「睡眠が不安定なのはコロナのせい?」 | うつからの卒業  みなと
新型コロナウイルスに関する情報について

うつからの卒業  みなと

一日も早い うつからの卒業を目指しましょう

 

 

 

今回は、

 

「睡眠が不安定なのはコロナのせい?」

 

について書きたいと思います。

 

 

 

今年も

3月ごろから、

 

睡眠が不安定になる方が

多くなりました。

 

 

 

 

昼と夜が

全く逆転した生活が

1ヶ月以上続いた方もいました。

 

 

 

ただ、6月に入って

少しづつ改善傾向が

見られるようになり、

 

今だにまだ不安定なのは、

私とクライアントの

お一人だけとなりました。

 

 

 

 

毎年、

春先頃からGW、初夏

あたりまでの期間は、

自律神経が不安定に

なりやすいということです。

 

 

 

 

今だに2時間寝て、

目がスッキリと

覚めてしまう。

 

 

 

もういつまで続くのか、

 

 

 

ここまで続くのは、

一体、何が原因?

 

 

 

一つ例年と違うのは

コロナウィルスです。

 

 

非常事態が

解除になってから、

不安定になったのです。

 

 

 

もちろん、

 

 

薬などでは、

 

解決できない、

 

しようとは絶対に思わない。

 

 

 

 

クライアントの方も

全く考えが同じで

ここは安心です。

 

 

 

ただ、

 

ただ、

 

 

どうやったら

ぐっすり眠れるのか?

 

 

 

じっくりと考えました。

 

 

 

一つ、

解決策が見つかりました。

 

 

 

もう、

 

「笑って過ごす」

 

 

「流れに任せる」

 

 

これしかない。

 

 

 

先日、

 

同じ不安定な

クライアントの方とも

意見が一致しました。

 

 

 

クライアントの皆さん、

 

ものすごく理解ができていて、

本当に素晴らしいです。

 

 

 

 

最後にもう一度、

 

 

良いですか。

 

 

 

絶対に

 

薬などでは

 

 

解決できない。

 

しない。

 

 

 

 

必ず

自分の体の中から

戻してくれますよ。

 

 

 

予定では、

 

もうすぐ、

 

今度は眠りすぎるくらい、

 

ぐっすりな睡眠になります!!