なかなか良いご縁のないゴンちゃんです。

だいぶ毛もはえそろってきたけど、耳と鼻のハゲがまだ目立つかな。

でも治れば綺麗になるので、見た目でご縁がないとしたら、とても悲しいです。。

ヤンチャマンなので、体力ある人じゃないと大変かもしれませんが、元気なヨイコです。

ずっとの家族 待ってます

トロロが卒業してゆきました。
長生きしてね!



ひなちゃんも 卒業して



おばあも卒業しました…


ボロボロと心配されてたカイくん、
だいぶ綺麗になりました~


みんな、いいこだねぇ。


川上犬は 寒さに強いってゆうけど、
ほんとだね。
みんなプルプルしててもひとりだけ平気です。


ななちゃんて、耳の先が まるくてかわいいですね。

外派のふたり

まるで、おんつぁんなバロン。


バロンの愛する穴に、最近 みみこが オシッコするようになってトイレにしてるんです。
バロンは一生懸命 土をかけて 臭いをとろうとしてるようですが、みみこが毎日トイレに使うので、ついに 行き場をなくしてしまったバロンさん。
穴だけが 楽しみなのにね。
みみことゆう女は どうも 穴とか箱にトイレをする習性があるみたいで、柵があるコンクリーの上とかに わざわざ うんちするんですね。おしょごの衣装箱をトイレにして 服がうんこになって おしょごが激怒した あの事件も記憶に新しいです。
じゃあ、トイレ作ったらいいじゃん?!っておもうんだけど、超びびりな みみこは いつでもどこでも びびりションが すごいので、無意味なんですね。
びびりション犬を飼ったことない人には わかってもらえないかもなんですが、
ちょっと注意すれば びびりション、嫌なことあるとびびりション、分離不安なので離れて戻ってくると 興奮ション、爪切りみると プルプルション、知らない人が触ろうとするとプルプルション、
知らぬ人は『分離不安は、ならせばいいのよ』とか『もっとちゃんと叱らなきゃ』とか 言うじゃんね。他人事のように。
ションするから、時と場所を考えなければいけなくて躾とか慣らしとかできないんですねぇ。もうするつもりもないけど。
必殺びびりションは無敵です。。

成犬から飼うのは 仔犬からしつけるのと全然わけがちがうので、もしまわりにそういう人いたら 安易に こうしろ ああしろ って言わないであげてほしいなって思います。

そんでもって『ほら、私があんなに言ったのに、やらないから いつまでもなおらないじゃない』とかも、最初から 難しいであろう子を飼ってるわけですから、自分好みの楽そうな犬を仔犬から自分好みに育ててる人には 言われたくないっていうか、わかるわけがない って思うんです。
同じ保護犬でも、だっくんみたいに 子犬からいる子は ふつうの子犬の躾でいいんだけど、
成犬には、しみこんでる過去があるので、それを尊重しつつ、無理なく 譲歩し合うみたいな交渉をうまくしなければいけないので、何年も時間がかかることも。一生そうかもしれないけど、治ればラッキーみたいな感じ。



いつだったか、私の誕生日に リズモをもらいました。
だっくんロスを見兼ねて、『これ育てな』って。


私は 何かを育てていないと心が不安定になるんですね。(どんな人よ、それ)

しかも教育ではなく保育が好きなのです。

(幼稚園も保育園も働いたことあるんだけど、
幼稚園辛い…。)

小さい子を怒ってる人を見るのが辛い…

でも、人間は大人になって一人立ちする日がくるので 躾しないわけにはいかないんだけど、

犬は一人立ちしない させてもらえないからねぇ。野犬でいることも許されず 選択肢がないわけだから、せめて 人が 犬のきもちを知ろうと努力をしないとって思うんです。



だっくんときは はじめてだったから、仕方なく 躾がんばったけど、

バロンは 1回もしつけしたことない。
『あひゃ。』


だっくんが一生懸命 バロンをしつけていましたよ。『わかったっぺ。兄ちゃん』ってテキトウに返事してたバロン。


最初はだっくんしか知らなかったからわからなかったけど、たくさん犬みてみた結果人間の都合に合うか合わないかはあるけど、犬って ベースがイイコじゃない?
噛んだり吠えたり行動が悪いと言われちゃう子たちも、心根がイイコだから、がんばらなきゃいけないのは躾じゃなくて信頼関係ね。

たとえば だっくんに『お母ちゃんが寂しいときは これもってきてね』って 言ったことなくても

自分で考えて『お母ちゃん寂しそうでつから、これ もってきてあげまちた。ぼくのヒヅメかちてあげまつ。』
って 言ってくれるので、
思いやりの心は 躾では育めないって思うのです。※あくまでも個人的な想いですよ

犬が人のいうことをきくのではなく
お互いがささえあって、『暮らす』を大切にしたいです。




ダッピーちゃんが、成長して しっぽが生えましたよ~。

バロンもダッピーちゃんも、目がみどりですね。
ちゃんと育てないとゾンビリズモになっちゃうらしいですよ。それはそれでかわいいですね。



だっくんは、かわゆいですね。


だっくん、いい男だな、しかし。


立ち上がった姿は アカカンガルーによくにてます。お父さんは やっぱりハッチなのだろうか。
体重も同じくらいなのかな。いや、ハッチのほうが でかいか。ハッチが亡くなった時、動物園にいきました。テレビで相葉くんとじゃれてるの見ると だっくんにそっくりで、ハッチを見ながら『だっひー…』って言ってしまいます。

だっくんは気の合う子だと、よく胸ドンをして遊んでました。大きさと性格が合わないとできないので、スタンダードプードルとかゴールデンと、『いきまつよ!』『いいでつよ!』『せーの!ドーン!』って立ち上がって やってましたねぇ。

だっくんより身長が大きい子ってなかなかいないので
一緒にそれを楽しめる子は、貴重なお友達でした。

相手が小さいと、加減ばかりしなきゃいけなくて おもいきり遊べないので バロンやみみこ とすら 遊ぶときはつまらなかったと思います。足遅いし。
みみこは あんなキャラだけど、力も早さも だっくんからしたら全然相手にならないから、みみこの筋トレも まだまだですね。あ、体力と持久力は みみこはすごいよ。
無駄によく動くみみこと
無駄な動きは一切しないだっくん。
犬それぞれですね~


昨日はバロンのうちの子記念日&だっくんお兄ちゃん記念日でした。





ななこも待っている



みみこをぬかせば、だっくんが一番年下なのに、お兄ちゃんがんばってたもんね(泣)
ごめんねとありがとう だよ


『兄ちゃん、はやく帰ってこいっぺ。』

すっかりベテラン看取り犬になってしまったバロンさん。





だっくんもバロンも ずっと一緒だよ。