パソコンとスマホだけで仕事できる!? | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

現代はSNSが全盛の時代ですから、今日の件名の様に言われる事が多いです。




私はそれを否定はしませんし、そういう風に仕事を出来る人がいることも確かです。




ここでも何度か言わせて頂いていますが、あえてまた強調したいことがあります。




パソコンやスマホが使えるのも、その端末を作る人、WIFIの設備をする人、光ファイバーを工事する人・・・




そういう人がいるからこそ、パソコンやスマホで仕事が出来るんです。




それを、さも全ての人が、そういう風に仕事すれば良い、とする情報が流れることに、私は現代人の、利己主義的な部分を感じます。




よく言われることで、食物があります。




都会人で、田舎を馬鹿にする人がいます。




私はそういう人に会うと、「あなたが今食べているもの、今飲んでいるお酒はどこで作られている?」と聞くんです。




そう言うと、黙ってしまう人が殆どです。




頭では分かっているのに、普段、自分が便利に都会に住んでいるので、忘れてしまうのですかね。




ただ、私は、そういう事は忘れてはいけない事だと思います。




口にしているもの、着ているもの、飲んでいるもの。




全て、田舎、地方で作られているものばかりです。




東京には飲食店が、数えきれない程ありますが、そこで提供されるもの、高級になればなるほど、自然豊かな場所で作られています。




そういうことに対して、感謝しなければいけないと思うのです。




感謝するという事は、常に忘れずにいること。




農家や漁師の方たちが、日々、苦労して作ってくれる、捕ってくれるものがあればこそ、私たちは食べて飲むことが出来る、言ってしまえば、生きていく事が出来る、という事です。




私は、ユーチューバーやSNSで仕事している人を否定はしません、何度も言いますが。




現代は、そういう情報提供者と言うものがいなければいけない時代である、という事は確かです。




それは、世界中が超近代化して、情報が瞬時に飛びかうので、そういう情報を提供する仕事が無ければいけないのは確かです。




そうか、国際金融連合の巧みな仕業で、そういう人に収入が集まる仕組みが出来上がっているので、こんな時代になったのかも知れませんね。




だとしたら、そういう考えに感化されるのではなく、日本本来の文化や伝統を大切にして、日々の暮らしを送れば良いと思います。




人間は、自分だけでは生きていけませんし、それぞれが自分に合った仕事をして、助け合いながら、良い社会を作ることが大切であると思うのです。