eAMATRAVELのブログ

eAMATRAVELのブログ

モータースポーツを中心とした、スポーツ観戦、観覧ツアーを実施するイーマトラベルの旅ブログです!
スポーツをテーマにプロのライターが書くコラムも掲載します!

皆様

大変ご無沙汰しております。

コロナ禍の最中、多くの皆様から生存確認と激励のお言葉を頂戴致しました。

「大丈夫か?」「がんばれ!」「またツアーに行くよ!」と大変嬉しい限りです。

ありとあらゆるイベントが軒並み中止・延期が相次ぐ中、弊社のツアーもほぼ全て中止

という状況になりましたが、皆様のご期待に応えられる様に、来年のツアーの仕込みを

既に始めています。

来年は是非ツアーを実現したいです!!頑張ります!!

 

さて今回のブログですが、先日久しぶりにイベントにお邪魔してきました。

例年であれば、この暑い最中の時期の当ブログは、グッドウッドフェスティバルオブスピード

観覧ツアーをレポートし、9月のグッドウッドリバイバル観戦ツアーへの意気込みを語ってる

ところでしたがが、今年はこの2大ツアーの催行ができず、その代わりに2回の延期を乗り

越えて漸く実現したオートモビルカウンシルの観覧ブログをこの真夏の時期に投稿するとは

思ってもいませんでしたね。

 

イベント開催は、人数制限、消毒、マスク着用、入場前検温、連絡先等の記入用紙提出等

所謂“ニュースタイル”です。大事ですね。

 

ソーシャルディスタンスを保ちながらの入場

 

朝一で会場入りしたので人はまばら。

人数制限をされているので密にはならず、ゆっくり安心して見学できました。

 

まず目の前に飛び込んできたアルピーヌM63

車体にはルマンクラシックのステッカーが。

ちなみに今年のルマンクラシックは2021年7月1日~4日へ開催延期されました。

弊社でもツアー企画予定です!!

 

マクラーレンブースはギラギラしてました。

 

ACグレイハウンドブリストル。

 

年代モノのコルベット。カッコイイですねー。

 

ミニの特別仕様。車両価格は1000万円を余裕で超えていましたね。

 

トヨタカローラLEVIN。

名古屋のO様。車の調子は如何でしょうか?

 

やはりこういう時期での開催だからでしょうか。

車両数等、規模が昨年よりはやや小さい印象がありましたが、

様々な安全対策が講じられた素晴らしいイベントでした。


やはりイベントは良いものですね。

主催する側は安全対策をしっかり行って頂き、そして来場者はマナーを

遵守してイベントを楽しむというスタイルがより求められてきています。

 

いつか海外ツアーが実現できる日の為に、安全対策を今から

しっかりと考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2020年最初のブログです!

本年も宜しくお願い致します。

 

昨日は幕張で行われた

東京オートサロンに行ってきました!!

天気の良い土曜日はものすごい人だかり。

モーターショーに比べ、車の展示が多く、本当の車好きがよりこちらのイベントに流れてきている感がありますね。

 

会場はどこも大盛況。黒山の人だかりでした滝汗

 

沢山カスタムカーが展示されていました。

 

このロールスロイスはなんとも。。。ギラギラしてますね


個人的にはこのランクルは魅力的でした。

内装も綺麗でエレガント。アウトドアを意識した茶色の皮とスウェードで凄く良い感じです!

今、こうした車をヘリテージとして販売したらヒットすると思うんですけどね。

こちらはジムニー。

新車ですが、サビ加工をしヴィンテージ風にアレンジ。

この車も凄いですね!!

ホンダブースにはF1やバイクのレースマシンも展示。

NASCARもお披露目

あと、今年はマクラーレン車の展示が多かったように思えます。

マクラーレン社だけでなく、カスタムとしても展示車両が多々ありました。

ホンダブースでは中島悟氏のトークショー。

各ブースでは著名人を招いてのイベントが行われています。

 

YOKOAHMAタイヤで展示されていたコルベット。

美しいフォルムと色。

これも凄かった!!

スロフスキーの作られたランボルギーニのエンブレムがボンネットに!

 

私の車の先生のS様がかつて乗車されていたBMW1800。

S様は沢山の車を乗り継いでいらっしゃいますが秀逸の1台の様です。

 

このダットサンフェアレディも良いですね。

私もグッドウッドリバイバルの影響でこうしたヒストリック系の車のほうが好きですねグッ

 

とにかく人が多くて、ゆっくり見学とは行かなかったのですが、若い人や外国人の来場者も多く、

けして近年の車離れの様相は会場には微塵も感じられませんでした。

時代で流行り廃りもありますが、車好きはやはり多いと実感しましたね。

 

さて、イーマトラベルでは「2020年グッドウッドフェスティバルオブスピード観戦ツアー」その他の

レースツアーの手配の受付を近日より開始します!!

詳しくは弊社HPにて詳細をアップしますので是非チェックしてください!!

 

イーマ株式会社

TEL:03-3780-4312

フォームからのお問合せ

https://eama-travel.com/mt/eama-travel/contactform.html

旅行HP:

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

さて、マカオグランプリ2019観戦ツアーブログも最終回となりました。

最終回は、前回までのブログに掲載しなかった写真を数点ご紹介します。

 

こちらはグランプリ会場のパドック裏に設置されたグッズブースです。

狭い道に所狭しと店が並んでいます。

オフィシャルグッズショップは勿論、ミニカー、チームグッズ等が数店舗並んでいます。

リスボアスタンド裏にもショップはありますが、そちらはチケットがないと入場できないエリアに

オフィシャルショップがあります。パドック裏のショップはチケットを持っていなくても入れるので

グッズだけ欲しいという方はこちらでどうぞ!

オフィシャルグッズショップ。

小さい店舗に、イベントプログラム、Tシャツなどの衣類、帽子等が販売されています。

こちらは、リスボアスタンド裏のウインホテルの噴水ショーです。

昼夜問わず、定期的に音楽に合わせた15分程度の噴水ショーが行われています。

ホテルの宿泊客だけでなく、一般にも開放されており、無料で見学できます。

当然夜の見物ほうが綺麗です!

 

こちらはリスボアベントを眼下にしているホテルリスボアです。

ホテルの客室に拠っては部屋からレースを眺めることができる様ですね!

こちらはリスボアホテルのフロント階に展示されているツタンカーメンのマスク(本物)です。

リスボアホテルはマカオのカジノ王と言われるスタンレー・ホー氏を創始者とする企業グループ

が運営していますが、向かいのグランドリスボアと併せてホテル内には世界中の歴史的遺産・骨董が

コレクションとして展示されています。本当に博物館クラスです。

宿泊客でなくても中に入って無料で見学ができます!

これだけのコレクションを収集するにはどれ程の資産が。。。と思うほど圧倒されます滝汗

右端の突飛なビルがグランドリスボアですが、これがスタンレー・ホー氏の企業グループの経営です。

日本ではまず考えられないデザインですね。。。

こんな近代的なビルが乱立するマカオですが、一歩路地裏を入るとこんな庶民の街並みがあります。

いろんな意味でエキサイティングな場所です。

 

帰国便は早朝。

朝早くマカオ空港に到着しました。

ここで関西行きの皆様とお別れです!

私は成田行きの便にご参加様とともに搭乗。

最後の機内食も美味しく頂きましたお願い

 

マカオグランプリは日本からわずか4時間程度で直行便で行くことができる観光地です。

日本から直行便で4時間程度で、エキサイティングなレースを観戦し、美味しい料理を賞味、魅力的な観光名所を巡ることができるマカオは絶対にお得な場所と断言できます。

色々な楽しみ方ができる観光地なので、是非皆様にオススメしたいですね!

来年もマカオグランプリ観戦ツアーを企画したいと思いますので、

ご興味のある方は是非お気軽に弊社までお問合せ下さいニコ

 

今回ご参加頂きました皆様、弊社ツアーをご利用下さり誠にありがとうございました。

カジノで一儲けした思わぬオマケもありましたね!お金¥お金

また皆様のご旅行に添乗できることを楽しみにしております!!

 

最後に告知です!

2020年度のレースイベントツアーカレンダーを発表致しました。

2020年度は2年に1回のレースイベントが目白押しです。

弊社HPで随時詳細をアップしていきます。

お気軽に弊社までお問合せ下さい!!

 

・5月7日(木)発-12日(火)着 

Grand Prix de Monaco Historic (モナコ公国)

・7月2日(木)発-16日(火)着

Le Mans Classic (ル・マン、フランス)

・7月9日(木)発-13日(火)着 

Goodwood Festival of Speed (グッドウッド、イギリス)

・9月11日(木)-15日(火) 

Goodwood Revival (グッドウッド、イギリス)

・11月(日時未定) 4泊5日

Macau Grand Prix (マカオ、中国)

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/kansentour/motorsports-calendar/

 

イーマトラベルではモータースポーツ観戦ツアーをメインに各種ツアーのコーディネートを行います!

お問い合わせは以下までお気軽にお問合せ下さい!

 

イーマ株式会社

TEL:03-3780-4312

フォームからのお問合せ

https://eama-travel.com/mt/eama-travel/contactform.html

旅行HP:

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/

 

 

前回はグランプリの様子をレポートさせて頂きました。

レース期間の前後はマカオはレース主体となり、観光客もどっと押し寄せます。

当然、レストラン、ホテルも混みますので、ホテルは勿論ですが、夕食のレストランも予約や空席を事前にチェックされておいたほうが無難でですよ。

弊社のツアーではレースや車を楽しんで頂く事は勿論なのですが、折角異国の土地に来て頂いたので観光や地元の料理を堪能頂くこともツアーの趣旨としています。

そこで、今回、ご参加者の皆様をお連れしたイチオシのレストランをご紹介しますナイフとフォーク

 

・SOLMAR(ソルマー)

 滞在先のホテルリスボアから徒歩で10分程度の老舗のポルトガル料理店です。

 元気の良いおじいちゃんが店番で迎えてくれます。

 バカリャウ(干し鱈のコロッケ)、アフリカンチキン、ポテトのスープは絶品でした。

 アフリカンチキンは店によって、味が異なる様ですがこちらのものは、揚げた骨付き鶏肉に

 トマトベースのソースをかけたスパイシーな一品です。

 骨があるのでやや食べるのに苦労しますがトマトとニンニクのソースがチキンに良く合うイチオシフードです。

 個人的にはポテトのスープは絶品でした。美味しかったです。

  

  お昼も夜も営業しています。

  日本語を話すスタッフはいない様ですが、写真付きの日本語メニューもあるので、

  頼んでから「失敗した!!想像と違った!!」ということは少ないとおもいます。

 

 ・葡京日麗(Portas do Sol)

 

 ホテルリスボア内にある広東料理のお店で、飲茶を頂きました。

 マカオは勿論、中国文化でありますので、休日になるとお昼は飲茶という文化があります。

 お昼に伺い、まずはお茶をオーダー。メニューを見ながら紙で色々な点心を注文しました。

 世界各国で中華を食べても点心は基本的にハズレはないですね。メロンパン

 蒸す、焼く、揚げる等の様々な点心は絶品。締めのチャーハンまで美味しく頂きました。

 

・粥麵荘(Noodle & Congee Center)

グランドリスボアにある粥麺荘。麺類とお粥を中心としたリーズナブルなレストランです。ラーメン

カジノ内にあるので、24時間営業が嬉しいですね。

ラーメンやつけ麺、お粥が気軽に食べれますし、1人でも全く問題ありません。

メニューは英語で判りやすいです。

そしてここのウリが写真にもあるお茶のパフォーマンスです。

カンフー的な衣装を着た人が、長い筒の急須で曲芸の様なパフォーマンスで目の前でお茶を注いでくれます。

但し、お茶を注文する際にリクエストしないと単に急須に注がれたお茶をスタッフが持ってくるだけなので、

必ずパフォーマンスをリクエストすることが大事です。

冷房がきついので、羽織るものを持っていくと良いですね。

 

コチラは、リスボアスタンド裏の台湾中華の店で食べた牛肉麺です。

醤油ベースのスープが美味しかったですね。ラーメン

 

マカオは東西文化が融合した国なので、アジア料理、西洋料理、様々な料理を堪能することが出来ます。

毎日、色々な流離を楽しむことができますし、恐らく日本の風味に慣れた方でも美味しく頂けるものばかりと思います。

 

観光、食事も旅の一つのたのしみ。

そんなツアーを皆様にご提供していきたいですねニコニコ

 

2020年のレースツアーカレンダーを弊社のHPに掲載しました!

2020年は2年に1度のレースもありクラシックカーイベントが目白押しです。

コチラもぜひチェックしてください!

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/kansentour/motorsports-calendar/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

今日の東京は冷え冷えですね。おまけに雨で傘

最近気温差が激しく風を引いてしまいますねゲホゲホ

 

そんな底冷えの日本とは違い、亜熱帯の暑いマカオでは、熱いレースが繰り広げられました。

ツアー参加は土曜日、日曜日と2日間たっぷりとレースを観戦。

マカオグランプリで最も人気のある「リスボアスタンド」指定席をご用意しました。

フォーミュラーカー、GTカーそしてバイク(2輪)まで多様な車輌が全長6.2キロの市街地コースを疾走します。

リスボアスタンドはクラッシュやコーナーのせめぎ合いが観戦できる人気スタンドです。

全席指定席でいつでも入退場できます。

コースでは各カテゴリーのレースが朝から夕方まで行われ、大体8~12周前後で勝負をするレースが1日4,5本。

大体1レース1時間位です。

同じカテゴリーのレースが長時間に渡り行われる訳ではないので、飽きがきません。

途中休憩もあるので、昼ごはんや休憩で外にも出ることが可能です。

 

車がスタンドの前のリスボアベントを疾走するとこんな感じで観客が立ち上がります。

立ち上がると警備員や警官が「ピピー!!」とホイッスルを鳴らし「立つな!!」と注意します

 

スタート周回時はこの様にコーナーは団子状態に。

こういう状況でよくクラッシュが起こりますびっくり

F3はスピードとその爆音でものすごい迫力ですポーン

早くもクラッシュ!!

大型ビジョンでもその様子は確認できます!!

 

遭えなくクラッシュした車輌。

直ぐにクレーン車で撤収作業が行われます!

 

昨年大事故をおこしたF3ですが、今年は大きな事故はありませんでしたね。

因みに昨年大事故を起こし脊椎骨折の大怪我をした女性ドライバーのソフィア・フローシュ選手は

あれほどの事故を起こしたにも関わらず、今年のレースにカムバックしていました!!

昨年のフローシュ選手のクラッシュはコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=oaUdY8clZsw

 

あのクラッシュの教訓か、今年はおとなしい感じでした。

 

コーナーを疾走するGTカー

リスボアベントへ加速するGTカー

 

レース観戦の参加者様

お楽しみ頂けたでしょうか爆  笑

 

マカオグランプリは普通のレースでは見られないエキサイティングな展開と臨場感が半端ありません。

現地でレースを観戦して頂ければその凄さを絶対に感じることができると思います!!

是非、来年はマカオグランプリへ!!!

 

最後にお知らせです。

2020年のレースツアーカレンダーを弊社のHPに掲載しました!

2020年は2年に1度のレースもありクラシックカーイベントが目白押しです。

コチラもぜひチェックしてください!

http://eama-travel.com/mt/eama-travel/kansentour/motorsports-calendar/