Dr.FOOLのブログ

大阪拠点に活動するバンド
Dr.FOOLの公式BLOG登場!!!!


テーマ:




お久しぶりです。ベースです。














大変長らくお待たせしました。

1日1マンガのコーナーです。












期間空いた上、嘘つきます。




僕のヒーローアカデミア書くのやめます。

理由は簡潔。

完結していないから。

韻を踏んでいくスターイル。


とゆうのも今ヒロアカ結構おもろいとこ過ぎるんすよ。

でもコミックスやとまあまあ最近のネタバレになってしまうし、そこ省いて魅力説明したくない感じもすごくあって、紹介すんのめちゃめちゃ難しいのよ。

よってやめます。

読みなさい。超おもろいから。

そして当ブログでは多少ネタバレしても大丈夫なように、完結した作品のみを紹介していくことにいたします。悪しからず。


もしヒロアカ更新して欲しい方いたら、すいません。個人的に語り合いましょう。






はい!今回はこちら!!!!!


{A144FEA1-D463-45F2-957A-0ABEC04D176C}


鋼の錬金術師!!!!!!!!

こちらやっていきましょう!!!!!!!!
僕が中学、高校生の時に死ぬ程ハマっていた作品ですね。

ガッシュと続いて、僕の好きなマンガランキングの上位ランカーです。








あらすじ行ってみましょう。

主人公のエドワード・エルリックと、大きな鎧を着た弟の、アルフォンス・エルリックは錬金術師。それも最年少で国家錬金術師という資格をもつ、天才。二つ名は『鋼の錬金術師』


彼等にはある目的があった。

幼い頃、亡くなった母親を蘇らせる為に錬金術を学び、人体錬成を行った過去があるのであった。

しかし、死んだ人間を蘇らせる事は錬金術における最大の禁忌。完璧に見えた彼等の錬成理論は打ち破られ、その代償としてエドワードは左足を、アルフォンスは全身を失ってしまう。エドワードは全身を持っていかれた弟の為、今度は右手を代償にして、アルフォンスの魂を、部屋に置いてあった巨大な鎧に定着させるのであった。

右手左足を失ったエドワードは、この世界で発達している技術である義肢、機械鎧『オートメイル』で補うことになる。


2人の目的は、元の体に戻ること。


その為に、賢者の石という、錬金術の法則を無視して、様々な錬成を行う事が出来る不思議な石を探して旅をしている。









えーまず、このマンガにおける錬金術とは何かを説明しておいた方が分かりやすいので、そちらから説明するわね。






この世界では、錬金術とは1つの学問の事で、物質の構成とか形を変えて別のものにする技術の事。


例えば石炭は、炭素から出来てるから、それを作り変えてダイヤモンドにしたり、鉄の塊を鉄の槍に形成したりとかできちゃいます。


{29A37C37-0EFA-402B-B5F3-E847529A322F}


これはエドが床の石から、石の槍を作ったシーンです。検索したらアニメのんしか出てこなかった。


ただし、勿論0から色んな物が作れる訳じゃなくて、それに見合った代償が必要で、その法則を等価交換の法則といいます。

鉄の槍を作る為には、それに必要な量の鉄の塊がいるし、何も無いところからダイヤモンドは作れないっていった感じです。それを無理に錬成を行うと、リバウンドと言って自分の体が持っていかれたりとかする訳です。エルリック兄弟はとてつも無いリバウンドを食らった訳ですね。


錬金術を行う為には、一般的には錬成陣というものが必要で、その錬成式によって出来る事が変わってくる感じ。

例えば仲間のロイは発火布という、指ぱっちんしたら火花が出るような特殊な布で出来た手袋に、炎の錬成陣を書いてるから、指ぱっちんすることで炎を錬成出来るみたいなね。

普通は床に錬成陣を書いて錬成したりするのが一般的。

{DB7770EE-45C5-4694-8406-1DCF93250BB3}


こんな感じ。
海外のアニオタの行動力凄すぎるよね。

これはなんの錬成陣かな??

成功したのでしょうか。





ともかく

これがこの世界でいう錬金術の基本です。まぁ学問っぽく扱われているけど、こっちの世界でいう魔法みたいなもんよ。










とりあえずアレよね、魅力の説明の前にさ。


これは紹介したいよね。

{512D4DAE-6722-4AEB-A803-4CAAE0162FD7}

はいこれ。

さっき一般的に錬成陣書かないとあかん言うたけど、エドは錬成陣書かなくても手を合わせるだけで錬成出来るんですね。自分自身を錬成陣にしている的な感じなんですよ。普通は無理ですよ。

これは何故そんな事が出来るのか、これは物語の核心に迫るので、とりあえず伏せておきます。


それよりさ、これさ

中学の時とか、真似したよね?

錬成しようとしたよね???

とりあえず地面にバンってやって

トゲトゲ出そうとしたよね?????

してない????????





私はしました。














では魅力を語り始めます。

何回かやって、わかったのだけど過剰書きのが分かりやすいんじゃね?ってなったので項目一つずつ。
ここからネタバレ始まるよ。





















①世界観と設定




このマンガのジャンルはダークファンタジーという括りに入るらしいです。

19世紀の産業革命頃のヨーロッパがモチーフの舞台。だから今ほど建設技術だったり、連絡技術が発達しまくってる訳ではなくてまさに過渡期という感じ。

出てくる機械とかもとってもレトロ。


人の死とか戦争とか、結構重たいような話が出てくるけど、ユーモアがすごく良いバランスで含まれていて、サクサク読めちゃうのも凄い。


そこに錬金術が絡んできて、これが本当に魔法の様な事が出来るってのは先程説明しました。

これがただの魔法。って片付けていたらあまり人気出なかったと思います。

面白いのは魔法の様な錬金術が、学問として確立している世界ということ。




くっ…この魔法…でかい…!!!!
オレの魔力は残りわずか…!!!
返せるのか…!!!!

いや、返してみせる!!!
くらえ!!!!!!!

ウルトラファイヤーファイナルスーパーノヴァ!!!!!!!!



みたいな事は起きないんですね。


魔力の源はなに??とか

そもそも魔力ってなに??とか

ウルトラファイヤーファイナルスーパーノヴァって名前ダサくない??とか








ツッコミが少ないんです。

さっきも登場した、等価交換の法則は商業とかでも使われるしね。その他、等価交換の中に、質量保存の法則ってのがあって、これは物理法則としてもあるしね。




学問として確立してる故に必殺技とかないし、水からは水しか作れない、10キロの物からは10キロの物しか作れない、当たり前の法則。

これで世の中回ってますよーって言うやつ。




もちろんホンマに魔法みたいなもんやねんで?
石を錬成して、一瞬で槍の形にするとか、地面に手をかざして橋を作るとか。


ぶっちゃけ錬成陣ってなにみたいな話もあるやん。


ただその錬金術というものの設定を、細かく考えてあって、それの説明も必要以上に長文になってしまって、読みづらいとかもないんですよ。



読者にひょっとしたら自分も錬金術使える様になるんじゃね?と思わせる力がマンガにあるって感じです。



さすがにハンターハンターの念とか、ナルトの螺旋丸とか、ドラゴンボールのカメハメ波は使えないなぁって思うけど的な。



ファンタジーの世界でありながら、何故かリアリティを感じる事が出来ることが、人気の一つかと思われます。

ちなみに等価交換は物語の1番最初に出てきて、最終話でもエドが幼馴染のヒロイン店ウィンリィに、等価交換の話をしてますね。ニヤニヤしてしまったあの名シーン。是非見て下さい。


















②綿密に作り込まれたストーリー



これ特に週間マンガあるあるな部分あるんですけど、連載開始時に物語の終わりを決めていないから、終わるまでにちょっとした無理があったり、矛盾があったりするんですよ。




前に紹介きたガッシュとかでも、最後クリア倒す時に、なんで全員の術使えたんとか、能力関係とかの矛盾も多いです。


さっき出てきたハンターハンターの冨樫先生は、自分が作ったキャラがしたい様にさせるから、誰が死ぬか生きるかも分からんって、単行本の中で言ってました。



もちろん全ての週間マンガがそうであるとは思わないし、それで出来ているハンターハンターも名作だけど、これは結構あるあるな部分あるんですよ。



ちなみにジョジョはもうこれが気持ち良いくらいに矛盾とか起こりまくるんで、他のマンガで矛盾が発生した時は、ジョジョ現象と呼んでいます。

ちなみに今ググったらNAVERまとめでジョジョの矛盾をどういうことか解釈する記事が上がってたんで、僕の気持ちは間違えてなかった。





話を戻します。

ハガレンはこれが無い。

無いと言って過言ではない。

唯一あるのは第1話でアルが錬成陣に触れてない事くらいだと思われます。能力関係ですね。



とにかくストーリーが本当に震えるくらい綿密に作り込まれてる。

さっきの設定とかもそうだけど、とにかく細かく考えられてる。


ひとつネタバレを!



エド達が暮らしているアメストリス国から東に大昔にあった国が、完全な人間を作ろうとしたら、国中の人達が全員消えたというおとぎ話があります。これは5巻でエドとアルが寝る前、寝室で話してるシーンがあります。ちなみそんなに大きな枠で話してる訳ではなくかなりサラサラっと飛ばしちゃうくらいの感じで書いてます。



さらに、先程出てきた賢者の石を作るには、実は人間の命が必要という事が、このシーンから後に分かります。



そしてその話からかなり後に、この物語の大ボス、ホムンクルスの親玉であるお父様が肉体を手に入れて、賢者の石を作る為に、クセルクセスという国を丸ごと錬成陣にして、国の人間全て材料にしたっていうことも判明します。これの触りに触れるシーンが13巻。


つまりエドとアルが話していたおとぎ話はおとぎ話ではなく、実はこのクセルクセスで起きた物語の根幹に触れる重要な話だったのでした。




月間連載だったので、5巻の発売から13巻の発売までは約3年のスパンがあります。



3年前のそんな小さなコマの話覚えてますか?









覚えてないよね!!!!!!







でも!!?

13巻発売されました!!!

読み終わりました!!!!







この機会にストーリーおさらいしようと思って、1巻から読み直してて!!?






5巻でこの話出てきたら!!?








うおおおおおおお!!!!!これお前!!!あれやんけ!!!!!!クセルクセスの話ちゃいますのん!!!!!?????

ってテンション上がってしまうよね。

てな具合です。

こういうのが色んな所に散りばめられていて、最終巻まで読んでから読み返すとえらいこっちゃになりますよ。


ストーリーがとにかくしっかりしてるので、成せた技ということです。





また、ストーリーを書く上での取材をしっかりとされていて、15巻は丸々過去に起きた戦争の回想シーンなんですが、本当にこちらの気分が重くなるくらい悲しいお話なんです。

このリアリティは、作者が第二次大戦の経験者に一人一人取材をお願いしたそうで、架空の話とはいえ、戦争の悲しさが軍人、軍医、一般市民それぞれの目線で描かれています。


①の設定の細かさに加えて、こういう部分でもリアリティが増しているのだと思われます。














③完結している。




いや、お前そういう漫画しか紹介せえへん言ったやん。

はいその通り。

ただ僕が言いたいのはそこではない。





全27巻。

これです。










ジャンプ信者である僕ですが、唯一批判しているのは人気漫画の連載引き伸ばし説。スラムダンクは除く。

これは真偽の程は定かではないですが。




ワンピースとか、超面白いし、長期連載してる上でストーリーの質を落とさずやっていてすごいなと思うけど、今から全巻買い集めるの大変じゃないですか。
※でも全巻持ってます





某高校生死神マンガとか超面白かったのに、引き伸ばし感すごくて、後半ダレてたじゃないですか。
※でも全巻持ってます









とにかく長期になってダレるパターンもあるし、面白いのに集めるの大変っていう弊害も出てくるじゃないですか。








これがハガレンは27巻。
状態の良い中古で10,000円あれば余裕で買える、状態問わなければ、5000円クラスのもあるんです。




とにかく無駄がなく、すぐに読める冊数で、面白い。深い。泣ける。


これも凄い事の一つだと思います。

今回はあえて省きましたが名シーン、多いです。
















④絵が綺麗




っていうか僕はこの絵が超好き。
背景とか細かいし、戦闘シーンもスピード感も、迫力もあります。キャラの魅力もすごい。

荒川弘というペンネームではありますが、女性の作者でここまでのバトル物で成功されたのは、荒川先生くらいではないでしょうか。



以上。















ハガレンまとめます。

















世界観とストーリーがとても細かく作り込まれていて、ファンタジー物なのにリアリティがすごい。そして全27巻というサクサク読める話数に全てを詰め込んでいます。


そして絵が綺麗。





今年の12月に実写化されますが、実写化反対の僕もこれは見に行ってみます。

配役がどうとかじゃなく、ハガレンの魅力を伝えれているかどうか確かめてきます。

どなたか見に行きましょう。


















このブログの締め、

ライブ告知。




{5E735A6E-D745-4583-B9C9-2D4A3D759AE8}
{489181F5-821D-4BA6-815C-9AC56D37D24E}





今回のオヌヌメはこれ。
太陽ロックフェス。


北摂のライブハウスが協力して作った今年初開催のフェスです。







1番熱い時間帯に、1番熱いライブします。

チケット前売り販売ライブハウスでもしてるし、イープラスでも買えるし、メンバーに行く旨伝えてくれてもなんとかします。








よろしくお願いします!!!


おやすみなさい!!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Dr.FOOLさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。