Dr.FOOLのブログ

大阪拠点に活動するバンド
Dr.FOOLの公式BLOG登場!!!!


テーマ:


ベースです。

第五回やります。

理由は、録画してたアメトーークのマンガ大好き芸人を見たから。

とても上がりました。

最近ジャンプのイチオシはDr.STONEというマンガなんですが、それも紹介されてて上がりました。

絶対次くるやつやで。

き始めたらまた紹介するやで。


あと理由のひとつに、会う人会う人、マンガブログの事を聞かれるので、少し嬉しいというのもあります。調子乗れるうちに乗っておこう。



ってことです。











1〜4まで書いた感想としては、好きなマンガの事を伝えようとすると長くなり過ぎる。





そして友達に話してる時の様に

話がなー!めっちゃええねん!バリ泣けるで!
読んでみて!!!貸すわー!!!!

では伝わんない。

まぁ紹介してるマンガ全部、話がええからさ。

てゆうか絵のタッチとか表現云々置いといたら、話良いってのに集約されてしまうやん?

だから違う角度で、かつ自分なりに面白さを解析してみようってなると長文になりがちよね。















紹介してるマンガ全部、話がいい。
っていうのをぶち壊そうと思います。

個人的にはある意味面白い。


前回のハガレンはツッコミどころが少ない、完成度の高さがすごい!!!!!

っていうのに対して

ギャグ漫画ではないのに、最初から最後までもうホンマに永遠にツッコミ入れ続けれる作品です。








{31B765DB-5F1D-4886-8AF2-799C0E78EA69}


チキン・クラブ

まずマイナー過ぎて画像検索で1巻ではなくて、2巻の表紙しか出てこない。

そしてチキンとクラブの間のやけに存在感が強い『・』。



もうヤバいニオイするやん。

絵を見て、勘の良い方はお気づきかもしれませんが、聖闘士星矢の車田正美先生のお弟子さんだそうです。


とりあえず紹介を始めます。

この作品は先にまとめを言っておきます

全然おもんないのに、何故か読んでしまう。

最後は何やったらちょっと作者の人柄を知りたくなってしまう。


たまらない作品です。

おもしろくはないです。

たまらないです。



あらすじ

主人公・浪速京三は昼間は学年一の優等生だが、夜は大阪ミナミを仕切る「チキン・クラブ」のヘッドだった!

そんな彼に勝負を挑む不良たちとの熱いバトルが繰り広げられる!




どっかのサイトからまるパクリしてきました。

主人公が優等生やけど、夜はヤンキーっていうやつです。



パッパッと魅力(?)を紹介しましょう







①なんとなく登場人物紹介からたまらない



{97C5BD5E-EF3E-405F-98C1-68C4AC86706E}


まず



登場人物のご紹介!


ヤンキーマンガなのに、登場人物紹介で突然の敬語。

ヤンキーマンガを描いてはいるけど、作者の人柄の良さが顕れています。


そして主人公の京三は何故かヤンキーモードではなくて、優等生モードで描かれているのも、ちょっとブレてない???っていう気持ちになるのも良いです。

ちなみに本人も気付いたのか、その後の紹介は大体ヤンキーモードです。うっかりさんな作者が可愛いくなってきましたね。



主人公は置いときましょう。

左上の青江くん








チキン・クラブ特攻隊長。死亡。








青江くん…







死んでも紹介されてるから、生きてるんじゃね?






って思うやん?

ホンマに死んでるねん。










ワンピースやったらエース死んだ後も、一生登場人物紹介でエース出てきてる感じ。



雑いなって思うやん?

これはな違うねん。

作者が青江くん絶対好きやねん。



その後でな、青江くんに見た目そっくりなやつ出てくるねん。












{EC88E46B-2D86-43F6-998E-B1C834619DBE}





南雲くん。




こんなモヒカンに不釣り合いな程に、綺麗な瞳したやつが2人もおってたまるかよ。

ってなるやん。


おってん。


よっぽど好きやねんで。





ちなみに南雲くんが手に持ってるのは、大阪のボスの証。


これがあれば大抵のヤンキーがボスと認めて、言うことを聞くみたいなやつ。


思いっきり『大阪』って書いてあるやろ。
誰でも分かるくらい大阪の証やねん。

ほんでこれで言うこと聞くヤンキー達、素直過ぎて可愛い。














②何やかんやで続編が出てて、雑さに磨きがかかる。






全11巻で完結した後に6巻くらいの続編が連載されてる。

もうシュール過ぎてさ。オレも魅力伝えれる自信無くなってきたから、あれやねんけどさ。


とりあえず続編の4巻が面白い。から、これだけ説明させてくれ。





まずはチームを作る上で賢い軍師が必要やからと、目を付けられた日向くんの賢さを表したシーン。


どこかのショッピングモールかなんかにおるから、見つけに行こうー言うて見つけた時のもの。


{E6C1BDCD-5CA1-48C9-BE8B-0AC7F0366683}



{CE1C861F-24C7-4428-8F46-13AD38DC32BC}



{D0CD1B7A-7957-4D1C-A2D2-BBC7961362FA}




とりあえず目の前の店に、ヴェルディのカズがおると言ったら、何百人もの人が道を開けて来てくれたって話。


もうツッコまないでおくね。
道の人がフェス並みに詰まっておるとか、萩原くんの『へへ…わかってま』っていう関西弁もツッコまない。




でもオレは理系やからさ。



一応バンドもやってるしさ。









萩原くんの、200メートル離れた街並みにいる人間に、声を届かせる声量。


こちらに着目したい。

ちなみに地図上で確認したところ。

梅田の阪急メンズ館から、堂山の交差点にあるTSUTAYAの前におる人間に話しかけるより、ちょっとだけ短いくらいの感じ。


あと200メートルで障害が一つも無いと仮定して、1分でくる為にはまぁまぁちゃんと走らないとダメです。鬼畜。






お次はクラブに入り浸る、良くないヤンキーグループを追い出すシーンです。




{5BF0AB84-6BD2-42F4-8A41-323AA5871D0F}

{D0163AE5-A201-4679-B053-CBECC06A7228}

{A7E6EDB6-F299-426C-9963-8368B488221F}


みんな通り名で知られる有名ヤンキーみたいに描かれてるやん?







このシーンまで通り名は無くて、ここまでシーンで初めて通り名が登場しました。

読者もおいてけぼりにしちゃう作者の可愛いさです。




通り名がみんなシュールでニヤニヤしました。





























限界。魅力をどう伝えたら良いのか分からない。

短い記事にしようと思ったのに、必要な画像探すんにめちゃめちゃ時間かかった。

でもここまで書いたから。公開しちゃおう。




とにかく僕はシュールさが好きです。


決してこのマンガがおもんないとか、そもそもヤンキーマンガでシュールってどうなんとか、色々思ってないです。

でもホンマに読むなら、友達と2人でツッコミながら読んで欲しいです。作者の方の人となりが気になります。僕は1人で真顔で読んでました。





















今後は


自分がめちゃめちゃ面白いと思ってる作品のみを紹介するようにしていきます。



おやすみなさい。明日も早起き。










何やってんだ。オレ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Dr.FOOLさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。