自我にとっては、獲得は外側のものである。霊にとっては、 | デヴィッド・ホーキンズ博士語録
新型コロナウイルスに関する情報について

デヴィッド・ホーキンズ博士語録

彼を通して【意識】が語りかけています。

自我にとっては、獲得は外側のものである。霊にとっては、それらは内側のものである。絶えずある存在の喜びは、コンテントや形によらないからだ。霊にとっては、晴れの日も雨の日も同じである。気づきは形を把握するよりも本質を味わう。ゆえにそれは、所有やコントロールなしに「共にいる」ことを楽しめる。気づきは目標によって動かされるのではなく、その代わり、すべての状況にある等しい楽しみの可能性を、高く評価する。

 ー デヴィッド・ホーキンズ博士「自我を溶解し、自己に目覚める」
   第一章:自我の本質 より