1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-17 22:36:15

猫の後ろ姿 1886 今こそ「リベラル」を

テーマ:ブログ

 

 選挙戦が始まって、自民党・公明党は教育と医療の無料化のことばかりしゃべって、語るべき「憲法」問題については口をつぐんでいる。
 餌を眼の前にぶら下げられて、わが日本国民は彼らを選ぶのか。彼らは政権を取ったら、まず「憲法改正」に手を付けるだろう。公約の中に「憲法改正」が入っているのだから、これは国民が賛成しているのだと強弁するだろう。
 北朝鮮の軍事的暴走を理由に、日本は軍事国家として再編されようとしている。

 今こそ、「リベラル」を! 憲法9条を堅持!
 いかなる権威・権力も認めることなく、誰もがより良く平和に自由に生きることを求めよう。
 軍事ではなく、話し合いでの問題解決を求めよう。

 まずは、今度の選挙では、「リベラル」勢力=護憲党派(立憲民主党・社民党・共産党)の議席がひとつでも多くなるよう、投票しよう。まずはここから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-14 20:35:08

猫の後ろ姿 1885 宮本和歌子『江戸川乱歩作品論』

テーマ:ブログ

 

 宮本和歌子『江戸川乱歩作品論』。 副題は、「一人二役の世界」。

 私、かねてより、「明智小五郎・怪人二十面相」同一人物説をひそかに主張しております。江戸川乱歩の数多い作品の中に登場する一人の人物、ある時は「明智小五郎」として現れ、またある時は「怪人二十面相」として出現するこの人物のことをいつか詳細に語りたいと考えております。
 宮本和歌子さんも、「一人二役の世界」という副題から判断するに、「明智小五郎・怪人二十面相」同一人物説と同様のお考えをお持ちかと期待して読み始めました。
 残念ながら、この本では、「明智小五郎・怪人二十面相」には言及されておられませんが、氏の言われる通り、江戸川乱歩は「一人二役」を好んでおり、多くの作品にこれを見ることが出来ます。

 私は、「一人二役」というこの仕掛けは、正と負、陰と陽などという外面的な対比ではなく、もっとこの人物の「アイデンティティー」の存立そのものに関わる切実な意味合いを持っていたのではないかと考えております。
 「二人」の別の人物を演じることでしか成り立たない「自己同一性」とでもいうべきものが、江戸川乱歩の小説世界にはあるのではないか。
 こんならちもないことをいずれまた詳細に書き記したいと思います。
 今日は、ジャック・ラカンの『二人であることの病い -パラノイアと言語』を読み直して、二人を演じることでしか己れひとりを支えられなかったこの寂しい人物の心を探りたいと考えております。この本のことはまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-13 16:19:30

猫の後ろ姿 1884 「竹と木と布」

テーマ:ブログ

 

 国東半島に住む若い友人夫婦が大分で個展を開く。
 中村靖男君の「竹」と「木」、奈津美さんの「丹波布」を展示する。


 10月15日~21日(19日はお休み)
 「棚元」大分市大手町1-4-5 097-574-7297
 
 初日には二人が在廊します。

 ものづくりを志す二人に声をかけてあげてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。