会社の運営にとって何が一番大切か? それは、間違いなく 「人」 です。 それぞれの役割を果たすことができる 「人」 ・・・ 「社員」 「人財」 という部分がきちんとそろってくるか否か、で、会社が大きく成長できるか? また、大きくなれないか、ということが、ほんと決まってくると思います。

やはり、この数か月会社の内情が苦しかった為か、社員が一度に2名もやめていくことなり、私の立場としては、ほんと、困惑の世界です。(笑) まあ、これまでも、突然社員が、というのは、ありましたが、ほんと会社が一番苦しい、というときに、この状態になるわけですから、まあ、厳しいですよね。(笑) ほんと ・・・

ま、私としては、社員が楽しく働けて、充実感をもって働けて、そして、幸せに生活ができる、ってことを中心に考えてきましたが、まだまだ私の実力、会社の実力がついて行かない感じで、ほんと、なかなか厳しい結果で、・・・・ ある意味、反省する部分がありますが、ま、なんせ前に向かって進んでいかないと、結果もでないし、そういう苦しい部分をなんとかしのいでいくことで、自分も会社も成長できるようなイメージも持っていますので、とにかく、前を向いて頑張っていきたいと思います。
ブログを書くののは、ほんと久しぶりです。 記録をみると、6月の頭から書いていない! なんで、ってことですが、やはり、ブログを書く気分になっていない、ってことでしょうか? ほんと、この2か月は、当社にとって ・・・ というより、私にとって、本当にプレッシャーとストレスという負荷がかかっていた時期でした。

といっても、そのプレッシャーとストレスがなくなったのか、といえば、そうでもなく、ますますそのピークが近づいてきている、というのが、本当のところです。 が、やはり、日本人ですね、このお盆の時期は、やはり、こころが、なんとなくゆったりする、また、戦争のことを考えさせられる時期なので、考える時間を取る、って感じです。

今日は、12日、13日からのお盆を迎える最後の営業日、ってことで、今は、スタバにきてこれを書いています。(笑) まあ、こんなにたくさんの人が仕事とか、パソコンを開けてなにかをしている、書類も積み上げている、って感じで、いまさらながらに日本人の勤勉さ、には、なんか、感心してしまいますね。(笑)

この2か月は、名古屋の当社が仕込んでいる案件の売却 ・・・ 実際は、決済の件 ・・・ で、試行錯誤を繰り返すような事態でした。 まあ、今も続いているのですけどね・・・・。 まあ、結構金額のボリュームが大きいこと、また、立ち退き、地上げでのコスト増加で、結構な物件の仕上がり価格になっていること、などを含め、結構な難関な物件です。

実際、まだ、やっているわけですから、はははは・・・ 苦しんでいる、ってこと、ありあり、ですね。(笑) まあ、なんとかなる、という精神的な部分は、もう、とっくに超えて、って感じです。

来週、再来週に完了するのか? はたして、ダメなのか? ま、ある種のかけに等しい感じですが、それも、これも、ってある意味、「運」 ・・・ いい言い方をすると、「時の運」ですね。 それが一番、やはり、「その時」「必然性」「タイミング」ってことは、ほんとどの仕事でも大切なものですね。
ま、事業は、結局は、「人」ですね。 信頼して、任せていける、・・・それは、能力がある、とか、力がある、とかではなく・・・人がどれだけいるか? どれだけ、その人材を育てていけるか? それが企業の将来を決める・・・

その部分が小企業から、中企業、そして、中堅企業へと成長していく過程で、もっとも大きな障害になる部分で、間違いなく解決が必要になることであると思います。

数人の幹部がいればいいということではなく、企業が成長していく過程では、やはり、その部署部署、店舗店舗で、責任感を持って仕事をする人材が必要になります。会社の方針に従って、粛々とする、というスタッフ、自らのアイディアと力で、どんどん進めるタイプ・・・、人材にもいろいろとありますが、その両方のスタッフが不可欠であることは間違いありません。

当社もこの人材の部分で問題を抱えていて、なかなか、私自身の心から信頼できる人材、という面で、苦労している感じです。 創業のメンバーがどんどんと高齢化していくなか、この2年、3年のうちに、この「人」の面の問題を解決できる目途を形にできない、というのであれば、当社の成長も限定的なものになってしまうでしょう。

やはり、企業は、現状維持ではなく、成長、挑戦、というものを掲げて、どこまでその成長戦略を描けるか、実質的な成長に持って行けるか、というところが問われています。 当社も全く同じで、私の力だけでどうこうなるものでもないですが、がむしゃらに頑張っていきたいと思います。
今日は、同業の先輩経営者とすこし話をする時間がありましたが、まあ、楽な時期と、苦しい時期を比べると、やはり、苦しい時期・・時間、というのが正しいのかも・・・が、楽な時期よりも、長いよね ・・・ということで、意見が一致・・

ま、従業員の人達、特に、若い人達には、わからない経営者としての言葉、という感じでした。 まあ、私も、思わず、

同感!

と、答えてしまうほど ・・ ですね。 まあ、昨年の消費税上げから、これまで、特に飲食の事業では、トレンドが変わってしまう感じで、 ・・・ 特に、当社のやっている、パーティの箱、という部分では、・・・ 客単価、パーティ当たりの売上、が、ガラッとですからね。

そういうまさに私が感じているその感じを、ズバッと! 彼は言われたので、思わず、でした。(笑)
ま、そうならないように、より楽しく、楽をしている時間が長くなるように、会社の経営をしていきたいものですね。(笑)
株価が、何年振りかで、高値を更新し、また、時価総額がバブル時を超えた、とニュースなどで聞きました。 確か、上場企業の数は、バブル時の3倍ぐらいになっていると思うのですが、どうでしょうか? 

ま、単純に上場企業数が3倍になっていたとしたら、時価総額560兆円は、本来は、その3倍になっていなくてはなりませんよね。 ということは、・・・・ 2万円強は、6万円ぐらいまで行って初めて、バブル時代の時価総額を超えた! といえると思っても、過言ではありませんよね・・・・。

ということは、まだまだバブルには、ほど遠く・・・、単純に考えると、まだまだ株価の上昇の可能性はある、ということですね。 でも、・・・・

世界は、ドルベース ・・ それを、日本の国内の基準に合わせて、円で評価する ・・・ 日本国内のみに視点をもっていれば、それでいい、という時代は終わっているはず。

円での評価は、金額的に上がったと感じるが、日本の資産は、ドルベースでは、50%近く下落 ・・・ だって、80円 → 120円 。。。。 

これで、いいの?

ほんとに、景気が良くなったって、言えるの? なんか、間違っていない?

これからどんどん人口が減って、経済が縮小していく日本、日本国内、をベースに考えていていいの? だめでしょう!! やはり、世界の基軸通貨、評価をする基準をベースに資産を増やしていく、ということが不可欠・・・。 つまり、円は強くなくてはならないのです!

円の流通量を増やして、金利を低く誘導し、円安を進行させる・・・、もちろん、円が安くなるんだから、株価は上がる ・・・ インフレになる ・・・ それが、いいことですか? まあ、日本国内に住んでいて、外国との関係を全く持たない人にとっては、資産価値が見かけ上あがったと思えるから ・・・ 但し、円ベース、円換算で ・・・ それで、幸せかもしれません・・。

しかし、国際的に活躍している企業、又は、個人は? 海外ベース、ドルベースでのビジネスを広げていく、という視点を持たないと、と思います。

日本は、沈みますよ ・・・ こんなことしていたら ・・・ そう思いませんか? 

日本としては、・・・ 

ではなく、

国際基準に照らして ・・・

ですね。 ちょっと、アベノミクスは心配です。
今月が、飲食事業の決算の申請期限でした。 ま、昨年の消費税から、今年に掛けてほんと厳しい結果でした。 実際、昨年4月以降の落ち込みを、結果としてカバーしきれていない、という感じですね。

3月までは、ほんと、一昨年の流れを受けて、非常に良かったのですが、4月以降は、ぱったり・・・・。悲しいくらいですね。(笑) ま、当社としても、対策を怠っていたわけではありませんが、はやり、ここまでの落ち込みとの予想ができていなかったことが原因で、強化策が後手に回ってしまいました。

特に主力のパーティ受注では、客単価の減少に加え、パーティの小型化 ・・・ パーティ人数が激減 ・・・ のダブルパンチで、売上は、急降下 ・・・ 特に、平日営業に力を入れていなかった店舗の成績は讃嘆たるもので、この半年も、厳しく、そして、苦しい成績に悩まされてきました。 まあ、遅ればせながら、今年の初めから取り組んできたことが、多少なりとも効果を発揮してくれるようになってきており、だんだんと調子を取り戻し、と、言えるところまで来てくれるかな? という感じです。 いずれにしても、今年も後半戦の残すのみ、です。 年初からの進めてきたことの結果を出すことが必要な時期に入ってきます。 なんとか、昨年からの落ち込みをきちんとカバーして、結果を残せるように、と頑張っていきたいと思います。
ここんところ、アジアの地域、アジアへの事業の展開のことで考えない日は、無くなってきましたね。 実際は、アジアの発展のことがニュースにならない日はなく、日本からアジアへ、そして、日本で積み上げてきたことを、アジアで、というイメージでいます。

やはり、アジアからの旅行客がどんどんと増えてくるに従って、日本国内でも、その旅行客への対応をしっかりとしていかなくてはいけない状況にあるし、また、それを怠った企業は、そのマーケットからはじき出されるだろうし、と、非常に危機感を覚えています。

まあ、一番の来訪者である中国人のマナーは、実際見るに堪えない感じであることは間違いないですが・・・、でも、その人たちに対応をしていかないと、マーケットからはじき出されてしまう・・・、そんな危機感をほんと、強く感じるこのごろです。

また、日本からアジアにでていきたい企業の業種もほんとうに増え、全く新しい企業が成長するようなチャンスもでてきていると思います。 そういう意味でも、当社もアジア地域へのチャレンジを行いつつ、新しい成長のチャンスをものにしたいと考えています。
いまさらながらに、本を読んでいます。 最近、本をなぜかたくさん購入しています。 まあ、読み切っているか否かは、別問題として、やはり、なにかに不安を抱えているのでしょうね。 それがこの行動に移す一つの原因になっているんだと思います。

ま、会社のこと、個人のこと、また、自分の周りにいる人のこと・・・そんなことも、自分を不安にさせる要素の一つです。 が、まあ、人はだれもがそう言ったものを抱えて生きており、結局は、それをどう抱えて、乗り越えていくか、ということなんだと思います。

結局、人は自分の思い描いているような形になっていくものであり、それを如何に強く思えるか、そのことによって、自分の体の中の本能が、スパークして、思い描く姿になるように、自動的にその都度の選択肢を選んでいく、という感じなんだと思います。

そういう意味からも、もっともっと、自分の持つ夢のイメージを、思い描く姿のイメージを強くして、意識、「脳」に刻み込むことで、ひとつひとつ実現していくことができると、いまさらながらに考えているこのごろです。

当社の主催するパーティの情報です。 是非、ご参加ください!

エンタメ合コン!! 参加者募集!!(男性50名*女性50名)

+++

 

+++
相乗効果、それを、今、いろいろと考えているところです。 現在の、不動産事業、及び、その不動産を活用する事業 ・・・ 一つは、飲食事業 ・・・ ですが、もう一つや、二つのなにか、事業を確立したいと考えています。

不動産 = 賃料収入 = 自社事業で賃料収入以上の収入 = 高収益不動産

という図式ですね・。(笑) まあ、なかなか、その部分は、実現していかないのですが、そういうイメージです。

家賃を払える = 事業収益は、それ以上あるはず

という方程式なのですが、その事業が赤字の場合には、「二重苦」に陥る可能性もあり、微妙なところです。

商業ビルを中心に不動産投資を考えている当社としては、その繁華街で収益が見込めるビジネスをこちら自身で持ちたい、というイメージです。 それが、収益不動差のリスクヘッジになると、感じています。

ま、どこまでできるか、わかりませんが、そういうイメージを持って、今確立されているビジネスに付加価値を付け、相乗効果を狙う、それが、事業を強化することにつながる、って思っています。