Ⓒ東京都庭園美術館

 

平成という時代が終わり
日本はいま新しい年を迎えようとしています

また2020年東京オリンピックを控え
世界から注目が集まる日本文化
その中でも 特に「茶道」は
日本文化を総合的に網羅しています

しかし そんな「茶道」を学んでも
なかなか茶道の本質は
私たち日本人には見えてきません

実は「茶道」の真髄は「茶事」であり
現代なら「茶会」の中にあるからです

 


★Instagram

そこで今回の企画は
普段の茶道の稽古の中には存在しない
日本ではじめての試み
「茶会を知るための、茶会」を企画しました

茶道経験がまったく無い初めての方でも
「茶会を理解し、愉しめる」
企画内容になっています

そして舞台はまさに新元号に相応しい
皇室ゆかりの東京都庭園美術館の茶室
重要文化財「光華」です

 



一席たった8名という
少人数開催だからこそ可能にした
茶会を楽しむための
あらゆる所作の意味や目的を解説しながらの
「茶会を知るための茶会」
贅沢な時間をご用意いたしました

例えば 露の打たれた露地に出て
蹲踞に座り柄杓で身を浄め
躙口から小間へ入るのは何の為なのでしょうか?
この一つでも日本人が知らない日本が
そこに見えてくると思います。

 



第一回「重文わかる茶会」
日本初!茶会を知るための、茶会


【日時】

2019年5月19日(日)

第一席 10:30~11:30
第二席 11:30~12:30
第三席 13:30~14:30
第四席 14:30~15:30
第五席 15:30~16:30


【定員】

一席 8名
(定員に達ししだい締め切らせていただきます)


【場所】
東京都庭園美術館
重要文化財 茶室「光華」
〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9


【参加費】

1名様2,000円
※参加費とは別に美術館への入場料
(展覧会入場料又は庭園入場料)が必要です


【講師】

§section
沼尻 宗真
海老澤  宗香


【講座内容】 60分

①立礼にて
スクリーンを用いての座学
・茶会とは
・マナー、持物など

②広間にて
菓子の召し上がり方

③露地にて
蹲踞のつかいかた

躙口から入室し
④小間にて
薄茶一服


■茶会を学ぶ場ですので、
 初めての方もお気軽にご参加ください。

■懐中物の用意が無くても結構です。

■ハンカチをご持参ください。


【申込方法】

東京都庭園美術館HP
申込みフォームよりお申込ください。

注意事項:
・参加は中学生以上とさせていただきます。
・お電話、FAXではお申込できません 。 
・キャンセル待ち及びお時間の変更はできません。
・当日欠席される場合は、開始20分前までにご連絡ください。
・ミニスカート、素足での参加はご遠慮ください。
・アクセサリー類は外してご参加ください。

お問合せ先 
東京都庭園美術館 事業企画係 茶会係
Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228 
E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp




「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館
◆ 10月

◆ 11月

 

 

Ⓒ東京都庭園美術館

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2019年 5月11日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「夏越の祓」
・初夏の和歌
・わび茶成立の歴史
 

【基本コース】
・歳時記「夏越の祓」
・初夏の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2019年 4月19日(金)

2019年 4月20日(土)

・歳時記「端午の節句」
・春の和歌

・透木釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください