WEBデザイナーTAKAのブログ | アメブロカスタマイズ、ホームページ制作など受付中

WEBデザイナーTAKAのブログ | アメブロカスタマイズ、ホームページ制作など受付中

WBEデザインを中心に、ブログのカスタマイズ、ヘッダー画像の加工、facebookページ制作、ホームページ作成で毎日を楽しみながら生きている自由な男の情報発信ブログです。

ホームページ制作会社を探したら、制作費用にバラつきがあるのに戸惑った経験はあると思います。

適正な相場がいくらなのかを知らないと、制作会社に言われるまま不必要なホームページを作ってしまったり、無駄にお金を払ってしまったりすることになりかねません。

ホームページ制作に一体どのような費用がかかってくるのか、ホームページを制作するのに適正な相場はいくらなのかを具体的に解説します。

 

ホームページ制作費用・相場の現状 – KAMIJOU ウェブデザイン

 

ホームページ制作費用の相場

ホームページ制作費用の相場は、20~30万円位からで、70~80万円位する場合もありますし、デザインや機能など

追及すると100万円を超えることも珍しくありません。

※TOPページを含めた 5~10ページの場合の金額

  • オリジナルデザインでの制作を依頼する
    • 20万円~100万円以上
  • テンプレートのカスタマイズを依頼して制作する
    • 20万円~30万円前後
  • ネットショップの制作を依頼する
    • 50万円以上
  • 独自システムの構築を依頼する
    • 100万円以上

ホームページ制作の相場を左右する3つのポイント

ホームページの制作費用の相場は、以下のポイントで変わってきます。

1.ホームページを制作する目的
2.作りたいホームページの仕様(デザイン性、機能など)
3.ホームページ制作の依頼先

品質の高いホームページをできるだけ安く作るには、ホームページを制作する目的に合わせて、ホームページの仕様や制作の依頼先を決めるのがポイントです。

ホームページを制作する目的

ホームページを制作する目的を決めないと、どのようなホームページが必要なのかが分かりません。

漠然と「ホームページが欲しい」というだけで制作してしまうと、不必要なところに費用をかけてしまったり、必要なものが足りなかったり、などの事態が発生してしまいます。ホームページの制作に入る前に、まずは制作する目的を明確にしておきましょう。

名刺代わりのホームページ

名刺代わりの会社案内用のホームページの場合、ホームページからの集客はあまり考えなくても大丈夫です。高度な機能やシステムも必要ありません。

但し、顧客に信頼してもらうためにホームページを制作するので、顧客が見たときに不安を感じるような素人感のあるデザインではマイナス効果になってしまいます。デザインはビジネスに適した、きれいでそこそこおしゃれなホームページを用意しましょう。

ブランド力を高めるためにデザインにこだわるなら、30万~100万前後の費用がかかります。

集客用ホームページ

集客用ホームページの場合、SEO対策も必須のためデザインだけでなく、ホームページのコンテンツや文章・写真もしっかり作り込んでいく必要があります。

名刺代わりのホームページ制作よりも、どうしても制作の平均相場は上がります。

集客用のホームページは、デザイン重視の制作会社に頼むと失敗しがちです。デザインがおしゃれなばかりで、集客効果の期待できないホームページが出来上がる可能性があります。

SEO対策や広告の運用代行などができたり、ネット集客のノウハウを持っていたりする、マーケティングに強い制作会社に依頼するのがおすすめです。

制作だけでなく、完成後の運用サポートもお願いする場合は、制作費用以外も月々のサポート費用がかかります。

販売用のホームページ

ネットショップを開設したい場合は、ホームページにショッピングカートと決済システムの導入が必要で、ECサイトをゼロから構築する場合は、安くても50万円以上の費用がかかります。

費用を抑えるためにも、最初はネットショップ用に、集客・決済機能などが搭載されたサービスを使うのが最も現実的です。

最近では「stores.jp」や「BASE」など、ネットショップの開設を無料でできるサービスもあり、手軽にここから始める人も増えています。

作りたいホームページの仕様

デザインや機能にどこまでこだわって、ホームページを制作したいとお考えでしょうか?

当然のことながら、こだわればこだわった分だけ、制作費用の相場は上がっていきます。

ホームページ制作の依頼先

ホームページ制作の相場を大きく左右する要因の3つ目として挙げられるのが、ホームページ制作の依頼先です。

ホームページ制作会社といっても、その会社の体制や規模によって、相場は大きく異なります。

中小規模の制作会社に依頼する場合

30万円~100万円くらいの相場が多く、仕様やページ数、システム導入の有無などによって、相場は変動します。大規模な制作会社に比べると、仕様面や制作費用などは多少融通が利く可能性もあります。

大規模な制作会社に依頼する場合

中小規模の制作会社と同様、使用やページ数、システム導入の有無などによって相場は大きく変動します。100万円以上はかかると見込んだ方が良いかも知れません。

多くの人数がいるため、スタッフの病欠や退職による音信不通・制作進行の遅れなどのリスク回避はできる分、人件費や設備費が多くかかり、それが制作費用に上乗せされます。大きなコストダウンは期待しない方が良いでしょう。

外注制作を主としている制作会社に依頼する場合

最近はこのような会社が増えていて、通常の相場に、マージンが20%~40%計上されます。マージン費用が上乗せされるため、高額になるケースが多いです。

また、詳しい知識やノウハウも持たない場合が多いので、集客や販売が目的の場合は避けたほうが良いと思われます。

最後に

適正な相場でホームページを制作するために、何を目的としてホームページを制作するのか、ホームページを制作して何を達成したいのか、そのためにはどの程度のホームページを制作すれば良いのかをぜひ明確にしてみてください。

ホームページ作成ソフトは開発も進んでいて、無料でもお洒落なホームページを作る事が可能です。

 

しかし、無料ソフトやHP作成サイトは格安でホームページを作成できますが、集客や売上げにつなげるのには向いていません。

 

「自分で作成したけど完成できずにそのまま数年経ってしまった」という方も多いのが現状です。


残念ながら、無料ツールで集客効果の高いホームページを作成している企業はほとんどありません。

 

貴重な時間を有効に使うためにもホームページ制作はプロに任せたほうが良いと思います!

 

 

集客に強いSEO対策をしたホームページ制作します

せっかくホームページを作っても、見てもらえなければ意味がありません。

 

多くの人に見られなければ制作自体が無駄になってしまいます!

 

ホームページ作成、ブログのカスタマイズ、SNSとの連携、最近では当たり前になったYOUTUBE動画の活用。

 

プロとして20年以上活動してきた私が結果を生み出せるホームページを作成します。

 

初心者の方でも簡単に更新ができるWORDPRESSをベースに構築します。

 

 

 

今回は、多くの人達が疑問に思っているNHKの受信料について取り上げます。

インターネットが発達し、テレビなど全く見ないという人達が年々増えていく状況で、

未だに昭和初期の古い仕組みが改善されずに負の遺産として存在し続けています。

これを長年放置し続けてきた政治家たちにも責任があると思いますが、他のメディアも同罪と言えると思います。

何年も前から偏向報道を繰り返し、捏造番組も数えきれないほどの数になっていて、

しかも毎年のように、わいせつ行為や薬物関連などで逮捕者を出しているNHKに対して、メディアは追及しようとしません。

今ではどの放送局も「仲良しごっこ」のように繋がっていて、チャンネルの独自性も感じられず

「テレビはつまらない」と話す人たちが増え続けています。

そのような状況にも関わらず、NHKを全く見ない人達からお金を取り続けようとする経営姿勢に待ったがかかりました。


6月26日、NHKだけ映らないようにしたテレビを自宅に設置した女性が、

NHKとの契約義務不存在確認を求めた裁判で、原告勝訴の判決が東京地裁で言い渡されました。