札幌 バストアップ・ヒップアップ専門 パーソナルトレーナー佐藤翔大/痩せてる体型を改善する健康的なメリハリのあるカラダづくり

~細いだけでは物足りないあなたへ理想のプロポーションのお手伝い~ 


「しっかり筋トレしたのにバストアップしてない…」

「ヒップを変えるために色んなエクササイズをしたのに…」

「もう少し太りたいのに…」

「細いだけじゃなくもうちょっとメリハリが欲しい…」


そのような声から生まれたメリハリボディートレーニング。


あなたの理想は細いだけで満足ですか?

健康的なメリハリのあるカラダへと進みましょう!


あなたの魅力を作る週1回のトレーニングでバスト・ヒップの

理想プロポーションを引き出す「メリハリボディートレーニング」


>>>初回体験のお申し込みはこちら<<<

  • 25Sep
    • ヒップに刺激を入れられる状態にしてますか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。「ヒップアップしたい!」と思ったら何をしますか?普通はお尻のトレーニングをしますよね?そして多くの場合、お尻の大きい筋肉の大臀筋という所を主に使うはずです。でも、お尻の筋肉は大臀筋だけではありません。お尻の大きい筋肉は普通に生活していても、それ程使われないので使ってあげるのが大前提ですが、“普段使ってないような筋肉を使ってあげる”のもポイントです。トレーニングをするとなるとスクワットやヒップスラストといったお尻の大きい筋肉から始めようとしますが、いきなりお尻の大きい筋肉を鍛え始めても最初からお尻の筋肉に刺激は入れづらいんです。野球選手で例えると、ウォーミングアップなどをせずにいきなり豪速球を投げるようなこと。車で例えると、エンジンを掛けてすぐアクセル全開でトップスピードにしようとしてることに等しいです。筋肉も同じで、普段使われずに刺激が入らない状態から、刺激が入る状態へと目覚めさせてお尻の大きい筋肉を鍛えた方がいいです。とはいっても、お尻の筋トレって何していいかわかりませんよね?ヒップに関する筋トレなんて何種類もありますから。そう言われると、「何が1番いいの?」と思うはずです。しかし、“何が1番いいか”より、“どれをしてもしっかりヒップに効かせることができるか”のほうがかなり大切です。他の人がやって筋トレを見よう見まねでやっても、おそらくあまりお尻には効かせれないはずです。“効かせ方”というのがありますからね。お尻の筋肉がどう動けばしっかり効くのかを知らなきゃ、「効いてる感じがしない…」となるだけです。こういうの結構あることなんですよ。キレイにヒップアップさせたいなら、お尻の筋肉に刺激が入らない状態から刺激が入る状態にしていきましょう。そしてヒップに効かせれるのは、体の使い方や意識の仕方です。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。最近は札幌以外の方からのお問い合わせも増えてきており、札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 24Sep
    • SNSで実際に起きたこと

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。今日は健康的に太ることでもバストアップでもヒップアップでもないので興味がなかったら見なくても構いません。インスタでこんなことがありました。まず前提として、私はSNS上ではフォローするしないは人それぞれでありフォローバックするしないも人それぞれだと思ってます。私が、とある人からフォローされる。※その人の詳細は1番最後に私がフォローバックしないでいると、そのうちその人はフォローを外す。こんなことがその人から、今まで5回くらいありました。私としては、「信頼できない人」と位置づけられてます。なにせ、フォローされてフォローを外されるのを5回くらい繰り返されてるわけですから。本当にSNS上で繋がりたいのであれば、DMしたりするのが礼儀。ましてやフォローを外すなんて以ての外。「一体その人何がしたいんだろうね?」って思ってる人もいるかもしれませんが、私にはそんなこと見え見えです。ツイッターでは、「インスタのフォロワーが○○人突破しました!私はフォロワー買いなんて一切してません」(文書は少し変えてますが意味合いは同じ)って豪語してますが、その人のインスタの投稿のコメント欄を見るとすぐバレる。コメント欄に他の人から、「フォローありがとうございます!」とのコメント。他の投稿のコメント欄を見ても、投稿に対してのコメントではなく、「フォローありがとうございます!」と他の人からの大量なコメント。それって立派な“フォロワー買い”じゃないですか?だって、フォロー数とフォロワー数が違い過ぎる。その人のフォロワー数は3000人以上で、フォロー数は何百という数。ここから推測できるのは、色んな人にフォローしてフォローバックされなかったらフォローを外すという方法でしょうかね?その人はビジネス講師もやってるみたいですが、フォローしてフォローバックされなかったらフォローを外すのがビジネスなのでしょうか?誰からビジネスを学んだかは知りませんがそんなのはビジネスとは言わない。1番人から信頼されなくなることですよ。ビジネススクールを開いていても、そこに参加してる人はいるのだろうか?今やビジネスセミナーなどでは参加している所を撮ったり、集合写真みたいなのを撮ることがほとんどです。でも過去の投稿を見ても、どれにも参加者は写ってない。参加した人がいたとしても、受講者の現在はどうなってるかもわからない。そもそも、ビジネス講師自らが色んな人にフォローしてるってこと自体が不思議。大量にフォローするってことはそれなりに時間がかかります。(もしかしたら自動のフォローとかを使ってるかもしれません)そう考えると、「どれだけ暇なのだろう?」って思ってしまいます。「そんな人、放っておけばいいじゃん」って思う方もいるでしょう。何でこんなことを書いたかと言うと、その人が私と同じパーソナルトレーナーだからです。札幌で活動しているパーソナルトレーナーだからです。フォローされて外すされるのを、1〜2回ならともかく5回くらいされてあまりにも失礼過ぎると思ったので。そんなパーソナルトレーナー(兼ビジネス講師)に騙されてほしくないと思ったので。詳しく知りたい方はDMいただければと思います。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。最近は札幌以外の方からのお問い合わせも増えてきており、札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      4
      テーマ:
  • 21Sep
    • もしかして最低ラインの摂取カロリーを下回ってませんか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。太りたいなら消費カロリーより摂取カロリーの方を多くしていかなければなりません。じゃあ摂取カロリーが不足してる場合体にどんなことが起きるのか。摂取カロリーが不足してると、血糖値の変動が激しくなり不安感やめまいなども起きたり、夜になかなか眠れなかったり、ずっと冷え性が続いたり、慢性的な便秘になったり、バストもヒップも作れなかったりします。でも“摂取カロリーを増やす”ってどれくらいかわかりますか?ちゃんと計算すればわかりますよ。よく、「自分の基礎代謝量よりは下回らないように」というアドバイスがあります。私もよく言います。自宅に体組成計があったりジムに通ってる人は気軽に測れますが、そうじゃない人は基礎代謝量なんてわかりませんよね?そんな時によく使われるのが、 ハリスベネディクト式。他にも色々計算はありますが、男女で計算式が違っていて誤差が少ないのがハリスベネディクト式です。女性の場合、655.1 + 9.56 x 体重(kg) + 1.85 x 身長(cm) – 4.68 x 年齢上記は海外の基準で日本の場合、9.247×体重(kg)+3.098×身長(cm)−4.33×年齢+447.593となります。私の場合だと1563kcalになります。いはいえ、いちいち計算するのめんどくさいですよね?下記のサイトは数字を入力するだけでいいので便利ですよ。>基礎代謝量 高精度計算サイト>基礎代謝量 高精度計算サイト<これらはあくまで基礎代謝量を下回らない摂取カロリーの為の目安です。そしてもうひとつ、最低ラインのカロリーというのがあります。“標準体重kg×22”という計算式で1日に必要な最低カロリーがわかります。標準体重を割り出すには、“(身長cm−100)×0.9”例(私の場合)(173cm−100)×0.9=65.7→標準体重65.7×22=1445kcal→1日に必要な最低カロリーもう一度お伝えしますが、これはあくまて私の場合。この最低ラインのカロリーを下回ると、上にも書きましたが後々体の不調が出てきますからね。どんな計算でも必ず多少の誤差はあるので、できれば摂取カロリーを300〜500kcalくらいプラスしましょう。食べる量を増やしてカロリーを上げるのもいいですが、栄養価が高いかどうかというのも必要ですからね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      6
      テーマ:
  • 20Sep
    • 太るために何回食事をすればいいのか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。「もう少し体重を増やしたいのに…」と思った場合、“食べる量を増やす”ということを考えるはずです。普段から食べる量が少ないのであれば食べる量を増やすのは間違いではないですが、むやみに色んな物を食べても身体は作れません。「でもその方がカロリーとか増やせるよね?」と思ってませんか?確かに太るためには消費カロリーより摂取カロリーを増やしていく必要があります。ただ、お菓子やカップ麺など色んな物を食べても腸内を荒らしてしまうだけですからね。食べる量がを増やすというのは、1食での量を増やすとこともそうですし、食事の回数を増やすということもあります。たとえば、朝6時に普通にご飯を食べて、また9時におにぎり2つくらい食べて、昼過ぎにおにぎりやお菓子を食べて、18時に普通にご飯を食べて、20時くらいにプロテインを飲んだりカップ麺を食べるとします。その生活を2ヶ月くらい続けてもわすが1kgしか増えてないということもありますからね。“食事の回数を増やしましょう!”ってアドバイスしてる人も世の中にはいますが、食べ物をずっと摂り入れてると胃や腸も疲れてしまいます。胃や腸を休めることも大切だということを覚えましょう。ただ増やせばいいってわけじゃないです。何を増やし何を摂らないべきかを考えるのが重要です。“考えて食べる”これが基本。でも、考える前に“考え方”を変えない限り考えることは今まで通りですからね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      2
      テーマ:
  • 17Sep
    • ネット依存症になってるから結果が出ないんです!

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。トレーニングをしている人やこれからトレーニングを始めようと思っている人で、「ネットで色々調べてみよう」と思ったことはありますか?今やテレビや雑誌よりネットの方が色々書いてあるので、ネットにすぐ飛びついたりしてしまう人もいるかと思います。ネットに書いてある情報を手にして、「よし!これなら私にもできる!」と意気込む人もいるでしょう。しかしそれは本当にあなたに適してると言えますか?根拠のないことばかりですよ。たとえば、“太りたい”ということを調べるとします。わけのわからないサプリのサイトが出てきたり、ヤ○ー知○袋も出てきます。ヤ○ー知○袋なんて悪質なものが多いですよ。「よく食べてよく寝たら太れる」とアドバイスしてる人がいますが根拠なんて何もありません。子供じゃないんだから……「お菓子を食べまくって揚げ物を好きなだけ食べれば太れる」と書いてる人もいます。確かに太れますが、不健康になるだけですからやめてください。結局、ネットだけに頼ると色々な情報を見過ぎて何が何だかわからない状態に陥ります。テレビやネット、書籍や雑誌などを見たりしてもそこに“あなたに適したやり方”はありません。一人ひとり生活状況も違いますし、食べてる物も違いますし、筋力だってちがうわけですから。ネットの情報が全て間違っているというわけではなく、自分の目で見て、自分の耳で聞いて実際に経験した方が何倍もいいです。何もかも鵜呑みにしないこと。リアルな情報がいちばんです。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      3
      テーマ:
  • 15Sep
    • 健康的に太りたいなら積極的に摂ろう!

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。昨日はスナック菓子やケーキなどで太ろうとせず、たんぱく質を摂っていきましょうというのをお伝えしました。「ちゃんとたんぱく質摂ってるよ」と思っていても実際は足りてないことが多いのでしっかり計算しましょう。食べることも少しツラいと思いますがたんぱく質が足りてないと健康的にもなりませんし、太ることもできません。でも、たんぱく質をたくさん食べてお腹いっぱいにすればいいわけではありません。続いて必要なのが脂質です。脂質はバストにもヒップにも必ず付くので大切な栄養素なんです。バストやヒップに付く脂肪は身体に悪さをしないので積極的に脂質は摂るべきですよ。脂質は細胞の外側にある細胞膜という材料にもなりますし、神経伝達物質という材料にもなりますが、これが作られないと慢性疲労の原因にもなってしまうんです。ではどれくらい摂ればいいのかというと、オリーブオイルなどの“○○オイル”は片手に軽く乗るくらいで構いません。オイル系じゃなくても、魚、ナッツ類、アボカドからでも摂れます。これらにはオメガ3脂肪酸という良質な脂質が含まれていて、身体づくりに必要な栄養なので毎食で摂っていくべきです。じゃあオイル系ならなんでもいいかと言うとそうではありません。サラダ油、キャノーラ油、紅花油、ひまわり油、ごま油、などはオメガ3の含有量が少なく酸化してる物がほとんどなので摂らなくていいです。家にも置かなくていいです。なので、エクストラバージンオリーブオイル、アボカドオイル、えごま油、アマニ油、ココナッツオイルのどれかを摂っていきましょう。何かの料理に大さじ1杯使うだけで、約110kcalは増やせます。3食摂るとして、毎食大さじ1杯使えばそれだけで300kcalは増やせますからね。良質な脂質はホルモンを作る際の材料にもなるので脂質を忘れずに。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      5
      テーマ:
  • 14Sep
    • 太りたいならスナック菓子やケーキに手を出さないで!

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。“太りたい!”と思ってる人でも2種類の悩みがあり、「どれだけ食べても太れない…」「あまり食べれなくて太れない」という真逆の悩みがあります。“太る”といっても肥満になりたいわけじゃないのはわかってますよ。あなたにとっての標準体型、皆んなと同じくらいにしたいのは理解してます。「どれだけ食べても太れない」のは“食べた量”ではなく“何をどれくらい食べたか”です。スナック菓子やケーキなど手軽に摂れますが、そこに身体づくりの為の栄養なんてほとんどありません。しかも最悪なのが、腸内も荒れてしまい栄養も吸収されずらくなるということ。なので少し面倒ですが、しっかりとあなたが摂るべき栄養を調べて計算して食事をしたほうがあなたの目標に近づきます。「何をどうすればいいかわかんない」という人もいるでしょう。まずは、1日に必要なタンパク質の量を計算してあなたがどれだけたんぱく質を摂らなきゃいけないのかを調べます。そしてその後に何を食べるかを決めていきます。1日に必要なタンパク質の量は、“体重kg×タンパク質1〜2g”という計算式で割り出せます。無理する必要はありません。食べれない時はプロテインなどで補っても構いません。ですが、プロテインやサプリメントが主役になったり主食になったりしないように。太ろうとしてる人でも、プロテインやサプリメントを他の人(同じ悩みの人)に勧めたりしてますが、食事を変えていくのが基本的ですから。プロテインやサプリメントだけで太れば、その先一生プロテインやサプリメントに頼った人生になるだけです。「どれだけ食べても太れない」ということはそれなりに食べれるということ。それなりに食べれるなら、スナック菓子やケーキなどじゃなくもっともっと栄養のある物を食べていきましょう。たまに食べるならいいですよ。私もたまに食べてますから。必要な栄養素を計算して、何をどれくらい摂るかを意識しましょうね。“食べた量”じゃなく“何をどれだけ食べたか”ですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      2
      テーマ:
  • 12Sep
    • バストアップや健康的に太る為に欠かせない睡眠について

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。睡眠時間をしっかり取ると、「バストアップに効く!」「太れる!」と聞いたことありませんか?そして睡眠時間に関して、「7〜8時間寝ましょう!」「夜10〜深夜2時に成長ホルモンが分泌されるのでこの間に寝ましょう!」とかも聞いたことあるかもしれません。でも上記のことは、もう変わってると言ってもいいでしょう。“7〜8時間寝るのが良い”というのがありますが、最近の研究では必要な睡眠時間は個人差があるということもわかってます。なので、人それぞれ最適な睡眠時間が違うので誰にでも当てはまるということではありません。8時間くらいの人や4時間くらいでもいいという人もいます。ここでちょっと問題なのが、最適な睡眠時間は自分で探していく他ないということ。眠りやすい時間は体内時計でほぼ決まっていて、遺伝の要素がかなり大きいとのことです。「自分で最適な睡眠時間を探すのはちょっと…」と思ってるかもしれませんが、はっきり言って睡眠は“時間”ではなく“質”ですからね。「睡眠時間が足りてないなぁ」と思って、昼に30分以上寝ると今度は夜の睡眠の質が下がってしまうんです。理由は、日中に30分以上寝るとかなりの確率で深い睡眠になってしまうため。なので、昼寝をするなら20分くらいがいいですね。つづいて、成長ホルモンの分泌の時間帯についてです。バストアップや太る為も欠かせない成長ホルモン。もう一度お伝えしますが、夜10時〜深夜2時に成長ホルモンが分泌されるというのはもう変わってます。成長ホルモンが分泌されるのは深い睡眠の時で、眠りはじめておよそ3時間くらいまでに出ます。実際のところ、○時から○時までという時間帯は決まってないので成長ホルモンが分泌される時間帯は関係ありません。とはいえ、どれだけ睡眠時間を取っていても寝る前にスマホをずっと見ていたり部屋を明るくしてテレビを見ていたり、などの睡眠の質を悪くすることをすればあまり意味はありませんからね。もう一度言いますが、睡眠は“質”です。バストアップしたいなら、健康的に太りたいなら徹底的に睡眠の質を上げましょう。まずは寝る前のブルーライトは完全にカットすること。今は節電期間中なのでちょうどいいんじゃないでしょうか。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      4
      テーマ:
  • 10Sep
    • バストアップしたいなら、まず何をすべきか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。例えばですがバストの悩みで、「できればもうちょっとバストのサイズアップしたい」というのがあったとします。そんな時にバストアップに関するサプリメントやボディークリームを使ったらバストアップできるでしょうか?もしサプリメントやボディークリームなどでバストアップできるならその商品は爆発的に売れてるはずです。でも実際はそんなことないですから。バストアップしたいならまず、土台から作らなければなりません。バストの土台って聞くと胸の筋肉を想像する人も多いかと思います。胸の筋肉ももちろん大切ですが、その前に姿勢を整えていくのが先です。“姿勢を整えていく”、というのを想像すると背筋を伸ばして胸を張って、肩甲骨を寄せて、肩を後ろに引いた状態を思い浮かべるのが普通です。確かに「姿勢整えてるな〜」っていうのは伝わってきますが、その姿勢はむしろ悪い姿勢ですよ。本来、体は肩甲骨を寄せて肩を後ろに引くような構造になってません。どんな解剖学の本を見ても、「肩を後ろに引いて肩甲骨を寄せるのが良い姿勢です」とは書いてませんからね。バストの形をつくる上で土台になるのは姿勢ですが、姿勢を悪くしてるのは筋肉なんです。骨が勝手に動いて姿勢が悪くなってるわけじゃありません。筋肉が硬くなり骨を引っ張って、その筋肉と拮抗してる筋肉が伸ばされて姿勢が悪くなるんです。ちょっと難しいですかね……バストアップに関するサプリメントやボディークリームを使っても姿勢は整えることはできませんし、筋肉を柔らかくすることもできません。バストアップしたいなら、まずは筋肉を柔らかくして姿勢を整えていくことが大切です。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      9
      テーマ:
  • 08Sep
    • 血流の問題を解消する足のケア

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。本日から仕事を再開したり、普段通りの生活を再開できてる方もいる中、今もなお避難所で避難生活をされてる方もいらっしゃいます。自宅でじっとしていたり避難所でじっとしたりして危惧されるのはやはり“運動不足”というのがあります。運動不足といってもランニングなどのレベルじゃないです。“身体を動かさな過ぎ”という問題です。これは東日本大震災、熊本地震の時もありましたが動かないことによりエコノミークラス症候群になる可能性が高くなると言われてました。簡単に説明すると、足を動かさないことにより足の静脈に血栓ができてまた動いた時に血栓が移動して詰まる、ということです。最悪の場合、命を落とすこともあり得ます。今回の震災でも空港でずっと横になってたりずっと座ったり、ガソリンを入れる為に車の中でずっと待っていたり、避難所でずっと座っていたりなどがありました。最悪の場合を避ける為にも、簡単にできる以下ケアをしましょう。横になってるならその横向きのまま1枚目の写真のような姿勢を作りましょう。《シェー体操》力を抜き、上になってる足を矢印の方向に動かすだけです。写真1が終わったら、上になってる腕を曲げて肘を90度に固定。腕は少し後ろ気味にして同じように足を矢印の方向に動かすだけです。これだけでも血流が良くなりますし、足は軽くなり動かしやすなります。横になれない状況なら次のことを。《足指ワイワイ》(写真はネットからお借りしたものです)写真のように地面に座りながらでも、イスに座った状態でも可能なので車で渋滞して待ってる時でもできます。片方の手で親指を掴み、もう片方のの手で他の指を掴みます。そのまま内側から外側に向かって足指を回します。回数は20〜30で特に力は必要ありません。できれば、シェー体操でも足指ワイワイでも終わった後に脚全体を軽〜く撫でるとさらに足が軽くなります。脚の前側はつま先から脚の付け根まで、後ろ側は足裏からお尻までです。そして、できれば30分に1回はその場で足踏みや少し歩いたりした方がいいです。普段通りの生活に戻ってる方でも、またいつ来るかわからない地震の為に覚えていただきたいです。そして、今もなお避難生活をされてる胆振地方の方にまで届いてほしい。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      2
      テーマ:
  • 07Sep
    • 地震に遭って改めて思う。

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。地震に遭って改めて思う。ライフラインの大切さ。そしてライフラインが使えなくなったらどう対応していくか。それをもっと日頃から考えていくべきだ。物を用意するとかじゃなく、実際に災害に遭ったことを想定しておく。それだけでどう行動するべきか予め決めておける。もちろん物を用意するのも必要。札幌にずっと住んでてここまでの地震なんて初めて。iPhoneの警報が鳴った瞬間に飛び起きて一瞬で動けた。日頃から、ケガ・病気をしない身体づくり、いつでも全力で動ける身体づくりをしてるせいか身体が機敏に動く。でも。何をしたらいいか、がわかんないから少し動揺したままテレビをつけて緊急地震速報を見るしかない。震度がどれくらいで、どこが震源地なのかとか。その後に、床に散乱した物をとりあえずまとめる。この時の行動ひとつで大きく変わる。物が散乱したとか、ガラスとか飛び散ったりするのは気をつけなければならないが、それよりも。水を溜めておくのが最優先。懐中電灯などのライトがつくかどうか。スマホのバッテリーはじゅうぶんか。(スマホのライトを使えばバッテリーの減りが早いので)これだけでもかなり違ってくる。上に書いたことは当たり前のことだけど、いざとなったら慌てふためくことのほうが多い。災害に何回も遭わない限り、かなり冷静に動くことはできないから。何回も災害に遭いたくもないけど。準備ができてるかどうか、シミュレーション通りに動けてるか、想定外のことが起きたとしても冷静に考えれるか、が大事。あとこれからはトレーナーとしてできることを全うするのみ。言い方が適切かどうかわかりませんが、今回は夏場だったからよかったもの。もし、もし、今回の地震が冬場の猛吹雪の最中に起こったとしたら。被害ももっと大きかっただろう。考えただけでもゾッとする。ではまた。

      2
      テーマ:
  • 04Sep
    • 太りたいのに太れないのは腸内細菌の影響があるかも?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。太りたくても太れない、中でもあまり食べれなくて太れないのはあなたの腸がコントロールしているかもしれません。「食べたくても何か食べれない…」ということありますよね?ある研究で、食欲は腸内細菌でコントロールされている可能性がある、というのがわかってます。「そんなの本当なの?」と疑っているあなた。実際にいくつもの研究で支持されていることなんですよ。あなたの腸内細菌が食欲をコントロールしているなら注意が必要ですし、反対に改善も可能ということです。私達の普段の食事で腸内細菌の数や種類は簡単に変化し、腸と脳を繋いでる迷走神経という所を通って脳に働きかけ食欲に大きく影響を与えます。なぜそのような影響があるかと言うと、腸内細菌のエサが足りなくなってさらに腸内に悪玉菌を増やしてしまっているからです。それが、“腸内が荒れてる”ということ。解決策はとても簡単で、悪玉菌を増やすような物を辞め、腸内細菌のエサとなる物を摂るだけです。意外にも、炭水化物の摂取量が少ないと腸内細菌の活動や機能が弱くなってしまうんです。できれば小麦製品よりは米の方がいいですね。それにより、食欲にも影響を与えますし腸が機能しなくなるんです。他にも、免疫系も正常に働かなくなり慢性炎症など様々な病気を引き起こしたりします。腸内細菌のエサとなる食べ物は、乳酸菌や食物繊維がお手頃だと思います。ヨーグルトやキムチ、漬け物や野菜各種。キムチは乳酸菌も食物繊維が含まれていておすすめですが、物によっては人工甘味料などが使われてるのもあるので気をつけましょう。あと塩分も多いので食べ過ぎないように。とにかく、食欲がないならあなた自身で腸内細菌をコントロールすること。良くも悪くするもあなた次第。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      5
      テーマ:
  • 03Sep
    • 筋肉の柔らかさが栄養の吸収を左右している!

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。太りたいという方は食べる量を気にしていると思います。量を食べれる人は何ともないと思いますが、あまり食べれない人は量を増やしてもお腹がキツくてつらいですよね?元から摂取量や摂取カロリーが少ないのであれば、増やしていく必要はありますが無理する必要はありません。食事の量などを増やす前に、栄養を吸収しやすい状態にしないと効率よく吸収されないですよ。食べ物はまず胃で消化され、腸に運ばれ腸で吸収され(小腸・大腸)体の各場所へと運ばれていきます。一般的に“吸収を良くしましょう”と言ってるのは腸までです。でも吸収はまだ先にあるんです。腸で吸収された栄養は、血管を通ってその後血管の外に出ます。そして、そこから筋肉などに吸収されていくんです。ここも大事ですが、“筋肉も”栄養を吸収しやすい状態にしておかなければならないんです。スポンジで例えると、水を多く含ませるには縮ませた状態じゃなく、縮まってる状態から広がっていく時が吸収しやすいんです。筋肉も縮まって硬い状態より、柔らかく膨らんだ状態の方が栄養を多く吸収できるんです。じゃあ、栄養は何に含まれてるかというと血漿成分です。言い方を変えれば、リンパ液ですね。血液をポンプしているのは心臓で、リンパ液をポンプしているのは筋肉ですから。なので、筋肉の状態が非常に重要なんです。で、筋肉を柔らかくしようと思ってやるのはマッサージやストレッチではないでしょうか?しかし、それでは筋肉や組織などを破壊してしまう恐れがあります。たとえマッサージやストレッチをして柔らかくなったとしても膨らむことではありません。かなり優しく触れて深呼吸するだけでも筋肉は柔らかくなります。たくさん食べたとしても、腸から先の環境、つまり筋肉の状態が良くなかったら筋肉も脂肪も付かないですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      4
      テーマ:
  • 01Sep
    • ただ食べる量だけ増やそうとしてませんか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。体組成計で、体重、体脂肪率、筋肉量などを測定して“痩せ型”という結果になってますか?あるいは健康診断で、「もう少し太った方がいいですよ」と言われたことありますか?太れない人でも2パターンあって、・あまり食べれなくて太れない・食べても食べても太れないの2パターンです。では、前者のあまり食べれないことだとします。「食べる量を増やしましょう!」「もっと食べてください。」など心ないアドバイスをもらったこともあるかと思います。“食べる量が少ないから食べる量を増やす”もちろん間違いではないですが、食べる量が少ない方がいきなり食べる量を増やすのって大変ですよね?あまり食べれないのは胃腸に不調があったり、正しく機能してなかったり、ストレスなどで食欲が低下してる場合があります。なので食べる量を増やすのもいいですが、その前に胃や腸を正しく機能させてあげることが先なんです。じゃあ何で胃腸が正しく機能してないかというと、体の歪みも原因のひとつだからです。体が歪んで姿勢が悪くなると内臓は本来の位置からズレたり圧迫されたりします。やがて内臓は機能が低下し、食べたとしても栄養が十分に消化・吸収できなくなっていくんです。姿勢が悪くなることってかなりありますからね。普段の姿勢も気をつけるべきですが、食べる時も意識した方がいいですよ。体を丸めて猫背になって食べたりすると、胃が圧迫されるのであまり食べれないということにも繋がります。そして、食べ終わった後も同じように体を丸めて猫背になってたりすると消化・吸収の機能が落ちるんです。このように、“姿勢”ひとつだけでも色々関わってるんです。いきなり食べる量を増やすんじゃなく、どうやって食べれるようにしていくかですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      5
      テーマ:
  • 30Aug
    • トレーニングをすれば身体が変わるわけじゃない!

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。世の中ではめちゃくちゃ筋トレを頑張ってる人もいれば、そこまで頑張ってない人もいます。まぁ、私のお客様も週1回しか筋トレしてないのでめちゃくちゃ頑張ってるわけではないですね。「トレーニングをすれば身体が変わる」そのように考えてる人も多いと思います。しかし、トレーニングをしても成果が出るわけじゃないんですよ。かと言ってトレーニングをせずに成果を出せるわけでもないです。一回は必ず聞いたことのある言葉、“努力をすれば報われる”とありますが、努力をして必ず報われるとは限りません。身体が変わらないとか成果が出ないとか、努力が報われないのは無駄な努力や頑張りをしてるせいです。その努力や頑張りを否定しているわけではありません。一言で言ってしまえば、努力の方向と方法。サッカーボールをゴールの中に入れれば点が入りますが、味方のゴールに入れたら相手の点になってしまうのと同じ。何も考えなしに、やればいいということではありません。それは身体づくりでも同じで、筋トレ、食事、体のケアは成果が出るように、努力の方向を正し成果がでる方法を身につけなければ努力は報われません。どんなに良い情報を得ても、努力の方向と方法を間違えれば身体が変わらないことの繰り返しになります。なので、“トレーニングをすれば身体が変わる”、というわけじゃないんです。あなたの努力の矛先はどこに向けてますか?ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      2
      テーマ:
  • 29Aug
    • それ、やっちゃダメでしょ‼︎

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。腰を痛めました。それは私ではなく、私のお客様がです。あっ!誤解されないように説明しますが、私のパーソナルトレーニングを受けて腰を痛めた訳じゃないですからね。お子さんがいらっしゃるお客様なのですが、一時的に私のパーソナルトレーニングを中断してました。8月に何があるかというと、夏休みです。お客様はいつも車で30〜40分かけて指導を受けに来てくださってます。お子さんが夏休みということで、一時的に自宅近くのジムに通うとのことでした。で、どうなったかと言うと冒頭でお伝えした通り、腰を痛めてしまいました。お客様は元々、反り腰ぎみで腰の椎間板ヘルニアになったことがあります。それなのに、腰を痛めてしまう。お客様が悪いわけじゃないんですよ。100%そのトレーナーの責任なんです。トレーナーはお客様の目標がダイエットだろうと、バストアップだろうと、ヒップアップだろうと、太ることだろうと、状態(状況)を良くしていくのがトレーナーだと思うんです。それなのにお客様にケガさせてしまうなんて…。信じられません。私のトレーニングでは一度たりとも痛くなったことないですし、むしろ良くなってるのに。お客様から、“佐藤さんのトレーニングではこのような症状はなかったので改めて違いを感じています。”との連絡がありました。(ここから先、言葉遣い悪くなるのでご了承ください)そのジムのホームページを見てみると、“整体と鍼灸の資格を持った身体のプロがマンツーマンでお客様の健康をお手伝いいたします。”と書いてありました。見た瞬間、「ん?できてねーだろうが‼︎‼︎‼︎」と思ってしまいました。お客様が腰を痛めた原因は、レッグレイズという下腹部・足の付け根のトレーニングでした。これは、反り腰ぎみの人はちょっと注意が必要なんです。で、ホームページにはその他にも人気プログラムで肩こり・腰痛の改善がありました。“肩こり・腰痛を解消するためのポイント 1.身体の現状を把握”いやいや。現状を把握できてるならお客様にケガさせることなんてなかったはずだ!(怒)一体何がしたいのかわからない。ケガさせても自分の所の整体で何とかなるとでも?そもそも、整体・鍼灸治療とパーソナルトレーニングが一緒になってること自体に違和感を感じる。フランス料理とイタリア料理が同じ店にあるように。歯のセルフホワイトニングがあるのも強烈な違和感を感じる。なぜジムにホワイトニング⁇⁇⁇一言だけ言っておきましょう。お客様にケガさせるトレーナーなんて、トレーナーじゃない‼︎‼︎‼︎なんでも、スキージャンプのトレーナーだとか。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      4
      テーマ:
  • 26Aug
    • バストに栄養届いてると自信を持って言えますか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。バストにしっかりと栄養が行き届いてない時ってよく、「リンパが詰まって栄養が届いてないのでリンパを流しましょう!」と聞きますよね?でも、リンパを流しても栄養が吸収されるわけじゃないんですよね。そもそもリンパ液というのは、リンパ管という所に流れている液体を一般的に指していてリンパ管は老廃物などが流れていく所です。で“リンパが詰まる”とはどんなことかというと流れがなく老廃物などが詰まってるという状態のはずです。そして栄養などはどこから来るのかというと動脈側からやってきます。リンパ管は“老廃物が流れていく所”で栄養は動脈側からやってくる。おかしいと思いませんか?栄養が届かないという状態は、老廃物になる前の段階ですから。動脈側の問題、筋肉の問題でもあります。あるサイトに、“リンパが詰まっている女性は胸の細胞が発達するために必要な「栄養・ホルモン」などが届かない状態です。”という風に書かれてたんですがあり得ないですよ。老廃物が流れていかないのはリンパ管の問題で、栄養などが届かないのは動脈側の問題か筋肉の問題。もちろんですが、栄養などを吸収する為にはリンパ管のリンパ液が流れていかないと新しい栄養はやってきません。リンパが本当に詰まっていたらリンパ浮腫になったりすると思うんですが………“リンパが詰まってる”、“リンパが流れてない”からといってリンパを流したりしても“流れ”を作ることにはならないんです。“流すこと”と“流れを作る”のはイコールではないですからね。栄養をしっかり吸収させたいなら、流れる環境を作り栄養をより吸収できるようにしなければならないですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      5
      テーマ:
  • 25Aug
    • ふっくらとしたバストラインを作りたいですか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。あなたは“バストアップ やり方”や“バストアップ 方法”って調べたことありますか?「私、昔から身体が細くてバストに悩みがあって……」と思って一度くらいは調べたことがあるかもしれませんね。検索して出てくるのは大抵、マッサージ、超がつくほど怪しいボディクリームやサプリメントです。でもマッサージをしても、サプリメントを摂っても筋肉は増えませんから。逆に筋トレだけ行なっても、胸につく脂肪は増えませんし。「じゃあどうすればいいの?」と思いますよね?バストが増える(アップする)ということは少なからず脂肪の割合が増えるということ。脂肪だけ増えたらどうなるか?実は、下着や水着などがなければ垂れ下がります。なので筋トレも必要なんです!しかし、筋トレといってもしっかり負荷をかけないと筋肉は成長しません。たとえあなたが1人で腕立て伏せをしても、正しいフォームで胸に効かせれてるかどうかわかんないんです。最近お客様から、「手と手を合わせて力入れる筋トレで小指離してる人がいるけどどうなの?」という質問がありました。胸を鍛えるエクササイズなんですが調べてみると小指を離す理由が、“腕の筋肉を使ってしまい腕が太くなるから”だとか。いやぁ…なんというか、意識の仕方でしょ!って思うんですが。腕で押そうとする意識が強いと腕の力を使ってしまうんです。そうじゃなく、胸と胸がぐわぁ〜って寄っていく感じで胸に力を入れるんですよ。小指を離すのをダンベルやバーベル、マシンのグリップを握った時にやったら不安定になって大変なことになりますからね。なので、手と手を合わせて胸を鍛えるやつでは小指を離す意味はそれほどありません。身体の使い方や意識を変えるだけで効き方ってかなり変わりますから。ふっくらとするバストラインを作りたいなら正しいことを習うというのが必要です。そうじゃないと綺麗なバストラインにはなりませんよ!ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      4
      テーマ:
  • 24Aug
    • 色んな物を食べても太れないのは…

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。胃や腸に優しい物を摂ったり、消化吸収されやすい物をたくさん摂ったりしてもそれほど太ることはできません。かと言って、スナック菓子や揚げ物といった高カロリーの物を摂っても不健康に太るだけですし、人によってはそれでも太ることができない場合もあります。なので、「どれだけ食べても太れない…」という状態になってしまうんです。食べた量も大事なんですが、大切なのは“何をどれくらい食べたか”と“カロリーと栄養価が高いかどうか”です。スナック菓子やケーキ、ドーナツなど手軽にカロリーを増やせますが身体づくりの為の栄養はほとんどありません。それに、腸内も荒れてしまいます。物によっては大量の砂糖、酸化しきった油、日本では未だにマーガリンやショートニングが使われてますからね。まずは何と言ってもたんぱく質です。1日に必要なタンパク質の量は、“体重kg×タンパク質1〜1.5g”で割り出せます。最初はタンパク質1.5gではなく1gから始めてもいいですよ。無理する必要はありませんから。食べれない時やたんぱく質が足りない時はプロテインなどで補っても構いません。そのようにして、タンパク質が足りなくならないように摂っていくんです。意味のない物でお腹を満たすくらいなら、最初は面倒かもしれませんがしっかりとあなたが摂るべき栄養を計算して食べるべきです。何をどれくらい摂るかを意識しましょうね。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      1
      テーマ:
  • 22Aug
    • 太れる身体の環境を作れてますか?

      札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。「どれだけ食べても太れない」「もう少し体重を増やしたい」という“痩せ”で悩んでいる人は別に肥満になりたい訳ではないですよね?肥満になったところで何もメリットはありませんからね。体重を増やそうとしてよくあるのが、無理してたくさん食べようとしているのではないでしょうか?もともと食べる量が少ない人は、たくさん食べるのはちょっとキツいはずです。色んな物を食べたりすると食費も掛かりますからね。食事の量を増やすのは間違いではありませんが、どれだけ食べようとあなたの身体が栄養を吸収しにくい身体だったらほとんど意味がないんです。栄養が吸収されるのは腸からです。だからこそ腸内環境を良くしていくのが基本になるんです。「そんなのとっくに知ってるよ」と思ってるかもしれないですね。栄養が吸収されるのは腸からですが、栄養が流れていくのは血管です。じゃあ血管や血流は良い状態と言えますか?もう少し筋肉つけてバストアップしたいヒップアップしたい場合、筋肉の状態も良くしなければなりません。なぜなら、最終的に栄養が吸収されるのは筋肉だからです。じゃあ筋肉は柔らかい良い状態と言えますか?状態を良くするのに筋肉を揉んだり押したり伸ばしたりしてませんか?もしかしたら逆効果になってることもありますからね。栄養をより良く吸収できる、“身体の中の環境を整えていく”のがかなり重要なんです。しかし、いくら栄養を吸収しやすくしたからといって体重が増えるということでもないんですよ。ではまた。いつもご覧いただきありがとうございます。札幌以外の方はオンラインでの指導も受け付けております。>>ホームページはこちらをクリック<<

      7
      テーマ:

プロフィール

佐藤翔大

性別:
男性
誕生日:
1989年11月13日
血液型:
B型
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
北海道札幌出身 スポーツ一家の次男として育つ。 小学生の頃は陸上、中学・高校・専門学校ではバドミ...

続きを見る >

フォロー

【お客様の体の変化】

 

M.C様30代女性

「気になっていたお尻がスッキリした」

 

バスト: 83cm → 84.5cm

ヒップ: 93cm → 94cm

 

image


image




S様30代女性

「今後はパーソナルトレーニングを生活の一部に」


バスト: 78cm → 81cm

ヒップ: 87cm → 89cm









N様30代女性

「継続後の数値があきらかに違っていたので驚きました。」


バスト:81cm → 84cm

ヒップ:91cm → 93cm









あなたの魅力を作る週1回のトレーニングで

バスト・ヒップの理想プロポーションを引き出す「メリハリボディートレーニング」


>>>初回体験のお申し込みはこちら<<<









ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス