【関連記事】NVIDIA Deep Learning Day 2016 Spring、行ってきた。

ディープラーニングの現況展示とプレゼンテーションがあるので、

コボラーに連れられて行ってくることに。

講演のトップは、CUDAプログラミングの講習でお世話になった、

エンジニアの村上真奈さんなので、頑張って朝一から参加する。

予習に、これ見てます。↓



何がディープなのか?


従来の記号操作ではなく、

勝手な造語ですが〈経験値と状態知〉に触れる水準へと機械学習が(?)

進んでいってると。たとえば

犬という言葉、単語(記号)は知らないけど、

〈それ〉だと判断できている、という状態を重視する点で、

すでに十分にオントロジック(あのオントロジーとは別の意味で)。

チェス→将棋、そして囲碁と勝ち進んでるように見えるAIですが、

直線的に進んでるわけではなくて、

囲碁のところで、その前のAIとは全く別のものになってるはず。

そのあたりも興味津々。

カントの純粋理性批判レベルでのAIと哲学の時代は、

終わりつつある。
AD