「猫の後ろ姿」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

猫の後ろ姿 2145 ミャンマーを想う

     昨日、クーデターを起こした軍部に対して抗議行動する市民22人が軍の発砲により死亡した。催涙弾・ゴム弾・実弾が市民に襲い掛かった。

遠いミャンマーの地の人々のことを僕は今この日本で想っている。

 

     先日、ミャンマーのこの戦いの中に大切なものを見た。

 

 

 ひとりの女子学生が軍に撃たれ、運ばれている姿を描いた大きな絵が次の日のデモで高々と掲げられた。怒りと希望と願いがこの絵には込められている。            ここに本物の命を懸けた絵が存在する。

猫の後ろ姿 2144 久保田万太郎の句を借りて

 

   雪かぶる不二におどろく二月かな   久保田万太郎

 立春も過ぎて、本当に微かにですが春の兆しが感じられるようになりました。


   春立てりあかつき闇のほぐれつゝ
   旧正の日がさして来て山身近(みぢか)


 今年の旧正月は2月12日だったそうですが、久保田万太郎は旧正月をこのように詠んでいます。

 二月という月は春の予兆の月ですが、寒さも極まり、生命の衰えの月でもあります。


   人のよく死ぬ二月また来りけり
   また一人ふえし二月の仏かな


 季節と人事の移り行きを僕は久保田万太郎の句を読むことで味わいなおしています。




 

猫の後ろ姿 2143 朝日歌壇 死を想う

24日の朝日歌壇を読む。人の死を主題とする歌に、深い思いを感じる。

襁褓(むつき)してコロナ重症者らを看護するとう夜勤看護士
                                                     (観音寺市)篠原俊則 高野公彦選
 

半分こする夫逝けり食べ残る蜜柑が匂ふ夜のテーブル
                                                    (一宮市)園部洋子 高野公彦選
 

六歳は柩の中の母に向きこらえつつ言う「死んでないよね」
                                                   (亀岡市)俣野右内 永田和宏選
     

白血病癒えぬを嘆かひ息絶えし炉心近くに働きし友                                                                                                                                       (静岡県)半田 豊 馬場あき子選
 

辺野古には沖縄戦の激戦地の遺骨まじりの土砂埋め立つと
                                                    (名古屋市)福田万里子 馬場あき子選
 

みなさんが思う以上に亡くなった方覚えています介護従事者は
                                                     (横浜市)太田克宏 佐佐木幸綱選

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>