GOLDEN ROCK TOURS 2017

世界一周を夢見た男のblog


テーマ:
とりあえず工事が延びた。
一週間延びて今日、7/30からスタート。
朝の7:30から挨拶まわりとお払い、お清め。
手続きも完了、カギも手に入れたし。
土曜日から毎週工事に参加します。

町家の予算とか、手続きとか、
補助金の事も書こうと思うけど
とりあえず日々新しくなる予定の
我が家のビフォーを載せてみます。
これがどうなるんだろう。

京町家を買って改修する男のblog-げんかんかべ

なんやしらんけど玄関にトイレがあったらしい。
どうゆう状態だったんだ。

京町家を買って改修する男のblog-じゃり

土間っていうか砂利。

京町家を買って改修する男のblog-はり

梁もこんな感じ。

京町家を買って改修する男のblog-シール

子供のシールっぽいけどもうこれ本人もおっさんなんだろう。

京町家を買って改修する男のblog-かいだん

階段も壊れてるし。

京町家を買って改修する男のblog-おしいれかべ

押し入れの壁もゾッとするし。


京町家を買って改修する男のblog-かべあっぷ

室内壁やばい。

京町家を買って改修する男のblog-朽ちかべ

朽ちてる。

京町家を買って改修する男のblog-新聞かべ

壁の新聞。いつのだか分からなかった。

京町家を買って改修する男のblog-きっちんかべ

ここが一番広い壁

京町家を買って改修する男のblog-かべのうえ

まだいい方。

京町家を買って改修する男のblog-かべ

かべ。

京町家を買って改修する男のblog-たたみ

畳は表替えだけでいけるそう。
中の藁の芯みたいのが今は少ないらしい。

京町家を買って改修する男のblog-やね

屋根の板は細かいのが沢山。
大正ぐらいのやり方みたい。
断熱材を入れるのでこれは見れなくなる。

京町家を買って改修する男のblog-にわ

庭。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
町家が欲しくて色々見てたんだけど、あまり知識も無くて。ギターが欲しいけどレスポールがいいのかストキャスがいいのか。ベルクロがいいのかスリッパがいいのかって感じ。
それで工務店さんに連れて行ってもらった家が気に入ったので、今の我が家はこの家がベースになってると言っても過言じゃない。

京町家を買って改修する男のblog-外人の家

金持ちの外人が仕事で日本に来るときのセカンドハウスにしてる家で、西陣にある。でも西陣の真ん中あたりって似たような路地に似たような家が並んでてこれが何処なんだかもう分からない。いい木を使ってお金かけて改装してるけど、基本的に作りは一緒。玄関から庭まで土間がつながってて、その横に部屋が三室。二階は天井が低くて奥の方は吹き抜けが多い。その吹き抜けの所に機織りの機械があって昔は西陣織を作っていた。織屋さんの織機があった、土間の工場と職住一体が織屋建て。

京町家を買って改修する男のblog-おりや

その後に楽町・楽座っていうイベントで偶然見せてもらった織屋建て。この剥きだしの梁の感じに吹き抜けの開放感。これぞって感じ。昔は土間の工場だった所を居間にするのが主流っぽい。

京町家を買って改修する男のblog-おりやキッチン

そしてこのキッチンの火袋。天井を上まで抜いて防火対策?煙を逃がすっていうか、この吹き抜けが格好良くてこれも候補に家を探す事に。

京町家を買って改修する男のblog-うちの火袋

で、ウチの火袋。キッチン幅が広すぎて火袋って感じがしないけど、床板を外して土間にするし、ちょっと高さが稼げそう。火袋はあったらあったで格好いいと思ってたけど、条件ぴったりなのがあって良かった。よく言う、町家は鰻の寝床ってのは間口が狭くて奥に広い事なんだけど、我が家は間口も広いし敷地だけで言ったら外人のセカンドハウスよりちょっと大きい。

京町家を買って改修する男のblog-むしご

町民が武士を見下ろさないように昔は二階が低かったらしい。中二階?それを厨子二階って呼ぶ。その低い屋根と屋根の間の虫かごみたいについてる窓が虫籠窓。これも欲しい。ここから漏れる光が、格子の窓とはまた違った趣があって好き。
後は坪庭がある事。庭は必要。庭は九畳ぐらいあったけど風呂とトイレをつけたら四畳半になった。それでも坪ってほどの狭さじゃないし、縁側に腰掛けてBBQとか。まさかの囲炉裏もついてるし。
最高。

全部揃った。後は金だけだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一ヶ月が経ちました。平日はネットで設備やらなんやら調べつつ、週末に打ち合わせしたり書類を届けたり。ショールーム行ったり。
とりあえずまとめ。

京町家を買って改修する男のblog-そと

これが外観。

京町家を買って改修する男のblog-みせ

中は今こんな感じ。柱と屋根以外は新品になる予定。

京町家を買って改修する男のblog-いど

井戸があったけど埋めた。

6月9日

京町家を買って改修する男のblog-てっこつ

工務店さんと初打ち合わせ。値切ろうかと思ったけれど改修の予算があるし、値切ったらその分自分で色々しないといけない。庭の織場のコンクリーを壊したり、土壁とか紅殻塗ったり、建具を洗ったり。とりあえず予算の話と「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」で上限60万円の助成金が受けられるのでその資料作り。今年の4/20から始まって500件の枠がもう埋まった。ギリセーフ。

京町家を買って改修する男のblog-はり

ところでその資料で貰った写真、我が家は織屋建なんで二階の天井が低い。厨子二階。虫籠窓を付ける予定。屋根裏みたいなものなんで、こんな梁が沢山あって、ここでボルダリングとか出来そう。ゾッとするほどボロい。

6月16日

町家カルテを取るために京都市の人やら大工さんやら学識者が鑑定に来る。三万円。カルテ部隊によると築100年じゃあきかないらしい。三度目の未来の我が家。一回目はオープンハウスで30分で購入を決めた時。でも迷ってて、夜に返事するしとか、明日返事するしとかでごまかしながら家に電話したり。二回目は工務店さん呼んで改修費を見積もる時。

京町家を買って改修する男のblog-カルテ

色々ひっくり返したり。

京町家を買って改修する男のblog-いろり

いろりが出てきたり。

6月23日

設計士さんが測量に来る。大体のプランを伝える。
うちの鍾馗さん。鍾馗さんは町家の玄関の屋根あたりに居る魔除けで、学業成就御守でもあるらしい。町家買ったら絶対付けようと思ってたら最初から付いてたしこのまま譲り受ける。なんかマーチンのブーツ履いてるみたいで気に入ってる。

京町家を買って改修する男のblog-しょうき

6月30日

京町家を買って改修する男のblog-しょーるーむ

水回りのショールームで色々選ぶ。

7月1日

一回目、家の図面があがって来る。間取りはあまり変えようが無いし玄関に棚を付けてくれとか、書斎に本棚付けてくれとか、ここは板間にしたいとか。とりあえず二階の窓を虫籠にしてくれって頼んだら一個十万円するみたい。なので玄関上の木置き、書斎を虫籠にして他は普通の窓になりそう。とりあえず大きくは変わらないのでこれで見積もり本番を取ってみて予算で収まるか検討に入る。七月二十日から二ヶ月で完成するらしい。

京町家を買って改修する男のblog-ずめん

7月8日

二回目、改修の相談。380万円ほど予算オーバーしたしその分お盆に自分で直す。間取りも設備も意匠も全部願い通り。最後に棟札で「平成大改修」を付けてくれるみたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。