初孫

テーマ:

昨日9月13日0時22分、初孫(女の子)が産まれました。

 

私、おじいさんになりました~~~!!!!(≧∇≦)

 

 

いやぁ~、話には聞いていましたが、こんなに嬉しいものとは。。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

産んでくれた二女に感謝感謝です。(⌒▽⌒)

 

 

切迫早産で先月から入院していたのですが、予定日より一ヶ月以上も早く産まれました。

 

体重2390グラムで産まれたため、赤ちゃんはあと一ヶ月くらい入院だそうです。

 

まだ肺の機能が少し弱いとのことなので、今は体中にいろんな装置や管がたくさん付いてしっかりと治療してもらっています。

 

 

赤ちゃんは無菌室にいるため会えるのは両親だけなので、僕らはまだ実際には会えていませんが、娘がデジカメで撮った写真や動画を見せてもらいました。

 

いやぁ~、、、、、感動して泣けました。:゚(。ノω\。)゚・。 

 

小さくて真っ赤な子が手足を動かしているのを見たら、なんとも愛おしくて、感慨深い気持ちになりました。

(付けている機械に電波が影響するとのことでスマホは持ち込み禁止で、デジカメでしか撮影できないそうです)

 

 

とりあえず無事に産まれてくれて本当にありがたいです。

神様ありがと~~~~!!!!(つ∀<。)

 

 

これでますます釣りへ行く回数が減っちゃうかもしれませんね。(≧∇≦)

カワハギシーズンが終わってから約4か月、それ以来ぜんぜん釣りも行ってません。

釣りネタも無いのでブログも放置状態でしたが、たまには書いてみようかなという気になり、めっちゃ久しぶりのブログになりました。

 

我が家では今まで義父母が家庭菜園でいろんな野菜を作っていたのですが、最近すっかり年老いてしまい、畑仕事など出来る体ではなくなってしまいました。


僕は都会生まれの都会育ちで、今まで畑仕事というものとは無縁でしたので、野菜づくりについてはまったくの無知でしたし、やるつもりも毛頭ありませんでした。

 

かと言って畑を放置しておけば雑草だらけになり草むしりも大変だし、せっかくの畑を無駄に放置するのももったいない。

 

最初は女房殿の手伝い程度に初めてみたのですが、実際にやり始めてみると、これがなかなか奥が深くて難しい。

ネットや本で勉強し始めてみましたが、思うようにうまくいきません。

 

失敗すると腹が立ち、「どうすれば上手に出来るのか?」と調べたりしているうちにだんだんと面白くなってきました。

 

ということで、最近の週末はもっぱら畑仕事に没頭するようになり、釣りへ行く足もだんだんと遠のいていくようになりました。

 

それでも時々無性に釣りへ行きたくなるので、とりあえずこれから忙しくなる夏野菜づくりが落ち着いたら、6月からタコ釣り、夏になったらカワハギ釣りを再開するつもりです。

 

 

さて、先日4月29日は僕の誕生日でした。

 

今更うれしくもなんとない誕生日ですが、家族のみんなから祝ってもらえました。

 

女房からはこれ↓
 

 

息子からはこれ↓

 

 

上と下の娘二人からはこれ↓

 

 

幸せですね~~!(*^-^*)

 

 

そして翌日の30日に家族で蒲郡方面へ日帰り旅行に行ってきました。

最近はすっかり足が弱くなった義母の為に車イスを借りて車に乗せて行きました。

 

息子は仕事で不参加、義父は施設に預け、僕と女房と娘二人と義母の5人での久しぶりの遠出です。

 

まずは「辰巳」という海鮮料理で有名なお店でランチ。

事前に予約してあったのですが、オレンジロードがとんでもなく大渋滞!(>_<)

結局到着が30分以上遅れてしまいましたが、お店の計らいですんなりと席につくことが出来、美味しそうな料理に舌鼓。

 

 

 

 

 

 

 

 

食事が済んだあと今度は「蒲郡海鮮市場」というところへ行き、お土産を買ったり、外の店で焼き大アサリ、焼きホタテ、イカ焼き、などを食べてお腹いっぱい。(^^;

 

 

 

 

そして次は「竹島水族館」へ行きました。

 

テレビの「志村動物園」で紹介されたということで、チケット売り場に大行列が出来ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

狭い中が大勢の人でごった返していました。(^^;

 

ゆっくり楽しみながら水族館を出て車に乗りナビを見ると、まだオレンジロードが真っ赤になってて大渋滞みたいでした。

そこでグルリと裏道から廻り込んで渋滞回避。

インターの近くのお土産屋により買い物。

 

 

せんべいの試食をたくさんして帰路につきます。

 

 

地元へ戻ってから晩ご飯は沖縄料理屋に行きました。

 

 

 

年寄りが同行なのでこれくらいの距離のプチ旅行が限界でしたが、それなりにみんな楽しんでいたようで、僕としてもとりあえず一仕事終えて一安心しました。

 

 

ということで、超久しぶりのブログでした。(^^;

 

来月からはタコ釣りも始まると思うので、今度は釣りブログをお届けしたいと思います。

キツネとキジ

テーマ:

先週、仕事帰りに車を走らせていたときのことです。

 

もう少しで自宅へ到着するというところで、何かが車の前を横切りました。

 

空はもうすっかり暗くなっていたのでよく見えませんでしたが、それが道路左側の畑の方へ走って行き立ち止りました。

 

我が家は愛知県内でも特に田舎で、イタチとかしょっちゅう出没するようなところです。

 

「またイタチかな?」

 

そう思い、車のスピードを落として畑の方を見ると・・・・・。

 

「ん?イタチにしては大きいな。犬かな?」

 

「でも色が色っぽいし、やけにシッポが太い・・・。」

 

「おや?犬にしてはやけに口がとがっているぞ!」

 

よ~~~く見てみると、それは明らかにキツネでした。

 

以前から何度か嫁さんや娘たちから「キツネを見た」という話を聞いていたのですが、僕はまだ一度も見たことがありませんでした。

 

初めて実物を見ることが出来た喜びと、その可愛らしい姿にほっこりして帰宅しました。

 

 

 

そして、そんなことがあってから何日か経った昨日のことです。

 

僕がテレビでオリンピックを観ていたら、外で洗濯物を干していた嫁さんが玄関から入ってきて「ちょっと来て!なんか変わった鳥がいるから写真撮って!」と言います。

 

すぐに行ってみると、家の畑から向かいの空き地へ向かってトコトコとすばしっこく走っていく鳥を発見!

 

それを見てすぐにその正体が分かりました。

 

オスのキジです。

 

写真を撮った時にはもうかなり遠く離れた所へ行ってしまいました。

 

その写真がこれです。↓

 

 

 

見えませんね。(汗

 

↓拡大してみましたが、やはりよく見えません。

 

 

↓たしかにこんな感じでした。(ネットより引用)

 

 

それにしてもつくづく「我が家ってド田舎なんだなぁ~っ」て思いました。

 

先日雪が降った翌朝、家の駐車場を出るときに車の外気温計は「-5℃」でした。

 

 

それから家を出発してわずか3分後には「-3℃」

 

 

会社へ着いた時には「0℃」

 

 

いつもうちの周りだけ異常に寒くてすごく雪が積もるんですが、ちょっと南下すると雪が無いなんてことはしょっちゅうです。

 

だからいつも天気予報は愛知県じゃなく岐阜県のを見ています。(笑)

昨日の夜のことでした。

 

娘に渡すものがあったので、仕事帰りに娘の家に向かう途中おしっこがしたくなったのでコンビニへ寄りました。

 

そのコンビニは普通の男女兼用の洋式便器の部屋と男子小便用の部屋がありました。

 

僕は男子小便用の部屋に入りました。

 

 

目の前にこんな張り紙が。

男のおしっこは飛び散るからなぁ~・・・。

 

ん?・・・・・

 

 

ん?・・・・えぇ~~~~~!!!!???

 

 

そんなやつおるんかい!!!!????(@_@;

2月4日(日曜日)、昨年に続き今年も釣り具のマルハンさんのバスツアーに参加して「フィッシングショー OSAKA 2018」へ行ってきました。

 

 

同行者は昨年と同じ「鮎さん」と「中ちゃん」。

いつものカワハギメンバーです。(笑)

 

集合場所は「日本ガイシスポーツプラザ」。

昨年は駐車場の凄い渋滞にハマり、バスへ入るのがギリギリセーフだったので、今年は余裕を持って家を出たのですが、今度はまったく渋滞もなくバスの出発時間より1時間も早く着いてしまいました。

 

ラインに到着の連絡を入れたら、なんと鮎さんは僕より早く着いていたそうです(笑)

 

9時15分の出発予定でしたが、他の参加者のみなさんも早く全員集合したので、9時に出発。

一路インテックス大阪へ向かいました。

 

 

途中1回トイレ休憩をはさみ、正午過ぎに現地到着。

 

 

まずは「お楽しみ大抽選会」の会場へ。

 

 

ものすごい抽選する人でごった返していて、なかなか順番が回ってきません。

 

 

気合を入れて引いたのですが、僕は1,000円の商品券。

 

中ちゃんは昨年に続きラップ(泣)

 

ところが、鮎さんはいつもの強運を発揮し3等のリールを当てました。

もう毎回このオッサンの強運を見せつけられると驚きもしません(笑)

 

 

僕は商品券でピッタリ1,000円分の買い物をしました(笑)

 

 

ということで、いよいよ会場へ。

 

中ちゃんがいつものように単独行動に走っていたので電話をしてみると「6号館Bゾーン」にいるとのこと。

 

 

 

 

とりあえず中ちゃんと合流しましたが、僕はダイワブースへ行きたかったので鮎さんとダイワへ向かいました。

 

 

 

 

 

するとすぐに西村豪太くん発見!

 

「極鋭カワハギ レッドチューン AGS SF 60th Edition」を触りながら説明をしていただきました。

 

きれいな赤色で、やっぱカッコエエですね。

 

そのあと西村くんと郷原未来ちゃんのタチウオトークショーを見ました。

 

 

宮澤さんを見つけて記念撮影。

 

お忙しい中いろいろ応対していただきました。

 

 

そして憧れの児島玲子ちゃんと写真を撮ってもらってデレデレのおっさん(笑)

 

相変わらずめっちゃ可愛かったです(惚)

 

 

60周年モデルのリールはガラスケースの中に展示してあったので触れませんでした(泣)

 

 

めっちゃカッコエエですね。

 

 

そのあともあちこち歩き回って、もう足腰ガタガタになりました。

 

そして出発時間の17時が近づいたのでバスへ戻りました。

 

帰りのトイレ休憩のあとビンゴ大会が始まりました。

 

僕は出だしは順調に開いていきますが、鮎さんと中ちゃんは序盤は苦戦。

 

しかし僕がダブルリーチからさっぱり開かなくなっている間に鮎さんが次々に開き始め、あっという間にビンゴ!!

がまかつのブルゾンをゲット!

まったくこのオッサンなんやねん!!!

 

 

僕は結局トリプルリーチまで開いたもののジ・エンド!

中ちゃんも玉砕。

二人ともいつもながら運に見放されています(泣)

 

 

そして20時20分ごろに日本ガイシへ戻ってきたのですが、なんと駐車場がめっちゃ大渋滞!!

 

どうやら日本ガイシでドリカムのコンサートがあったみたいです。

 

出口までしばらく並びましたが、ほどなく脱出。

 

無事21時半ごろ帰宅しました。

 

 

左が宮澤さんからいただいた極鋭カワハギ友の会のステッカー。

右が西村くんのトークショーでいただいたステッカー。

 

 

会場ガイドマップ

 

 

カタログ

 

 

この歳になると長時間歩きまわるのも疲れますが、やっぱり好きなことは楽しいですね。

 

また来年も行きたいと思います。

 

 

鮎さん、中ちゃん、お疲れ様でした。

ありがとね~~!

第1戦の惨敗にも懲りず、またも参加してきました「2018 K-1カワハギグランプリ」第2戦。

 

事前の天気予報では晴れとのことでしたが、北西風が強くかなり寒くなりそう。

 

第1戦もめっちゃ寒かったので、今回は上下ともヒートテック極暖の2枚重ねにて対応。

 

 

今回は鮎さんと二人で一緒に行きました。

 

午前3時に鮎さんカンパニーを出発し、無事5時半に現地到着。

 

車中で少し仮眠し、受付開始の6時半の少し前に着替え等の準備を済ませました。

 

見るとすでに受付前には長蛇の列。

 

知り合いの人もたくさんいたのであちこちでご挨拶。

 

 

第1戦は左舷胴の間ど真ん中という引きの弱さでしたが、今度こそ!と引いた札には「A-8」の文字。

 

宏漁丸の右舷ど真ん中・・・・(泣)

 

しかも、強力なメンバーの名前が・・・・・(泣)

 

 

自分の引きの弱さに呆れてしまいました・・・。

 

 

 

鮎さんは幸丸の左舷トモ2番と絶好の位置をゲット!

 

お互いの健闘を祈って船に乗り込みます。

 

 

 

開始の合図とともに一斉にスタート。

 

水深は35メートル。

 

渋いことは分かっていましたが、予想通りしばらくはみなさん沈黙・・・。

 

 

そんな中、右舷で最初にカワハギを釣り上げたのは僕でした。

 

めっちゃ小さなアタリで、油断していたら見逃していたかもしれません(汗)

 

とりあえずボウズを逃れて一安心。

 

 

しばらくして左の方も本命ゲット!

 

移動のときに宮澤さんから左舷の様子を聞くと3人の方が釣っているとのこと。

 

今回は何としてでも予選を通過したかったので、神経を集中させて頑張るものの、アタリも無し!外道も無し!

 

そのうちまた左の方が1枚追加したのを見て焦る僕(汗)

 

ウネリが強くなかなかゼロテンでアタリを取るのが難しかったので、ここでたるませ釣りをしたところ、これが上手くいって嬉しい2枚目をゲット!

 

 

もちろんこれだけで予選通過できるとは思っていないのでさらに追加を目指しますが、一向に魚の気配を感じません。

 

アサリもほとんど無くならない状況で、まったく釣れる気がしません。

 

しかも予選の後半に入ったポイントでは釣れるのはベラばかり・・・。

 

周りもほとんど釣れないまま時間だけが過ぎていきます。

 

とうとう残り時間もわずか。

 

ざっと見渡したところ複数釣っているのは5~6人ってところ。

 

あと1枚釣ればおそらく予選は通過できそうだと、超ハイパー集中力MAXで頑張りましたが、そのままタイムオーバー。

 

 

集計の結果、6人が船中トップ2枚の釣果とのこと。(激渋)

 

宏漁丸は4人が予選通過ということでしたので、6人による検量勝負になりました。

 

 

結果は・・・・・・。

 

僕と宮澤さんの二人が検量負けで予選落ちになってしまいました(泣)

 

2枚目が小さかったのが響きました。

 

小さくてもいいからあと1枚釣れればトップ通過という激渋でしたが、それが出来ないところが僕の勝負弱いところなんでしょうね。(泣)

 

 

一方、鮎さんは1枚の釣果ながら見事に予選通過し、第1戦に続いて決勝へ進出しました。

 

僕は一人寂しく負け犬船へ・・・・・。

 

 

予選も冷たい風がビュービューで寒かったのですが、午後からはさらに風が強くなってきて、もう寒いのなんのって(>_<)

 

ウネリもさらにひどくなり、波がドンブラコでまさに修行状態。

 

 

お土産が2枚だけではさすがに寂しいので頑張ったのですが、船中誰からもカワハギの姿を見ることが出来ません。

 

 

そのうちあまりの寒さに完全に集中力が無くなり、とうとう心がポッキリと折れてしまいました。

 

ちゃんと釣りをしていたのは開始1時間ほどで、あとはひたすら寒さを我慢していただけでした。

 

心から「早く帰りたい」と思いました。

 

 

結局午後から釣れたのはカサゴ1匹だけという無残な結果に・・・・。

 

 

鮎さんはなんとか1枚を釣り、決勝で10位になりました。

 

 

優勝は第1戦に続いて鈴木さんの連覇でした。

 

本当に強い!

 

おめでとうございます。

 

 

今回は予選でも決勝でもボウズの方がかなりいたみたいで、かなり厳しい大会になりました。

 

今回だけに限らず、ここ数年の国崎のカワハギの釣果は年々厳しくなっているようです。

 

もう以前の国崎のような釣果には戻らないんでしょうか。

 

 

中部地方のカワハギ釣り師はもう遠征するしか良い釣果は望めないのかも・・・・(泣)

 

 

閉会式の最後にお楽しみ抽選会があったのですが、予選後に帰宅された方がたくさんいたようで、残っていた方全員に賞品が行き渡ったにもかかわらず、いくつか賞品が余ってしまいました。

 

その賞品はすべてそのあとのじゃんけん大会に回されたのですが、そこで鮎さんがやってくれました!

 

じゃんけん大会の最後の最後にダイワの27リッターのクーラーボックスを勝ち取りました!

 

鮎さんめっちゃ喜んでました。

 

ほんとこのオッサンの引きの強さにはいつもながら驚かされます。

 

 

 

ということで、2018年度のK-1GPは大惨敗という結果に終わりました。

 

 

僕のカワハギ釣りの運は2016年のDKOで使い果たしてしまったみたいです。

 

トホホ・・・・・(泣)

 

 

【追伸】

 

いつもK-1の決勝戦は功成丸さんでしたが、開会式で運営の方から「功成丸さんが船を出せなくなりましたので今回の決勝戦は宏漁丸さんにて行います」との説明がありました。

どういうことなんだろう?と思っていたのですが、↓こういうことだったみたいです。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00001615-isenp-l24

 

海の事故、怖いですね(汗)

 

来月からライジャケの着用が義務付けられますが、みなさんもくれぐれもご注意を。

先日のKー1カワハギGPでは卒倒しそうになるくらいの撃沈でした。

 

もう悔しくて悔しくてたまりませんでした。

 

たしかに全体的に渋かったのは間違いなかったのですが、それにしても今の時期の国崎の釣果とは思えない渋さでした。

 

 

その前に行われたDKOの東海大会も一次予選通過ラインが5~8枚でした。

 

同じ日に和歌山の加太にて行われた関西大会の予選通過者の釣果が16~37枚だったのと比較しても差は歴然です。

 

関東大会ではトップが45枚という方もいらっしゃいました。

 

関東では年中カワハギ釣りで賑わっているにもかかわらず、釣れるカワハギの数はこちらとは全然違います。

 

あれだけ釣れればカワハギ釣り人口が多いのも納得だし、数多くのカワハギ大会が開催されるのも当然です。

 

ホント、羨ましい限りです。

 

 

もしかしたら「東海地方のレベルが低いんじゃないの?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最近の関東地方で開催されたカワハギ大会で東海地方から参戦された方が素晴らしい成績を収めていらっしゃることを見てもレベル的にもそんなに大差はないかと思います。

 

 

僕もカワハギ釣りを始めてずいぶん経ちますが、昔は地元でもけっこう釣れていました。

 

知多半島の乗合船でも何度も良い思いしました。

 

国崎ではさらにもっと大きいカワハギがたくさん釣れて、よく仲間たちと「国崎でカワハギ釣りやるともう知多ではやれんわ」とか言ってたものです。

 

 

この写真をご覧ください。↓

 

 

これは2011年11月20日に行われた「K-1カワハギGP」のグランドチャンピオン大会のスコアボードです。

 

参加者18名で、合計722枚の釣果でした。

 

なんと一人当たりの平均40枚オーバーです。

 

昔は地元でもこんなにたくさんカワハギ釣れてたんです。

 

この日は僕もクーラーに入りきらなくてバッカンを空にして、中に氷を詰めてカワハギを持ち帰った覚えがあります。

 

 

最近あまりに釣れなくてストレスたまっちゃってます。

 

久しぶりに笑いが止まらないくらいカワハギ釣りたいですね!

 

「もう遠征しないとカワハギたくさん釣れないのかなぁ~?」と、自分の腕の無さを棚に上げて言ってみたりして。

 

すみません。ちょっと愚痴っちゃいました。(笑)

 

こんなこと言ってる場合じゃないですね。

 

もっと腕を磨かないと。

昨日12月10日の日曜日、三重県国崎にて開催されました「2018 K-1 カワハギグランプリ」第1戦に参加してきました。

 

同行者はカワハギ釣り仲間の鮎さん、中ちゃん、ニッキーに僕を合わせた4人で行ってきました。

 

3時15分ごろ鮎さんカンパニーを出発。

 

予定通り5時半に現地到着。

 

6時過ぎくらいから準備を始め、6時半から受付に並びます。

 

 

会費を払い、いよいよ運命の釣り座抽選です。

 

念を込めて選んだ札に書いてあった文字は・・・・・。

 

「E-5」

 

充丸の左舷胴の間ど真ん中(泣)

 

 

しかも隣に超お上手な方がいらっしゃるし・・・・。

 

ニッキーは僕と背中合わせの右舷胴の間ど真ん中(苦笑)

 

「午後からの負け犬船どこにしようか?」と、すでに気持ちが負けています。

 

開会式のあと、先週のみなさんそれぞれ自分の釣り座へ荷物を運び準備を始めます。

 

 

今回は水深のある国崎ということで、ZEROではなく使い慣れたボトムを使用。

 

波は大したことはありませんでしたが、めっちゃ寒い!(>_<)

 

 

----中略ーーーー(笑)

 

ということで・・・・・予想通り予選落ちした僕だったのでありました。(--;)

 

仲間内では鮎さんが船中トップ通過し決勝へコマを進めました。

 

午後からは中ちゃん、ニッキーと一緒にのんびりと負け犬船へ。

 

 

「予選よりも絶対にたくさん釣ってやる!」と意気込んで始めたものの、今度もあえなく撃沈(泣)

 

さらに追い打ちをかけるようにボトムの穂先が折れるアクシデント(>_<)

 

傷心のまま帰港。

 

鮎さんは表彰台にわずかに1枚差で届きませんでしたが、これならグラチャンの権利は確保できたかもしれませんね。

 

あ~羨ましい。

 

 

優勝されたのは昨年一緒に東海代表としてDKOファイナルへ行った鈴木さんでした。

 

もうさすがと言うほかありません。いつもながら素晴らしいです。

 

おめでとうございます。

 

 

それにしても国崎も年々厳しくなっていますね。

 

第2戦はさらに厳しくなりそうですが、今度こそ決勝へ進みたいなぁ~。

 

 

は~・・・・どうやったらカワハギ釣りが上手になれるんだろう・・・(泣)

 

明後日はK-1カワハギGP第1戦です。

 

大会に備えて今日はいつもより早起きして市場でアサリを買ってきました。

 

前に使った残りを冷凍したものがまだ180粒ほどあったので、今回は1キロだけ購入したのですが・・・・。

 

 

ヤバい!!

 

粒デカすぎ!!(>_<)

 

 

いつものアサリ専門店は粒が大中小の3サイズに分けられていて、僕はいつも小を買っているのですが、今日のはいつもよりも大きいです。

 

もう寒くなって身が痩せているはずだからちょうどいいかもと思ったのですが、剥いてみたらけっこうしっかり入ってました。

 

 

とりあえず塩でしっかり締めておきましたけど、現場では水管を取ってベロと腸だけ使うことになるかも。

 

 

明後日は先に前回の残りを使って、もし足りなくなったら今日のアサリを使うことにします。

 

もしかしたらデカイ餌が功を奏して尺ハギばっかり釣れたりして。なんちゃって(笑)

 

作り貯めしていたカワハギ仕掛けが先日の新米杯で残りわずかになってしまったので、新たに15セットほど作りました。

 

上の写真のようにとりあえず大きな糸巻きにつないで巻いておきましたが、小さな袋に1個ずつ入れた方がいいのか迷ってます。

 

みなさんは仕掛けをどういう状態にして現場へ持って行くんでしょうか?