なにわの美容外科医 ☆なんでも 快・魁・回想録☆

なにわの美容外科医 ☆なんでも 快・魁・回想録☆

こまちクリニック Dr.ふじもとの日々感じたことから美容最新情報まで、情熱いっぱいにお伝えするブログ

久しぶりにブログ書きます。

よく当院の全切開重瞼術の固定方法・位置などについて質問を受けます。


今月の雑誌『形成外科』7月号の特集に当院の全切開重瞼術の詳細を載せています。
医学雑誌ですが、イラストを多用してわかりやすく書いているのでご興味のある方はネットなどで購入して読んでみてください。
(印税は一銭も入らないので、販売の宣伝ではないですよ)

 



3630円もするので買えないとう人は、待合においてありますので、カウンセリングの際にでも、ご自由にお読みください。


一応、簡単に当院の全切開重瞼術について書くと


“自然な”重瞼に求められるものとして
・閉瞼時に組織不足による陥凹のないフラットな眼瞼
・下方視での均等な引き込み
・開瞼動作の初動時に重瞼線から引き込まれるのではなく深部から始まり緩やかに引き込まれていく重瞼線
・睫毛上皮膚が睫毛にかからない適切な引き込み
・厚み感のない重瞼線-眉毛間皮膚
・目立たない切開瘢痕

などがあります。

この条件を満たすように、状態に応じた固定方法を選択します。目頭側と目尻側で固定方法を変えることもよくあります。
ポイントは切開線で引き込むのではなく、結果的に切開線が引き込まれるように重瞼を作成することです。

(詳しくは上記文献を参照ください。)

読んでわからなかったら、カウンセリングの時に聞いてください。詳しく説明します。

また時間があるときに、ブログにも詳しく書いていこうと思いますが、お急ぎの方は文献を参照ください。

久しぶりのブログですが、休診のお詫びをさせていただきます。

 

先週、胃腸の調子が悪く徐々に増悪していたため、手術予定の患者さんには申し訳なかったのですが、早退し近所の市立病院の救急外来を受診させていただきました。受診時には状態がかなり悪化しており立っていることもできず、緊急入院となりました。CTなど詳しく検査していただきイレウス(腸閉塞)という急性の腸疾患でした。

はじめは開腹手術で1-2週間の入院は必須とのことであわてて手術や受診予定の患者さんに延期のご連絡をさせていただきました。

よく調べていただくと、僕の状態であれば薬が効く可能性があるとのことで手術をせず点滴治療をしていただきました。

投薬が著効し、数日で全く症状がなくなり、退院することができました。(自己管理するということで通常より早くしていただけました。)

 

現在、延期のご連絡をさせていただいた方に順次ご連絡をさせていただいております。

 

なお、今回ご迷惑おかけした患者さんの予約の整理がつくまで新規予約は受け付けておりません。再開する場合はTwitterやホームページでご案内させていただきますのでしばらくお待ちください。

 

皆様に大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

 

こまちくりにっく

院長 藤本卓也

今回は、術後の軟膏処置についてお話します。

 

皮膚のはっていない傷は、乾燥させると治りは遅くなり目立つ傷になりやすいので、乾燥させず、ひたひたにふやかさず適度な湿潤環境で治癒させるのがよいとされています。

 

転倒してえぐれた傷などは、湿潤環境にするとしないで痕の残り方が全くかわります。

 

では、手術による縫合創はどうでしょうか?

表皮と表皮がぴったり合っていない隙間のある縫合創では、皮膚欠損部があり湿潤環境にする方がきれいに治ります。

逆にぴったりと隙間のない傷であればすぐに皮膚がつながるので、湿潤環境にした方が少しはましなのですが、そこまで大きくかわりません。

 

美容外科では傷跡を気にされる意識が高い患者さんが大勢おられます。しっかりと理解されていればいいのですが、しっかり塗り込もうと指で力強く塗布したり、塗るときに傷跡が気になるので、重瞼の術後などで思いっきり眉をあげて創部を伸展させながら鏡を見てて塗布したり、傷によくないことを、いいことしていると思ってケアをしている方をよく見かけます。

 

そのため、当院では、時間をかけて密に隙間なく丁寧に縫合しており術後1回の軟膏塗布だけで十分きれいに治癒するため、自宅での軟膏処置は指示しておりませんでした。過剰ケアによる害の方が大きいと判断していました。

 

ですが、患者さんの自己判断で軟膏処置し、海外から取り寄せた軟膏でかぶれたり、軟膏のつけすぎで創部がふやけてたり(over-wet)する方が、最近、増えてきましたので、目元手術後に当院でも術後軟膏処置を指導し、自宅で当院処方の軟膏をつけていただくことといたしました。

 

目元以外の手術では、以前より軟膏ではなく被覆材を用いております。被覆材は瞼に貼付するのが困難なため、軟膏処置とします。

 

軟膏塗布方法

・目元手術翌日から抜糸日朝まで

・1日2回塗布

・綿棒などでそっと優しく塗布し、余剰分は軽くふき取る

・眉あげしたり、指で引いたりして、傷を伸展させない

 

抜糸後については、特に軟膏処置は必要ありません。

乾燥肌の方は普段から使用している保湿剤をまぶたに塗布していただいてもかまいません。術後3ヵ月くらいまでは、傷を引っ張るようなことだけは避けてください。気になるかもしれませんが、毎日、傷を伸ばして鏡をみていると、傷が開いて血が出るということはまずおこりませんが、傷の幅は徐々に太くなっていきます。

 

以上です。

 

当院は12月30日お昼まで

年明けは1月5日より診療を行っています。

 

皆様、良いお年をお迎えください。