WEBデザイナーTAKAのブログ | アメブロカスタマイズ、ホームページ制作など受付中

WEBデザイナーTAKAのブログ | アメブロカスタマイズ、ホームページ制作など受付中

WBEデザインを中心に、ブログのカスタマイズ、ヘッダー画像の加工、facebookページ制作、ホームページ作成で毎日を楽しみながら生きている自由な男の情報発信ブログです。



昨年は、長短利回りが逆転する逆イールドの発生で、

リセッション(景気後退)への強い警戒が広がりました。

そして、そのタイミングがいつ起こるのかを気にしている投資家は山ほどいるはずです。

今回のコロナウイルスの感染が世界中に広がり始めたことで

大暴落につながるのではという声も上がり始めています。


市場の不安心理がチャートで読み解けたらいいと思いませんか?


東京市場がオープンしてから円売りで進みましたが、

窓を埋めることができず、現在はもみ合っています。


この後も上値が重い展開が予想されますので、

ドル円は109円を軸に売りを検討。

109.25円辺りまで戻ってくれると理想的な売りのポイントとなります。


特に中国の影響を受けやすいポンドと、豪ドルに関しても

売り目線で、上に引き付けてから売りを入れたいと思います。


いずれにしても、コロナウイルスの感染拡大懸念は

中国の旧正月が終わるまで消えることはないと思いますので

各通貨ペアとも、しばらくは下目線が続くと想定しています。



トレードの注意点は、

主要株価、長期金利の動向を見ながら、

・各国の要人発言や指標発表。

・トランプ大統領の発言による変動。

・イラン情勢。

・米中の貿易問題。

・イギリスのEU離脱問題。

・コロナウイルスの感染拡大懸念

となっています。


世界的に有名な投資家、ウォーレン・バフェット氏を紹介しようと思います。

彼は、アメリカの投資家で慈善事業家でもあります。

世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主で、

1969年から会長兼CEOを務めています。

1994年、経済誌「フォーブス」の世界長者番付の1位。

2006年、約370億ドル(当時の日本円で約4兆3000億円)を

財団ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金などに寄付。

自らの財産の8割以上を手放しました。


「1億円払ってでも話を聞きたい」と言われる人物です。


また、億万長者にもかかわらず郊外の質素な家に住み続け、

収入の大部分を慈善事業に寄付しています。

このことから、彼は生まれ故郷、ネブラスカ州オマハの名を使い

「オマハの賢人」と称されています。