サロン・ド・吉田荘通信

サロン・ド・吉田荘通信

匂ひ袋の調製や、お香づくり講座等を行っています。


 

 

諫早駅からは、特急かもめに乗って長崎へ。

惜しむらくは、致し方ないですが乗車時間が短かったことですね。快適な乗車時間でした。

 

 

今年9月に、武雄温泉駅~長崎駅間を走行する西九州新幹線が開業されることに伴い、特急かもめは廃止される(武雄温泉駅~博多駅間は「リレーかもめ」が走行)とのことで、今回乗車した区間でこの在来線特急に乗れるのはあとわずかな期間だと知り、何だか感慨深くなりました。

 

 

島原駅周辺散策をしていると、水の湧き出る音が至るところで聞こえます。

上の写真は、湧水庭園四明荘で撮影したもの。この日の午前中には、カルガモの親子が来ていたそうです。

 

 

清らかな水に恵まれているというのは、なんと豊かなことだろうと感じます。

 

 

美しい水を活かした街角にも心惹かれるものがありました。

次回島原に訪れる際には、宿泊したいと思います。

 

 

島原駅からみた島原城。

このあと、島原鉄道で諫早駅まで戻り、長崎市内へ向かいました。

島原城訪問のあとは、お城のすぐそばの「森岳酒蔵 LunaBase」でかんざらしとアイスコーヒーをいただきました。

島原城に向かう道すがら、こちらのカフェが目に入り、とても惹かれる佇まいでしたので、「帰りはこのカフェに寄る!」と決めていました。

店内はとても広々としており、居心地の良いカフェでした。

やっぱり、ピンときた勘は正しかった!

 

かんざらしは、白玉粉で作った小さなお団子をはちみつなどで作った蜜に浮かべた島原に昔から伝わるおやつで、原料となる餅米を、大寒の日に水にさらすことから「かん(寒)ざらし」と呼ばれるのだそうです。

さっぱりと丁度良い甘さで、美味でした。

 

 

カフェ入口と反対側から撮影した森岳酒蔵。立派な建物ですね。

 

一休みのあとは、「鯉の泳ぐ街」散策へと向かいました。

 

 

 

諫早駅から島原鉄道に乗り、島原駅から徒歩で向かった島原城。

 

島原城は1618(元和4)年から、松倉豊後守重政が4年~7年の歳月をかけて築いたものとされています。

この島原城の新築も領民への過酷な年貢の取り立ての一因となり、過酷な取り立てだけでなく飢饉やキリシタンの弾圧などもあいまって島原の乱へと繋がっていったようです。

島原城は、松倉氏・高力氏・松平氏・戸田氏・松平氏と4氏19代253年間の居城でしたが、1874(明治7)年に廃城となり、民間に払い下げられたのことです。

現在の島原城は1960年から復元されたもので、城内にはキリシタン資料、郷土資料、民俗資料等が展示されています。

 

 

天守閣からは、島原市内を一望できます。

良い風にあたりながら有明海を眺めました。

 

 

こちらは、島原城御馬見所です。

藩主が、藩士の訓練状況視察に使用した建物であり、登録有形文化財に指定されています。

 

次回は、島原城散策のあとに立ち寄った素敵なカフェについてアップしたいと思います。

 

 

 

突発的に長崎に行きたくなり、先日一泊で島原市・長崎市へ。

初日の目的地は、島原城。

長崎空港から諫早駅まではバスで、諫早駅からは島原鉄道で島原駅へと向かいました。

写真は、諫早駅に停車中の車両です。島原港方面から入船してきて、まだ行先表示が変更されていないタイミングでした。

 

ちょっと見にくいですが、「日本の第1号機関車が走った島原鉄道」と書いてあります。

島原鉄道のサイトによると、「明治5(1872)年に新橋~横浜間を走った日本で最初の鉄道「1号機関車」が、明治44(1911)年に鉄道院から島原鉄道へ払い下げられ、同年に開通した島原鉄道の「1号機関車」としても活躍」したのだそうです。

 

 

こちらは、大三東(おおみさき)駅です。

このフェンス以外に柵がなく、目の前を遮るものなしに有明海を一望できる、「日本で一番海に近い駅」の一つだそうです。

 

この写真は、潮が引いているときに撮影したものですが、潮が満ちていると、海に浮かんでいるかのような光景となります。

諫早から島原に向かうときは潮が満ちていたのですが、海岸と逆側の座席に座っていて写真が撮れず、帰りには海岸側に座ったものの引き潮だった、ということで、いつか晴れた日に、潮が満ちているタイミングで大三東駅に訪れることができたらいいな、と思います。

大三東駅ホームには、駅で販売されている「幸せの黄色いハンカチ」がたくさんはためいていており、また丁度ハンカチを留めにきた人達が車窓から見えて、ほのぼのとした気分になりました。

 

 

こちらは島原駅舎です。

ここから島原城までは徒歩で向かいました。

 

次回は島原城についてアップしたいと思います。