最強UVコートのご紹介です。

テーマ:

アメブロご無沙汰です。

フェイスブックの方はまずまずの頻度で更新しています。

 

ご無沙汰なのに宣伝です(ちょっと恥ずかしい!)。

 

弊社、有限会社エコロがお勧めしていますUVコートです。

床面などのガラスコーティングと言った方が判りやすいかもですね。

耐用年数が約15年~状況によっては20年の耐用性。

汚れにくさ、傷・破損のしにくさ、光沢度合い、耐水・耐薬性、臭い、耐滑性など・・・他社製品と比較して圧倒的な違いを実感していただけます。

 

一般家庭から、体育館・公民館・図書館・オフィス・スポーツ施設・駅・空港・銀行など様々な場所での実績を誇ります。

 

以下、お客様の声です。

 

元気に走り廻るシーズー犬達の姿に感動

14歳を超え、滑るフローリングに元気をなくしていましたが、夕方帰宅した時の駆け回る姿に感動です。
UVコーティング施工して頂きありがとうございました。

S様邸マンション物件
部屋が明るく、気分も明るくなりました

日当たりが良い方ではなく暗い我が家でしたが、床が太陽や電気の光に反射して部屋がすごく明るくなりました。部屋にいるだけで気分も明るくなり、毎日ウキウキしています。

Y様邸戸建て住宅
こんなに綺麗に!しかも安全に暮らせるなんて

足元がおぼつかない両親の為、介護助成も受けられる事もあり依頼しました。
滑りにくくなり部屋の移動にも笑顔が !
清潔で綺麗で居られることにも満足です。
友達にもおすすめしたいと思います。

Y様邸戸建て住宅
子どもが汚した汚れも、すぐにピカピカ

8才と4才の息子は毎日部屋を汚し放題で、毎日掃除が大変でした。アルティマコートを施工してからは、こぼしたジュースや食べ物なども簡単に掃除できるようになりました。一度、ガムがこびり付いた時も水拭きだけで元通りのピカピカに!感動です!

D様邸

 

写真は、昨年末に施工させていただきました一般家庭の床面です。

施工面と未施工面を比較していただければ、その差は一目瞭然ですね。

 施工前 施工後

 

如何でしたか?

 

 

 

マイ箸持参します。

テーマ:

大変ご無沙汰しています。

フェイスブックでばかり馬鹿な書き込みをやっており、気が付けばアメブロが放置状態でした。

ちょっと気になる記事がありましたので「新発見。BLOG」さんより転載させていただきました。

新発見。BLOG さんはこちらからどうぞ → http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/416400830.html

以前から言われてはいましたが、改めて見るとやはり怖いですね。

全てがすべてではないようですが、今日から私はマイ箸必携で行きたいと思います。

以下、転載です。

中国割り箸製造工場の恐ろしい実態!割り箸使用は本当に危ない!


chopsticks-china.jpg

日本人が年間使っているわりばしの量。なんと軽く260億本を超えるそうです。1日あたりにすると7,100万本が消費されているんですね。確かに仕事や外出先での外食の多くはわりばしを使ってますね。

なかなか日本では大きく取り扱われませんが、そのわりばしで恐ろしい健康被害の恐れがあることが分かりました。まず百聞は一見にしかずということで2つの画像を見てください。


金魚.jpg

↑こちらは以前に話題になったことがありますが、割り箸を金魚鉢にいれたら7日後には金魚が死んでしまったそうです。

本来、あんなきれいな白いクリーンな木のわりばしなど存在せず、製造の過程で漂白剤、防カビ剤が大量に含まれています。


スクリーンショット 2015-03-27 15.11.50.png

↑こちらは、中国の有名俳優ホアン・ボー氏がレストランで仰天体験したSNS投稿です。彼がわりばしをきれいにしようと店員から水をもらってつけていたら、なんと水が黄色に変色し、変な匂いがしたというショッキングな出来事を紹介したものです。有名人の投稿だけに直ぐに125,000近くが転送投稿され中国では波紋を呼びました。


実際にわりばしの毒性について研究したレポートがあります。東京都健康安全研究センター研究レポート で、わりばしに含有しているクロロエタノールの含有調査によると、わりばしや竹串などの竹製品を鶏などの食品に刺すと期間にもよるが3~24%が食品に移行することが確認できたそうです。


防腐剤に含まれるエタノール(ここでいうクロロエタノール)は、農薬などにも使われ、神経系統、肝臓などに影響を及ぼすことが知られていて国際的な危険有害分類基準では区分1「発がんのおそれ」に分類されているそうです。


日本ではこうした中国わりばしの使用量が9割以上です。大部分のわりばしは中国の貧しい小さな村で超低賃金で大量生産をしているのが現状です。竹製品の村工場が並ぶ合肥市の製造現場では教育を受けていない労働者が不衛生な環境で製造をしているそうです。


市の役員は「工場で働くものはみんなきちんとした教育を受けていないですよ。」「ほとんどのわりばしはすぐカビてしまいます。だから、工場で防腐剤と漂白剤を使ってるんです。」と言っています。

教育を受けていない工場で働くものがきちんと定められた薬品量で製造しているのかまでは誰も分かりません。


割り箸の毒性に制限がなくなる中国政府のずさんな管理


poisonous-disposable-chopsticks-manufacturing-guangxi-china-03.jpg

薬品量の管理はすべて村の工場任せという恐ろしい現実

問題は、中国の定める基準で製造がされているか当局から厳格な取り締まりがあるわけではなく、実質政府は見て見ぬふりをしているのが現状のようです。

こうしたわりばしを作る工場の多くの地域では製造の認可すら取っていないので、実際に製品元を探し当てることは難しく、製造自体が工場任せになっているのが現状とのこと。(!! これは恐ろしい事実・・)


中国国際食品包装協会のDong Jinshi氏は「政府には厳密な品質検査を担当するところなんてないですね。たとえば北京のダシン区にはわりばし工場が7、8あって、製造から箱詰めまで全てやっています。出荷後にいろいろな販売業者を通していくから、出荷したら工場のオーナーですらどのわりばしが自分の工場のものかなんて分からないんです。」と述べています。

wax使用.jpg はしを滑りやすくする為、有害なパラフィンワックスをわりばしに塗る

こんな状況でしたら、ただでさえ有害物質が含まれているのに多くの工場がきちんと適量を使って製造しているとは考えにくいですよね。もしかしたら日本人は大量に使っているわりばしからの有毒摂取量によってかなり健康を害している可能性が高いです。


日本人が好きなラーメンやうどん、そば、お味噌汁など汁物でわりばしを使っていますが、水分を吸収したわりばしを毎度口に運んでいる行為はそのまま大量の漂白剤、防カビ剤を口に運んでいるのと同じことということになる訳です。(ほんとうに恐ろしい…。)


食品の安全には気を使っても意外と盲点になりがちなわりばし。もう一度「My箸」を持ち運ぶことを考える記事でした。



(参考元:上海日報.com; Disposable chopsticks hazardous to health , Natural News; Chopsticks in China loaded with deadly toxins )


汚職事件

テーマ:

FIFAの汚職事件。


20年に渡り185億円と、流石に桁外れの額が動いています。


まあ、実際はこんな額ではないでしょう。


厚顔ブラッター会長は、意地でも辞めませんが如何なものでしょうか?


あっさりと5選されましたが、これはどう見ても誤選?ですね。


「FIFA汚職事件」の画像検索結果


FIFA幹部の逮捕者は一体どこまで増えるんでしょうか。


前代未聞の汚職事件、まだまだ真相究明には時間がかかりそうです。



大金が動いた汚職事件。


逮捕された幹部、「せめて御食事券にしておけば良かった・・・」と反省しているとか???


「お食事券」の画像検索結果


FIFAも一旦解体した方が良さそうですね。


ヨーロッパ連合を中心に新しい組織を作れば良いのにと思う今日この頃です。



それではまた。

ドラミちゃん

テーマ:
あっという間に5月です。

GWは如何お過ごしですか?

いつもだと、この時期はカープも強いんですが・・・


さて、ご存知の方もおられると思いますが、歌う猫の「ドラミちゃん」です。

うちにも猫が二匹いますが、何の芸もできません。

こんな子がいたら、それこそ猫可愛がりするんでしょうね。



他にもいろんな歌が歌えます。

これもちょっと笑わせてくれたので・・・おまけです。



それではまた。

法要

テーマ:

今日は父の十三回忌。


89歳で肺がんを患い亡くなりました。


もう十三回忌、あっという間です。


10時から生前父がお世話になっていた、中区江波の海宝寺にて法要。


墓参りを済ませ、広島市内と広島湾と島々が一望できる西区古田台の厳遊庭で会食。


5人兄弟ですが、みんなそろそろ年老いてきているので、全員集まるのは今回が最後か?なんて話しも


出たりして…。


東京から来る姉なんか、特に大変ですしね。


次の十七回忌は各自の意思を尊重するということで兄が纏めていました。


年齢という現実を感じる一日でした。



まあ、憎まれっ子が多いので???(私だけだったか)みんな長生き、また集まれると思いますけどね。


「憎まれっ子世に憚る」の画像検索結果  VS   「憎まれっ子世に憚る」の画像検索結果 さて、私の場合どちらでしょうか?



それではまた。


いきなりです。

テーマ:

事務所のパソコンが前触れもなく、いきなりクラッシュしてしまいました。


はじめての経験!痛い!


修理不能、ドクターに頑張って頂いたんですが、奇蹟の復活ならず。


仕事にならないので渋々買い替えですわ、トホホ😢


経理用など他の三台は今のところ無事ですが、バックアップの大切さが見に染みた次第です。...



今更遅いか❕


「事務所のパソコンがいきなりクラッシュしてしまいました。
はじめての経験!痛い!
修理不能、ドクターに頑張って頂いたんですが、奇蹟の復活ならず。
仕事にならないので渋々買い替えですわ、トホホ󾌹
経理用など他の三台は今のところ無事ですが、バックアップの大切さが見に染みた次第です。
今更遅いか❕」


機械は苦手です。


文科系の脳が受付拒否をするんですね。



それではまた。

縮む!

テーマ:

若き日、大学生の頃、大江健三郎の「縮む男」を読みました。


その思い出がふっと蘇ったんですね。


先日の半日がかり健康診断の結果が送られてきました。


全体的にはまあまあかなって感じです。


ただ、懸念されることが・・・


年々身長が縮んでるんです、がくっと来ます。


もともと「小さいおじさん」を自負しているんですね。


昔は、ジャニーズ系はちいちゃめが多いとか言って笑ってましたけど。


高校生の頃と比べると、なんと3.5センチも縮んでいるんですよ。


「背が縮む」の画像検索結果


私の場合は、この慢性的な腰痛が原因と勝手に思い込んでいます。


身長測定の時は、できれば背伸びをしてごまかしたいくらいですわ、がははっ!!!



しかし、これが続くと・・・池乃めだかにまっしぐらか?


「池乃めだか」の画像検索結果  「池乃めだか」の画像検索結果


嗚呼、あとわずか、ほんのわずか25センチ程背が高かったら・・・私の人生は変わってた???


こうなったら、めだか師匠と同じくらいまで縮ませて、芸人デビューでもしますか。


芸名は、う~ん・・・そうですねえ、「池乃はだか」なんてお洒落ですかね?


あまりにもくだらないので顰蹙を買いそうですね。


「池乃めだか」の画像検索結果



それではまた。

やっぱりね!

テーマ:

本日は定期健康診断でした。


午前中一杯かかって念入りに・・・?


詳しい結果は後日郵送されますが、本日の段階ではですねえ。


案の定と言うか、学習能力がないと言うか、毎回の中性脂肪アップ



それから血糖値アップ


決して太ってはおらず、どちらかと言うと標準体型なんですけどね。


中性脂肪は酒のせいか?


量は少ないのですが、色んな酒を毎晩メニューに合わせてチョイス吞み。


今日は焼酎、今日は日本酒、ビール、ハイボール、ワイン・・・と飽きもせず。


殆んど休肝日なしの状態。


血糖値の方はやはり塩分でしょう。


麺食いオヤジでスープを残さず飲んでしまいますもんね。


一時あらためていたんですけど・・・やはり誘惑に負けてしまうんですわ。



少しは気にかけるようにせんといけませんね!!!


まずは野菜から先に食べるようにしますか?




それではまた。



長寿の道

テーマ:

義父が入院している病院に貼ってありました。


「長寿の道」だそうです。


そこのお若いの・・・何か感じることはありますか?


な~んてね。



長寿の道


人の世は山坂多い旅の道



還暦 60才


命の60に迎えが来たら


とんでもないと追い返せ



古希 70才


命の70に迎えが来たら


まだまだ早いと追い返せ



喜寿 77才


命の77才に迎えが来たら


せくな老楽これからよ



傘寿 80才


命の80に迎えが来たら


何のまだまだ役に立つ



米寿 88才


命の88に迎えが来たら


もう少しお米を食べてから



卒寿 90才


命の90に迎えが来たら


歳に卒業はないはずだ



白寿 99才


命の99に迎えが来たら


百の祝いが済むまでは



茶寿 108才


命の108に迎えが来たら


まだまだお茶が飲み足らぬ



皇寿 11歳


いのちの111に迎えが来たら


そろそろゆずろか日本一




なるほど、こう言って死神を追い返せばいいのか・・・?

     


と言うか、こんなものが目に飛び込み、気になって読んだりするんですね。


やっぱり年齢が少しづつ気になってる証拠でしょうね。


ガハハ!!!





それではまた