映画「福福荘の福ちゃん」を鑑賞しました。 | おだんご日和

おだんご日和

Dango茶屋・いちのせの徒然記


テーマ:

 

 

 女性お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さんが主演した「福福荘の福ちゃん」を鑑賞しました。

(※ネタバレあるので、未見の方はご注意ください)

 

 カナダのファンタジア映画祭で、大島さんは主演女優賞を受賞しています。芸人さんが主演の軽い作品だと思っていたら、意外な良作でした。

 大島さんは男性役を演じており、違和感があるのではないかと思っていたけれど、芸人的な荒っぽさや鷹揚さと、女性的な繊細さ、やわらかさが絶妙に混ざり合っていました。

 この作品、この配役でなければありえない唯一無二のキャラクターになっていた。イロモノ的な雰囲気は、ほとんどありません。

 大きな事件は起こらないけれど、どうにもならない悲しさや苦しさも描かれ、最後はみんなが少しずつ成長して終わる。独自の気持ち良さがありました。(最初の方に登場する有名カメラマンは、ちょっとイロモノというか、ディフォルメされた感じもするけれど、嫌悪感ギリギリのところでかわしたと思います)

 

 ここ最近、dTVのおかげで「もらとりあむタマ子」「麦子さんと」「あん」「福福荘の福ちゃん」と、立て続けに地味目の日本映画を見た。どれも『一大エンターテインメント!』とは言えないけれど、面白かったです。

 「福福荘の福ちゃん」は、主演女優賞を獲ったことで話題になったけれど、それがなければ、私が見ることはなかった作品だったと思う。

 勿体ないなぁと思うけれど、予備知識なしに映画館に見に行くかと言われると、たぶん見に行かない。

 

 映画って何だろうなぁと、ちょっと思う。

 

 

いちのせさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス