11月30日、大門松設置 | ゆうの日単「己事究明」
新型コロナウイルスに関する情報について

ゆうの日単「己事究明」

滋賀県東近江市能登川町にある禅寺、大徳寺の住職です。「禅は己事究明である」とは、学問の師の言葉。日々の活動や思ったことを気ままに更新していきます。見て楽しんでいただけたら光栄です。

例年のごとく、大徳寺では11月30日、門松を設置しました。

本年は高さ5.8メートル!

今まで以上に高くなりました。

滋賀県では最も早く、そして大きな門松であると思います。多分。

 

檀家の造園梶賀様による作品です。

住職の私が不在にしている間に作業をおこなっていただきました。

大変な作業をいつもありがとうございますm(__)m

 

コロナ前と比べると、寺院の行事は良くも悪くも、合理化、簡略化が進んでいます。

不要なものは無くす、と言われればそれまでですが、私には今までと変わらず残したいものがあります。

お寺は、良き伝統や文化を残す。お寺にはそれができるし、役割があると思ってます。

そこに人々が心を寄せて、気持ちよく護持していただけるならば最高です。

 

大きな門松を早めに立てて、気持ちに明るさとゆとりを持って、年末を過ごしたいと思います。