ACL上海上港戦、まずは勝ち

テーマ:

●ACL ラウンド16 1stレグ 鹿島vs上海上港

 3−1 得点:優磨、西、オウンゴール

 

勝った、勝ったよひゃっほーーーい!

スカパー!観戦。

なんとか1−0で勝てれば、くらいに思っていたことを思えば上出来?

アウェーゴールを与えてしまった1失点がもったいなかったけどさ…。

それにしたってなんつってもこの勝ちは大きいです。

頑張ったよ選手たち。強い気持ちで2戦目に臨める。

 

     聖真   夢生

 

 優磨            遠藤

     永木   三竿

 

 安西  昌子   植田   西

 

       スンテ 

 

オガサを使うかと思ったボランチは永木と三竿。

練習で永木のコンディションが良かったんだろうなあ。

しつこい守備も思い切りのいい攻撃もよかった永木。

なんか吹っ切れた?

 

GKはちょっとびっくりのスンテ。

ソガで勝ってたから替えないと思ったけど

ここはスンテ。そしてこれも結果を見れば好判断だったことが証明されたわけで。

うっぁー!やっべー!っちゅう場面でスンテ壁。スンテ神。サンキュースンテ。

凄かったっすねー。

 

課題と言われ続けている試合の入りも今日は上々。

上海の守備がはまってなかったのかもしれないけど

前半はガンガン攻めていて、途中でポゼッション75%って出たよ。

ただ、最近には珍しいくらいのいい崩しができているのに、いい形でシュートができない。

こ、これは攻めても攻めても点取れないうちにポコっとミスして失点するパターンでは…

と、ついネガティブになる鹿耳。

そうこうするうちに40分……おいおい。

 

すると、もう遠目からでも狙うぜ!ってんで昌子のシュートが相手に当たってCK。

永木の左コーナーキックを昌子が触って入った?と思ったが掻き出されてて、詰めた優磨が押し込んだ。やったよ優磨。絶好調だなここんとこずっと。昌子、半分ガッツポースしてたのにな(笑)。ていうか横からのリプレイ見たら入ってるように見えるけど。どっちでもいいや!この時間の先制点がほんっと大きかった。

 

1−0で折り返し、後半立ち上がりだよ気をつけるんだよ集中だよ!ってハラハラ見ていた49分に追加点。これもコーナーキックから。今度は遠藤の右コーナーキック、相手がニアでクリアし損ねたボールを西が押し込んだ。キタコレ!!!こういうとこ西の冷静さが生きるよ。2点目取れると思ってなかった!もう1点を守りきるしかないと思ってたよごめんな!

 

まあしかし、この試合はここからが苦しかったですね。60分を過ぎたあたりからやっぱり連戦の疲れが見えてきたというか、上海も慣れてきてギアを上げてきたというか。

一番肝が冷えたのは70分、安西のクリアボールが昌子に当たっちゃって、拾われてシュートまで行かれたとこ!ポスト君ありがとう!ていうかなんか運が味方してる!

しかし安西〜。そこはあかん〜。ちゃんと前見てー(笑)。でも今日の安西を見るとかなり怪我からの復調が見えましたよね。開幕の頃の運動量でガンガン走って、無理なフィード拾ってたし(笑)。

 

なんかこの後、何度も何度も相手のCKが続いて、もー心臓が縮む思いだったわけですが。

クリアが中途半端で波状攻撃を受ける。なんかヨレヨレ。それでもゴール前でなんとか跳ね返す。そして最後はスンテが弾く。いつもニコニコスンテのピリピリ集中してる顔かこいい。

で、そんなピンチの後に追加点を取るアントラーズ。どうしたんだ今日はっ(笑)。

安西のクロスに走り込む優磨、に、体をあてて防ごうとする上海の選手がオウンゴール。でもまあ優磨の圧力だよね。3点目。3点目!?夢のようだわ!

 

と、舞い上がったのがいけなかったのです。キックオフからのワンプレーであっさり決められた…あれはもう確実に、3点目の後の集中が間に合わなかったよね。反省。この失点が76分だから、残り15分以上あったんだねえ。無我夢中で祈り続ける時間でしたよ。

ペドロは前からプレッシャーをかける要因で投入されたと思うんだけど。

 

終了間際にはオガサ、犬飼を入れて終わらせる作戦の監督。

オガサはわかる。しかし犬飼は……正直ヒヤヒヤしたで!まあ遠藤より高さがあるから放り込み対策だったかな。

最後の最後まで危ないシーンがあったけど、なんとか守って3−1で終われてよかった。もう1点取られてたらとてつもなく苦しくなるとこだった。

 

前半のあまりにもスムーズにパスがつながる様子を見ると、上海上港はうちのスカウティング、テキトーだったんちゃう?と思うほどでした。Jリーグだとどんどんパスカットされるからさ(笑)。でも、だとしたら2戦目は本当に大変。研究してくるよね、1週間で。もちろんこっちも研究するだろうけど。今度は1週間コンディションを整えられるから、後半あんな早い時間に足が止まることはない…と…思うんだ…よね? 

 

それにしても、今日のアントラーズは本当に頼もしかった。リーグ戦のふがいない感じはいったいなんなんだ!って逆に問いたいぞ僕は。うちの選手下手になってる……って思うことの多かった今シーズンですが、今日は上手かった。まだ、「隙がない」とは言えないけど、かなりいい戦いだったと思う。全員で力を出し切るアントラーズらしい試合がやっと見られた気がします。安心しないで油断しないで、ACLを勝っていけば、リーグ戦もきっと上向くはず。がんばろう。