英会話学校は無駄? | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

貴方は、英語ペラペラな人を羨ましく思いますか?




もし、そうなら気を付けた方が良いです。




英語ペラペラな人を羨むというのは、戦後教育で培われた、日本衰退政策の一部です。




私も英語ペラペラな人を見ると、少しは羨ましく思っていましたが、最近は勉強して、それが時間の無駄に繋がるということを実感しています。




ただ、もし海外旅行に行く機会があれば、自分でコミュニケーション出来るともっと楽しめると思うのです、忘れない程度の復習しています。




そうです。




目的があるなら良いと思うのです。




英語にしても、将来こんなことをしたい、という目的がはっきりしているのであれば、ドンドン学んだ方が良いです。




それと、MBAもそうですね。




闇雲にMBAを取る人はいないと思いますが、MBAを取ったからと言って、経営が上手く行くとは限りません。




実際に、MBAを取得していて会社を倒産させた人は多くいます。




要は、私たちは、権威に弱いのですね。




資格が権威かどうか分かりませんが、例えば弁護士とか司法書士などの士業、有名大学の先生等ですね。




そういう人とあうと、「偉い人」というイメージで見てしまいます。




ただ、彼らがしっかり稼いでいるかどうかは別です。




お金だけの問題ではありませんが、資格を持っていて稼げてないのであれば、その資格の意味があるとは思えません。




先日も話しましたが、パソコンのみで出来る仕事というのは、何かを生産している訳ではありません!!




ただ、今の世の中は、サービスが発達して、複雑な世の中になりましたので、そういう部分で手助けするサービスが必要なのは確かです。




私が行う不動産賃貸業も、その一つだと思います。




生産は建築業者さんが行い、その運営を不動産賃貸業者が行い、家を借りたい人に提供します。




私の場合は、他の人が建てた中古物件に特化しています。




これには色々と理由があり、中古の方が社会貢献性が高いからだと思っているからです。




そりゃ、築年数が限界超えている(100年以上とか)場合は、建て替えなければいけないのは当然の事です。




築年数が20年とか30年位なら、直せばまだまだ十分に住めます。




少し話が逸れてしまいましたが、全ての人が、自分が得意とする分野でしっかり働く。




特定の人が儲け過ぎず、経済が円満に回る社会が良いと思うのです。




高度経済成長期は、そうだったように思います。




汗水たらして働いた稼ぎより、株式の配当金の方が税率が低い、というのは変な話ですから。