怖い話します(選集)

怖い話します(選集)

ここはまとめサイトではなく、話はすべて自分が書いたものです。
場所は都内某所にある怪談ルーム、そこに来た人たちが語った内容 す。

※ このブログでコメント等にはお返事できません。
お手間ですが、「怖い話します(本館)」のほうへおいでください。

諸事情により、しばらくブログをお休みします。
転載、転用、改作等はお断りします。



今回はこういうお題でいきます。何のジャンルに入るのか
難しいですが、いちおう「怖い日本史」にしておきます。さて、
みなさんはお気づきになられたと思いますが、狐と密造酒、
どちらも宮沢賢治の作品に出てきます。『雪渡り』は大正10年に
発表された童話で、生涯に賢治が唯一の原稿料を手にした作品。

狐の幻燈会に招待された子どもたちと子狐たちの交流を
描いた内容です。雪渡りは、積もった雪が低温で固くなり、
どこまでも歩いて渡れる状態のこと。雪の降り積もった日、
四郎とかん子の兄妹が野原に遊びにいき、森で狐をからかう
歌を歌っていると、ほんとうに狐がやってくる。



狐の紺三郎が二人に黍団子をすすめるが、かん子がつい、
狐の団子は兎のくそと失言する。それを聞いた紺三郎は
気を悪くし、嘘つきは人間の大人のほうであると主張して、
それを説明するための幻燈会に二人を招待する。
幻燈会はスライドを使った今の映画会のようなもので、

学校の行事としてあったようです。スクリーンに
「お酒のむべからず」と字が映し出され、村人2人が酔って
野原で変な物を食べている2枚の証拠写真が映し出される。
それから幻燈会が中休みになり、かわいい狐の女の子が
黍団子を二人の前に持ってくる。



2人は団子を食べるのをためらい、また気まずい雰囲気となるが、
四郎は紺三郎がだますはずがないと結論し、2人は団子を
平らげる。団子はおいしく、狐たちは信用してもらえた事に
感激し、狐の生徒はどんなときでも嘘はつかず、盗まないという
歌を歌って聞かせてくれる・・・こんなお話でした。

いっぽう、『税務署長の冒険』は宮沢賢治の作品の中では異色で、
中編に近い長さがあり、内容も童話とは言いにくいものです。
賢治が大正12年頃に書いたものとみられており、
サスペンスタッチが取り入れられていて、



村ぐるみで酒の密造を行う村人たちと、それを摘発しようとする
税務署長の攻防が描かれます。長くなるので筋は書きませんが、
賢治の作品は著作権が切れており、ネットの青空文庫などで
ほとんど読めるので、興味を持たれた方は探してみてください。

で、この作品、最初は完全なフィクションとみられていたんですが、
研究家により、1923年(大正12年)に、岩手県湯田村
(現 西和賀町)で濁密の取り締まりにあたっていた花巻税務署の
税務属が、住民に半殺しに会う事件が起きていたことがわかります。
賢治の作品は、この事件をタイムリーに反映したものだったんです。

摘発された密造酒
キャプチャddd

当時の密造酒は、どぶろくを自家用につくるくらいは見逃されて
いましたが、さすがに村ぐるみで清酒の製造まで行っては
摘発の対象になります。1875年(明治8年)に日本初の
近代的な酒税法が策定された後、酒税法の整備にともなって、
自家製像酒に対する制限が強化されるようになっていきます。

ただ、密造酒摘発は警察ではなく税務署の仕事とされ、日本各地で
農民の抵抗は大きく、あちこちで税務署員が殉職・遭難するなどの
トラブルが起きています。賢治が書いた花巻の事件も、
そんな中の一つだったわけですね。

現在は制限がゆるくなったドブロク
キャプチャsd

さて、狐や狸が人を化かすという話がありますね。奈良時代ころから
文献に出てきますので、古くからそう信じられていたのは確かですが、
明治になって「村人は狐や狸によく化かされるのに、政府のお雇いで
来た外国人は化かされることがなかった」と言われました。

これ、どういうことなんでしょうか。自分は、上記した密造酒と
関係があるものと見ています。明治時代に日本に来た外国人は
クラーク博士のような指導的な立場の人で、一定の知識技術と
教養を持っていました。まして発展途上中の異国の地で、
酒を勧められても、泥酔するようなことはなかったでしょう。



これに対し、村人が密造酒を飲んで酔っ払う、それでふらふらと
村内をさまよって肥溜に落ちたり、山中に迷い込んでいったりする。
また、団子と思って馬糞を食べてしまう。しかし、密造酒で酔った
とは言えず、狐や狸に化かされたとする。

それで八方が丸く収まるわけです。自分の考えでは、酒類の製造が
自由だった明治以前はともかく、酒税法公布以降は、
酒を飲んでの失態が、狐や狸のせいにされたという側面が大きかった。
賢治も、もちろんそのことは知っていたわけです。

キャプチャddddf

ですから、『雪渡り』と『税務署長の冒険』にはつながりがあります。
『雪渡り』の中で、狐の幻燈会で「お酒のむべからず」が
映されるのは、おそらく賢治の皮肉なんでしょう。その後、密造酒の
実際の事件が起き、それをテーマに『税務署長の冒険』が書かれた。

さてさて、ということで、昔から化かすという言い伝えがあった
狐と狸が、村人が泥酔して起こす珍事件の隠れ蓑にされていたと
考えることができそうですよね。賢治は、密造酒にというより、
狐のせいにされているのが不満だったんでしょう。
では、今回はこのへんで。









 

ここ

変な題名ですが、今回はこういうお話をしていきます。
カテゴリは妖怪談義に入るでしょうか。さて、1994年の
スタジオジブリ映画に『平成狸合戦ぽんぽこ』というのが
ありました。昭和40年代、多くの狸たちが平和に
暮らしていた多摩丘陵に、多摩ニュータウン開発計画による

山や森の破壊が迫っていた。ある日、多摩の狸たちは
結集し、総会を開いて開発阻止を決議する・・・
だいたいこんな内容でしたね。なかなか面白かったと思います。
人間が社会生活を営んでいるのと同様、

金長狸の像


狸や狐にはそれぞれの社会があり、その一部は人間の領域と
重なっている。「阿波狸合戦」という話があります。
これは江戸時代末期、阿波国(後の徳島県)で起きたという
タヌキたちの大戦争の伝説です。金長狸と六衛門狸を
それぞれの長として争いになった。

この場合、狸たち同士での戦いだったわけですが、人間が
起こした戦争に狸や狐が加わることもあったようです。
どっちの話からいきましょうか。まず狐のほうからにしましょうか。
幕末のことです。1853年、アメリカ、ペリー提督が
率いる艦隊、俗に言う黒船が日本に来航しました。



その後、日本は西洋列強国と次々に条約を結ばせられることに
なりますが、この時期、コレラが大流行します。安政五カ国条約が
結ばれた1858年から3年にわたって全国に蔓延し、
「安政コレラ」と呼ばれました。

江戸だけで10万人が死亡したとされます。この流行は長崎から
始まったので、明らかに外国船が持ち込んだものです。
で、このとき、江戸市中には奇妙な噂が流れたんですね。
どういうものかというと、「千年もぐら」という妖怪が
外国からやってきて、コレラをまき散らしている。

キャプチャaaaad

千年もぐらは、アメリカ狐とも呼ばれました。アメリカ国が
日本を征服する加勢として、アメリカの狐千匹が日本に
やってきたというわけです。で、日本の狐たちが一致団結して
アメリカ狐を追い払おうとします。こんな話が残ってます。

浅草に、木綿屋で下働きをしているフユという女性がいた。
このフユが、木綿屋に仕事に出てまもなく、急に背中や脇腹が
痛みだし家に戻ります。夫の音次郎は知らせを聞いて
すぐ医者を呼び、医者は薬を飲ませようとしますが、フユは
飲もうとせず、かわりに何か食べさせてくれと言う。

黒船
キャプaaasd

変に思った医者がわけを聞くと、ふだんのフユとはまったく
別人のような調子で「自分は薩摩からやってきた狐である。
アメリカに加勢してアメリカ狐がやってくるという話を
聞いたので偵察しに来たのだが、遠路旅してきたので
腹が減って動けなくなり、しかたなくこの女にとり憑いたのだ」

さすがに信じられない内容でしたが、飯を与えるとぺろりと
平らげ、その後、深い眠りに落ちてしまった。目が覚めたときには
もとに戻っていた・・・だいたいこんなお話です。興味深い
ですよね。日本の狐とアメリカ狐の戦争、最終的に
どっちが勝ったんでしょうか。

キャプチャ

次は狸の話です。日露戦争は11904年(明治37年)から
翌年にかけて行われました。この戦争には、日本の狸が
自主的に参加していたんです。香川県高松市の「浄願寺の禿狸」や
愛媛県今治市にいた「梅の木狸」などが一族を率いて
ロシアにまで出征していた。

これも奇妙な話です。狸の戦い方はその化ける能力を活用する
もので、たくさんの狸がいっせいに並んで山を作る。で、
そこにロシア兵の隊が登ってくると一気に山をひっくり返す。
また、狸の軍隊は日本兵とは違う軍服を着ていて、

キャプチャwwwwe

それは赤で、胸に「○に喜の字」の紋章がついていた。
この兵隊は弾があたってもまったく平気でどんどん前進してくる。
さらにこの兵隊を狙撃しようとすると目がくらむ。どうにも
戦いようがない、とロシア将兵の手記に出てくるんだそうです。
なかなか面白いですね。

日露戦争は、ロシア革命もあり、多大な犠牲を出して日本が
なんとか勝ちましたが、十分な賠償がとれなかったこともあり、
国内の不満も高まりました。このとき、従軍していた狸たちも
日本に凱旋し、提灯行列をしたという話も残っています。

日露戦争
キャプチャsderrrrr

ただ、これらの狸や狐は、その40年後の太平洋戦争には
参加しなかったようです。そういう記録は残っていません。
ただし、日本が敗戦し、進駐軍が占領しにくると、
アメリカ兵が夜の街で狸に化かされたといった話はあります。

さてさて、ということで、狸や狐は、たんに人を化かして
面白がっているだけでなく、国の存亡の危機のときには
立ち上がって戦いに出たわけです。ただまあ、人間への協力
だったのかはわかりません。では、今回はこのへんで。


 

 

 

この間、マンションを買って賃貸から引っ越したんです。
いえ、そんな景気のいい話じゃなく、アラフォーの独身ですので、
この後、年をとってから賃貸の家賃を払い続けられるか不安になったんです。
なるべくセキュリティがしっかりしたところと思って購入したのは、
近県の中古の1LDK、8階の部屋です。
通勤距離は遠くなってしまいましたが、これはしかたないです。
・・・引っ越したことは上司には話しましたが、
同僚には言わないでくださいとお願いしました。面と向かっては
ないでしょうが、陰であれこれ言われるだろうと思ったんです。

引っ越し屋さんに頼んだんですが、荷物は大きいのが布団とテレビ、
冷蔵庫くらいで、4t車一台で済んだんです。土曜の午前から始めて、
午後の早くには大きい物の片付けも終わっていました。
引っ越し業者さんは挨拶の品の販売もしていたのですが、
上下の階は音が響いたりするとは思えない構造でしたので、
両隣の部屋の分を購入して、夕方過ぎにご挨拶に行ったんです。
向かって右側の部屋は在宅されていて、私と同じくらいの年代の女の方でした。
気さくな感じで、これから親しくさせていただけそうな感じがしました。
その方に言われたんです、「左隣の部屋はいないかもしれないよ」って。

話によれば、普段は人が住んでいる様子はなく、
月に数回ほど人がやってくるだけで、
女優さんのようなきれいな女の方ということでした。
男の人の姿はいっさい見たことがないとも言ってました。そのときは、
何か事情があるのだろうくらいで、特に気にも留めなかったんです。
いちおう呼び鈴を押してみましたが、インターホンから
答えは返ってきませんでした。食器類や衣類の整理なども
あったんですが、その日はベッドだけ整えて早く寝ました。翌朝は
気持ちよく晴れた天気ででしたので、リビングからベランダに出てみました。
鳩の害があるということで、ネットが張られていたんですが、
洗濯物を干すのに支障はなさそうでした。

風が強く、遠くのほうに小学校の建物の屋上が見え、8階なんだなと
実感しました。昨晩ごあいさつした右隣の方の部屋はレースのカーテンが
引いてあるのが少し見え、まだお休みかもしれないと思いました。
左隣の部屋のほうは濃い紺色の分厚いカーテンで、
これでは光が入らないだろうなと思いました。
そのとき、なんとなく好奇心を感じたんです。
どうせいないんだから、ちょっとくらい覗いてもわからないだろうって。
いえ、まさか仕切りを乗り越えていったりはしません。
そんな運動神経はないですし、鳩ネットで仕切られているんです。
ちょっと身をのりだして見たくらいですね。

すると、かすかにブーンという音が聞こえたんです。
機械が出す音のように感じました。
よく見るとカーテンが小刻みに震えている部分がありました。
いえ、震えているのはサッシにあたっている部分だけだったので、
サッシ自体が振動しているのかもしれないと思いました。
カーテンの合わせ目のところが少し開いていて、大きな白い物が
あるようでしたが、なんだかはわかりませんでした。
そんなことをしているうち、何となく恥ずかしくなって中に戻りました。
それから2週間ほどは、特に変わったこともなかったんです。ただ
ブーンというかすかな音だけは、ベランダに出るたびに聞こえていました。

木曜日だったと思います。7時半過ぎに部屋に戻り、鍵を開けようとしていたら、
エレベーターホールから曲がって、女の人がこちらに歩いてきたんです。
低い靴をはいていましたが、背が175以上はあり、
すごく痩せていて手足が細く、モデルさんのような体型でした。
顔色は白く、めったに見かけないような大きな黒のサングラスを
かけていました。ほとんど小さな顔の半分を覆うくらいです。
左隣の部屋に入ろうとしましたので、慌てておじぎをし、
「先月、隣に越してきたものです」と言いました。向こうは
少し驚いたように口を開けましたが、ただこくんと頭を下げただけでした。

部屋に入って、前に感じた好奇心がムラムラと頭をもたげてきたんです。
私はあまりテレビは見ないんですが、
女優さんか有名なモデルさんかもしれないと思ったんです。
それですぐ、とっておいた粗品を持って隣の部屋を訪れました。
チャイムを押すとすぐに出てこられたんですが、
わずか数分しかたってないのに、スーツからスエット上下に着替えていて、
しかも相変わらず大きなサングラスをつけていたんです。
玄関からはもう一枚戸があって、中が見えない構造になっていたんですが、
ブーンという音がけっこう大きく聞こえていたんです。
それと「ブハッ、ブハッ」という何かの排気のような音も。

「ありがとうございます。よろしくお願いします」その人はそれだけ言って、
粗品を受け取られ・・・それ以上の話が続きませんでした。
私は窓口業務をしていて口はまわるほうなんですが、会話の
とっかかりがつかめなかったんです。やはり女優さんなのかなと思いました。
でも、それにしては言葉のイントネーションが変な感じもしたんです。
翌日は早くに出て、遅くまで飲み会があり、帰るなりバタンキューでした。

 

そして土曜日、早く起きて洗濯をしベランダに出ました。
興味津々で隣の様子をうかがうと、サッシの一部が開いているようでした。
それに合わせてカーテンもそこだけ開いてて、白い丸いものがあったんです。
ただし、サッシから突き出ているわけではないので、
あまりはっきりは見えませんでした。

衛星放送のアンテナのような形でしたが、それよりはだいぶ大きかったです。
もしかして携帯電話の中継局か何かかとも考えましたが、
普通は屋上などに設置されるものだし、住人にも必ず説明がありますよね。
変だなあ、とは思いましたが、それ以上のことはわかりませんでした。
その後外出して、夕方に戻りました。洗濯物をとりこむときも、
サッシは開いていて、アンテナ状のものが朝より前に突き出していました。

 

その夜です。明日も休みなので、寝室のベッドで遅くまで本を読んでいました。
トイレに行きたくなり、立ち上がってリビングに入りました。
ベランダのほうから「カツン、カツン」と固いものがガラスにあたる音が
聞こえました。明かりをつけ、カーテンを少し引いてみました。

お隣との境目の鳩よけネットに何かがくっついて動いているようでした。
鳥が突っ込んできて嘴があたっているのかと思いました。
それで、外に出てみたんです。すぐに、お隣のネットが
真っ黒に膨らんでいるのがわかりました。何かの生き物が
群がっていたんです。外のほうが町の灯りでよく見えるんです。
鳥ではありませんでした。猿・・・より小さい四つ足のものです。

 

それが鈴なりにお隣のネットに重なり合って張りつき、揺らしていたんです。
隣のアンテナ状のものが大きく突きだしていました。
その群れからこぼれたのか、一匹だけが私のほうのネットの端にきていて、
全身真っ黒な、赤ちゃんの体つきをしていました。
黒人の黒さではなく、夜の闇よりも濃いような黒色でした。

はっきりとは見えませんでしたが、頭の部分には目も鼻も髪もなく、
漏斗のような形をしてとがっていました。それがお隣には
何十匹も群れているんです。「あーっ」と声を出して逃げかけました。
すると、お隣のアンテナの近くにあの女の人が顔を突き出しました。
サングラスをかけたままの顔でこちらを見て、「しーっ」というポーズを

したんです。それからアンテナに何かをしました。

 

群がっていた奇妙なものたちは、羽もないのに いっせいに
ネットを離れて上昇し、一匹もいなくなってしまったんです。
あっという間でした。女の人は顔を引っ込め、
同時にアンテナも下がっていき、サッシが閉まる音がしました。
私は後じさりして部屋に入り、サッシの鍵をかけました。
今見たものが何だったか考えようとしましたが、
ぜんぜんまとまりませんでした。


そのうちに怖くなってきて、着替えて外に出ました。
お隣のドアの前を急いで走りぬけ、エレベーターに乗りました。
時間は2時過ぎでした。通りはまだ車が走っていて、
すぐタクシーを拾うことができました。最寄りの駅に行き、
そこのファストフードの店やコンビニで朝まで過ごしたんです。
朝の9時過ぎにおそるおそるマンションに戻ると、少し離れた

場所に会社名の入っていない大型トラックが停まっていました。


隣に業者?が入っていて、引っ越しの最中のようでした。
私に昨夜のものを見られたから引っ越すんだろうか、そう思いました。
突っ立ったまま見ていると、大きなダンボールが
いくつも運び出されていきました。4人がかりで持つような
重いものばかりで、生活用品には見えませんでした。

これも社名のない作業服の人たちはとても手際がよく、
20分ほどしてあの女の人がサングラス姿で出てきました。
私を見ると軽く頭を下げ「引っ越します。お近づきになった
 ばかりなのに残念です」と棒読みのような声で言い、
「記念に一枚」バッグから奇妙な形のデジカメを取り出して
私を撮ったんです。もちろん抗議しようとしましたが、
女の人は早足で近づいてきて、カメラのストラップをマスコットを
つまんで目の前に差し出したんです。真っ黒な赤ん坊でした・・・
顔が漏斗の形をした。そして、呆然としている私に
軽く頭を下げ、エレベータに歩み去って行ったんです・・・

関連記事 『幕屋』

 

 

 

 

 

 

sss (3)

今回はこういうお題でいきます。仏教の話で、オカルト論ですね。
さて、殺生戒は正式には「不殺生戒」で、字のとおり生き物を
殺してはいけないという戒律です。仏教では五戒と言って、
在家信者が守らなくてはならない重要な戒律が5つあり、
そのうちの一つです。

ここで注意しなくてはならないのは、在家信者とあることです。
僧侶は当然ですが、一般の職業についている信者が守るべき
ものなんです。ちなみに五戒の残りは、不偸盗戒、不邪婬戒、
不妄語戒、不飲酒戒です。これら一つ一つについては、
今回はふれません。

sss (8)

不殺生戒は、「生き物を故意に殺してはならない」です。故意で
なければしかたのないこともありますよね。例えば道を歩いていて
小さな虫を踏み殺してしまうなど。高徳の僧侶の中には、
それも避けようと弟子に自分の通る道を掃かせたという逸話も
ありますが、弟子が踏み殺してるんじゃないでしょうか。

ただ、不殺生は難しいですよね。完全な菜食主義になってしまいます。
そこで日本では、四足の動物以外の魚や鳥は食べられていました。
肉食でしか摂れない必須アミノ酸もありますし、いたしかた
ありません。で、これが厳密に守られていたかというとそうでもなく、

畜生道
sss (1)

ウサギは「匹 ひき」と数えずに「羽 わ」としますが、これは
四足の動物ではないという方便なんです。また、鹿が紅葉、
猪が牡丹などの隠語を使って、けっこう食べられていました。
これらは害獣で、田畑を荒らしますからねえ。

さて、次は畜生道の話にうつります。仏教において、衆生がその業の
結果として輪廻転生する六つの世界である六道の一つです。
その中でも特に、地獄道、餓鬼道、畜生道を三悪趣と言います。
畜生道は、親が子を食べ、兄弟同士が交合する世界とされます。
で、上記の不殺生戒は畜生道と深い関係があるんです。

 

寒山拾得
キャプチャsssd

『沙石集』という仏教説話集があります。鎌倉時代に、無住道暁
という僧が編纂したもので、題名は「沙から金を、石から玉を引き出す」
つまり、日常的な瑣事から仏教の教義を説くといった意味です。
たしか全部で150くらいの話があったと思います。

その中にこういうのが出てきます。中国、唐の時代の僧である寒山
(かんざん)と拾得(じっとく)が、在家の金持ち信者から接待を
受けました。ところが、人々が酒を飲み肉を食べていると
2人はしきりに笑って料理に箸をつけようとしない。
そのため、饗応した主人は気分を害してしまった。

sss (5)

後日、2人が師匠に説明するには、「彼らが食べていた肉は、
畜生道に落ちた親の肉であり、私たちはそれを知らず楽しんでいる
彼らを哀れんで泣いていたのだが、彼らの目には笑っているように
見えたのだろう・・・こんな内容でした。あと、道教的な話に
変えられていますが、芥川龍之介が書いた『杜子春』では、

師の命令で言葉を発しない杜子春に怒った閻魔大王が、畜生道に
落ちた杜子春の両親を連れて来させると、彼の前で鬼たちに
めった打ちにさせ、杜子春はついに「お母さん」と言葉をもらして
しまいます。最後は師が、「あそこで言葉を出さなければ、私が
お前を殺していた」で終わります。

sss (2)

あと、上田秋成の『雨月物語』に、「夢応の鯉魚」という話があり、
興義という高僧がいて、鯉の絵を描くのが大変上手だった。
あるとき病気になり息絶えてしまったが、少しだけ体が温かかった。
そこで火葬せずそのままにしていると、3日たって生き返った。
そして「自分は鯉になって大きな池を自在に泳いでいたが、

漁師に釣り上げられてしまった。その漁師は檀家の平の助という
人に鯉を売り、膾に料理されてしまった。今、宴会をしてるだろうから
見てこい」と弟子に言った・・・出家した僧は本来、魚も
不殺生戒で食べることができず、精進料理が発達したわけです。
現在のお坊さんはどうでしょうか。

sss (4)

さて、最後にオカルト話を。昔の見世物に「親の因果が子に
報い・・・」という口上があり、蛇捕りをしていた男に娘が
生まれたが、体に鱗のある蛇女になったなどの話が語られます。
親が犯した殺生の罪が、子どもにまで影響を与える。

で、これ、妖怪?の「牛女」と関係があるんです。件(くだん)
という妖怪は、体が牛で顔が人間、生まれ出ると人語を話し、
近い将来に起きる凶事を予言するとされました。その逆、
体が人間で頭が牛というのが牛女なんですが、太平洋戦争末期、
兵庫県、六甲山の近くで焼け跡をあさっているのが目撃された

これは牛女ではなく件  この話は現代の神戸ビーフまでつながってます
sss (6)

という怪談があります。じつは差別に関わる内容で、あまり
取り上げにくいものなんですね。西宮にあった牛馬の屠殺業者
の家に牛頭の娘が生まれ、座敷牢に入れられていたが空襲で
逃げ出した。そういうたちの悪い噂に、件の予言の話が混ざって
できたものだろうと自分は推測しています。

さてさて、ということで、不殺生戒と畜生道の関係について
見てきました。このあたりのことは、現代の仏教僧では、
ただのお話としてしかとらえてない人が多いんですよね。
では、今回はこのへんで。