだ。以下のような

図になるね。

で、こんな感じに。

水の被膜がバリアーとなって、炎の熱をさえぎる。それに水もアルコールも気化するので

その時に熱を奪っていくんだ。でも、けっして熱くないわけではない。いや、火傷しない程度

には十分「熱い」から、絶対にマネはしないでね。アルコールの瓶を倒して火事になることは

十分に考えられよ。どうしてもやりたい場合は責任のとれる大人の人が必ずついて下さいね。

(大人の僕もかなり熱かったから、この動画はこんなに短いのです。すぐに指を水につっこんだ

からね。)

 

その②

可燃性ガス(ブタンガス等)を使う方法。

今度は可燃性のガスを使う方法。身近なところではカセットコンロ用のガス(ブタンガス)だね。

こんな方法でバケツに石鹸とか洗剤を使って「シャボン液」をつくり、カセットコンロのガスに

ホースをつないで、「水上置換法」でペットボトルに「ブタンガス泡」を作る。

これが作った「ブタンガス泡」ペットボトル。なんのことはない。

シャボン液中で水上置換法を行い、「ブタンガス」をペットボトルに

9割がた入れて、あとはしっかり蓋をして、ボトルをフリフリすれば

出来上がりだ。

さて、実験だ!いざというときのため、下には「水」を入れた洗面器を

おいてある。シャボン液をこぼしてしまうしね。

これは図にするとこんな感じだ。

まず、いったん手のひらを洗面器の水に浸して例によって「水のバリアー」を作る。

また、手のひらの上に「ブタンガスのシャボン」を乗せることで、泡が「断熱」の

働きをするので、中のブタンガスが燃えるまでは「炎」の熱はある程度遮断される。

それに、炎は上部は熱いけど、炎の根元の下部はそれほどでもない。

というわけで、こんなことができてしまう。ただ、「ブタンガス入りシャボン液」を

出しっぱなしにして実験をやると「引火」して火事になるよ。だからこの実験も

マネはしないでね。どうしてもやりたい人は責任ある大人の人と一緒にね。

 

 

 

 

 梅雨時で雨が降っていてもやっぱり近所の森林公園へランチに行って

しまうのであった。もうとっくに新緑の匂いは無くなっているのだけど、

濃厚な植物の匂いと梅雨時のモイスティックな匂いが混然となって

良いんだなあ。

で、足元を見ると・・・・・さすが、梅雨時だけあって、キノコだらけ

なのです。これは、もしや、真ん中のダンゴムシが中心以外全部食べた

のか!とも思ったが、単にひっくり返ったキノコの真ん中の柄の部分に

とまっているいるだけだった。

ひっくり返すと・・・・これ、たぶん、表の傘の白い部分はみんなダンゴムシが

かじって食べたんだね。ダンゴムシはキノコやカビが大好きだ。

これは、おそらく「イボテングタケ」 イボテン酸という強力な毒を持つ。

もちろん、このキノコから発見された毒だから「イボテン酸」ね。

ハエはこのキノコにとまって舐めただけで動けなくなるそうです。

だけど、この「イボテン酸」の怖いのは、毒なのに本当に美味しい事だろう。

味の素(グルタミン酸)の10倍美味いそうだから、「死んでも食いたい」

という輩もいるかもね。

ただ、キノコの同定は自信がないから、間違えていたらごめんね。

で、こんなキノコも・・・・まるで陸に上がったクラゲみたい。

で、帰りに森林公園近くの神社に立ち寄ると・・・・・鳥居の足元に何やら

白いつぶつぶが・・・・・

え?

これは大量のキノコだ!

これは、たぶん「イヌセンボンタケ」だと思うけどなあ。一挙に千本

とか生えるから「イヌセンボンタケ」。図鑑で調べると姿かたちも

そっくりだ。だけど、普通、朽ちた木に生えるんだけどなあ?

こんな地面に直接生えるかなあ?間違えたらごめんね。キノコの

同定というのはものすごく難しい。

しかし・・・・・この小さなキノコ一つ一つが、一軒の家みたいに

見える。この一軒一軒に「コロボックル(小人の妖精)」が住んでいる、

と言われたら、なんとなくそんな気がしてしまうね。まるで「きのこの里」

だね。傘の中にLEDで明かりを灯して夜に撮影出来たら、「きのこ

の里の夜」としていい写真になりそうだね。

よく見ると、本当に美しいね。

 

 

 さて、いつもアウトドア遊び関係の事ばかり書いていたからなのか、

複数の方から「仕事してんの?」と言われました・・・・

で、今日の教室。ね、ちゃんと仕事しているでしょ?

で、ついでに、生徒に実験を・・・・

じゃ~ん!これは私が組み上げた「浮かぶんデス!初号機」だ!

工具のブロワーと大型カメラ用三脚をガムテープで合体!

実はこの実験はブロワーの角度がけっこう大事になるのだが、それが

自由に調節できるところがミソ。

さて、実際に稼働するよ。

空中にボールが浮くまではわかるだろう。ボールが落ちようとする重力に逆らって、

下から強力な風が吹いてくる、と考えればわかりやすい。上に行くほど風は弱まるので、

落下と上昇のバランスが取れた所で物体は浮く。だけど、なぜこの動画みたいにボールを

傾けても落ちて来ないのか・・・・ここにはベルヌーイの定理、というのが関係している。

ちょっと難しくなるからここの説明はまた次回にまわそう。

さて、次は、どんぶりを浮かすぞ!

拡大しますね。

 

こんなものも浮いちゃうぞ。

生徒はみんな大喜び!生徒がこんな反応だと、こちらも本当にうれしくなるね。

塾長冥利につきるってもんだね。