買わないで後悔するより、買って後悔しろ!
  • 16Sep
    • 北海道へ、臨時陸送

      今月6日に、北海道胆振地方を中心とする大きな地震が発生し、道内に大きな被害が発生しました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。また道内で大規模な停電が長時間続き、ライフラインに影響が出ました。停電によるガソリンスタンドの稼働不能により物流関係にも影響が発生して、本州との物流も一時ストップしていました(現在は停電箇所も減り通常営業しています)そんな中、本来は北海道の物流トラックが荷物の引き取りに来る予定が地震の影響で動けず、臨時でこちらから北海道へ運ぶことになりました。今回は石狩市と札幌市白石区の2ヶ所の荷下ろしです。東北道をひた走り(茨城の大洗から苫小牧までフェリーがありますが、時間が掛かるのと運賃が高いのでパス)青森港から津軽海峡フェリーで函館へ。青森港から函館港まで、3時間40分の所要時間です。フェリーの客室。平日の夜だったので、ガラガラでした。シャワーを浴びて、しばし仮眠タイム。多くのトラックドライバーさんは、トラックのベッドで仮眠を取っていました。函館港に到着!いよいよ北海道へ上陸です。函館からは道央道で大沼公園から長万部まで利用して、国道5号線~国道230号線を使って札幌へ。札幌に到着したので、札幌ラーメンをいただきました。お目当てのお店が閉まっていたので、近くの違う店へ。まずは醤油味。2件の納品も無事に終わり、お土産を買いに札幌の場外市場へ。場外市場内にあった、札幌ラーメンらーめんひぐまで、王道の味噌ラーメン。これぞ札幌ラーメン!旨かった~!!帰りは全線高速を利用。途中、有珠山のサービスエリアで休憩。ここのサービスエリア、抜群の景色です。有珠山も良く見えます。函館港から、往路と同じ津軽海峡フェリーで青森港へ。そして東北道をひた走り、無事に帰還しました。走行距離は、2200キロ!貴重な体験をさせていただきました。地震の影響で札幌市内のガソリンスタンドなども並ぶかと思っていましたが、普通に給油できました。コンビニも、ほぼ通常の品揃えでしたので、余所者の私も助かりました。しかし、地震でいまだに不自由な生活を強いられている方々が多くいらっしゃいます。一日も早く通常の生活に戻られますよう、心よりお祈り申し上げます。

      266
      8
      テーマ:
  • 09Sep
    • 一つの時代が終わる

      神奈川県茅ヶ崎市にある、ヤマダ電機茅ヶ崎店。現在、建物の老朽化のために建て替えになり、空家の状態です。元々は、神奈川県を中心に展開していたディスカウントストアー ダイクマの 茅ヶ崎店でした。昭和40年代以降の茅ヶ崎市民にとってダイクマは食料品以外の品揃えが豊富で、安い店と定着していたように思います。ダイクマの向かいにイトーヨーカドーがあるので、すみ分けは出来ていたように思いますが、国道1号沿いに日本精麦の跡地に建ったイオン茅ヶ崎店が出来てから、客足の流れが変わってしまったように感じます。ダイクマは国道1号の渋滞の名所である茅ヶ崎駅入口の近くにあり、駐車場のキャパシティも大きくないので休日ともなれば駐車場に入る車の長い列が出来てしまいます。イオン茅ヶ崎店はダイクマより駐車場の収容力があるのと、映画館も併設しているので、水を開けられてしまったように思います。ダイクマ時代から営業していた「みよしや」さん。今年の6月で四十数年間の歴史を閉じました。小学生の頃は、ダイクマに来たついでにみよしやさんで たい焼きを買うのが定番でした。当時、茅ヶ崎では焼きたてのたい焼きが買えるのはみよしやさんだけでした。時代の流れで仕方ありませんが、昔から馴染みのあるものが無くなるのは、やはり寂しいものです。

      281
      10
      テーマ:
    • 去就が気になります。

      これは模型ですが栃木県の真岡鐵道が、所有する2両の蒸気機関車のうち、C11 325号機を手放すと発表がありました。真岡鐵道は現在、C12 66号機とC11 325号機の現役稼働している蒸気機関車の2両を所有していますが、利用客の減少で全般検査(自動車で言うところの車検と同じ。これを受けないと営業運転が出来ません)の一億数千万の費用が捻出出来ず、状態の良いC12 66号機を残してC11 325号機を手放すようです。こちらがC12 66号機。埼玉県さいたま市の鉄道博物館横の大宮総合車両センターの試運転線を試運転しているところを撮影しました。ここで気になるのは、C11 325号機の去就です。JR東日本と西日本も復活蒸気機関車の列車を定期的に運行していますし、大井川鐵道は蒸気機関車を絡めたイベントにも積極的です。しかし、大方の予想としては東武鉄道が下今市~鬼怒川温泉間で走らせている、「SL大樹」ではないでしょうか?「SL大樹」は東武鉄道がJR北海道から借り受けているC11 207号機で運行していますが、デリケートな蒸気機関車故に故障も多く、蒸気機関車が走れない時は補機のDE10ディーゼル機関車が客車を牽引しています。ここで真岡鐵道のC11 325号機が東武鉄道に来れば、蒸気機関車も2両体制になり、1両の運行負担も軽くなり、同じC11形なので整備も効率良く出来るのでないでしょうか?真岡鐵道のC11 325号機の去就に注目したいと思います。C11 325号機は私の故郷、茅ヶ崎機関区にも所縁のあるカマなので。

      96
      2
      テーマ:
  • 03Sep
    • 日本の電気機関車 理科社会科のしおり

      先日、今から66年前に発行されたしおりを手に入れました。東京 万世橋にあった交通博物館の小学生(中学生?)向けの国鉄の電気機関車の種類や仕組みが分かりやすく載っています。監修は、国鉄工作局でピンぼけで見にくいことは、お許しくださいませm(__)mしおり表紙の下にはY.KUROIWA1952と記載されています。現在、東京汐留の旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で行われている没後20年 工業デザイナー 黒岩保美 展の、黒岩さんが昭和27年に手掛けたものです。表紙には、当時最新のEF58形直流電気機関車が。35号機は、側面の窓が7枚のタイプですね。しおりを開けると、電気機関車が動く仕組みが分かりやすく図とともに載っていて、ワクワクします(笑)昭和27年ですから、デッキ付きの電気機関車が全盛の頃で、流線形のEF55形が異彩を放っています。復活したEF55形の1号機は、平成の時代も客車を牽いて上越線等を走っていましたが、現在は引退して埼玉県さいたま市にある鉄道博物館に保存されています。国鉄のみならず、私鉄の電気機関車も掲載されていて、小田急は当時最新のデキ1040形が載っています。イラストで、ここまで魅了してくれるデザイナーの黒岩さんの凄さを感じとれた、60年以上前の、しおりでした。

      212
      2
      テーマ:
  • 01Sep
    • ガチャガチャ

      近所の模型店の店先に並んでいる、ガチャガチャ。あまり興味が無いので普段は素通りしますが、こんな気になるガチャガチャを発見!!百円硬貨三枚を入れて、回すと北国で見かける、縦形の道路用信号機が出てきました。信号機の現示はLEDで、一つのみ点灯します。これは、赤の現示が光ります。裏側も、本物と同じように銘板が付けられてます!ここまで来ると、鉄道信号機も欲しい!百円玉をいっぱい握りしめ、いざガチャガチャへ!最初の百円硬貨三枚を入れて、回すと・・・。あっさりと、鉄道信号機が出てきました(笑)鉄道信号機は、青の現示です。裏側も、しっかりと作り込みされています。モデルとなった日本信号は、自動車道の信号機や鉄道信号機、踏切の遮断機に自動改札機等々、我々の生活の中でも色々と支えてくれています。埼玉県さいたま市のさいたま新都心駅周辺が整備される前は、国鉄の大宮貨物操車場があって、日本信号の工場も与野駅寄りのところにありました。さいたま新都心の整備で、日本信号の工場が久喜市に移転されて今に至ります。

      235
      4
      テーマ:
  • 12Aug
    • ジオラマに置く建物等々・・・その参

      ジオラマに置く建物シリーズを、しつこく載せて恐縮ですが(汗)先ずは、ミスド(ミスタードーナツ)1970年代から1990年代頃まで、このようなスタイルの店舗が多かったように思います(曖昧でごめんなさい)。現在のミスドは、黒を使ったシックなイメージの店舗が多いように思います。中華そばのチェーン店「幸楽苑」。福島県の郡山に本社を置く幸楽苑は、どことなく同じ福島県の喜多方ラーメンの味に近いような感じがします。麺は喜多方ラーメンのような縮れ麺ではありませんが「会津っぽ」のスピリットが感じられます。ちなみに喜多方ラーメンでオススメなのは、「上海」というお店のチャーシューメンと、「来夢」というお店の味噌ラーメンです。ケータイショップも。あとドコモとソフトバンクの競合店もほしいところ。釜揚げうどんで有名な「丸亀製麺」。お昼頃や休日は、混みあっている人気店です。最近、見かけなくなった「ごはんや~食堂」。おかずとご飯、味噌汁を単品で頼み会計をするシステムで、定食より割高になりますが好きなものを選べる楽しみはありました。最後は東京銀座にある、天賞堂ビルです(笑)グリーンマックスのストラクチャーキットを組んだもので、往年のオメガビルになっています。天賞堂のオメガビル(実物)銀座四丁目の和光(時計がある角のビル)から宝くじ売場で有名な西銀座チャンスセンターに向かう途中にあります。NEC(日本電気)と近畿日本ツーリストの屋上サインも懐かしい!下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      343
      2
      テーマ:
  • 05Aug
  • 25Jul
    • ジオラマに置く、建物等々・・・その弐

      蒸し暑い!汗かきの私には、一番キツい時期です(汗)前回、ジオラマの駅舎に触れましたが、押し入れにストック(積んでいるとも言うw)してある中に、モチーフにしたい駅舎が出てきました。KATOから発売されていた、駅舎です。モデルとなった駅はJR東日本 東海道線の大磯駅です。湘南のシーサイド・リゾート大磯ロングビーチの玄関口でもあります。大正14年に建てられた歴史ある駅舎で、とてもモダンな造りになっています。駅の構内も、西洋風な雰囲気で、風格があります。大磯は昔から著名人や財界人の別荘が多くあり、企業の保養所も多いですが、近年は山側の宅地造成でベッドタウンになりつつあります。駅舎の横にある駅事務室の入り口も、かつては皇族が列車を利用する時に利用していた貴賓室だったのかもしれません。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      281
      テーマ:
  • 23Jul
    • TOMIX 小田急GSEの試作モックアップ

      連日の暑さでバテ気味ですが、埼玉県の熊谷市では、国内の観測史上最高気温41.1度を記録、それまで国内最高気温を記録した高知県江川崎の41.0度を抜いて記録更新されました。埼玉県熊谷市のキャッチフレーズ「あついぞ!熊谷!!」を、地でいってます(笑)そんな猛暑のなか、大宮にあるトミックスのショールームへ。ここに、今年の年末に発売予定のTOMIX Nゲージ、小田急ロマンスカーGSE70000形のモックアップが展示されているので、早速見に行きました。こちらは実車。細かい箇所まで作り込みをされるようで、早く試作品を見てみたくなります!前面の試作ピースも、なかなかの造形ですので、実車のように側面の凹凸が少ないところをいかに再現出来るかがポイントになりそうです。トミックスのショールームで夏のセールをやっていて、定価の半額以下で購入できました!またカマが増えていって、整理が追い付かず(笑)下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      183
      2
      テーマ:
  • 15Jul
    • 没後20年 工業デザイナー 黒岩保美 展

      海の日の三連休の中日に、新橋へ。山手線のホームから見た、SL広場のC11。よく見たら、角ドームなんですね。SL広場とは反対の、汐留口を出て「汽笛一声 新橋を~はや我が汽車は離れたり~」の、鉄道唱歌でお馴染みの、旧新橋停車場へ。(大正初期に新橋(汐留)から現在の東京駅に発着駅が移り、汐留は貨物駅へと成長を遂げ、国鉄汐留駅が大井の貨物ターミナルへ機能を移転、再開発で復元されたものです)旧新橋停車場の鉄道歴史展示室で国鉄のインハウス(企業内)デザイナーとして数々のデザインを残した、黒岩保美さんの没後20年を迎えるにあたり、国鉄時代に残した数多くの功績を展示しています。終戦後の昭和24年に、戦時中に廃止に追い込まれた長距離旅客列車(へいわ)が復活。列車のバックサインをデザインしたのが黒岩さんでした。その後、ブルートレインのヘッドマークなど数々のデザインを残しました。湘南電車の元祖、80系電車のカラーリングをはじめグリーン車の、このデザインを考案したのも黒岩さんです。このグリーン車のデザインで、国鉄本社から功労賞を受賞されています。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      254
      3
      テーマ:
  • 13Jul
    • TOMIXから、小田急の新型ロマンスカーGSE70000形、Nゲージで製品化

      今年3月に営業運転を開始したばかりの小田急ロマンスカーGSE70000形が、トミックスからNゲージで製品化されることになりました。今回、製品化されるのは、3月に営業運転を開始した第1編成です。ということは、7月に就役した第2編成は、小田急TRAINSから出るのかな?気になるところです。

      142
      6
      テーマ:
  • 10Jul
    • ついに、小田急ロマンスカーLSE ラストラン

      ついに本日、2018年7月10日(火曜日)小田急ロマンスカーLSE が定期運用の最終日を迎えます。定期運用最終日の乗車券は発売と同時に完売という、皆さんの感心の高さが伺えます。1980(昭和55)年のデビュー以来、実に38年間も小田急ロマンスカーの看板列車として活躍してきましたが、新型のロマンスカーGSE 70000形の第2編成が就役するのを機に、後輩に道を譲ります。SE 3000形からの流れを汲む低重心の構造だったためバリアフリーにも対応でき、後発のHiSE 10000形とRSE 20000形よりも長く活躍できました。最終日は平日にもかかわらず、多くのファンに見守られて有終の美を飾ることと思います。今後は臨時列車での運用のみで、今年度中に引退、そして廃車になるようです。今までありがとう。小田急ロマンスカーLSE は、永遠に不滅です!!下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      179
      テーマ:
  • 04Jul
    • 今年のJNMA

      先週末に、まさかの梅雨明け宣言!!こんなに早く梅雨明けすると、水不足と農作物への影響が心配です。このくそ暑いなか、浅草で行われた鉄道模型Nゲージャーの祭典、JNMA (日本Nゲージモデラーズ協会)フェスティバルに行ってきました。浜松町から浅草に会場を移してから、3年目ですね。JNMAフェスティバルは、通常店舗やネットでは手にいれる事が出来ないガレージメーカーなどの会場限定品やジャンク品、中古の掘り出し物等々工作派モデラーにはたまらないイベントです。会場入り口で入場料500円を支払い、引き換えに入場券とクリアファイルをもらって、会場内へ。会場内は、人が多すぎて撮影など無理なのでいつもの路面モジュールへ。上のモジュールは、泉岳寺駅と京急本社ビルですね。こちらは、東急池上線の戸越銀座駅ですね。駅前の賑やかな雰囲気が伝わってきます。こちらは、個人モデラーの作品。クヤ165も、細かなところまで作り込まれています、東武の新型特急リバティも!完成品と見紛うほどの、高い完成度です!これが製品化されるのは、いつだろうか?今回の戦利品はJR東日本東海道線で活躍した113系国府津車のインレタ。そしてOERの旧い電車のインレタ。カトーのEF58用のナンバープレート。昔、グリーンマックスのストラクチャーキットに入っていたステッカー。王様のアイディアやワシントン靴店、平和相互銀行など懐かしいものばかり。著作権等が五月蝿くない、古きよき時代の名残ですね。あと、懐かしいワーキングビークルの4tトラックも。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      175
      2
      テーマ:
  • 30Jun
    • 小田急風味の、マルタイ

      マルタイと言っても、九州の有名な棒ラーメンの会社ではありません(笑)グリーンマックスから、小田急タイプのマルタイ(マルチプル・タイタンパー~保線用作業車)が発売されたので、早速買ってみました。プロトタイプは、グリーンマックスが以前から発売している、オーストリアのプラッサー&トイラーのマルタイとマテリアルワゴンのセットです。ライトグレーの車体にブルーのラインが、小田急のマルタイらしいですね。側面の防音カバーも、ちゃんと可動します。(実車ほどではないですが)こちらは実車。窓のレイアウトや形状が模型と異なります。実車の防音カバーは、ここまで下がります。マルタイは現代の鉄道の保線作業には欠かせない機械で、JRや大手私鉄には多く配備されています。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      121
      2
      テーマ:
  • 24Jun
    • 小田急 デニ1300

      遅くなりましたが、先日の大阪北部で発生した大きな地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。現地より被害状況が刻一刻と伝えられる度に、胸が締め付けられる思いです。今回は、中古で手に入れた小田急の荷電、デニ1300形のベースキットを紹介します。レボリューションファクトリーが20年くらい前に出していた、素材キットです。シンプルなエッチング板が1枚で、前面と側面を組み合わせ、屋根はグリーンマックスのエコノミーキットのクハ47のものを縦方向と横方向を詰め(笑)パンタグラフとランボード、ベンチレーターはグリーンマックスのものを使用。ヘッドライトはグリーンマックスのエコノミーキット小田急5000の前面から移植して、テールライトはキッチンのものを使用。ただ、組み立てた当時は鉄道コレクションが出る前で動力化は困難でした。当時は16m車用動力ユニットが無く、奥のグリーンマックス東急3000形の板キットを切り継ぎした小田急デニ1000形もどきに17m車のGM動力を入れて、デニ1300はトレーラーにしました。それから数年後、小田急電鉄TRAINSブランドでそのものズバリのデニ1300形鉄道コレクションが発売されました。専用の動力ユニットも同時発売(現在は絶版)本当にいい時代です。前面下の表記も、しっかりと再現されています。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      240
      テーマ:
  • 05Jun
    • ホームウェイで真価が発揮されるロマンスカー

      Nゲージ鉄道模型メーカーのマイクロエースから、小田急のビジネス特急ロマンスカーEXEα30000形が発売されたので、早速入手しました。しかし、基本+増結で税込定価が六万円近いのは痛い(泣)以前発売されたロマンスカーEXE30000形と並べて。よく見ると、細かいところが変わっていて、単純なカラーバリエーションでないことに気付きます。こちらは実車。ヘッドライトがシールドビームから白色LEDに前面の愛称表示が撤去されて側面の行先表示がオレンジ/赤LEDから白色LEDに変更されました。シートもEXEのものより深みがあってホールド感が高いものになりました。この他にも、走行装置のモーターが密閉式になったり色々と手が加えられています。こちらは、現行型のEXE30000形。こちらは、分割・併合を行う貫通扉付きの運転席側。前面の運転台と乗務員扉の間に、窓が開いているのがわかりますか?これは実車を運転する運転士から、側面が見えづらく停止位置等が合わせにくいとの声が上がったので、リニューアル工事の際に開けたとの事です。ちなみに、EXE/EXEαと同じく分割併合を行うロマンスカーMSE60000形は、乗務員室の側面の窓が最初から開いています。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      292
      12
      テーマ:
  • 31May
    • 小田急ロマンスカーLSE ラストラン開始

      ついに、この時が来てしまいました…小田急電鉄が公式ホームページでロマンスカーLSE7000形の定期運行を7月10日をもって終了、今年度中の引退予定であることが発表されました。1980(昭和55)年に、SE車から3代目になるロマンスカーとしてデビュー。実はLSEもSE3000形と同じく、国鉄東海道本線を試験走行した車両なのです。ただ、この時は車両の最高速を試すものではなく、国鉄の直流特急型電車183系とのボギー台車の車両と小田急ロマンスカーLSE7000形の連接式車両との性能や乗り心地の比較を調べるためだったようです。ちなみに、この時のロマンスカーLSEが東海道本線上で出した最高速度記録は、130km/h。90年以降からは、小田急ロマンスカー伝統のカラーリングから、HiSE10000形のカラーリングに準じたものになりましたが、2007年に旧塗装が復活してからは、今日までこのカラーリングを守っています。登場から38年間も小田急ロマンスカーの任を担ってきたLSEも、新型ロマンスカーGSE70000形の2編成目が就役するのを期に、定期運行から外れることになりました。先代のロマンスカーNSE3100形がラストランの時は盛大にやったので、今回も盛り上げて最後の花道を飾ってほしいと思います。そして鉄道ファンの皆様にも、鉄道会社や他の方の迷惑や支障が発生しないよう、マナーを守って節度ある行動をお願いいたします。ロマンスカーを含めた鉄道は、公共交通機関であることを、お忘れなく。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      205
      6
      テーマ:
  • 23May
    • ジオラマに置く、建物等々・・・。

      ジオラマに置く建物を、色々と考え中で駅舎は、国鉄時代の小ぢんまりとしたのが好きなので昭和50年中ごろまであった、木造の国鉄東海道本線の茅ヶ崎駅南口。今では立派な駅ビルが建って、北口のイトーヨーカドーなどは見えなくなってしまいました。駅舎は、このイメージで行こうと思っています。ジオラマの奥行きの関係で、北口は省略してしまいますが、ダイクマはどこかに置きたいですね。駅の大通りには、クルマのディーラーも。日産車ばかりなので、「赤舞台」でしょうか(笑)ちょっと小洒落た、イタリアンレストランも。TRATTORIA~トラットリアとは、イタリアの大衆向きの小さなレストランという意味です。平たく言えば、イタ飯屋(笑)海沿いのカフェテリアっぽい?駅のそばには、富士そば(笑)ここのカツ丼、旨いんだよな~。悩みは、尽きません・・・。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      246
      8
      テーマ:
  • 17May
    • 桑田佳祐の潜在能力を見せつけられた、1枚

      今回は、音楽のお話です。1981(昭和56)年に発売されたアルバム嘉門雄三&Victor wheels Live1981年に、渋谷EGGMANで行われたライブのレコードです。嘉門雄三とは、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが洋楽をカバーする時に使用するペンネームで、過去に小林克也さんのバンド「ザ・ナンバーワンバンド」のアルバム「ももんこ」の中で六本木のベンちゃん茅ヶ崎は今日も黄色いの2曲に、嘉門雄三名義で参加しています。嘉門雄三とは、桑田佳祐さんがサザンオールスターズのライブで「スタンド!アリーナ!щ(´Д`щ)カモ-ン!!」と叫ぶ「カモーン!!」と同じ茅ヶ崎出身の偉大な大先輩加山雄三さんから名前をいただいたようです。洋楽のカバーなので、演奏リストと当時、人気があった貸しレコード店を揶揄するコメントも(笑)ライブの写真が掲載されています。ボーカルは、嘉門雄三(桑田佳祐)さんギターは桑田さんの大学の後輩、斉藤誠さんベースとドラムは、サザンオールスターズのメンバーの関口和之さんと松田弘さん。パーカッションは、KUWATA BANDでも参加した、今野多久郞さんなどなど、錚々たるメンバーで構成され、ライブの司会進行は、今なお現役のラジオDJのレジェンド、小林克也さん!!右上の方が、ギターの斉藤誠さん。若い!(笑)現在の斉藤誠さん(左側)と、桑田佳祐さんの今でも日本のミュージック・シーンを盛り上げるお二人です。もうすぐサザンオールスターズが結成されてから40年になります。中学2年生の時にサザンに夢中の青臭い少年だった私も、今は加齢臭漂うオッサンに(笑)まだまだサザンを追いかけますよ!

      179
      4
      テーマ:
  • 06May
    • 新しいKATOの165系で「急行 東海」

      ゴールデンウィークは、仕事以外で出掛けなかったのですが、鉄道模型に散財してしまい結局金欠に(汗)まぁ、自業自得ですが。その散財した中でもKATOの飯田線 急行「伊那」4両セット。定価の4割引きで売られていたので、2セットを購入。別のルートで前もって入手してあったKATOの165系アルプスのセットからバラ売り品を購入した、グリーン車のサロ165を2両。前出の165系と組み合わせて往年の東海道本線の急行「東海」を組みました。急行「伊那」で余剰になったクハ165の2両は予備車となりました。リニューアルした165系は、ディテールも格段に良くなり、顔つきもシャープになりました。これに急行「伊那」4両セットを足すと、多客時の編成になり、「大垣夜行」として活躍していた姿になります、こちらは実車。グリーン車を2両組み込んだ格式ある急行列車でした。下のバナーをポチッとしていただけると、励みになります!にほんブログ村にほんブログ村

      166
      15
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス