GIN/バンコク/霊能者 バンコクGINの渋~く効くSixth Sense Blog + Thailand Life

GIN/バンコク/霊能者 バンコクGINの渋~く効くSixth Sense Blog + Thailand Life

バンコク滞在2児のパパ タイ情報・タイ私生活・考え方など書いてます。相談役・カウンセラーです。 霊能者の力はレントゲンみたいなもの。 座右の銘:飛ぶ鳥は先ず歩くことを学ぶ  ご相談からも勉強させていただいてます。ご縁に ありがとうございます。

NEW !
テーマ:
いつもご覧いただきましてありがとうございます! 
  
相学とは一切関係ないです。 全くのド素人なので。
ただ感じること それと霊視?!の相関  をふと。
 
 
親に 人を見かけで判断しちゃダメよ と言われた。
それを勘違いしている部分があると思う。 
 
悩みとはステップアップの下準備です。
 
GINは子供の頃に親に言われたのは
 
人は見かけで判断してはいけないよ という部分
 
 
今 GINという霊能者の仕事で様々な方のご相談を受ける中で それをどう捉えるべきだろうかと考えたことがある。
 
まぁずいぶんと昔の話で 霊能者GINと名乗る以前なんだけどね。
 
 
人を見かけで判断してはいけない
 
これは 服装や状態
 
また 不自由な体 やその影響によるもの など
 
その御本人ではどうにも出来ない部分とか
 
そういった部分を大まかに指していた気がする。
 
 
見た目が怖そうな人
 
見た目が優しそうな人
 
見た目 見た目 という客観的に感じ取る部分も
 
いつしかそれに含まれているといった理解に
 
なってしまっていると思うのですよ。
 
 
 
でね。
 
人相は色々とありますよね。
 
十人十色で同じ顔は2つと無い。
 
占いや風水と同じで人相や手相 顔相もそうだけど
 
統計学 です。
 
多くの方の情報を集めてみたら そういう傾向だった
 
これが 占いや風水 相学 だと思ってます。
 
 
 
要は 古(いにしえ)のビッグデータ ですかね。
 
 
ただね。
 
顔相や人相(ごめん 同じ意味かもしれないけど)
 
ってのは 部分で見るのと 全体で見るのでは
 
印象や 感触(受けとる感覚)は全く違うでしょ。
 
そういう 人間の感覚でみた場合の 人相(顔相)
 
ってのも あながち外れではないな と思う訳です。
 
 
 
顔相(人相)は
 
その人が生きてきた 履歴が出ていると思うんですよ。
 
どんな人生を歩んできたか が顔に出る。
 
 
で 霊視してると あながちそれが一致しているんですよね。
 
 
なんで今 こんな不確かであやふやな話を
 
態々ブログで書いたのか? 大丈夫か?結末
 
ってくらい内容が薄いんですが(^_^;)
 
 
いやね。
 
最近物騒でしょう?
 
 
こういう部分を多少なり信じて
 
初対面とか 周囲の人々を警戒する目ってのも
 
必要だと思うわけですよ。。
 
 
 
人同士付き合えば
 
悪いものも許せてしまうでしょ?
 
悪いものを悪いと指摘することだけが正義ではないと思うけど 加害される可能性があるものや 加害する可能性のあるものだったら 抑制する必要もあるし 避ける必要もあるでしょ?
 
 
最近の詐欺もそうだけど
 
判断する材料が多くなった事で
 
相手の情報を得た気になって
 
警戒心というか 人付き合いの大事な部分が
 
薄れている気がするんですよね。
 
 
 
例えば ですけどね。
 
すっごくほがらかで 優しくて
 
誰からも信頼される様な振る舞いで
 
という身近な方が居たとしてもね。
 
 
だからといって 全てを許せる相手ではない
 
ということなんですよね。。。
 
 
 
 
人を見た目で判断してはいけない
 
確かに見た目で判断するのは ろくな情報もないのに良くないと思う。
 
でも 昨今のSNSや他ウワサ話でもなんでも
 
情報が 本当のことを伝えているのかどうか
 
それすらわからない時代になって
 
でも 便利だから と利用する人も増えて
 
 
察し力 っていうかね。
 
察知力 と言うかね
 
 
本来の 人の持つ感覚が 鈍ってるのか
 
使わなくてもよくなっているのかわからないけど
 
でも なくしちゃいけないんじゃないの? 
 
こんな時代だからこそ 必要なんじゃないの?
 
 
ってね。
 
 
人相や顔相は その人の人生の年輪
 
GINはそう思っています(^_^;)
 
 
 
誤解なきよう
 
全ての方を疑っているとかそういうんじゃないですよ。
 
明らかに自分と対峙した時に ヤバイね と感じるとか そういう部分の話ね。
 
 
 
 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
 
 
 
 
お問い合わせはこちらから
⇓ こちらをクリック ⇓

お問合わせメールフォーム(Google Form)

 

 

 
左に一票 右に読者登録 ありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ   hp
 
お役に立てれば幸いです

テーマ:
いつもご覧いただきましてありがとうございます! 
  
桜の時期に一時帰国をする今回。 ふと染井吉野の桜が病気になりやすいので病気になりにくく染井吉野に近い色合いと花の形のジンダイアケボノという品種が主流になっているニュースを見た時に思った。。
日本人の感覚 四季折々の風情 らしさ
それを子供にどう伝えれば良いのだろうか と。。
 
悩みとはステップアップの下準備です。
 
今年から息子くんは小学校です。
 
インターナショナル校へ入学します。
 
日本人学校も考えましたが 英語が必須になる時代でもあるし 恐らく言語だけではないものを身に着けないと世界と戦えないだろうという思いがあっての環境選びでした。
 
日本人として日本に帰国することが前提なら日本人学校も良かったし 日本の教育で育った私達としては安心感もある。
 
だけど 今の状況からして 即日本に帰国することはなく とにかく英語+αでなにかを得てほしいと思ってのタイという居住地を選んでいる訳で 親である私達夫婦も 常に手探りです。
 
私達夫婦はお互いに自力で日本を飛び出した。
どんな形であれ 駐在員という役目を得る為の努力も実力も必要だったし、妻も自己判断によりタイを選んで今の地位や知識がある訳で。
自身の根性とか負けず嫌い故の努力とかあったから というのがある。
 
自分たちを褒めてるのではなくて 結局は本人のやる気と勇気と根性が座ってるとか メンタルと努力、地道さなどを自分がどれだけやってこれたか というか やるか という部分だと思ってます。
 
だから 息子くんや娘ちゃんに対して その後を左右する環境を 親として今作ってあげなければいけないのだけど 結局は本人のやる気だったりという部分もあるので という思いはある。
 
だから 子育ての環境が全て とは思わない。
 
 
 
ただね。
 
なぜ冒頭に ソメイヨシノ と ジンダイアケボノ という桜の話をしたのか? という部分なんですよね。
 
 
ソメイヨシノは イメージにある桜によく使われる桜ですよね。
 
透き通るような でも淡く繊細な花びらの色合いから
 
様々なものを日本人は感じるような風土がある。
 
 
儚さ 
 
汚してはならないもの
 
幼さ
 
時期
 
学業
 
進学
 
新社会人
 
新しい社会の動き
 
寒さ
 
季節
 
気温
 
服装
 
香り
 
匂い
 
 
桜という そのワードから
 
日本人はこれ以上にもっともっと
 
想像するわけでしょ。
 
 
そういう日本人らしさの感覚って
 
海外での子育てでは必要ないのか? とか
 
どうしても思っちゃうんですよね。
 
 
私 日本好きなんで。
 
 
じいちゃんも 婆ちゃんも 
 
父も 母も
 
日本の良いところ 感覚なんかも
 
教えてくれましたしね。
 
 
俳句  日本の古い随筆などもそう
 
その表現や 感じ方などもそう
 
そういう感覚が 私は好きです。
 
 
 
このブログでは 日本の感覚について
 
少し斜に構えた目線で発言することは多いけど
 
実は 私は日本 大好きです。
 
全てを肯定するわけじゃないからね。
 
だから 自国に対しての思いは厳しく鋭くなるのだけど
 
家系もまぁそうだけど
 
そういう感覚が好きなんですよね。
 
国歌の 苔のむすまで という最後のフレーズも
 
何を意味しているのか とか どんな思いで
 
受け継がれて来て 受け継がれていくのだろうか とか。
 
 
 
代々の家系を継がなければいけないとか
 
そういう部分は一切考えたことがない。
 
そして息子くん 娘ちゃんにも
 
そんなことは気にもせず
 
知らないで育ってほしいくらいです。
 
 
 
ただね。
 
苔に美学を見いだせる感覚というか
 
桜に感じる様々な感性とか
 
そういう感覚は 伝えてあげたいなって思う。
 
 
 
日本の国歌だってそう。
 
天皇陛下への思いもそう。
 
 
日本人である部分 伝えたいなって思うことがあります。
 
 
 
どう教えようかな と思う部分
 
いつ教えようかな と思う部分
 
興味を持ってほしいな と思う期待
 
全く意に反してだったらどうしよう という不安
 
 
ここにきて ふと思う事が多くなったかな。
 
 
 
まぁ 桜の季節に一時帰国というのもあるけど
 
元号が代わり 
 
今上天皇の御退位と 
 
新天皇の御即位
 
 
こうしたギリギリのところでの帰国というのもある。
 
 
なんかね  なーんかさ。
 
日本を批判したり 日本脱出とか
 
いいよ それは個人意見だし考え方だから。
 
 
でも日本人だからさ。
 
寂しいんだよね。
 
先人が培った日本が今の日本の価値を作ってくれて
 
そして日本人という風土をお宝として残してくれた
 
そう感じられる国民としての 日本への思いやり
 
っていうかね。。。
 
 
別に 右左思考があるわけじゃありませんよ 私。
 
ただ 日本人 というだけで どれだけの恩恵があったか それを目の当たりにして海外で生活しているのもあるからね。 
 
それを否定するのって なんかね。。。
 
それに 自分の子供は  日本人として
 
そういう感覚で人生歩んでほしい部分もあるからさ。。。
 
 
だから 感覚は伝えたいんだよね。。。
 
 
カンボジアの殺害事件もそう
 
台湾での痴漢もそう
 
韓国の空港で暴れた日本人もそう
 
 
 
甘えてんじゃねーよ! 
 
って。。。 (T_T)
 
悲しいよ。。。
 
 
 
 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
 
 
 
 
お問い合わせはこちらから
⇓ こちらをクリック ⇓

お問合わせメールフォーム(Google Form)

 

 

 
左に一票 右に読者登録 ありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ   hp
 
お役に立てれば幸いです

テーマ:
いつもご覧いただきましてありがとうございます! 
  
霊視はしてない。だけどアドバイスはこういう内容で返事をしてしまうGINなので 仕事と変わらないじゃないかってくらい長文(^_^;)  
まぁこれは ある条件があっての返事を許可もらって書いてるので これが全てではない。 でもどう? っていう部分。
 
悩みとはステップアップの下準備です。
 
女性の恋愛観ってね。
 
若い頃の恋愛とね、経験値が上がった年齢の恋愛って何が違うんだろうってこんな仕事をしていると良く考える。


若い頃は感情が勝って その感情を最大限にアピールできる為に行動や本当の自分をどうにか工夫するし無理もする。

ある程度人生経験もある頃の恋愛は経験値がある意味邪魔しているのかもしれないけど 相手の見なくても良い部分を見てそれをも好きになろうとするし、逆に相手に見せなくてもいい自分を見せてでも それが私でそこも好きになってほしいという 本当の自分 を表現するじゃん。

きっとそういう差が根本にあるんだと思う。




自分のことを棚に上げて言うが

男って おバカだからね。
いつまでも超合金で遊びたい成長しないor成長が遅いと思う。
 
”あなたのために” と女性の為に動いている様で結局自分の為だった っていう恋愛年齢の幼さがある人が多いと思う。



もちろん 男たるやの美学というか 背中を持ってる男も居る。

ただなかなかそういう男ってのは家庭持ってたり背負ってるものがあったりで。。。 
 
そういう人と出会いたい女性にはなかなか遠いのも事実。


だからという事もあるし むしろという部分もあるのだけど 世の中の彼女や奥さんは そんな男を育ててる部分はあると思う。
きっと男もそれをわかってるからこそ 頭が上がらなかったり 俺はじゃぁ仕事に没頭するから任せる みたいな・・・
 
出会いたい男はもしかすると そうやって育てられた男を見てしまってそこに魅力を感じてしまったからかもしれないし。

ただ現実としてそんなぬるま湯に浸かってると 裏で別の人 なんてのが今の心の疲れや癒やしを求めた 不倫事情 なのだと思う。 不倫が多いのはそういう部分もあると思う。 
でも結局はこころの弱さなんだけどね。 今回の話とは違うのでこれ以上言わないけど。
 



出会いがない  出会わない。

確かにそう。 むしろそりゃそーだ。
 
そういう背負える男を探してしまう訳だし

目が肥えているのだから。。。




でもね 原石は居ると思う たくさん。

日本男は なんだかんだ良いもの持ってると思う。


他人のことを言って自分を棚に上げてここまで話してきたけど 俺は妻に感謝している。 強い奥さんだけどね 笑  息子共々、我が家では男どもを育ててると思う。 それに負けたくないからこっちもやってるつもりだけど、まんまと術中にハマっているみたいだが 笑




身近な人の”育て”に答える男 つまり原石を探すつもりで周りを見てみたらどうだろう?   

甘ったれ亭主関白基質
 
内弁慶なガキ大将 
 
おだてられて伸びた鼻に気づかない逆切れピノキオ
 
 
 
こういう部分をもしかしたら持ってる相手かもしれない。
 
でも 頑張り屋だったり 根性屋だったり
 
火事場のクソ力持ってたりね。
 
 
 
好き になり方 
 
色々と変わってても良いのでは?
 
 
それが個性だし それが楽しさであり 愛情だろうと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなか良いことを言ったとついブログに 笑
 
自分のことを棚に上げすぎだろう! と
 
戦々恐々ではあるが  笑
 
 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
 
 
 
 
お問い合わせはこちらから
⇓ こちらをクリック ⇓

お問合わせメールフォーム(Google Form)

 

 

 

 
左に一票 右に読者登録 ありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ   hp
 
お役に立てれば幸いです

Ameba人気のブログ