大企業病は個人にも言える | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

先日、トヨタの豊田社長が、これからの時代は終身雇用は難しい、という会見をしたそうです。




その理由として、「企業にインセンティブない」ということを挙げたそうです。




平成の30年間は、バブル崩壊後の景気低迷が余りにも長く続いたため、企業のそうですが働く側も、考え方が貧乏になったような気がします。




企業側は、極端なグローバル化により、短期的な利益を追い求めるようになったので、業績が悪くなると直ぐにリストラをします。




これを続けてきた結果、働く側も企業に対する忠誠心がなくなり、ちょっと嫌な思いをすると転職する事になります。




頻繁に転職するので、給料も上がらず、ずーっと低収入になります。




これが10年、20年と続くと、人間というのは恐ろしいもので、この低収入に慣れてしまうという現象が起こります。




この影響で、結婚が遅れたり又はしないということになります。




結婚したとしても収入が低いので、夫婦が共働きをするのは当たり前になってきていますし、社会がそういう方向に進んできました。




それと最近は、若い人が自動車の運転免許を取らない傾向が顕著だそうです。




収入が低く自動車を買えないので、そんなものはいらない、という事だそうです。




この様な時代になって、私たちがどういう選択をすればいいのでしょう。




一つ言える事は、企業に勤めて一生懸命に働いても、業績が悪くなるとリストラされる可能性があるのですから、そういう事が起り得る、という事で前もって準備をする必要があると思います。




その準備というのはやはり、仕事を指示待ちで行うのではなく、自分自身で考えて行動して、答えを見つけていく、という事を行う事だと思います!!




言ってみれば、経営者と同じように考え行動するという事ですね。




この様に若いころから心と頭を鍛えていれば、何か起こった時に対応できると思うのですね。




指示待ちの普通の従業員の様に仕事していると、何かあった時、例えばリストラにあった時、責任を会社に求め、何時までも心の切り替えが出来ないまま、過ごすことになります。




そんな状態では、人生もつまらないものに成るでしょうし、また良い仕事も出来ないと思います。




全ての事を自分の責任で処理するという習慣を付けておくことで、例えば何か良いアイデアがあれば、起業することもあるかも知れません。




令和の時代になり、これから数十年でどんな時代になるかは分かりませんが、今のところはここ数十年で進んでしまったグローバル化の波に対応しなければいけません。




大企業病と言うのは、大企業だけにあるのではなく、私たち個人にもあると思って、日頃からコツコツと準備をしたものですね。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ