あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

あきのポヨポヨYOGAブログ ~相模原淵野辺・稲城市若葉台 ディワーリヨガ*Diwari YOGA*

たのしく・ゆったり伝統的なヨガをしています。日々のおもしろいこと、ヨガサークルやレッスンのお知らせをかいています。

DiwariYOGA ディワーリヨガ
相模原市淵野辺・稲城市若葉台のヨガクラス WEBサイト

蓮 淵野辺クラス
昼クラス(14:00~) 夜クラス(19:20~)の2クラス制
蓮 若葉台クラス
月3回金曜日 10:15~
蓮 呼吸と瞑想のクラス
自分を見つめる優しい時間 月2回 10:30~
蓮 淵野辺プライベートクラス(マンツーマン)
淵野辺昼クラスのあとの時間に個人レッスン時間を設けました
蓮 プライベートクラス(マンツーマン)
お好きな日時・お好みの内容でまったりヨガレッスン

詳しくは>> ディワーリヨガ 開催クラスのご案内

こんにちわ

今日は雨だね~~寒いね~

 

昨年の今日、なかなかいい感じの記事をアップしていたようなので、シェアしてみます。

 

 

 

「人生は夢の実現のためにある」

 

↑なかなかいい言葉だよね。

 



わたしはインドに行ったのが大きいね





 

今年はいくつ夢の実現をしましたか?

またはそれに近づきましたか?

 

 


まだ実現には程遠いという方も

 

こうなりたい

ここを変えたい

 

こんな風に思い描くだけで

そうなる現実はもうすぐ、だよね。

 

 


こななちわ

ハスキーボイスは随分良くなってきました。

噂のマヌカハニーが効いたのでわ!!(⊙_⊙)





午前中の個人レッスンで

共感  について話しました。



共感って、

「あ~~ そうそう、そうだよね」

と相手の意見に完全に同意した時に

共感した

となると思いがちだけど、




「あ~ そういう意見もあるよねぇ」

っていう

意見には同意できないけど
そういう意見を持つあなたを受け入れるよ

というのが
真の意味での共感かなと思ったよ。



これは
自分に嘘をついているのではなく

受け入れる ということなるかなぁ。


なので

共感力が高い人というのは
相手のことを認める、つまり、
受け入れる力が高い人のことを指すよね。



みんな
周囲に共感されたいという思いがあると思うんです。


受け入れてもらえるのって
とっても心地いいよね。

安心できるんかな。



周囲は自分の合わせ鏡 

とヨーガでは考えるから


自分が共感されたいのなら
自分がまずは周りを受け止めてみる。

相手が自分とは違うことを敵視せずに


ほぉーーー  おかしなこと言ってるなぁ
でもそう思ってしまうのにはワケがあるんだろうなぁ
それはそれでしょうがないかなぁ

と考えてみる。



どんな悪人だって
その悪に染まってしまったのには理由があるとヨーガでは説いています。

悪いこと自体に共感はしなくていいけど
それをしてしまう人には共感できる。

わかるよーーー  ってやつ。



周りを受け入れる心がつくれたら
衝突も悩みも減りそうだよね。





何人かあつまれば
それだけ意見の違いや価値観の違いがあるよね


未だハスキーボイスでお届けしています。
どうもこんにちは、あきです。

今日はなんだかとってもあたたかくて
11月とは思えないね。

午前のクラスを終えてから、外で植物の植え替えしちゃったもんね。多肉植物のあかちゃんをたくさんいただいたので、ちっこい鉢に植えてあげました。
根つくといいな。


とはいえ、もう年末なんだなーとおもってね
今年はどんなだったかとちょいとふりかえりますとですね、結構、アチコチ出かけた年だったかなーと。






あんまり旅行が得意ではない(と思っていた)ので、例年実家の長野くらいしか行ってこなかったんですが、今年は

広島
インド
山梨
富山

と、知らんところに旅しました。



今年の目標が

冒険と挑戦

だったので、
いい感じだったかなとおもうところ。


心理的にも
冒険と挑戦を思い出すことができたように思います。




今年ラストを飾ったのは
富山旅行。

夜行バスを含めて3泊の旅。







今年初めの広島(ヨーガ療法学会の旅)で、荷物の準備からしてまごつき、新幹線に乗るだけなのに緊張していたことを思い出すと、肉体的にも心理的にも軽くなったのを感じます。

インド以外はリュックひとつで行ったので、自然と荷物が限られる。そうすると必要なものが研ぎ澄まされる感じで、生きることをシンプルに見つめられたような気がします。


本当に必要なのは
健康な肉体と
柔らかなTシャツ(笑)
これがあればたいていのことはカバーできる

こんな気持ちです。



反対に
旅先でいつも通りの生活をしようとすればするほど
新鮮な驚きや発見が少なくなるような感じもしたよね。

荷物に空きがあるぶんだけ、新しさを受け入れられるってことなんかな。


わたしの場合は

いつもよりも自由な自分

を感じたいために旅をするのかもね。


来年もこの先も、より自由な自分を探しに旅していくことになりそうです。


やたらリアル