~細いだけでは物足りないあなたへ理想のプロポーションのお手伝い~ 


「しっかり筋トレしたのにバストアップしてない…」

「ヒップを変えるために色んなエクササイズをしたのに…」

「もう少し太りたいのに…」

「細いだけじゃなくもうちょっとメリハリが欲しい…」


そのような声から生まれたメリハリボディートレーニング。


あなたの理想は細いだけで満足ですか?

健康的なメリハリのあるカラダへと進みましょう!


あなたの魅力を作る週1回のトレーニングでバスト・ヒップの

理想プロポーションを引き出す「メリハリボディートレーニング」


>>>初回体験のお申し込みはこちら<<<

  • 22 Nov
    • 下を向いて踏み留まってませんか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。トレーニングに関することや、体を変えることに関する情報ってネットで見たことありますか?たくさんありますよね?色々見てあなたは心の中で、「何をやっていいかわかんない」と思っているのではないでしょうか。「体を変えたい!」と、そう思っている時に多くの情報があると、迷ったり不安があったりして中々踏み出せないですよね?でも、迷ってたらチャンスなんてあっという間に過ぎ去ってしまいますよ。色んな情報を見て混乱してる場合は、自分に合ったものや自分のやりたいことをやればいいんです。あなたには選択肢があって、それを選ぶという事ができるんですから。やらずに時間だけが過ぎていくときっと後悔しますよ。「あの時やっておけばよかった…」そうならない為にも、迷った時は動きだしてみましょう。あなたの今の体をずっと維持することはできないんです。筋肉量や基礎代謝、骨量などは何もしなければ衰えていき、それこそ“健康”ということに問題が生じます。いくらネットの情報を読み漁ろうが、筋肉量や骨量などは増えません。下を向いてたって何も変わらないですよ。“勇気”は誰かから与えられるわけではなく、自らで作れるものです。動きだす勇気を持つのも時には必要ですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページはこちら

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 21 Nov
    • バストアップは姿勢を正すだけでは足りない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。突然ですが、あなたに質問です。あなたは姿勢が良いですか?そう聞かれて、「はい!姿勢良いです!」と答えられる人は中々いません。姿勢の悪さで代表的なのが猫背。そして猫背に関連するのがバストです。猫背の姿勢はバストの位置が下がるだけではなく、肩こり・首こりなどにも繋がり、当然見た目にも良くありません。では、猫背を直して姿勢を正せばバストは上がると思いますか?でも実際はちょっと違います。猫背って悪い姿勢ですよね?その姿勢から正しい姿勢になるという事は、その人の本来の姿勢に戻るということです。悪い姿勢から元に戻るという意味です。猫背の悪い姿勢でバストが下がり、姿勢を正していくことがバストアップと言えるのでしょうか?それは、バストがその人の本来の位置に戻っただけです。猫背の姿勢はマイナスの状態、そこから正しい姿勢になるというのはゼロの状態。確かにバストの位置は下がっている状態から上がるのでアップにはなりますが、本当のバストアップはそこからです。正しい姿勢のゼロの状態から、バストのサイズが増えたり、位置がアップすることを本当のバストアップと言います。元に戻すことだけを一般的な姿勢改善のエクササイズなどではバストアップと言っているんです。それに20〜30代の女性で、明らかに猫背で姿勢の悪い人って見たことありません。画像のようによくあるこういうの。(画像の左側)ではここでマイナスの状態から少しでもゼロに戻していく方法をご紹介します。画像のように仰向けになります。まず片方ずつですが、胸の膨らみ具合いや胸の筋肉の柔らかさを比べてください。仰向けになったまま、片方の肘を90度に曲げ、手のひらを自分の顔の方に向けます。反対の手は肘を曲げてる側の胸の少し上を軽く触れます。この時、繊細なガラス細工を触れてるかのような力加減で触れてください。決して力は入れないように。触れたまま深呼吸を3回するだけです。深呼吸する際は、胸を膨らませるように吸って、胸を膨らませたままお腹だけで吐いてください。終わったらもう一度、胸の膨らみ具合いや胸の筋肉の柔らかさを比べてみて、膨らんでたり胸の筋肉が柔らかくなってれば正解です。1回やって変化がわからなければ2〜3セットやっても構いません。猫背を直すのがバストアップだと私は思っておりません。本当の問題はそこからですから。あなたはどちらがいいですか?“マイナスの状態からゼロに戻るだけのバストアップ”なのか、“ゼロの状態からさらにプラスにしていくバストアップ”ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      5
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 弱いカラダにしないために

      こんばんは。札幌でバストアップ・ヒップアップ専門、痩せぎみ体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。あなたが筋トレをすることに対して、一歩引いて考えてませんか?「私に筋トレなんてできるんだろうか?」「ダンベルとかなんて無理そう」など。しかし、あなたの筋肉量が少ないなら筋トレは必須です。バストアップでも、ヒップアップでも、体重を増やすためにも必須です。筋力や筋肉量の減少というのは体温の低下にも繋がっていて、体温が1度下がると免疫力は30%も減ると言われてます。免疫力が低下すれば、カゼなど引きやすくなって文字通り“弱い体”になってしまうんですよ。それと、デスクワークや主婦の人でもずっと座ってたり横になってる生活をしてると筋肉は時間の経過と共に弱っていきます。その、“体の弱さ”や“筋肉の弱さ”に対抗できる手段が“筋トレ”なんです。「じゃあ筋トレしよう!」と思ってる所申し訳ないですが、ちょっとその前に。免疫力を上げるには筋トレしかないと思ってませんか?免疫力を上げるにはまず、“免疫細胞の働き”を活発にしなければなりません。その為には、たんぱく質やビタミンが必要になります。当然ですが、ここでも“食事”が関係してくるんです。そもそも摂取カロリーが少ないと“筋肉を作る”ということに繋がらないんですが。「筋トレすることが大事なのはわかったけど、どれくらいやればいいの?」と思っているのではないでしょうか。もしかして、週3〜4回とか考えてませんか?しかし、筋トレのやり過ぎも禁物ですよ。頑張り過ぎると体の中でストレスホルモンと言われている“コルチゾール”というホルモンが分泌されます。中には、「私、体力もないから走ったほうがいいかな?」と思ってランニングに力を入れる人もいますが、これもちょっとコルチゾールが絡んでいるんです。もともと体脂肪などが少ない場合、ランニングで消費されてしまうのは筋肉に蓄えられてるエネルギーなので、どんどん筋肉が破壊されていくということです。これもランニング中に分泌されるコルチゾールが原因だと言われてます。総合的に見るとコルチゾールは免疫力や筋力までも低下させる場合もあるので悪者にしか見えないですよね?でも、どんな人にでもコルチゾールというホルモンは分泌されますし、必ずしも悪者ではありません。“筋トレ”と聞いて一歩引いてたのは改まりましたか?筋トレをすると、体に変化が起き今までにない新しい自分になれて、自分の体にもっと自信を感じられるようになりますからね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      5
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 太れないのは食べる量が少ないからではない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。あなたは“体組成計”って知ってますか?体重や体脂肪率、筋肉量などを測定する器械のことです。測定した結果、“痩せ型”という判定になってませんか?あるいは、健康診断などで体重が少なく医者から「もう少し体重を増やした方がいい」と言われたことありませんか?そのような場合、どう改善しようと思いますか?・食べる量を増やす・筋肉がないので筋トレをするどちらも間違いではありませんが、やり方を間違えればあなたが望んでいる成果は出ないでしょう。“食べる量を増やす”と考えると、カロリーを増やそうと思っていかにも太りそうな、糖質の高いものや脂質の高いものを選びやすくなります。それを食べても確かに太れるんです。でもそれが本当に健康的かというとそうではありません。確実に、腸内環境は荒れます。そもそも普段食べる量が少ないのに、いきなり食べる量を増やそうと思っても中々厳しいですよね?カロリーを増やすのも大事なんですが、まずは摂ってる栄養に偏りがないかを確かめてみましょう。パンが好きだからといって1回の食事でパンだけになってるとか。食べてると思っても、野菜のほうが多かったり。など、色々修正箇所が出てきます。健康的に太っていく為にも、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルというのは必要なんです。そして、食が細いのは胃や腸に不調があったり、正しく機能してなかったり、ストレスなどで食欲が低下してる場合があります。なので、食べる量を増やすのもいいんですが、胃や腸を正しく機能させてあげる事も考えましょう。なぜ胃や腸が正しく機能してないかというと、体の歪みからくるのも原因のひとつだからです。体が歪み姿勢が悪くなると、内臓は本来の位置からズレたり圧迫されます。ズレたり圧迫された内臓はやがて機能が低下し、食べたとしても栄養が十分に消化・吸収できなくなっていくんです。もし、栄養のバランスを考えず糖質の高いものや脂質の高いものを食べて、姿勢が悪く内臓の機能が低下していたらどうなるでしょう?あなたが望んでいる成果は出ず、時間だけが過ぎていくだけですよ。それと、体組成計の数値ってそこまで正確ではありません。測定する時の体の状態によって、数値って簡単に変動しますから。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      8
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 生活習慣を変えるのが先?筋トレを始めるのが先?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。あなたは体を変えるために何が必要だと思いますか?色々ありますが、「生活習慣を改善しましょう!」と聞きますよね?私も常に言ってます。確かに食事などを改善すると体は変わっていきます。なので、「よし!まずは生活習慣を見直して変えていこう!」と思うんです。しかし、食事などを変えるだけで本当に体が変わると思いますか?体重を増やしたい場合、その人にとっての適切な食事があるし、その他にもやることがあるんです。たんぱく質をしっかり摂って、ある程度筋肉量が増えてもそこから向上させるのは厳しいです。筋肉の成長に欠かせない“成長ホルモン”はアミノ酸によって分泌を促せますが、生活習慣を変えるだけでそれ以上に促進させるのも難しいです。では、あなたの問題をどうやって解決するかというと負荷をかける“筋トレ”なんです。ただし、負荷といっても低負荷ではなく“あなたにとっての高負荷”ですからね。成長ホルモンの分泌を促進させる条件として“高負荷でのトレーニング”が条件なんです。それによって成長ホルモンの分泌促進が起き、筋肉量も増えていくんです。そして、体に負荷が掛かると骨もその重さに耐えようとして骨の強度が上がったり、免疫力なども向上して、文字通りあなたは“健康的な体”になるんです。逆に筋トレをせずに生活習慣を改善するだけで、バストアップやヒップアップ、体重を増やすことはできないんです。変われたとしてもそれは一時的なこと。目標目的などは人それぞれですが、生活習慣だけを改善するのはかなりもったいないですよ。そもそも、“生活習慣を変える”ってそんなに簡単なことではないですよ。すぐに始めることはできても、それを習慣化するのに、ものによっては3ヶ月くらい掛かったりすることなんてしょっちゅうあることですから。それに間違った習慣をつけてしまうとずっと間違ったままになるので、結局また行き詰まって元の生活習慣に戻してしまうんです。そうなるんだったら生活習慣を変えるより先に筋トレした方がいいです。筋トレによって生活の質も変わりますし、健康状態も良くなっていきますし、見た目が変わって自信がついていくんです。そう考えると筋トレのデメリットってほとんどないですよね?間違えないでいただきたいのが、筋トレをして成果が出てから生活習慣を変えると言ってるわけではありません。筋トレを始めてからでも生活習慣を改善して成果を出すことが可能、とお伝えしているんです。“生活習慣を変えてから筋トレをしていく”よりも、“筋トレを開始してから生活習慣を変えていく”という方がマシです。生活習慣は日常的なこと。あなたにとっての高負荷の筋トレは非日常的なこと。非日常的なことからスタートすると新鮮な気持ちにもなります。あなたは生活習慣を変えるのが先ですか?それとも筋トレが先ですか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      6
      テーマ:
  • 14 Nov
    • ただ動かしてるだけでは効かない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。お尻の筋肉って普段そんなに使われません。お尻の筋肉は脚を後ろに動かす動作や、脚を横に開く動作の時に使われます。そんな動きほとんどしないですよね?なので衰えやすいんです。衰えても衰えたままにせず、使わないとヒップのサイズアップはできないですよ。本当は衰える前にやるのがいいんですが。「じゃあ、ちゃんと筋トレしよう!」と意気込んでも、何やったらいいかわからないですよね?“お尻の筋トレ”とネットで調べると色んな種類のお尻の筋トレが出てきます。それを1つひとつやってたらかなり時間が掛かります。たくさんお尻の筋トレをやるのもいいですが、効率良くやるのもポイントですよ。ただし、効率良くやったとしても本当にお尻の筋肉をしっかり使えているのでしょうか?お尻の筋肉は体の後ろ側にあり、筋トレをしてもほとんど使ってるお尻が見えないので意識しずらいんです。かといって四方八方に鏡を置くわけにもいきません。その為、ただ脚を動かしてる人が多いです。“お尻を使ってる”と思っていても本当は、“お尻を使ってる気になってる”というのがよくある間違いです。動かす方向や、負荷が掛かる方向が違うとそれに合わせて意識を変えていった方がさらにお尻に効きます。意外に細かいですよ。では、誰かがやってるのを見よう見まねでやったらどうなるでしょう?動きは真似できても、効かせることができるかというとそうではありません。やがて効いてるかどうかよくわからず諦めてしまうんです。結局、それは遠回りでしかありませんよ。あなたは、“お尻を使ってる気になってる”になりたいですか?それとも、“お尻にしっかり効いてる”にしたいですか?どちらが良いと思いますか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      8
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 体を変える1番の近道

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。どんな人でも、「体を変えたい!」「もっと○○したい!」など目標があるはずです。成果を出したり、目標を達成するためにできれば近道したいですよね?わざわざ何年も掛けて体を変えるという遠回りはしたくないはずです。私は小学生の頃ポケモンをかなりやってまして、レベルを上げたいからレベルを上げる道具を使ったり、裏ワザを使ったりしてました。それもある意味、近道です。話を戻しますが、体を変える1番の近道って何だと思いますか?正解というのはありませんが、1つ言えるとするとそれは、継続することです。どんなに良いトレーニングをしても、どんなに良いことを聞いたりしても継続しなければ何も意味ないんです。1ヶ月や2ヶ月で成果が出たとしても、継続しなければすぐ元に戻りますし、自分1人でできることなんて、たかがしれてます。1回トレーニングを受けたからといって、体験を受けたからといってそこで何もかも理解できることはまずありません。大切なのでもう一度言います。体を変える1番の近道は継続することです。今日はちょっと短めに。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      4
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 揉んだら押したりじゃ吸収はできない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。血流が悪いからといって、心臓が動いている人に心臓マッサージはしないですよね?あるいは、動脈や静脈を押したりはしないですよね?もちろん血は心臓が絶え間なく動いているので流れているんです。でも、“リンパ”で考えると大抵の人は“流す”という行為をしてしまいます。リンパ管そのものにポンプ作用はないので、リンパは絶え間なく流れているわけではないんです。だからと言って、その度に押したり揉んだり伸ばしていたら、労力を使ってしまって逆に疲れるだけですよ。あなたもそのような経験ありませんか?例えばですが、水道の蛇口に付いているホースをイメージしてください。ホースの中に何かゴミのような物が詰まってるからといって、ホースを揉んだり押したりして流さないですよね?大方、水量を多くして流すはずです。これを人の体でいうと、揉んだり押したり伸ばしたりして流さなくても、流れる機能を作ってあげればいいだけなんです。昨日もお伝えして聞き飽きてるかもしれませんが何度でも言います。リンパは流さなくていいんです!流れる機能を予め持ってるんですから。ただ、リンパ液をポンプしているのは筋肉なので筋肉を動かさなければなりません。「じゃあ筋肉動かせばいいの?」と考えがちですが、筋肉そのものの状態が悪ければポンプ作用も悪いだけです。だからそこポンプ作用がある筋肉を柔らかくしてより良くしてあげるんです。ポンプ作用って老廃物などを押し出したり、流すという排出というイメージの方が強いかもしれませんが、ポンプというのは、“吸収”という意味でもあります。流れる機能を作ってあげるので老廃物などを排出し、新しい栄養素がより筋肉に吸収されていくんです。なので“流す”という行為は排出だけなので一向により良い吸収はありません。筋肉を付けたいなら、バストアップしたいなら、ヒップアップしたいなら、太って標準体型になりたいなら、排出も大切ですが吸収も同じくらい大切にした方がいいです。“流す”と“流れを作る”“流れを促す”は全く違いますからね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      5
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 流れを作ってあげるだけなのに…

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。“リンパが詰まってるからマッサージをする”というのは本来おかしなことなんです。バストアップとリンパマッサージってセットで聞く言葉なのでマッサージしようとしてませんか?よくある、脇の所を強く揉んだりゴリゴリ押したりするアレです。揉んだり押したりしても、一時的なものでしかなく本来の体の機能を奪ってしまってるんです。「リンパが詰まっているので流しましょう!」と言われてますが、なぜリンパが詰まるのでしょうか?本当にリンパが詰まってるのであればリンパ管は膨れ上がったり腫れ上がったりするはずです。“リンパ”と聞くと、デトックスや老廃物を押し流すというのを思いつくはずです。リンパ管は、確かに老廃物などを含んだリンパ液が流れていく場所で、所々にリンパ節というのがありそこで老廃物がろ過されていくんです。ですが、リンパ液というのは老廃物を含んだものだけではありません。動脈側から流れてきた、新しい栄養素や酸素は血管の外に出てリンパ間質液として筋肉の周りに留まります。筋肉の中にもリンパ間質液が入っていて、筋肉は常にこのリンパ間質液に浸っているのが通常なんです。筋肉が縮むと、老廃物などを含んだリンパ間質液が押し出され9割が静脈に、1割がリンパ管に入っていきます。その後、筋肉が縮んだ状態から戻ることにより、新しい栄養素や酸素を吸収するんです。しかし、強く揉んだりゴリゴリ押したりすると筋肉の細胞や組織って簡単に破壊されてしまうんです。破壊された細胞や組織は以前の状態よりも硬くなろうとして再生します。そしてリンパが詰まるというのは、リンパ管に次から次へとリンパ液がやってこなくて、良い循環が起きてないという状態です。そもそも“リンパ管が詰まる”って通常の人の場合だと“詰まる”ということはないですよ。人間の体にはリンパ液が“流れる”という機能がちゃんとあるんです。流れてないから流す。それをやっているといつまで経っても流れる機能は作れませんよ。流れる機能を作ってあげるには、・超優しく触れる・超優しく撫でる・超優しく揺らすだけでも簡単に筋肉が柔らかくなり、リンパ液が流れるようになるんです。「でもそんな事やってる人いないよ」と思いますよね。それは今までの常識に縛られてるだけで、新しい事を知らないだけなんです。常識に縛られてるので、いつまでも強く揉んだりゴリゴリ押したりをしてしまうんですよ。リンパは流す必要はありません。流れる機能を作ってあげるだけです。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      6
      テーマ:
  • 07 Nov
    • バストの上のへこみ気になりますか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。バストの悩みも色々あり、「私、胸の上ら辺がへこんでる感じがするからもう少し膨らみが欲しいな〜」そう思ってGoogleやYahooとかで“バストアップ 筋トレ”など調べてませんか?ちなみにバストの上部がへこんでいることを“そげ胸”と言います。検索してみると、「胸の上の筋肉を付けた方がいい」と出てきて、「じゃあこれをやろう!」と思ってやったとしても、最初から胸の上の筋肉はピンポイントで付きません。意味が無いわけではないですが、まず胸の筋肉を全体的に使ってあげた方がいいです。普段、筋トレをしてない人がいきなり胸の上部だけをトレーニングしても普段から大胸筋を使ってないのでそれ程ボリュームは出ないんです。安心してください。“ボリュームを出す”といっても筋肉質なバストにすることはありません。それに筋トレし過ぎても逆効果ですから。筋トレし過ぎて胸が硬くなるのってイヤじゃないですか?胸の上がふっくらとするバストを作るには限度があるんです。「じゃあ、バストのマッサージとかすればいいんじゃないの?」と思われますよね?あれもヘタすると逆効果に…あなたの“そげ胸”の悩みは、ピンポイントで筋トレしても根本的な解決にはなりませんよ。間違ったバストのマッサージなどをして、危険な橋を渡ろうとしてませんか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      8
      テーマ:
  • 06 Nov
    • あなたのワクワク感、薄れてませんか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。理想のスタイルになるまでの具体的なやり方がわからない時ってモヤモヤしませんか?「頑張って筋トレしてるのになんで?」「ネットに書いてあることをやってるのに変わらないのはなんで?」と落ち込みぎみになってるかもしれませんね。具体的なやり方などがわからなくて、ネットで色々調べたりして自分でやってみてもイマイチよくわからないですよね?よくわからないままやっても、成果が出ないという事に繋がっていきます。あなたのモヤモヤ感は、そこからきているのではないでしょうか。しかし、成果が出る具体的なやり方に出会った瞬間や知った瞬間に今までにない“ワクワク感”に変わるんです。「へ〜、こういう事だったんだ!」「こういう風にすればいいんだ!」など。そういう事に出会ったり、知ったりするのはとてもいい事ですが、問題はそこから。理想のスタイルになる具体的な方法を知ったとして、それをいつまで覚えていられますか?同じようにできますか?1回聞いただけでしっかり覚えたり、全て同じように1人でできたりするのはほぼ不可能です。先ほどお伝えした“ワクワク感”というのは時間が経つとどんどん薄れていくんです。「この前○○の事について知ったけど今は時間がないから、まぁいっか」「今は○○の事をするのはお金がないから、まぁいっか」もしかしたら、変わらない原因はそこなのかもしれません。あなたの為を思って厳しいことをお伝えしますが、“時間がない”と言ってる限り時間はやってきません。時間は常に進んでいるので巻き戻すこともできないし、誰でも24時間与えられてるので増えるわけでもありません。時間がないなら、新しく時間を作るだけです。“ワクワク感”を感じたなら即時間を作って動き出さないとまた同じ事を繰り返すだけですよ。理想のスタイルになるひとつのポイントともいえますね。あの林修先生だったら何て言うか想像できますよね?「いつやるか、○○○○○!」あなたはこの空欄の言葉を知ってるはずです。あなたの理想を現実にするのはいつですか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      4
      テーマ:
  • 04 Nov
    • どすればいいの?と思ってるあなたへ

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。“太りたい”という目標であってもその背景には違いがあります。・あまり食べてなくて(食べれなくて)太れない・食べても太れないこの2パターンです。あまり食べてなくて太れない人は、「もう少し食べてください」と普通すぎるアドバイスをもらうだけです。「食べてください」と言われても現段階では食べることが少しツラいんですよね?もちろん食べる量が少ないと筋肉量なども落ちてくるので食べる量は増やせたほうがいいです。しかし、今の段階で食べる量はそんなに増やせないはずです。一方、食べても太れない人は、「もう少しカロリーを増やしてみましょう」「しっかり筋トレして筋肉量増やしましょう」というアドバイスをもらうはずです。食べても太れない人は普段から結構食べてますよね?その上でカロリーを増やしたりするとお腹いっぱいになって食べるのがツラくなるはずです。筋トレしようと思ってもやり方がわからないから、「逆に体重減っちゃうんじゃないの?」と思いがちですが正しく行えば、それ以上痩せることはありません。上記のことを聞いてもあなたは、「もうどうすればいいの⁇」と思ってるかもしれませんね。・あまり食べてなくて(食べれなくて)太れない・食べても太れない実はこの2つやる事は同じなんです。食べる量などの違いはありますが、やる事は同じ。それは、“体の機能を向上させてあげる”ことなんです。胃や腸などの内臓、筋肉や神経系、血液やリンパ液などの機能です。あまり食べれなくて太れない人でも、食べても太れない人でも体の機能が低下してるのでそれらを向上させてあげるだけです。2パターンとも“食べる”のは必要ですが、食べることだけが太るポイントではありませんよ。あなたは、食べることだけが“太れる”れると思ってませんか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      11
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 太りたい!と言うのは恥ずかしいですか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。世の中では“ダイエット”という言葉で埋め尽くされていて、痩せてる人の“太りたい!”という声はかき消されてます。「○○さんは細くて羨ましいよね」と言われても内心は、「それが悩みなのに…」「太りたいと言ったら言ったで、相手にされなさそう」と思う時もあるでしょう。そうなってくるとだんだん、あなたの悩みやは誰にも言えない状態になってしまいます。たしかに世の中から見れば、“太りたい”というのはまだまだ理解されずらいですからね。なかなか理解されないその悩み、「誰かに話したらどう思われちゃうんだろう?」と思いますよね?でもそこで自分の悩みやコンプレックスをさらけ出せると一歩前に進み「成長したんだ!」「変わるんだ!」と思えるようになるんです。スタイルの良い人や標準的な体型をしてる人を見ると羨ましいと思ってませんか?でも、あなたにだってチャンスはあるんです。やってみなければわからない事はたくさんあるので、あなたしか持てない魅力を作ればいいんです。「私は細いことが悩みで」「私はこんな事がコンプレックスで」「私はバストが…」「私はヒップが…」と言えた方が、あなたが変わると思いますよ。だって言うってことは、変わり始めようとしている証拠ですからね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      9
      テーマ:
  • 31 Oct
    • キレイな姿勢ではバストは作れない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。バストアップでは“姿勢”というのも大事で、姿勢が悪い人は肩が前にきて肩甲骨周辺が固まっていて姿勢が悪い、などがよくあげられます。「私そうかも」と思ってるかもしれませんね。そして姿勢が悪いとムリに、“良い姿勢”を作ろうとしているんじゃないですか?あなたが思っている良い姿勢って、胸を張って(胸を突き出す)、肩を後ろに引いて、肩甲骨を寄せるような姿勢のはずです。ですが、それは良い姿勢とは言えませんし、キレイな姿勢には見えますがむしろそのほうが疲れます。ではちょっとやってみてください。胸を張って、肩を後ろに引いて、肩甲骨を寄せると苦しくないですか?その姿勢をずっと続けてると、今度は背中側の筋肉が疲れてきますから。苦しいと思う姿勢は良い姿勢ではないんです。それに悪い姿勢から良い姿勢になっても、バストの位置が上がって見えるのでバストアップしてるように見えますが、それは元の位置に戻っただけです。本来バストアップって、元の位置に戻ってからの話なのです。じゃあそこからバストアップをするにはどうするかと言うと、筋トレ、食事、筋肉のケアが必要になります。大抵の方はどれか1つだけを頑張ろうとしますが全て必要です。筋トレも大事。食事も大事。ケアも大事。本当にバストアップしたいなら、胸は張らない(突き出さない)、肩を後ろに引かない、肩甲骨を寄せない、です。覚えておきましょう。良い姿勢とキレイに見える姿勢は全く違いますからね。あなたは“キレイに見える姿勢”という言葉にダマされてませんか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      8
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 寒さに弱いなら鍛えるのみ!

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。徐々に寒くなってきましたね。あなたにとってこの時期は嫌ですか?もともと冷え性だったらさらに手足が冷たくなったり、免疫力が低くければ風邪を引きやすかったりするはずです。あなたは寒くなってきたこの時期に、筋トレするのが何かめんどくさいと思う時ってありますか?「何かやる気が起きなくて…」これはあなたの中で“筋トレをする”という優先順位が低くなっている証拠です。本当に体を変えたいなら、その様に思う事はないはずですからね。寒くなって筋トレするのがだんだんおっくうになるのはわかりますが本当は、「筋トレやったことないし、1人でできるかな?」と思っているのではないでしょうか。筋トレが初めてで1人でできるかどうか不安で、その不安が大きくなるとやる気が下がってしまい、だんだんおっくうになり、筋トレをするという優先順位が低くなってしまうのです。そして、次第に筋トレそのものから遠ざかっていくんです。あなたの目標目的って優先順位が下がってしまうような低い目標ですか?違いますよね?では優先順位を高くするにはどうするのかというと、強制的な環境を作るほかありません。それにはパーソナルトレーニングしかないんです。予約をすると、その時間その曜日を抑えることになります。なので、「今日はちょっとやめとこうかな?」と思うこともありません。具合いが悪いとかは別です。これからもっと寒くなってこようとそのような環境を作っていくと、あなたが筋トレをするという優先順位は自然と上がっていきます。決して下がることはありません。そしていつしか冷え性も改善され、免疫力も上がって風邪を引きにくくなりますから。何枚も重ね着して寒さに耐えたり、風邪薬を冬の間何回も飲んだりするより、少しでも代謝を上げれるようにして抵抗力を高めたほうがよくないですか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      5
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 意識高い系?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。もっと健康的に太りたいなら、もっとバストアップしたいなら、もっとヒップアップしたいなら、色々意識して変えなければならない事があります。普段の姿勢って気にしてますか?気づいたら猫背になっていたり、歩く時もややガニ股気味なっていたり、電車を待っている時など片足ばかりに体重が乗っていたり。普段使ってる言葉って気にしてますか?「でも私○○だから」「だって私○○だから」って否定的な事を言っていたり、不満や愚痴を言っていたり。普段の食生活どうなってますか?たんぱく質が足りてなかったり、栄養が偏っていたり、食事の量が少なかったり。上記の事を変えるとなると、意識してやらなければ変わらないんです。そしてどんな事でも意識して必ず1ヶ月は続けること。無意識でできるまで続けること。よく新しい習慣は約1ヶ月で身につくと言われてますが、内容にもよります。あなたにとって簡単なものであれば約1ヶ月で身につきますが、難しいものであれば3ヶ月くらいかかったりします。筋トレのフォームだって同じで、何も意識しないでやると必ずフォームは崩れます。しかも筋トレの場合、1箇所だけじゃなく、2つ以上など同時に意識しなければならない事があります。とにかく、何かを変えたいのであればしっかりと意識してやらないと一向に変わりませんよ。あなたは普段、何をどれほど意識してますか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      5
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 筋トレをするのは不安ですか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。筋トレしたことがないと、「私に筋トレできるかな?」「筋トレしたいけど続かなさそう」って思いますよね?でも、そう思うのは普通の事です。最初は誰でも初心者なので、できなかったり間違ったりして当然なんです。「できるかどうか不安…」と思うより、「ちゃんとできるようになりたいです!」と堂々とした方が成長が早い。次に、続かなさそうと思うならまずは明確な目的をイメージしてみましょう。「続かなさそう」と思うのは自分の目的を鮮明にイメージできてないんです。「バストアップしたらこんな服を着て…」「ヒップアップしたらお尻を強調できるズボンを履いて…」「健康的に太れたらもっと自信を持って…」とか。明確な目的を作れないと途中で、「何のために頑張ってるんだろう…」と思ってしまい、続けていく意味がわからなくなって辞めてしまうんです。たとえ3ヶ月続けたとしても、そこで辞めたら体は元の状態に戻りますから。筋トレはキツイものです。でも、できないような重さや動きをさせるわけではありません。そもそも、楽な筋トレって筋トレと言うのでしょうか?それでは体は変わりませんし、目的を達成する事すらできません。誰だって最初は初心者。不安がるくらいなら堂々とした方がいいです。そして、明確な目的を常にイメージすることが重要です。あなたは不安な気持ちのまま筋トレしますか?明確な目的ってありますか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      3
      テーマ:
  • 26 Oct
    • バストアップは顔から始まる!

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。バストアップをする際に、バストばかりを注目してませんか?よくあるのが、「この食べ物バストに効くって言うし」「この筋トレはバストアップに効果あるし」「リンパマッサージってよくみんなやってるし」など思ってるかもしれませんね。でも、もう1つ見るべき所があります。それが、“顔”です。「顔が何かバストと関係あるの?」と思いますよね?実はバストと顔は、筋肉の連動という意味で繋がってるんです。胸の筋肉の大胸筋と呼ばれる筋肉は鎖骨に付いていて、鎖骨から首の筋肉や顎、顔の筋肉にまで連動します。スマホやパソコンなどの見すぎで顔が前に出て顔や首、顎の筋肉が硬くなると、・口を大きく開けない・首こり、肩こりがある・顎をあまり動かせないなどが起きます。顔が前に出ると今度は背中も丸くなり、そうすると大胸筋が収縮されバストの位置が下がってしまうんです。「じゃあ顔や首の筋肉も鍛えた方がいいの?」と思うかもしれませんが、顔や首は特に鍛える必要はありません。筋肉が硬くなっているなら緩ませて柔らかくすれば、それだけで頭を支えることができますから。バストアップの為に、食事を改善したり、筋トレしたり、生活習慣を変えても顔や首の筋肉が硬くなるような事をするとせっかくのバストアップが台無しになります。バストアップをするには顔や首の筋肉が緩まっていることも必要ですからね。あなたはこれを聞いて、「こんなの常識的じゃないでしょ!」って思うかもしれませんが常識的じゃない方が結果は出るんです。でも、顔などの筋肉を緩めたからといって自然にバストアップができるわけではありません。念のためにもう一度確認してみましょう。口を大きく開けれますか?顎はスムーズに動かせますか?顔の位置は前に出てませんか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      6
      テーマ:
  • 24 Oct
    • カロリーをむやみに上げてはいけない

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。体重、筋肉量を増やすためにカロリーの高い物を食べるというのがありますが、間違えてしまえば不健康になるばかりです。“カロリーが高い物”を考えると、フライなどの揚げ物系やスイーツなどのお菓子系ですよね?確かにこれらを摂ると、1日の摂取カロリーを増やすことができます。しかし、栄養価で見ればどうでしょう。スイーツなどのお菓子にたんぱく質や良質な脂質はどれほど入ってるでしょうか。ショートケーキ1個の例でいうと、カロリーは約311kcal、たんぱく質は約6.7g、脂質は約13g。カロリーだけを見るとご飯1杯分とほとんど変わりません。たんぱく質も多少含まれてますが、焼き魚1切れの方が倍以上たんぱく質が含まれてます。脂質も多いですが、決して良質な脂質とは言えません。物によっては砂糖がふんだんに使ってのもあるので、腸内環境が悪化します。フライなども同じです。「でも、揚げ物だったら肉とかあるから、たんぱく質摂れるよね?」と思ってませんか?確かにたんぱく質は摂れます。でも、揚げ物などに使われる植物油はオメガ6という油で摂りすぎると体内で炎症が起きるんです。太れない人の特徴として、腸内環境が悪化してるケースが多いですが、それは上記のように高カロリー食が原因だからです。腸内環境が悪いと栄養の吸収も確実に悪くなります。なので太りたいならまずは、徹底的に腸をいたわってください。腸内を整える乳酸菌が入った物などを摂るよりも、悪化するものを摂らなければいいんです。そのうえで魚全般、アボカド、ナッツ類、ココナッツミルクやアーモンドミルク、などを取り入れるとカロリーは増やせます。太りたいからといってカロリーが高い物を食べればいいというわけではありません。もう一度いいますが、まずは腸の事を考えましょう。外食でパンやスイーツなどを食べてないですか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      7
      テーマ:
  • 23 Oct
    • あなたの○○は大丈夫ですか?

      こんばんは。札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。体組成計って聞いたことありますか?体重や体脂肪率、筋肉量などが測れる機械のことです。それで測定することによって、色々数値が出てきて目で見ることができますよね?じゃあ、あなたの甲状腺機能の異常って測定できますか?目で見えますか?詳しく検査しない限り日常ではほぼ不可能です。この“甲状腺機能の異常”というのも太るためにも欠かせないんです。甲状腺機能の異常というのは大まかに言うと、ホルモンバランスが崩れてる状態です。その原因は様々あって、ストレスや生活習慣の乱れが大きいです。では、ホルモンバランスを調整するポイントですが、もし普段からココナッツオイルを使ってなかったらココナッツオイルを使いましょう。これに含まれる中鎖脂肪酸には、ホルモンバランスを保つ働きがあるんです。その他には、ストレスに効くハーブなどを使うものおすすめです。ロディオラ、レモンバーム、ラベンダーなど。これらには、ホルモンバランスを調整して、免疫系を強くすることもできます。ハーブティーを飲むのが手軽でおすすめです。上記のことは、日常生活にちょっと取り入れるだけのことです。太るためにもやらない理由はないですよね?あなたの甲状腺機能は大丈夫だと言えますか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。ホームページ・お問い合わせはこちら

      11
      テーマ:

プロフィール

佐藤翔大

性別:
男性
誕生日:
1989年11月13日0時頃
血液型:
B型
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
北海道札幌出身 父はバレー、母は水泳、兄は陸上のスポーツ一家の次男として育つ。 小学生の頃は...

続きを見る >

読者になる

AD

【お客様の体の変化】

 

M.C様30代女性

「気になっていたお尻がスッキリした」

 

バスト: 83cm → 84.5cm

 

ウエスト: 74cm → 70cm

 

ヒップ: 93cm → 94cm

 

image


image




S様30代女性

「今後はパーソナルトレーニングを生活の一部に」


バスト: 78cm → 81cm

ウエスト: 67cm → 65cm

ヒップ: 87cm → 89cm









N様30代女性

「継続後の数値があきらかに違っていたので驚きました。」


バスト:81cm → 84cm


ウエスト:66.5cm → 64cm


ヒップ:91cm → 93cm









あなたの魅力を作る週1回のトレーニングで

バスト・ウエスト・ヒップの理想プロポーションを引き出す「メリハリボディートレーニング」


>>>初回体験のお申し込みはこちら<<<







カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。