おっさんのひみつ ~グンマーの英語学習~

おっさんのひみつ ~グンマーの英語学習~

33歳から英語学習を開始したおっさんのひみつに迫る、英語上達完全マップによる学習の記録です。
グンマー、群馬サファリパーク、ニチアサキッズタイムとなんでもあり。
あーことぽっくんに捧ぐ。

33歳のある日、おっさん(グンマーのダメリーマン)は一念発起しました。
「英語ができるとちょっとカッコイイんじゃね?」
『成長した我が子に、勉強の大切さを説きつつテキスト類を継承する』という大いなる野望のための備忘録。
「はじめに」からご覧ください。ご笑読いただき、参考になれば幸いです。

テーマ:

映画化もされた有名作、もちろん映画は観ていない。
びっくりするくらい面白かった。
489ページ、138,369語。

 

●The Da Vinci Code

The Da Vinci Code (Robert Langdon)

評価:★★★

 

宗教モチーフながら、非常に読みやすい英語の本作。
基本的にはフィクションだけど、モナリザや最後の晩餐など豆知識的な部分が面白い。
美術的・宗教的に新たな視点、解釈があるというね、流行りの言葉でいうとダイバーシティよ(?)

 

簡単に言うと、イエス・キリストの秘密・聖杯を巡る紛争的な。
祖父が遺した暗号により聖杯に導かれる主人公ソフィーと宗教象徴学教授ロバート。
とにかく展開はスピーディで、静かなる危機の連続。
最後は惹かれ合い抱擁する二人、ってそれ絶対吊り橋効果やろ!

 

発表当時、イエスを冒涜してるとかカトリック教会が怒ったそうな。
ロバートも「聖書はぶっちゃけファンタジーだよね」とかブッ込んでくる。
文脈上とはいえ、薄々思っていてもうっかり口には出せないっすよ。

 

アルビノの暗殺者、コワモテのフランス警察警部などサブキャラも魅力的。
聖杯を守る秘密結社やらフリーメイソンやら、いろいろ厨ニ心をくすぐるわよ。
登場人物が絞られているのに、終盤で明かされる黒幕の正体には驚いた。
さらにはソフィーの出生と家族に関する秘密にもびっくり。

 

萌え大賞はやっぱ白き暗殺者シラスさんですかね。
間違った愛の体現者、司教アリンガロサとの絆。
悪役なのに憎めない大したやつだぜ。


テーマ:

ブロードウェイミュージカルや劇団四季の「ウィキッド」原作版。
本の小口が鮮やかな緑色でステキ!ちょっと電車で読むには恥ずかしい。
519ページ、153,353語。20時間以上かかったと思う。
まあ総合的に面白い話ではあったけど、おすすめはしない。

 

●Wicked

WICKED

評価:★★

 

いきなりだけど、細かいディテールまでは読み取れませんでした。
宗教や哲学が絡むと教科書英語ではとても太刀打ちできない。
内容は善悪の境界というか「Evilとは?」みたいなのがメインテーマ。
読んでいるとモラル、倫理観が危うくなってくる感じ。

 

オズの魔法使いのサイドストーリーっつっても、全編通して暗い。
もちろんミュージカル版とは別物のモヤモヤエンドだぜ!
いちおうドロシーやライオン、ブリキの木こりと案山子がストーリーに絡んでくる。
読む前にオズのあらすじをチェックしとくといいんじゃね(なげやり)

 

出生からこの世の罪を背負ったような扱いで非常に気の毒な主人公エルファバ。
緑色の肌をした、後の「西の悪い魔女」。つっても魔法は得意ではない。
この本、最初の方と最後の方はなんかもう胸糞でな。
両親から愛されることなく、負わされた罪に壊れて自滅するとか、なんなんだよ。

感情移入型の人はドロシーが嫌いになること請け合い。

 

そんなファバラ(父愛称)も中盤、青春編では普通にキャンパスライフを満喫。
後の「東の善い魔女」グリンダとの友情を育みます。
いろんなエピソードを交えながら結構ダラダラ陽キャライフを過ごすエルフィ(友愛称)。
陰キャ代表のおっさん、イライライライラ。

 

なんか校長が悪いやつでオズの魔法使いと悪巧みしたりしてかくかくしかじか。
突如シズ大学から姿を消し、謎の地下活動(しかも下っ端)を開始するエルファバ。
ある日、元学友のフィエロと再会して恋に落ちるのでありました。


このフィエロさん、どっかの部族の王子様で学生の頃から既婚。
フィー(愛人名)に愛を囁きつつ、愛情のない妻子への贈り物も欠かさないマメな男。
でも戦闘に巻き込まれて?あっさり死んでしまうのだ!

 

許しを得ようと未亡人となったフィエロ妻のもとに乗り込んで、屋敷の一角に住み着いたエルファバ。
もう書いてて意味がわかんないけど、その後も意味わかんないエピソードの連続。
フィエロとの間に生まれた子供もあんま活躍しねーし、グリンダとの再会も盛り上がらず。
良かったのはグリンダとの決別シーンくらいか。

 

萌え大賞はヤギのディラモンド教授。
エルファバを真に理解してくれたただ一人、いや一頭のヤギ。
こいつが生きていればまた違った結末になっていたはず。
エメラルドシティで迫害される動物たちはおそらく人種差別への皮肉なんだろう。


テーマ:

マイケルクライトンがスゴい、と思ったがそうでもなかったぜ!?
416ページ、113,670語。

 

●LOST WORLD

The Lost World: A Novel (Jurassic Park)

評価:★★

 

ジュラシックパーク観たことないけど、名作の続編だからハズレはないだろうと。
まあ面白いんだけど、マイクロワールドに続けて読んだせいもあって悪い点が目立つ。

 

1.物語のテンポとかネタの仕込みがマイクロワールドと大差ない
  →アメリカンエンタテインメントのお約束みたいなもんだけど。
   ピンチのインフレ一辺倒ではつまらん。ラブシーンすらない。
2.登場人物が多いけど掘り下げが浅すぎて、割とどうでも良い
  →序盤で主要キャラかのように描かれた子供二人は目立った活躍も成長もしない。
   主要人物以外は喰われて死ぬだけの捨てキャラ。
3.トンデモ科学に関する説明は一切なし
  →別に嘘でもいいから、恐竜を再生できた技術について解説がほしい。
   さんざ絶滅理由について議論させてるけど、そこじゃねえだろ。

 

以上、マイクロワールドと共通の欠点でした。
パニックムービーのノベライズに多くを求めるのは酷なのか。
科学技術に対する警鐘的なテーマくらいはあるけど。

 

主要キャラがいちいち魅力に乏しいのも大問題。
実質主人公と思われた男が怪我で離脱してモルヒネでラリってるとかなんの冗談かと。
倫理観とかいろいろおかしいヒロインがパワーゴリラ系で、ひたすら話を回す。
なんか悪口ばっかになっちゃったけど、まあ恐竜の生態や攻防は面白いよ。

 

萌え大賞は作中唯一の良心、頼れる大人であるソーン博士。
謎技術、ソーラーパネルで長時間動作するクルマや電気バイクを開発。
バッテリーカーとか、大した技術革新がないから当時と稼働時間大差ないんだろうな。