仏教を味わう。

仏教を味わう。

仏教を聞き学ぶものです。
見方によって世界は変わる。
学んだこと感じたことをご紹介。
「jun_nagai_」on twitter.

年末ですね〜!

さてさて、
今年の「本願寺賞キラキラ」は、どの寺院の何という事業が選ばれるのでしょうか?

クリエイティブ賞キラキラ」も、どこのご門徒と僧侶が受賞するのか気になります!

報恩賞キラキラ」は、やっぱり毎日お寺参りされていたあのご門徒さんが受賞するのかもしれません!

最多事業数を讃える「ナイス教区で賞キラキラ」はどの教区ですかね?

よーし!
1年を振り返って、来年も良い計画を立てるぞ〜!

というような、
本願寺派を楽しむ年末があっても良いと思いませんか?

真面目に考えた案なのですが、いかがでしょう目

境内に存在する大木や古木。

枯れ木や枯れ枝が落ちると危険ですので、

毎年一本ずつ伐採しています。

 

職人さんを選定し、

見積もりをとって、

常任委員会、役員総会で承認を得てから

実施となります。

 

危険個所はたくさんあるのですが、

予算はたくさんないので、

毎年一本の計算で進めています。

 

浄善寺本堂の裏側。柿崎区総合事務所前。

 

松くい虫によって、葉が赤くなってしまいました。

 

 

職人さんが高所作業者に乗って、木を伐採。

 

 

株式会社いぶきさん

 

上越青年会議所時代の仲間です。

 

木がなくなって、向こうの空が見えるようになりました。

 

危険が一つ減って、一安心です。

 

落ち葉も減り、掃除の時間も減って、一石二鳥キラキラ

 

お寺の境内には、

多くの場合、木が植えられています。

 

イチョウ

水分を多く含むので

火事を防ぐために、

 

ケヤキ

枝葉が燃えやすく木は固いので

燃料や材木として利用するために、

 

は常緑で悪条件に負けない強さをもつので

品格や長寿の象徴とするために、

 

は高くのび横に増えるので

風を和らげるために、

植えられている事が多いと思います。

 

お寺にいますと

木からも

意味や歴史を感じるのでしたキラキラ