男と女のことについて考えるブログ

男と女のことについて考えるブログ

世の中にいるのは男と女!男と女は同じ人間なのにこんなに違う!日々思ったことを描いていきます。

最近は、性に関する差別的な話をするとたちまち炎上して大変なことになることが多くなってきましたね叫びうっかり失言は、それだけで自身のキャリアを失いかねない事態にまで発展することがあるので気をつけたいですねショック!

性差別というと、とかく女性に対する差別的な発言が取り上げられやすいですが、男性に対しての差別的な発言にはあまり注目が集まることはまだ少ないようです。

「えっ男性への性差別なんてあるの?」と思ったら、もしかしたら知らない間に差別しているかもしれませんよ。

・男は力仕事をする
・男なんだから泣かない
・男が化粧をするなんて
・男なのに女みたいなことをしている
・男らしくない

これは全部男性に対する性差別です。男性であっても、力仕事をしたくない人はいますし、つらい時や悲しい時には泣きたいときもありますあせる美容や健康に気を使い若くいたいという思いは、男性も女性も変わらず持っている気持ちなので、男性が美容と健康に気をつけてはいけないというのはおかしいですよねはてなマーク男性が女性と似たような行動をするのは、その人の自由であり、それを性別で無理やり規制しようとするのは差別以外の何物でもないんですねえっ

一番わかりやすい男性差別はDV被害の救済支援策を見るとよくわかります。DVは男性が女性に対して行うものと思っている人がいるかもしれませんが、言葉の暴力を含む女性から男性へのDV被害はわかりにくいので表に出てこないだけであって数多く存在します。

 

肉体的には男性が優位であっても、まともな教育を受けている男性は、筋肉モリモリの格闘家でも女性には絶対に暴力をふるわないという人もいるので、女性からのモラハラDVを我慢してしまい言葉の暴力はエスカレートしていくことがありますパンチ!男性は、そもそも自分がDV被害者であることに気づいていないこともありますが、声を上げる男性が少ないからか男性に対しての行政のDV被害の救済策はほぼないに等しくなっています。

「炊き出しに行けば?」妻からのDV被害で失職した45歳男性の絶望

世間では、女性に対しての差別発言が問題化しやすくなっていますが、これは長い間女性よりも男性の権利が強い時代が続いていたことが大きな影響を与えていると考えられますひらめき電球まだ、日本では女性の社会的立場が弱いと思われるような場面があるので、女性の社会的立場の改善は引き続き必要ですが、男女に平等に選挙権が与えられるようになって、すでに長い年月が経ってますので、これからは女性だけでなく男性の性差別にも目を向けていく時代になっていくのかもしれませんねべーっだ!

「隣の芝生は青い」というのは、他人の持っているもののほうが良く見えてしまうという例え言葉ですが、同じように「○○だったらなー」という感情は誰しも生きていれば一度は思ったことがありますよねあせる

男性が女性だったらなーと思うことや、女性が男性だったら…と思うことも当然ありますよねはてなマークそんな男女関係のメリット、デメリットを考えてみましたひらめき電球

男性から見ると、女性はレディースデーなどの特別なサービスがあったり、いろいろな場面で優遇されているように見えて、女性だったらよかったなーと感じる場面は多いかもしれません得意げ

ただ、これは女性の一面しか見ていないから言えることですえっ女性は、日々の生活の中で男性にはないプレッシャーを感じていることも多いのですガーン女性は男性よりも力が弱いことが多いので、まず身の危険を男性よりも感じる場面が圧倒的に多いのです。また、男女平等といわれていても、仕事などでは男性が優遇されているような場面が現在でも多々見られます汗

女性が男は気楽と思う点としては、女性の化粧などの身だしなみについてがあげられます。最近は、化粧する男性もいるようですが、基本的に化粧しない男性には、素肌ですべて勝負をしなくてはいけないというハンデがあり、化粧でごまかすというテクニックを使うことができませんえっ日々の化粧は大変だしお金もかかると思うのですが、化粧することで得られているメリットも十分あるのではないでしょうかべーっだ!

ほかにも上げていくといろいろな部分で男女の違いから相手のほうがよく思えてしまう環境はありますが、実はメリットやデメリットはどちらにもあって、またそれを変えることも簡単ではなかったりしますショック!隣の芝生は青く見えてしまうものですが、青い芝生の裏には青い芝生を維持するためのいろいろな努力があるのだと思うと、男女関係もスムーズにいきやすくなるかもしれませんねニコニコ

年を取っておじいちゃんが「最近の若いもんは」というのは昔からあるお決まりセリフはてなマークのような気がしますが、最近はこういうことを高齢者がいうと老害になってしまう場合があります叫び時代は変わりましたねあせる

老害とは老人が引き起こす社会への害がある行為のことです。自分の意見が正しいと思い込み、相手に押し付けるようなことや、意見を否定されるとすぐに怒り出したり、老いや間違いを素直に認められなかったりするのがよくある老害といわれる行動です。そんな老害に男女差はあるのか、考えてみました。

ニュースなどを見ると男性が引き起こす老害事件が多い気がしますが、これは男性は元々女性より気が強く女性より体力があるので、腹が立ったらそのまま感情的に行動してしまうことが多いのが原因なのではないかとみることができますよねひらめき電球

女性は、体力的に男性より弱い傾向があるので、年をとってさらに体力的に弱くなったら、腹が立っても怒って喧嘩しようとする人はいないので問題になりにくいのかもしれませんえっそれに加えて、子供がいる女性は子供を通して、年齢を重ねても社会との接点が続くことがあるので、会社をやめてすぐに孤立してしまう男性よりも老害になりにくいという理由もあるのではないでしょうかあせるそう考えると男性の老害のほうが多い気がするのもうなずけますひらめき電球

老害を引き起こしてしまう原因は、年齢を重ねて自分の意見や自分の考えが正しいと思いこむようになってしまい、人の意見を聞くことができなくなってしまうことが理由にあるようですショック!たぶん、同じことを繰り返し考えていると脳の機能はどんどん偏っていくので、年齢を重ねると誰でも自然に偏っていってしまうのでしょうあせるその偏りに気づかないで自分は正しいと思い込んでしまうと老害化してしまうのかもしれませんねえっ

誰でもいつかはおじいちゃん、おばあちゃんになるので、自分だけは老害にならないという思い込みこそ本当に危ない思い込みなのかもしれませんよガーン男性も女性も年をとっても老害ではなくて、素敵な人格をもった老人になれるように気をつけたいですねニコニコ

昔から語られていることなんですが、男が禁欲するとモテるようになるという説がありますひらめき電球本当だという人もいればウソだという人もいて、なかば都市伝説のようになっているこの話に関する興味深い記事を見つけたので取り上げてみましたべーっだ!

「禁欲したらモテる」は本当か? 前代未聞の実験の結論とは

 


この記事では、科学的に禁欲したらモテる理由が説明されていて、男性ホルモンのテストステロン値を取り上げていますビックリマークテストステロンは男性にとってとても重要な働きをしているホルモンで、禁欲することでテストステロンが増加するのであれば、禁欲はモテるという説の理由の裏付けになりそうですグッド!

禁欲をずっと続けることは、それはそれで体に良くないという説もあるので、ずっと禁欲生活はダメ見たいですが、適切な禁欲が男性の生活パフォーマンスの向上につながるようであれば、ぜひとも科学者の人たちにもっと詳しく調べてほしいですねにひひもし、ちょっと最近調子がよくないなぁ~叫びと感じることがあったら、男性はちょっと禁欲してみるといいかもしれませんよニコニコ

世界中で猛威をふるっている中国武漢からきたコロナウイルスですが、日本でも感染拡大続いてます。絶対に感染しないように手洗いの徹底をしましょうビックリマーク

症状が出てなくても感染している場合があるようなので、症状なくても感染しているかもと考えて人に移さないために今は全員が本当に遠くに出かけたり、用もないのに出かけるのはやめないといけませんね

そんな早く消えてほしいコロナウイルスにも男女の差があるようなので取り上げてみました。

新型コロナ、死亡リスクは男性の方が高い?

新型コロナの感染率に男女差はないようですが、死亡率ではなぜか男のほうが高いなんて…叫び男性にとっては恐ろしい話ですガーン女性にとってはいい話はてなマークかもしれませんが、死亡率が男性より低いだけで危ないウイルスドクロであることに違いはないので、私は女性だから大丈夫なんて出歩いてはだめですよあせる

なぜ男性の死亡率が高いのかは、ホルモンとか免疫とか喫煙率の違いとかが関係しているのではとニュースでは説明されてますねえっ新型コロナウイルスには謎が多く真相はまだまだわかりませんが、男女関係なくコロナウイルスに負けないようにしたいですねガーン

お金持ちの男性はモテそうなイメージは、みなさん何となくあると思いますが、なぜお金持ちの男性がモテるのか、真剣に考えてみましたべーっだ!

お金はたくさんあれば、生活しやすいので、ないよりもあったほうがいいのは当然だと思います。統計調査によると日本人男性の平均年収は男性500万円くらいのようなので、500万円以上年間稼いでいる男は、お金をたくさん持っているほうの男性に入りますねクラッカー

年収500万円以上の男性は、全体の4割以下なので、お金を持っている男性はお金を持っていない男性よりも少ないという現実があります。世の中何でもそうですが、誰もが欲しがる少ないものには希少価値が出てきて人気になるものですビックリマーク稼いでいる男性は、お金を持っているからという理由もありますが、お金を稼げる人が少ないから女性からモテるようになっているといえるのではないでしょうかはてなマーク

日本では、年収1000万以上の男性は、全体の5%程度しかいないので、さらに希少価値が高くなります。お金をたくさん稼いでいると自然に希少価値がどんどん高くなってきて、モテるようになるのでしょうアップお金をあまり稼げていない年収200万以下の男性は全体の10%程度いて、これも少ないのですが、悪いほうで少ないだけなので希少価値が出てきません。残念な結果ですショック!

なぜお金を稼げる人は少ないのか?を考えると、お金をたくさん稼ぐのは簡単なことではないからですよね。誰でも簡単にお金を稼げるなら、誰も大変な思いして毎日会社に行ったりはしなくなりますよねしょぼんお金をたくさん稼いでいる人は、男女関係なくすごいなーって思ってしまいますあせる

お金があるからモテているなら、逆にお金がなくなれば、その人の希少価値はなくなってしまうので、モテ期も終了ということになります。お金だけで相手探しをするとお金がなくなったときに悲惨な結果になってしまうことがありそうでちょっと怖いですね。男と女の関係は簡単ではないので、お金だけで考えることはできませんが、稼ぐ男がモテるのは希少価値が高くなるから当然といえそうですひらめき電球モテるために仕事を頑張って稼ぎたいけど、ちょっと今の世の中では大変です…叫び

男と女の出会いのきっかけにもなることがあるSNSですが、世の中にはたくさんSNSがありますねニコニコTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、Line(ライン)、TikTok(ティックトック)、mixi(ミクシー)などの有名なところから、小さいSNSも数えていくときりがありません。

若者からお年寄りまでたくさんの人がやっているSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)ですが、なぜこんなに世の中にSNSが普及したのかはてなマークその理由は、いろいろな人とネットで気軽につながれて便利ということもありますが、それ以上にキーとなっているのが、人間ならだれでも持っている承認欲求という欲求があるからなんですえっ

承認欲求というのは、自分が他人から価値ある存在であると認められたいという誰でも持っている気持ちドキドキですが、承認欲求が満たされていない人は、SNSで満たされない承認欲求を埋めようとしてSNS依存症のような状態になってしまうことがあるのです叫び

SNSを見ていると、特定の誰かがたくさん投稿していたり、更新していることがあると思いますが、仕事などの情報発信ではないのに更新頻度が高くなっている人は、すでにSNS依存症になってしまっているといえますガーン承認欲求が強い人は、セルフィー(自撮り)をたくさんする傾向もあり、自分の写真をバンバンアップしている人も承認欲求が強い人といえますねあせる

承認欲求が強い人は、自尊心が弱いことがあり、自尊心の弱さを人から認められることで埋めようとしている場合があるようです耳SNS利用者でも、人によって利用頻度が全然違うのには、自尊心の違いによって強い承認欲求を持っている人かどうかという影響もあるんですねあせるSNSは健全に使えば楽しいですけど、依存してしまうのはあまりよくないと思うので、気を付けて利用したいですねべーっだ!

女性の中には冷え性に悩んでいる人もいると思いますが、冷え性は男性よりも女性のほうが悩んでいる人は多いと言われていますあせるこの理由を男女の違いから見ていくと、冷え性改善のための対策が見えてきましたひらめき電球

なぜ、冷え性になるのか?

冷え性というのは手足やつま先など体の一部が冷えてつらい症状のことを言いますが、この症状は、体の末端まで、十分に熱が届いていないから発生していると言えます。では、身体の中で熱を発生させるのは一体何でしょうかはてなマーク

筋肉が熱を発生させる

体の中で熱を発生させるのは筋肉です。筋肉が多いと動くと熱が発生しやすくなります。男性よりも女性のほうが冷え性に悩む人が多いのは、女性のほうが男性より筋肉量が少ないことが大きな理由と言えますねビックリマークなので、冷え性に悩んでいる人がいたら、まずは、筋肉を増やすために運動をするのがいいと思いますよべーっだ!

女性の中には、筋トレしてマッチョになるのはいやっ叫びという人もいると思いますが、女性は筋肉がつきにくいので、筋トレしてもすぐにマッチョにはなれません。相当な努力をしないと女性でマッチョになることはないので、心配せずに運動をして平気ですよチョキ

前回地図を読めない女性は嘘かもしれないという話をしましたが、もう少しいろいろ調べてみると、面白い発見がありましたひらめき電球

「男脳・女脳」は時代遅れのエセ科学?

みなさんも、男脳、女脳といって、男女の脳は違いがあるから、男女ではいろいろ性格的な違いがあるというような話を聞いたことはあるかと思います目

でも、これって最近の話では、科学的な根拠がないみたいなんです叫び男女の性格的な違いは、指摘をされると納得できるものも多いと思いますが、脳の影響ではないようなんです!?

前回の地図が読めない女性は、意識の影響を受けているために、女性は地図を読むのが苦手になってしまっているという可能性が考えられましたかお男女の性格的な違いも、もしかしたら脳の影響ではなくて、意識的な問題や育った環境などが影響しているのかもしれませんビックリマーク

たしかに、男として育てられれば男らしくなると思いますし、女として育てられれば女らしくなりますよねニコニコ子供の頃遊んでいた友達に男性が多かったか、女性が多かったかというのも影響を受けるのかもはてなマーク

やはり、常識と呼ばれるものは、必ずしも正しいわけではないということはあるようです。いろいろと考えて調べてみると新しい発見があっていいですねべーっだ!

よく女性の特徴で地図を読めない女性というのが取り上げられることがありますが、これって本当でしょうかはてなマーク

たしかに女性で地図を読むのが苦手な人もいるような気がしますが、普通に地図を読める女性もいますビックリマーク

逆に男性なのに地図を読むのが苦手な人もいて、地図を読むのに男女の差なんてあるのかと思って考えていたらこんな漫画がありました目

「女は地図が読めない」はウソだった!

これが本当かはわかりませんが、女性が地図を読むのが苦手というのは、意識の影響を受けているだけの可能性があるみたいですひらめき電球たしかにそれなら、地図が読めない男がいても、地図が得意な女性がいても納得できますねべーっだ!

そもそも、地図なんて読まないと見るのが得意にならないでしょうから、男性はリーダーシップを取らないといけないことも多く、昔からよく地図を見る機会があって、女性は地図を見る機会が少ないから、あまり読み慣れていなかっただけなのかもしれませんねあせる

世の中には、常識と呼ばれるものがありますが、実はまったく根拠のない常識だったというものも少なくないので、いろいろなことをすべてそのまま信じないで、それって本当なの?と考えてみることは、新しい発見があることもあっておもしろいですねニコニコ