Dr.FOOLのブログ

大阪拠点に活動するバンド
Dr.FOOLの公式BLOG登場!!!!


テーマ:

毎度、ベースです。

この1日1マンガ第三回です。

第三回にして分かった事があるんですけど、漫画好き過ぎて、文章長くなりがち&後半熱くなって文章の乱れが目立つ。



長文になるのは許容範囲内。


素晴らしい漫画程、1つの魅力に留まらず、様々な魅力を内包しているから、これは仕方ない部分があるんじゃないか、と思うんです。



ただ文章の乱れは、良くないですね。



美しい日本語、正しい接続詞、リズム感溢れる句読点、読み易い改行。


この辺りをしっかりと、後半になっても、意識していきたいと思います。





因みに、私個人の意見なので、賛否あると思いますが、(笑)(泣)であるとか、wwwwであるとか、そういう記号を使うのは好きではありません。

勿論、SNSであるブログでの文章に対して、こういう事を言うのは、どうかと思うし、僕自身は文字書きでもなんでもない、ただのバンドマンではあるので、だから何、と言ったことはないのですけど。

(笑)や、wwwwという記号無しで、気持ちや情景を表現をする。

これこそが文章を書く上で、先人達が苦労して、何度も書き直し、切磋琢磨して、残してきた偉業なのではないか、と思います。。


ちなみに!や、?は、太宰治先生も多用されておりますので、こちらは記号の中でもセーフ。という認識ですので悪しからず。



僕がこういう類の文章を書くと、句読点、とくに点が多いのは、太宰作品の脈流、つまりダザイズムを、継承しているからです。






はい、調子乗りましたね。

僕が紹介しているのは、漫画です!!!!!!!


記号もクソもありません!!!絵が載っていますから!!!!


主人公達はその時、その場面に応じて、感情のままに笑い、泣き、怒ります!!!それが絵になっています!!!!!!!


因みに太宰作品が好きなのは本当です。小説も良いものですよ。






















はいはい!第三回!!!!
今回ご紹介するのはこちらーーー!!!!

{35AE8AF9-4BC5-45C9-A414-0E29E333843A}



ポップなものを紹介するつもりでしたが、やっぱりこいつは書かせてくれ。と思って先にこいつ書きます。







金色のガッシュ‼︎

ジャンプ作品以外からも行きましょう!!!


こちらは私が中学生の頃に連載開始した作品ですね。



ギターのずんちゃんとは幼稚園からの付き合いで、中学の頃からもよく遊んでいたんですけど、当時彼が貸してくれた漫画です。そっから僕も買い集めましたね。



ジャンルとしてはギャグバトル漫画から、段々シリアスな展開にになっていった感じですね。








あらすじ

主人公の清麿は、IQ190の天才。そんな清麿の元に突然、ガッシュ・ベルと名乗る子供が現れた。
ガッシュは、イギリスのとある森で傷を負い、倒れているところを、現地で考古学を研究する清麿の父親に助けられ、その恩返しの為に日本に来たと言う。
清麿の父親と出会うまでの記憶は無くしており、唯一持っていたのは、赤い本。清麿がその本の呪文を叫ぶ事で、電撃を発するガッシュを、最初は危険視していたが、ガッシュに助けられたり、共に銀行強盗を制圧する内に、徐々に打ち解ける。


そんな2人の前に同じ様な本を持った子供と、そのパートナーが続々と現れる。実は、ガッシュは1000年に一度、魔界の王を決める戦いに選ばれた、100人の魔物の子の1人だった。戦いは時間を追うごとに激化していき、その中で戦いを強要されていた魔物の子、コルルと出会う。その出会いを機に、ガッシュは『やさしい王様』になることを決意する。そして清麿と共に、王の座をかけた戦いに身を投じていく。













あらすじ、長いね。





この作品の素晴らしいところはさっき言ったように、場面に応じて、感情のままに笑い、泣き、怒る。これが一番よく表現されています。



主人公のガッシュはとにかくよく泣きます。とにかく泣きっぱなし。それと同じくらいよく笑います。



感情がとても豊かなんですね。



ガッシュは、自分ではなく、友達が酷い目にあっていても泣きます。そして、その逆行に立ち向かいます。

優しいんです。







第1話の名シーンがこちら。

{310FBF8E-5B50-4444-B7A1-DD9DF54DD355}




主人公清麿は天才であるがゆえに、周りから妬まれ、イジメを受け、不登校になっていました。ガッシュはそんな清麿に友達を作る為、学校へ侵入します。



そんなガッシュを疎ましく思う清麿は、ガッシュを騙し、後から自分も加勢に行くからと、カツアゲ常習犯の不良生徒が根城にしている屋上へと仕向けます。清麿が来ると信じているガッシュは、1人不良と戦い続けます。



当然、力の差は歴然。ボコボコにされるガッシュ。それを陰から見て、早く騙されたと気付いて逃げろ、と様子を伺う清麿。



追い打ちを掛けるように、『清麿はもう学校に来なくていい、誰も来て欲しいなんて思う奴はいない』と、不良がガッシュを囃し立てます。









それでもガッシュはこう言う訳ですね。










清麿が変わったんじゃない!!!
清麿を見る友達の目が変わったんだ!!!
清麿が実際何をした!!?
今日、学校に来た清麿が何をした!!?
おまえのように誰かを傷つけたか!?
おまえみたいに弱い者から金を奪ったか!!?
学校に来なくていいのはおまえの方だ!!でくのぼう‼︎!
これ以上私の友達を侮辱してみろ‼︎!
お前のその口、切りさいてくれるぞ‼︎!







これはね〜〜〜もう読んで、しゅごいから。











































ほんでね、もうわかった。
読み返して、もう、ホンマわかった。


第三回にして、これ、言うてもうたらあれやけど







































読んで。マジで。





ガッシュは、もうホンマあれ。
言葉では説明できんよ。魅力を。
ドラゴンボールと、電影少女は割と面白おかしく説明出来たと思うねん。













ただな、ガッシュは無理や。

上の画像見てもろたら分かる様に、雷句誠先生のあの重さ?っていうんかな、集中線の使い方?
とかね、もうすごいの。しかもこの後、熱いマンガで終わるんじゃなくて、この第1話はちゃんと笑いで締めれるんよ。この後を笑いで締めるんとかー、無理やと思うやん?これが笑いで締めれるんですよーーーーーー雷句誠先生本当にすごい。てゆうかこんな可愛い見た目のキャラクターで熱いことやるって発想もないやね!?普通わね!?もっとがたい良い男同士とかならあれやけど!?!?ほんで出てくるキャラクターみんな個性的で魅力的で、あれやねん!!!!!これは言葉では無理や。言葉では無理な作品や。でもな、これだけは言える。ホンマに泣けるから。友達の魔物が消えるところ、毎回泣けるから。バリーが消えるところとか、ウォンレイ消えるところとか、ウマゴン消えるところとか。ナゾナゾ博士のところも泣けたなー。あとダニーのんとか短編やったけど泣けるよね?キャンチョメも良いよねーーーーーーーーフォルゴレかっこよすぎかよーーーーーーーーくっそーーーーーーーーーーーーあーーーーーマジで泣ける。でもちゃんとギャグとかもおもろいし、無敵???????なにこれ??????無敵のマンガ????????























































取り乱しました。すいません。
雑い上に、早速ですが、本日のまとめいきます。






金色のガッシュ!!の魅力は、一度読んでみないと伝わらない。

100人の中から1人になるまで勝ち抜くという、少年マンガにありきたりなストーリーを、ありきたりでなく、時にユーモラスに、時に熱く、時に泣ける。

そして、これを表現するにはマンガでないとダメだった。

読み手にそう思わせる、21世紀のマンガ史で、稀に見る、素晴らしい作品。




こちらが今日のまとめですね。

説明します。




前回紹介した電影少女。

これを仮に、小説にしたとしましょう。



8割方良さが伝わると思います。






前々回紹介したドラゴンボール。

こちらも仮に、小説にしたとしましょう。


2割も面白さ伝わらないでしょう。

でも、おそらく同じ内容で読み手には伝わるし、同じ内容のブログは書けると思います。修行しすぎブログ。








今回の、金色のガッシュ‼︎

もし小説にしたとしたら、きっと面白いものになると思います。物語が良いしね。


しかし伝わる魅力は、1割以下でしょう。
そして読み手は、マンガと同じ内容だと受けとるが出来ないでしょう。









つまり、ガッシュは絵と物語、文章との親和性が極めて高いのです。









小説にしてしまったら作品が変わってしまう程、マンガという文化そのものを体現した、素晴らしい作品だと言うことですね。

物語の素晴らしさ、そして絵の表現としての素晴らしさ。マンガ、かくあるべしと言う作品です。















ちなみに絵柄だけで言えば、好きな絵柄ではありません。絵柄で言えばBLEACHとかの方が好きです。斑目一角が一番かっこいいです。



ただ、絵柄が好きでなくても、この物語で、この言葉、このコマ割りを選ぶのであれば、この絵柄でないといけない。





そう思えます。









ガッシュ、死ぬ程ベタ褒めブログになってしまった。


僕が泣けると思うシーンを紹介していきたいところですが、このブログを読んで、ガッシュ読んでくれて方がいたのなら、紹介してみたいと思います。

何せ今回のは文字で伝わる魅力、あんま伝えれてないもんね。

とにかく泣けるよ。良い物語です。
騙されたと思って読んでみてください。









次回予告。

ポップな記事を書きたいけど、結局ドラゴンボールの記事が一番読まれてるので、『NARUTO』とか、『ジョジョの奇妙な冒険』とか、『進撃の巨人』とか、王道マンガをしばらく攻めてみたいと思う反面、そんなの世の中いっぱい出回ってるから、『銀牙ー流れ星 銀ー』とかそんなんも良いかもしれない。ていうか昔の作品は面白い上に、ツッコミ所が多くて、紹介するの楽しいと気付いた。






でも、次回は『僕のヒーローアカデミア』を紹介しようと思う。


私が来た!!!



 

















はい。いつものやつ、いきます。

ワンマンやります。

{EF806C04-48CD-4FC8-B6A7-323542579804}

めちゃめちゃ軽いノリで発表してるし
めちゃめちゃ軽いノリで宣伝してるっぽいやろ?















結構、一大事ですからね。

お願いします。来てください。

絶対、楽しいからさ。

楽しませるからさ。




前回のブログでも言ったけど、去年のワンマンとはちょっと意味合い違うからさ。その理由は、当日話すよ。






次のライブはこれ。

{9E80BB45-81A3-456E-95D3-B5D1363F19FB}

大好きスリクエ企画、大阪編。
ゆーの対バンも激アツ。


両日とも、お待ちしております。




あでゅ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Dr.FOOLさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。